照井清一 さん プロフィール

  •  
照井清一さん: 中小企業診断士 照井清一のぐっとくる?ブログ
ハンドル名照井清一 さん
ブログタイトル中小企業診断士 照井清一のぐっとくる?ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/se-terui
サイト紹介文独立開業のため、開業講座、技術士受験、仕事、3児の父親とめまぐるしい日々。書く方がぐっとくる?ブログ
自由文2010年中小企業診断士登録、経営コンサルタントとして独立開業の準備中です。2011年は、技術士試験にも挑戦中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/04/13 22:29

照井清一 さんのブログ記事

  • 経営コラム76号 インダストリー4.0はものづくりを変えるのか? その1
  • こんにちは!人は予想していないとっさの事態に直面すると、どうしてよいかわからず、思ってもみない行動をします。昔は自販機には電子ルーレットがあり、当たりでランプが止まるともう一本ジュースがもらえました。でも当たったことはありませんでした。そのころ、オートバイでツーリング中、田舎の雑貨店の自販機でジュースを買いました。なんと生まれて初めて、当たりました。その瞬間、雑貨店からおじさんが飛び出して来て「赤 [続きを読む]
  • モノづくり通信第45号 「ゆとり世代社員への処方箋」
  • こんにちは!派手なジャージに身をまとったサイクリスト、サイクリスト同士がすれ違った時、すれ違った相手のどこを見ると思いますか。実は、すね毛です。ツールドフランスや国内ロードレースに出場するような自転車の選手はすね毛がありません。彼らがすね毛を処理する理由は、レース後に専任のトレーナーにマッサージしてもらう時すね毛があるととても痛いからです。また寒い季節は足を保温するためにマッサージオイルを塗ります [続きを読む]
  • 経営コラム73号 人口減少社会とこれから起こる変化
  • こんにちは!以前、どんなに親が避けていても、幼児が虜になってしまう「アンパンマンの法則」についてお話ししました。今回は、大半の子供がオタクになってしまう新たな法則を発見しました。大人がスマホでYouTubeを見ていると、子供も見たがります。そこでYouTubeでゲーム実況プレイやおもちゃの開封動画を見せると喜んでいます。でもそのうち子供は自分で動画を検索するようになります。そしてたまにはオタクなコンテンツにも関 [続きを読む]
  • モノづくり通信第44号 「ゆとり世代の特徴と誤解」
  • こんにちは!すぐれたコンテンツは、自然と人をひきつけ売れていきます。あるお母さんは、アンパンマンが大嫌いでした。全然かっこよくないし、おしゃれでない。男の子はかっこいいヒーローもののおもちゃであるべきと思っていました。だから家の中にアンパンマンのグッズやおもちゃがあるのは許せませんでした。生れた子供には一切アンパンマンは見せないし、アンパンマンのおもちゃも与えませんでした。お母さんの試みは成功した [続きを読む]
  • 経営コラム71号 価格の決定方法と価格戦略
  • こんにちは!先日、某ファーストフード店で注文待ちの列に並んでいました。とても忙しそうでした。他のアルバイトに指示をしながら、モニターの注文を見て、商品を紙袋に入れていました。でも、不安になったみたいで、全部紙袋から出して商品を確認しました。そして入れ始めたのですが、また出して確認しました。とても忙しいのに、2回も出し入れしていて大変そうでした。このやり方では、このお店のテイクアウトは心配です。と思 [続きを読む]
  • モノづくり通信第42号 「競争戦略としての『価格戦争』」
  • こんにちは人はこれから起きることを予測して行動します。その予測が外れると、思わぬ事故が起きます。 以前、夜中に目が覚めてトイレに行きました。寝ぼけて、寝室の反対側の階段に向かっていました。そして下り階段に足を踏み出したところ、足の下に床がありません。そのまま頭から、1回転して階段の踊り場に落ちました。寝ぼけていながらも、とても痛かったです。「うーん、痛い」うなりながら、布団に入って寝ました。 予想外 [続きを読む]
  • 経営コラム70号 会計が判断を誤らせる、会計と実務のギャップ
  • こんにちは!先日、息子の自転車の練習に付き合いました。息子は、中学二年ですが自転車に乗れません。さすがに不便なので、本人もようやく練習する気になりました。春休み一杯かかる覚悟で、始めました。最初は、両方のペダルを外して、両足で蹴ってハンドルでバランスを取る練習です。200メートルを2往復して、バランスが取れるようになったので、片足だけペダルを付けて、片足で踏み出して惰性でバランスを取る練習。今度は、反 [続きを読む]
  • 経営コラム69号 仕事のミスとミスを防ぐリーダーの役割 その3
  • こんにちは!先日、ふとコンビニで目に入ったものペヤングパクチーMAXやきそばどんなものか好奇心にひかれて買ってみました。そして子供たちと試食しました。湯切りをしてふたを開けたら、笑ってしまいました。「なんだ、この臭いは!」パクチーの香りの10倍きつい臭いが部屋中に立ち込め、パクチー嫌いの妻は、部屋に入れなくなりました。付属のソースをかけて試食。「まずい、笑ってしまうくらいまずい。」子供は、罰ゲームのた [続きを読む]
  • 経営コラム68号 仕事のミスとミスを防ぐリーダーの役割 その2
  • こんにちは!先日、岐阜市での仕事が終わり、帰ろうとして電車に乗りました。電車の中で、パソコンに向かって原稿を書いていると、通るはずのない駅名をアナウンスしていました。電車は反対の大垣に向かっていました。仕方なく、大垣で折り返して帰ったら、家族に大笑いされました。原因は電車に乗る前にトイレに行ったら方向感覚が狂ったためでした。何より「この電車は合っている」という思い込みが、様々な情報に気がつかなくな [続きを読む]
  • 経営コラム67号 仕事のミスとミスを防ぐリーダーの役割 その1
  • 最近、私が週末夜に図書館に本を返しに行くと、娘と息子が一緒に行きます。読書に目覚めた娘は、毎週小説を借りています。下の息子は、ある日借りる本はないのに一緒に行くと言いました。なぜかと尋ねると、図書館までの20分のドライブの間「私と娘のバカ話を聞いているのが楽しい」そうです。うーん、確かにしょうもないエロ話を娘としていたましたが、それが息子に受けていたとは知らなかった。◆経営コラム67号 仕事のミスとミ [続きを読む]
  • 経営コラム66号 ゲームのルールが変わる、コモディティ化 その2
  • こんにちは!今度、ある学校で学生の模擬面接の面接官をやることになりました。そして30数年ぶりに就職活動に接することになりました。そこで最近、就活した30歳の男性に聞いてみました。分かったのは、学生は面接や試験をうまくやれば、大きい会社に入れると思っていることです。ということは、内定が取れないのは面接や試験に失敗した、つまり努力が足らないと思っているのです。これはマズイと思います。面接や試験の成績に関係 [続きを読む]
  • モノづくり通信第40号 「発明を守る方法と、権利を守る戦い」
  • こんにちは今回のモノづくり通信は、特に知財に関わったことのない方に向けて、特許や実用新案などの知財についてまとめました。そうしたらこんなニュースが飛び込んできました。元弁理士 上田育弘氏の株式会社ベストライセンス社がPPAPを商標出願。同社は他にも「君の名は」「ゲス不倫」など大量に商標出願していました。実は商標出願は、出願から半年は出願料を納めなくてもよい制度になっています。同氏の会社は、その間に企業 [続きを読む]
  • 経営コラム64号 ゲームのルールが変わる「コモディティ化」その1
  • こんにちは! 先日、ある市の外郭団体の事務所に手続きに行きました。 支払いは、現金しかダメなんですが、事情があってすぐに払えないので利用許可証のコピーをもらって、数日後に払うようにお願いしました。まず、窓口のパートの女性にその旨を伝えると、3メートルほど奥の事務机の正社員(おそらく市の出向者)に相談しました。その社員は、電話で5分くらい話していました。それから、窓口いる私のところに来て、先ほ [続きを読む]
  • モノづくり通信第36号 「説得かWin-Winか、交渉について考える」
  • こんにちは 両親が共働きだったこともあり、小さな頃私の面倒を見ていたのは祖父と祖母でした。 昭和40年代、まだ日本がそれほど豊かでなかった頃です。 幼い頃、家には冷蔵庫も洗濯機もありませんでした。 すいかは、水道の水をちょろちょろ流して冷やしていました。 アイスクリームは隣のパン屋さんで食べたいときに買っていました。 天気の良い日、庭で祖父が釣り道具の手入れをしている横で、落 [続きを読む]
  • 経営コラム57号 価格とは?その1 価格の機能と購買行動
  • こんにちは!先日、ある経営者から伺った話です。その方、長年働いていた事務の女性を専務に抜擢しました。そして彼女に、人材育成を任せています。それは、かつて時折その女性に愚痴をこぼしていた時、彼女が的確な指摘とアドバイスするので、彼女の能力に気がついたそうです。得意先まで接待した会社の忘年会の部屋の責任者は、今までベテラン社員が行っていました。すると彼女が指摘しました。「なぜ、若い社員にしないのですか [続きを読む]