Kei さん プロフィール

  •  
Keiさん: おしゃべり大好き!自閉っ子「チョロちゃん日記」
ハンドル名Kei さん
ブログタイトルおしゃべり大好き!自閉っ子「チョロちゃん日記」
ブログURLhttp://ameblo.jp/chorosuke-diary/
サイト紹介文自閉症スペクトラムのチョロちゃん。 波乱万丈で楽しい凸凹育児です。 発達障害児も発達します!
自由文チョロちゃんは明るく元気な自閉っ子です。
三人兄弟の末っ子で年の離れた兄姉がいます。
チョロちゃんとの毎日は大変な事もあるけれど、面白くって楽しい事もいっぱいあります。
「発達障害児」も、発達(成長)します。
大変な凸凹な子育てを頑張っているママが、この凸凹育児日記を読んで元気になってくれたら嬉しいです♪
一緒に楽しみましょう〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供245回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2011/04/05 14:02

Kei さんのブログ記事

  • 発達障害児を育てるという事 〜親の本能をダメにしない為に #5
  • ペアトレだけでなく先生とか専門家、支援者と名のつく人の言葉全てを鵜呑みにして、それに子どもを合わせる事には限界(不正解)な事もあります。 勿論、信頼できる先生や専門家、支援者の中には、チョロちゃんの事を知っていて適切なアドバイスをくれる貴重でありがたい方々もいます。 チョロちゃんが自閉症と診断されてすぐの頃に一人で勉強会に行き始めたのですが、当時は幼児の保護者が勉強会に参加していなかったの [続きを読む]
  • 中学校から入学式の前に…
  • チョロちゃんが通う予定の中学校から、入学式前日に学校で練習しませんか?と、声をかけて頂きましたがどうしますか? 小学校の先生から連絡がきました。 チョロちゃんは放課後デイサービスに行っているので、帰ってきたら確認して返事をします。と伝えました。 教職員の異動があって来年から担任が変わるので、どんな先生が担任か全くわかりません。 何度か訪問して相談に乗ってくださった副校長先生も、異動 [続きを読む]
  • 卒業式のチョロちゃん
  • 先日、チョロちゃんは小学校を卒業しました。 6年前の入学式の時は前日の夕方、設営の終わった体育館で、名前を呼ばれたら「はい」と返事をして立ち上がる。という練習をしました。 式の間、隣に座った先生がメモを見せてくれました。 あれから6年。 卒業生となったチョロちゃんは、みんなと練習をして卒業式に出ました。 入場から着席、起立と礼の繰り返し。きちんと座っていること。卒業証書授 [続きを読む]
  • 発達障害児を育てるという事 〜親の本能をダメにしない為に #3
  • わたしがチョロちゃんの??に気づいたのは生後間もなく。 とにかく寝ない!おっぱい飲んでも、おしめを替えても、昼も夜も眠らない! 「赤ちゃんは寝るもの、おっぱいは出るもの」初めての妊娠でドキドキワクワクしていた頃に、母が電話ごしにこう言いました。 最初の二人は本当にその通りでした。だけどチョロちゃんは眠らない!真冬の寒空の中、たくさん着込んで歩き回っても寝ません。 それは新生児の頃か [続きを読む]
  • 発達障害児を育てるという事 〜親の本能をダメにしない為に #1
  • チョロちゃんが自閉症と診断された直後から、図書館でたくさんの本を借りて読んだり、地元で行われた勉強会、講演会、研修の類に、できる限りたくさん行きました。 自閉症とか発達障害の子ども達の感覚特性や特徴など、少しでも理解したいと思ったからです。 ひとまとめにされた発達障害という少数グループの中の自閉症という更に少数の人達がどうして大変なのか?ほんの少しでも知りたくて必死でした。 それなりに [続きを読む]
  • 直樹さんの特番の総集編の放送
  • 三年前の夏に放送された番組と先日放送された番組の総集編ともいえる特別番組が放送されるそうです。 放送日は3月24日金曜日の0時10分〜詳しくは番組のHPをご覧ください。 直樹さんの番組HPはこちら      お願いしますm(_ _)m          にほんブログ村 発達障がい児育児 ブログランキングへ &n [続きを読む]
  • 親の勘が試される時
  • 2015年の12月に花風社から出版された、こよりさんの「支援者なくとも、自閉っ子は育つ」という本。 花風社の本は読み返す度に新しい発見や啓発が得られて、前に読んだはずなのに、その時々で響く言葉が違います。 今回は「本能」という言葉が残りました。 こよりさんはいくつもの病気をお持ちで、更には義父母、義祖父母の四人の介護と二人の凸凹育児。全部を一人でなさった方です。 だけどスーパー主婦!みた [続きを読む]
  • JKは知ってるけど、Pって何?
  • 今日のVS嵐は、ゲストが「PとJK」の出演者でした。 何気なく見ていたチョロちゃんが、「Pって何?」と聞いてきました。 「PはPoliceのPだよ」「わかった」 「JKは女子高生」「そんなの知ってる!」 そっかぁ(笑) ネットで色々調べて知っている事も多いけど、真偽を確かめず鵜呑みにする所がある自閉っ子。 勘違いで覚える事もあるのでチェックが必要です。     クリ [続きを読む]
  • 自閉っ子の幼児期のトイレ事情
  • 三人いる子どもの中でトイレの事で一番ラクだったのは、二番目の子である長女の時でした。 娘は広島で生まれました。長男と三年弱の年の差ですが、広島で知り合った看護師の先輩ママから、 「お座りできるようになったら、朝目覚めてすぐにトイレに座らせるといいですよ」 と教えてもらったので、生後5ヶ月くらいの時から、朝目が覚めた娘をトイレの便座に座らせました。(幼児用の補助便座をセットして) 初 [続きを読む]
  • やっぱり給食は嫌いなんだ!
  • 小学校の給食では初めの頃は食べられる物が極限られて、本当に先行き不安のてんこ盛りでした 無理に食べさせる事がなかったので何とか通えたけれど、大袈裟ではなく給食のせいで登校拒否になりそうでした。 6年前から比べたら成長著しく(笑)食べられるものが増えました 集団生活の中で培える事がたくさんあって、むしろ、集団生活の中でこそできる事がありますが、最初の小集団から始まって小学校の大集団。学年 [続きを読む]
  • 特別支援教育の事
  • チョロちゃんが通う小学校には、通級の特別支援学級がまだありません。 入学予定の中学校にもありません。 チョロちゃんが小学校に入学する少し前から、特別支援教育に関する環境が良くなってきつつあります。 わたしが学校で図書ボランティアをした事で、保護者にチョロちゃんの事も知られる様になりました。 学校でボランティア活動をする事で学校に行く機会が増え、わたしが学校でのチョロちゃんの様子がわ [続きを読む]
  • 乳児期の頭が大きさで自閉症かわかる?
  • 脳の大きさの差で自閉症スペクトラムの診断が早くつく?という記事がありました。 早期脳過成長から自閉症スペクトラム障害を予測できる 以前、沖縄の小児脳外科のドクターのお話を聞く機会があり、その時の事を当時のブログに書きました。 頭囲に関する過去記事はこちら チョロちゃんが3歳くらいの頃にたまたま見つけた、三角頭蓋という言葉とそれに関する手術を一度は真剣に考えました。 そうこうし [続きを読む]
  • 就学前にサポートブックを準備して
  • もうすぐ新年度がはじまりますね。 今年、小学校に入学されるお子さんのお母さんは、お子さんよりもドキドキしていらっしゃるかもしれませんね? 6年前、チョロちゃんが小学校に入学する時、わたしはサポートブックを準備しました。 サポートブックというのはガイドブックの様なもので、子どもの特性や関わり方等、親がいなくても何とかできる(してもらう)為に親が準備します。 2部つくって学校と自宅に一 [続きを読む]
  • さよなら 大好きな6年生
  • 毎年この時期になると卒業生を送る会という集会があって、各学年毎に趣向を凝らした発表をして6年生を送ります。 学年のカラーが出る楽しい出し物だったり、クイズだったり劇だったり歌だったり… 一年生と六年生は一年間決まった人と組んで活動します。入学式のお出迎えから始まって合同遠足やランチ交流、読み語り、遊び等々色んな活動を一緒にします。 一年生は自分のパートナーのお兄ちゃんお姉ちゃんに向けて [続きを読む]
  • 「疲れた」という感覚もなかった自閉っ子
  • 6時間授業のうちの4〜6時間を交流学級の教室で過ごしているチョロちゃん。 3学期になってかなり頑張っているようで、連絡帳でも先生から労いの言葉が書かれています。 定型発達の子なら当たり前のことですが、チョロちゃんにとってはかなりのストレス。 「今日も◯時間、上(交流学級)で頑張ったから疲れた」疲れた。という感覚に気づけずに超過密な活動を続ける発達障害の人もいると聞きます。 文字通り [続きを読む]
  • 「先生が敵になる時」を書いて思い出した事
  • 長女が受けたいじめは陰湿で影で一人がみんなを操り、担任もまんまと騙されて娘が悪者にされかけました。心の傷は深かったのですが、学校に行けない娘に代わってわたしが赤ちゃんだったチョロちゃんを抱いて、学校に行き全部を明らかにしました。 その時、わたしがとても怒っていたので、未だに娘がその事を言います。 「お母さんがわたしの代わりにすごく怒ってくれたので、いじめの内容を覚えていない」のだそうです。 [続きを読む]
  • リュウマチとMRI検査と
  • 6年半前に体調を崩して高熱と身体の痛みで血液検査をして、色々調べて貰ったら将来リュウマチになる可能性がある因子(数値)が高かったのですが、その後、突然下がったりして、ドクターも不思議そうに首をかしげ、わたしも一喜一憂。 毎月だった検査が半年おきになったりすると、ホッとしたり元気な気になったり…。 リュウマチって若い方もなるそうで驚きましたが、20代でもリュウマチの方がいらっしゃるとか。&nbs [続きを読む]
  • 今日の夜、自閉症の子育て中の…
  • 今日の夜7時からのTBSの番組で、3歳の時に自閉症と診断されて保育園に11回入園拒否された8歳の男の子のお母さんの特集があるそうです。 TBS〇〇の妻たち チョロちゃんも3歳で自閉症スペクトラムと診断されました。 わたしは録画して後で観ます。      お願いしますm(_ _)m          にほんブログ村 発達障がい児育児 ブロ [続きを読む]
  • 先生が敵になる時
  • 上の子ども達が学校に行きたがらなかった時は、それぞれ学校でイジメなどの問題があった時です。 状況はそれぞれ違いますが、ある意味子どもを守る為。 先生が子どもを守ってくれないばかりか敵になった時、親としてできるのは学校に行かせない事と戦う事。 学校の環境が異常な中に子どもを送り出せないので、わたしが学校に行って先生と話します。 場合によっては校長先生とも話します。長男の時には酷すぎる [続きを読む]
  • 学校は嫌いだけれど、毎日登校しています
  • 毎日の様に小さなゴタゴタ(いざこざ)がある様ですが、短時間で切り替えられる様になっているチョロちゃん。 以前だったら少し嫌な事があっただけで、もう教室にいられなくなるほど気持ちの変動が大きくて、落ち込んだ時の切り替えにとても時間がかかりました。 嫌な事があって気持ちが切り替えられないままに帰宅すると、ドアの開け方・閉め方、歩き方、「ただいま」の声の調子等色々違うのでわかり易いですが、イライ [続きを読む]
  • 母の肉じゃがは他と違って…
  • 我が家の肉じゃがは他の家のと少し違います。 子どもの頃からずっと「肉じゃが」と言って母が作るのは、一般的なそれとは違って挽肉とじゃが芋のそぼろ煮。 学校の給食で初めて肉じゃがが出た時の衝撃それが本来(笑)の肉じゃがだと知って驚きました。 家のも確かに肉とじゃが芋だけど学校のと違う。 家では肉じゃがが普通に煮物として食卓に出ていたので、こっちが本物(笑)だと知らずにいました。 最 [続きを読む]
  • 藤家寛子さんの事
  • 去年、藤家寛子さんにお会いする機会がありました。 花風社の自閉っ子シリーズを読まれた方にはお馴染みの、ちゅん平さんです。 自閉っ子シリーズが出版されたのは、10年以上前で、その後「10年目の自閉っ子こういう風にできてます!」が出版されています。 ちゅん平こと藤家寛子さんは杖をついて歩くほど状態が悪く、かなり大変な生活をされていたそうですが、今では普通に働いて、しかも最近は「登録販売者」 [続きを読む]