たじぃ さん プロフィール

  •  
たじぃさん: アジアを味わうたじぃログ
ハンドル名たじぃ さん
ブログタイトルアジアを味わうたじぃログ
ブログURLhttp://tariyan2005.miyachan.cc/
サイト紹介文北京でネット広告代理事業の立ち上げをやってるたじぃのブログ。九州、宮崎が大好きです。
自由文北京のSOHOで中国人と中国語(儿化)に囲まれてネット広告代理事業の立ち上げをやってます。宮崎大学教育文化学部→リクルート事業開発室→爱?威广告有限公司(←いまココ)将来は、宮崎を舞台に雇用×グローバル×地域資源を軸に地域作りをやります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/04/09 23:19

たじぃ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「目的」と「目標」が乖離してしまう残念な地方創生
  • 日本の人口は2008年の1億2800万人を頂点に減少局面に入りました。それ以降ばらつきはあるものの毎年20万人のペースで人口は減少し続けています。このままでは日本の将来人口は2030年に1億1600万人。1億人の大台は2041年に下回ってしまうと言われています。それまで日本の人口が減少することを政府は事前に把握できてなかったかというと、もちろん把握できていました。人口問題の際に必ず持ち出される指標に「合計特殊出生率(一人 [続きを読む]
  • 問題解決の視点から公民連携の新定義を作ってみた。
  • 東京一極集中をどう是正するか、移住者をどう増やすかなど、地方創生にまつわる議論や取り組みが盛り上がっています。政府は従来のような「日本全国一律支援します」というスタンスから、「頑張る市町村を集中的にサポートします」というスタンスに変わるなど、政府としても大きく方針転換しつつあります。しかしながら、現場の地域や、市町村に行ってみると地域の問題が解決されるどころが、どんどん問題が悪化する泥沼にはまっ [続きを読む]
  • 権威の正体と権威の交代 〜DeNAのウェルク炎上事件を見て思うこと〜
  • 世の中にはさまざまな権威が存在しています。権威を辞書で調べると「他の者を服従させる力」とあり、これら様々な権威に共通していることは「誰かを評価し選ぶ立場」であることです。例えば、東京大学は非常に大きな権威ですが、その東京大学には毎年多くの高校生が受験をします。またノーベル賞も世界最高峰の権威ですが、ノーベル賞の検討委員会は全世界から研究者なり、政治家なり、小説家なり、アーティストを評価し選びま [続きを読む]
  • 生涯正社員でいることはハイリスクローリターンかも説
  • 政府もようやく「働き方改革」を大きく掲げて日本人の働き方を変えていこうと動きだしました。それはこのままの働き方をしていけば日本の経済力に限界が見えていて、そこにメスをいれなければ、歪が大きくなってくるからです。産業能率大学が実施している「新入社員の会社生活調査」では新入社員の約70%以上が終身雇用制度を望むと回答していますが、正社員ということは会社にフルコミットする働き方であり、異動を命じられれば [続きを読む]
  • なぜ地方の人は残業しないのか。
  • IT企業を中心にコールセンター業務や、WEBの管理・運用などを東京でなくてもできる業務を地方都市に移管していく流れが起こっています。それはコスト削減をメインの目的として行われるわけですが、その対象となる一つが人件費です。厚労省が発表している2015年のデータをみると、最も年収が高い東京都は平均623万円で最も低い沖縄県は平均355万円となっており、280万円ほどの開きがあります。 IT企業はWEBでのコミュニケーション [続きを読む]
  • ヤフーの新卒一括採用廃止は地方にどんな影響をあたえるか。
  • ヤフーが新卒一括採用を廃止したニュースを見て、この流れの先に地方都市はどうするのかということをぼーっと考えておりまして、まだまだ結論はでていないのですが、途中経過的に書き留めておきたいと思います。ヤフーのようなネームバリューがあり、待遇も良い企業であれば、新卒採用に特化した採用を行わないということは非常に合理的だと思います。そもそも有能な人も転職してきてくれるでしょうし、何より強力なメディアとデー [続きを読む]
  • シェアリングエコノミーが「市場の失敗」を再び市場化する
  • 地方は人口が減り、マーケットが縮小していくので、パイの取り合いになって競争が激化するといわれることがしばしばあります。確かに人口が減れば地域のマーケット規模が縮小していくのですが、競争が激化する、というのは、すこし違ったりします。なぜなら、地域のマーケットは縮小していくのですが、定年での引退や進学・就職での転出などで、地域マーケットの縮小以上の割合で生産年齢人口が減少していっています。なので結果的 [続きを読む]
  • 過去の記事 …