川ちゃん さん プロフィール

  •  
川ちゃんさん: 川ちゃんの龍匠館空手練習日誌
ハンドル名川ちゃん さん
ブログタイトル川ちゃんの龍匠館空手練習日誌
ブログURLhttp://ameblo.jp/kawachanheli/
サイト紹介文子供と剛柔流空手道を練習してます。剛柔であるための最低限知っておくべきこと理解したいものです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2011/04/04 18:56

川ちゃん さんのブログ記事

  • 突き手と引き手の傾向
  • 突きや引きの拳や掌の裏表の傾向は、自分身体近くでは拳や掌は手のひら側が自分の頭の方(上)に向き、自分の体から遠ざかる程、拳や掌の甲側が自分の頭の方(上)に向きます。例えば回し受けの引き手は体に密着して沿わしながら引き手を取るので最初っから最後まで手の平が自分の頭の方向に向いています。(回し受け時に、掛け受けのように手に平が相手に向いているのは、分解が違う場合を除き違う思考かと思われます。)三戦の形 [続きを読む]
  • 昨日はウナギとビール
  • 家に帰ると晩御飯は焼きウナギとビールが用意されていました。その他おかずもありますよ‼毎回ながら季節に合わせた晩御飯をちゃんと出す妻に感心します。子供達は勉強のため外出しています。夜遅くならないと帰ってきません。一番働いて居ないのはオヤジかも知れません。我が家は皆良く働く? [続きを読む]
  • 初動
  • 全ての運動は自分の体の一部もしくはすべてを移動させることから始まります。全ての運動は重力や空気、筋肉等の抵抗の中で動くもので基本的には抵抗に抵抗する動きです。スピードを求められる動きの場合は、スロースタートではスピードは上がりません。爆発的なスタートがまず必要です。爆発と言っても無茶苦茶な爆発では無く、静かに一瞬で速くです。「ゼロ」から「100」の間を限りなく「ゼロ」にする事初速を上げる=初動を早 [続きを読む]
  • 人前で緊張して、声も小さい、形も小さい
  • 息子も幼稚園の時は、基本性能は良かったのですが・・・人前で形を打つことが緊張してうまくできず、声も「蚊が鳴く」ような声でした。家や、道場ではOKなのですが大会会場ではうまくいきませんので、結果も幼稚園時から1年までは大した事はありませんでした。そこで、苦肉の策???朝、学校に行く前に、親子で近くの交差点(交通量がまあまあ多い)の店の駐車場で毎日信号を2回待つ程度の間で打てるだけ「形」を一緒に打ちま [続きを読む]
  • 剛柔の全国大会が近づいております。お決まりの注意事項
  • ルールに変更が無ければこんな注意事項です。【組手競技】●コートは直径9mの円形●主審1名、副審2名で行い、3名の審判がコート内を移動しながらジャッジする。●3本先取り勝ち、技あり6本●主審の「勝負始め」で試合が始まる、正確な突き、打ち、蹴りが上段(頭部、顔面、頸部)及び中段(胸部、腹部、背部、脇部)に決まったら副審が笛と旗で合図し、その合図を見て主審が「やめ」といい競技を中断し、選手を所定位置に戻 [続きを読む]
  • 形の練習を軽視しない
  • 形は「空手」でいうところの「本道」であり、「形」により「技の理解」を深めるもの。形の練習をせずに、組手の練習だけしても、段位はもらえないのはそういう意味からでもあります。「スポーツ組手」で使用できない、技や隠しワザが「形」には含まれている。●技(テクニック)を学べる●脱力とスピード切れを感じる●姿勢や運足等による重心の制御●呼吸と技の連動●力の強弱を学ぶ●最短で無駄なうごきが無いことを学ぶ●武道の [続きを読む]
  • 体捌きの練習
  • 縦横無尽に動ける状態を常に意識する必要はありますが、「形」を打つ際には特に体捌き時の、足運びや重心の移動方法は、安易に適当に行わないようにしなくてはいけません。四股や三戦、前屈、猫足がちゃんとある程度できていてもそれをつなぐ、移動で、重心移動方法(足運び)が間違っていると、流れがうまく流れなくなります。前にも書きましたが・・・・移動は様々な抵抗にたいして、自ら抵抗して滑らかに動かさなければいけない [続きを読む]
  • 円の運動を真面目にやる。
  • 受けや払い、足技において円運動を用いて行う際には、円運動を十分意識して円の運動力を使いその上、その円運動は、発生から終了までよどみなく一気に行わなければいけません。その円運動が「受け」ならば、受けるだけではなく、即その流れで攻撃に転じたり、相手の体を崩したり、相手を捕まえたりする際に、相手の体や攻撃を不能化にする効力を常時含んでいます。ただ受けるだけなら、直線的に線と点でガッチリ受ければ済む話です [続きを読む]
  • 形の流しの練習
  • 夏休みになると、だらけ気味になるかも知れません。朝起きは自分から早めに起きて、お母さんのお手伝いくらいはしましょう!また、夜、お父さんの為にお風呂の掃除くらいはしましょう!自宅での自主練ですが・・・技の連動性や体の動きの滑らかさ、準備運動の領域での形を打つ際に形を流して打つ場合がありますが、脱力して姿勢を整えて同じスピードで打つ場合がありますが実際の自宅の練習でそれしかやっていないとそのまま体がそ [続きを読む]
  • 練習の列の一番後ろに並ぼうとする子供
  • 全員練習の際には、練習をしたくて、一番前に並ぼうとする子と、兎に角一番最後尾に並ぼうとする子供が居ます。空手上の実力は、明白で、練習好きな子は1か月後からめきめき上達し、3年も経てば、その差は歴然となります。興味が無いというのもあるでしょうが、基本的に自分に向いていないと思って居る節があり、自分が他の子より、練習不足で上手でない事は仕方が無い事と思って居るのかもしれません。しかしながら、道場のレベ [続きを読む]
  • どうしても肩を使って中段を突く子供
  • 癖では無く、そうする事で強く付けていると思いこんでいるのでしょうか?思いっきり突く時だけ、肩を使って上半身を揺さぶるように中段を突きます。道場でもお子様に当分の間、立て拳で突くようにしたらどうかと理由も含め相談しました。構えの際も立拳で肘が下を向くようにし、引き手は大きく取らず肘は脇を絞める程度にし、突き手は肘を下に向けたまま立拳で肘を伸ばし切らないように伸ばし突く方法です。突きは、肩で突かなくて [続きを読む]
  • 気合
  • 息子が小さい頃、ローカルの形の試合で「形の名前を」気合を入れて発したところ目の前の審判が3名程驚いてのけぞったことがありました。だからといってそれだけの話ですが。「場の空気」を自分の方へ持ってくるという事では成功したのかと思います。形の技、体捌き、気合、目力、迫力を前面に出して相手に伝わると思います。発表会や踊りではありませんが、自分を周辺に訴える(影響する)迫力を待つことが小さい頃には必要かと思 [続きを読む]
  • 趣味程度か選手か?
  • 君はどっち?空手は基本的に自己満足のところで楽しむものです。自分がここまでと判断すればそのレベルで推移します。趣味であれば、道場で健全に汗を流したり、自宅で空手を使って健康増進すればOKです。但し、選手となれば勝ち負けがどうしても絡んでくるので他人との比較になります。どのスポーツでも学業でも、その他技能では自宅等の個人練習(反復練習、復習)が技量UPの鍵になります。時間を掛ければ良いというものでは [続きを読む]
  • 撃砕
  • 勝手な思い込みです。やってみて気に入らなければやる必要は全くありませんが・・・・剛柔の形はほぼ右足を前に出した状態から始まります。撃砕も同じかと考えています。教本には表現されていませんが、それは指導者がホロウする範疇かと思われます。左前から始まる子供が多いですが、それは個人の自由です。撃砕を楽しんでください。撃砕の最初の入りは、用意からそのまま右足を一足左前にだして、両足の裏全体で左に転身です。そ [続きを読む]
  • どうしてもできない子は居ます。
  • 集団に入った際に、必ずと言っていいほど自分の立ち位置が自動的に他人に決められてしまいます。その際に、その中でどう泳ぐ(他で認めてもらう)かが個人にとって大切になってきます。人間の性能も人それぞれで、同じ講習を聞いても、その内容をどう消化して持ち帰るかはその子によって変わります。その集団が段々レベルの高い集団になると、色んな子供がふるい落とされてしまいます。どの集団に入るかも、その子の立ち位置に大き [続きを読む]
  • 足の裏
  • 体を締めた際には足の裏で地面を掴むイメージが必要となりますが、脱力の際のイメージはどのように感じるかですが脱力の際には基本的に体や足が移動する状態かと思われますその際はまずは、足のつま先(指)が浮いた状態になります。転身する際も同様で、つま先が一旦地面から浮くイメージです。意識して空間をあけるというのはやりすぎであくまでも指が地面から離れ指に力が入らないで抜けた状態という事です。足の裏全体を脱力す [続きを読む]
  • 他の県の大人の選手
  • 空手をかじっていると、同じ流派でも、流れの異なる道場の選手と話す機会ができます。立って話す雑談の中にも、いろいろな情報が詰まっています。そこの師範の方曰く、同じ剛柔流でも色々あり、まったく異なる部分もある。時代によっても解釈が変わるブレズに昔からの道場の流れを学ぶのも良いし、他の道場の流れを学ぶのも良い、知らないよりも知っている方が良いという事だと思う。その中で、自分に「目」があるのだったら、自分 [続きを読む]
  • 目線を鼻線に変更
  • 初心者の場合は特にですが・・・目線は形でも組手でも重要です。しかし、目の球だけ向けているではダメです。駆け引きの上で、目線を利用するのは問題ありませんが、自分の視界を狭くすることにもつながります。通常の形を打つ際や組手時には顔(鼻)の線を相手に向けることを心掛けると良いかと思います。組手でもどうも右側のうち回し蹴りを良く食らう場合は、視界が確保できていない場合があります。自分の鼻をちゃんと相手に向 [続きを読む]
  • 子供の形の動画
  • このブログに自分の子供の形の動画を載せていますがオヤジもその頃は初心者だったせいもあり、間違った形を打っています。しかしながら、昔はそれが正しいと理解していたのでしょうがないのですが・・・・形は自己満足でも本来問題無いのですが間違っているという範疇は、剛柔流としての思考から外れているという事です。剛柔流としては、ここの部分はちゃんとしないといけないというルールがありますが、(すべて理解しているとは [続きを読む]
  • テレビの回路がショートしたもよう?
  • 次男の部屋のTV・・・次男曰く、「ばちっと音がして見れなくなった」約5年の使用でご臨終のようです。液晶も変色していたので、修理はせず、新しいTVを購入しました。取りあえず見れたら良いので2KLC40H40を購入。メーカー補助があるのか値段もそれなりの5万円購入してそのまま持ち帰り自宅にSETすると、次男もギリギリ好きな番組が見れたようで喜んでおりました。5年で壊れた原因は、TVの設置環境のようです [続きを読む]
  • 教本は手に入れておくべき重要なもの
  • 教本は、その流派の基本形の分解に伴う指導書です。趣味の空手の形は好きなように練習すればまったく問題ないのですが大会や昇段審査ともなれば、安易に考えるといつまで経っても合格や上位へはいけません。その理由は、教本に沿って審査したり、判断されている事が原因です。偉い先生が作った流派の教本です。皆さんの指導者が偉い先生に指導を受ける際もこの教本がバイブルとなっています。教本は内容を手に入れ必ず目を通すこと [続きを読む]