怒りのオレンジ さん プロフィール

  •  
怒りのオレンジさん: パンドラの憂鬱
ハンドル名怒りのオレンジ さん
ブログタイトルパンドラの憂鬱
ブログURLhttp://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/
サイト紹介文日本に関する様々な分野に寄せられる海外の反応を翻訳し、紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 366日(平均7.0回/週) - 参加 2011/04/06 18:18

怒りのオレンジ さんのブログ記事

  • 海外「ニヤけてしまった」 日本の男性達の国際恋愛観が海外女子に大好評
  • 映像は、日本人のチャンネル主さんが制作・投稿したもので、複数の日本人男性に、外国人女性に関する4つの質問をされています。1:「どの国の女性が一番美しいと思いますか?」2:「外国人女性とデートしてみたいですか?」3:「国際恋愛の大変なところは何だと思いますか?」4:「外国人女性と交際することの利点は何だと思いますか?」質問は以上の4点になります。動画は外国人女性にとっては大変興味深く笑える内容だったようで [続きを読む]
  • 海外「他国に口出しするな!」 旭日旗を問題視する米紙の記事に怒りの声
  • 今回は「日本も旗の問題を抱えている」というワシントン・ポストの記事から。現在米国では、南北戦争で南軍の象徴となった「南部連合旗」が議論の的になっており、それに関連付けた形で、日本の旭日旗の問題点が紹介されています。記事は政治評論家のアダム・テイラー氏の寄稿文。テイラー氏は、「ドイツは第二次世界大戦後、ハーケンクロイツ等使用を禁止したが、旭日旗は禁止されることなく、今もはためいている」と指摘。さらに [続きを読む]
  • 海外「日本は高速すら未来的か!」 日本の一般的な高速道路に外国人が驚嘆
  • 今回は日本の高速道路を観た外国人の反応です。映像の高速道路は、おそらく名古屋第二環状自動車道でしょうか。防音壁に囲まれた、トンネルの多い区間を走り抜けていく様子が収められており、動画の速度が速められているため、とても疾走感のある仕上がりになっています。日本では一般的と言える高速道路の光景かと思いますが、外国人の目には、とても未来的なものに映ったようでした。海外「日本はよくこんな物を…」 東京湾アク [続きを読む]
  • 海外「何で砂糖を入れるんだ!?」 肉じゃがの作り方に外国人が興味津々
  • 今回は肉じゃがの作り方を観た外国人の反応です。肉じゃがは、東郷平八郎が留学先の英国で食べたビーフシチューの味が忘れられず、日本に帰国してから、似た料理を艦上食として作らせたことがその始まり、という説が一般的に広く知られていますが、その起源にはやはりと言うべきか諸説あり、断定出来るような資料は今のところまだ出てきていないそうです(ちなみに「肉じゃが」という名称が定着したのは1970年代以後)。いずれにし [続きを読む]
  • 海外「他の国も見習おう」 試合後 観客にお辞儀をするなでしこ達に賞賛の声
  • 日本時間24日にバンクーバーで行われたサッカー女子ワールドカップ、カナダ大会の決勝トーナメント1回戦、日本代表対オランダ戦。連覇を目指すなでしこジャパンは有吉選手と阪口選手が得点を決め、2−1で見事勝利。準々決勝は日本時間28日(日)の5:00からで、オーストラリアと対戦します。今回の記事は、試合に対する反応ではなく、試合後になでしこジャパンの選手たちが、応援してくれた観客に対し、全員で深々とお辞儀をする様 [続きを読む]
  • 海外「日本の順位がかなり意外」 労働時間の長い国トップ10に海外から様々な声
  • 今回は「労働時間が長い国トップ10」が紹介されている動画から。ここでは平均年間総実労働時間に加え、平均年収も併せて紹介されています。順位は以下10位 スロバキア平均年間総実労働時間:1749時間 平均年収:1万9068ドル9位 日本平均年間総実労働時間:1765時間 平均年収:3万5143ドル8位 ハンガリー 平均年間総実労働時間:1797時間 平均年収:1万9437ドル7位 アメリカ平均年間総実労働時間:1798時間 平均年収:5万4 [続きを読む]
  • 海外「どの剣も格好良すぎる」 日本からは2本 世界の伝説的な刀剣7選
  • 今回ご紹介する動画では、人気チャンネルさんが独自に選定した、世界の伝説的な刀剣7口がそれぞれ歴史的背景と共に紹介されてます。登場する刀剣は順に以下1.岩に刺さった剣 アーサー王伝説に登場。本物の王の資質を持つ人間だけが引き抜けるとされた。2.天叢雲剣(草薙の剣)● 三種の神器の一つで熱田神宮の御神体。 スサノオがヤマタノオロチを退治した後に尾を切ったところ、中から現れた。  3.村正●  伊勢の刀工、 [続きを読む]