Sozen さん プロフィール

  •  
Sozenさん: 油を売る日々
ハンドル名Sozen さん
ブログタイトル油を売る日々
ブログURLhttp://ameblo.jp/sozen22/
サイト紹介文NYMEX WTI 原油先物相場について日々考察します。毎日の市況と需給資料をまとめた雑記帳です。
自由文記事の参考データや図表は別サイト「油を売る日々の油桶」に保管してあります。
http://sozen22.web.fc2.com/

BLOGOS finance に参加しています。
http://f.blogos.livedoor.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/04/14 18:58

Sozen さんのブログ記事

  • 在庫に敏感な原油相場
  • 原油相場は4営業日続伸です。米国在庫の減少予想で$44/bbl台半ばまで戻しています。6月27日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比86セント高の$44.24/bblで、引け後の時間外取引は$43/bbl台後半です。 在庫の高水準が重石となっているだけに、在庫減少予想は下支えになります。ただし、他に上昇を加速するような新規材料もなく、過熱感は生じません。 取り沙汰される追加減産について、OPEC は性急に決める積りがないようですね。 [続きを読む]
  • API週間統計 6月27日発表
  • 米国石油協会 (API) が6月27日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は230〜325万バレル減少の事前予想に反し前週比85万バレル増加でした。原油在庫は再び増加に転じています。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比68万バレル減。11週連続の減少です。ガソリン在庫は60〜90万バレル減少の予想に反し前週比135万バレル増、中間留分在庫は30〜50万バレル増加の予想に対し前週比68万バレル増とな [続きを読む]
  • 先進国在庫が引き続き重石の原油相場
  • 原油相場は3営業日続伸です。下値をジリジリと切り上げているものの、反発の勢いはつかず小幅な上昇に止まります。6月26日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比37セント高の$43.38/bblで、引け後の時間外取引は$43/bbl台半ばです。 ラマダンの明けた中東情勢も、テロ支援非難を巡るイランやカタールとサウジアラビアなどとの対立が直ぐに地政学的なリスクを増大させるとはみなされておらず、大きな材料にはなっていません。 IEA な [続きを読む]
  • 価格下落で膨らむファンドの原油売り
  • 原油相場は小幅続伸です。市場の趨勢は変わらず、反発とはいえ前日高値を抜く機運を見せない一方、週末を控えて$40/bbl大台を割る勢いを示すでもありません。6月23日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比27セント高の$43.01/bblで、引け後の時間外取引は$43/bbl台前半です。 ベーカー ヒューズによると、6月23日時点の米国の油井リグ稼働数は758基と3週振りに2桁増を記録しています。前週比の増加は23週連続となりました。EIA は7 [続きを読む]
  • 原油在庫は産油国で減少か
  • 原油相場は4営業日振りに小幅反発です。新規の弱材料もなく下げも一服といったところでしょうか。6月22日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比21セント高の$42.74/bblで、引け後の時間外取引は$42/bbl台後半です。 OPEC ら産油国の減産目標達成率は5月に106%となり、前月から4ポイント上昇したとされます。  ■ Opec and non-Opec members conform with output cut deal (Gulf News) OPEC の生産は主にサウジ [続きを読む]
  • 巨大な在庫が強材料を無効化する原油相場
  • 原油相場は3営業日続落です。在庫統計はやや強気の内容ですが、市場の軟調ムードを変えるには至りません。6月21日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比98セント安の$42.53/bblで、引け後の時間外取引は$42/bbl台半ばです。 米国エネルギー情報局 (EIA) の週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は120〜210万バレル減少の予想に対し前週比245万バレル減少でした。API の数字と同様の結果です。 原油処理量は若干低下しましたが、 [続きを読む]
  • EIA統計 6月21日発表
  • 米国エネルギー情報局 (EIA) が6月21日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は120〜210万バレルの減少予想に対し前週比245万バレルの減少です。原油在庫は2週連続の減少となりました。原油処理量は日量1,715万バレルで前週比同10万バレル減少、輸入は日量788万バレルで前週比同15万バレル減少となっています。国内原油生産量は日量935万バレルで前週比同2万バレル増加でした。WTI 原油先物の現物受け渡し地オクラホ [続きを読む]
  • 原油需給バランスは見直しが必要か
  • 原油相場は続落し、安値は$42/bbl台を付けています。6月20日の NYMEX WTI 原油先物の7月限は前日比97セント安の$43.23/bblで納会し、8月限引け後の時間外取引は$43/bbl台半ばです。 市場の弱気ムードは引き続き上値を抑えます。押し目買いも出て出来高が膨れているものの、売り方の優勢は変わりません。 減産免除国や米国の増産が材料となっている状況も変わりません。IEA の推定では足元の今年第2四半期の世界の石油需給バランス [続きを読む]
  • API週間統計 6月20日発表
  • 米国石油協会 (API) が6月20日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は120〜210万バレル減少の事前予想に対し前週比270万バレル減でした。原油在庫は前週の増加を帳消しにしています。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比127万バレル減。10週連続の減少です。ガソリン在庫は75万バレル減少から50万バレル増加の予想に対し前週比35万バレル増、中間留分在庫は25万バレル減から50万バレル増の予 [続きを読む]
  • 米国海洋油田を暴風雨直撃
  • 原油相場は反落です。朝方は$45/bblの節目を超えたものの決め手に欠けて軟化しています。6月19日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比54セント安の$44.20/bblで、引け後の時間外取引は$44/bbl台前半です。 市場は OPEC など産油国による減産継続の効果に疑念を抱いています。IEA などが世界的な在庫の減少を推定している一方、毎週発表される分かりやすい米国の在庫水準の減り方が今ひとつなのが主因ですが、やはりシェール オイル [続きを読む]
  • ファンドの売りが鮮明な原油相場
  • 原油相場は3営業日振りに小幅反発です。在庫統計への反応が一巡し、米国の油井リグ稼働数や OPEC の出荷はこのところの傾向を維持しているため週末を前に方向性が示せませんでした。6月16日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比28セント高の$44.74/bblで、引け後の時間外取引は$44/bbl台後半です。ベーカー ヒューズによると、6月16日時点の米国の油井リグ稼働数は747基で前週比6基増。小幅の増加とはいえ、22週連続の増加を示して [続きを読む]
  • 長期下落を想定し難い原油相場
  • 原油相場は続落です。高値も節目の$45/bblに届かず、ダラダラと軟化しています。6月15日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比27セント安の$44.46/bblで、引け後の時間外取引は$44/bbl台前半です。 米国シェール オイル生産の増勢継続とリビアやナイジェリアの増産による足元の OPEC 供給拡大が市場参加者の心理に重くのしかかります。 各機関は今月の月報で需給バランスの改善見通しを示しましたが、それはあまり市場参加者の心を [続きを読む]
  • 需給改善を信じない原油相場
  • 原油相場は4営業日振りに大きく反落しました。中国の原油処理堅調や足元の需給バランス改善推定などで底堅い展開でしたが、さして弱気な内容でもない米国在庫統計発表後に下げ始めるとパニック的に売りが膨らみました。6月14日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.73安の$44.73/bblで、引け後の時間外取引は$44/bbl台半ばです。 米国エネルギー情報局 (EIA) の週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は230〜300万バレル減少 [続きを読む]
  • EIA統計 6月14日発表
  • 米国エネルギー情報局 (EIA) が6月14日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は230〜300万バレルの減少予想に対し前週比166万バレルの減少です。原油処理量は日量1,726万バレルで前週比同3万バレル増加、輸入は日量803万バレルで前週比同32万バレル減少となっています。国内原油生産量は日量933万バレルで前週比同1万バレル増加でした。WTI 原油先物の現物受け渡し地オクラホマ州クッシングの原油在庫は前週比1.8% [続きを読む]
  • 減産免除国の増産で供給拡大するOPEC
  • 原油相場は小幅続伸です。高値・安値共に前日水準から若干下がっていますが、在庫統計発表を控えた買戻しで引け値は小確りとなりました。6月13日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比38セント高の$46.46/bblで、引け後の時間外取引は$46/bbl前後です。 OPEC の6月月報によると、2017年の世界の石油需要見通しは日量9,638万バレルで前月の予想から横ばい、OPEC 原油を除く世界の石油供給見通しは日量5,814万バレルで前回から同11万 [続きを読む]
  • API週間統計 6月13日発表
  • 米国石油協会 (API) が6月13日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は230〜300万バレル減少の事前予想に反し前週比275万バレル増加でした。原油在庫は4週振りの増加となりました。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比83万バレル減。9週連続の減少です。ガソリン在庫は50〜115万バレル減少の予想に反し前週比179万バレル増、中間留分在庫は50〜70万バレル増加の予想に反し前週比145万バレル減 [続きを読む]
  • 米国シェール オイル産量が過去最大を更新へ
  • 原油相場は小幅続伸です。$40/bbl大台前半まで下げきれなかった WTI 相場は、修正の戻り局面といったところでしょうか。6月12日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比25セント高の$46.08/bblで、引け後の時間外取引は$46/bbl前後です。 目先3〜4か月の世界的な在庫減少見通しが、改めて材料視され始めています。  ■ Russia and Saudis see crude oil inventories falling after price dip (The Econo [続きを読む]
  • 米国の産油量増勢に陰り
  • 原油相場は3営業日振りに小幅反発です。安値を若干切り上げていますが、高値は前日水準と同じです。節目から更に下げることは嫌っても、反発力も強くありません。6月9日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比19セント高の$45.83/bblで、引け後の時間外取引は$45/bbl台後半です。 シェルは、パイプライン漏洩のためナイジェリア原油出荷に再びフォース マジュール宣言です。  ■ W. Africa Crude-Force majeure on Nigeria's Bonny [続きを読む]
  • 弱材料に敏感な原油相場
  • 原油相場は小幅続落です。朝方$45/bblの節目をうかがいましたが、大台前半に踏み込むには何かストーリーが必要なのでしょう。6月8日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比8セント安の$45.64/bblで、引け後の時間外取引は$45/bbl台半ばです。 市場のムードは前日の延長です。米国原油在庫の増加の余波を引き摺り、カタールを巡る中東の対立が OPEC の協調体制に与える影響を懸念する声が買い方を慎重にさせています。 とはいえ、カタ [続きを読む]
  • ファンダメンタルズ好転を無視する原油相場
  • 原油相場は大きく反落です。需給改善予測にも関わらず頭重い展開の続いた原油相場は、米国在庫の増加という分かりやすい材料に過大とも思える反応を示しました。6月7日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$2.47安の$45.72/bblで、引け後の時間外取引は$45/bbl台後半です。 世界的な需給改善見通しの中、米原油在庫の増加は予想外とはいえ規模がそれほど大きくはないためか買いも相応に出て、出来高は220万枚を超えています。ファ [続きを読む]
  • EIA統計 6月7日発表
  • 米国エネルギー情報局 (EIA) が6月7日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は300〜350万バレルの減少予想に反し前週比330万バレルの増加です。原油在庫は9週振りに増加しました。原油処理量は日量1,723万バレルで前週比同28万バレル減少、輸入は日量834万バレルで前週比同36万バレル増加となっています。国内原油生産量は日量932万バレルで前週比同2万バレル減少でした。WTI 原油先物の現物受け渡し地オクラホマ州 [続きを読む]
  • 2017年の石油需給は供給不足に
  • 原油相場は3営業日振りにに反発です。ただし下げ止まったとはいえ高値は前日水準に届いておらず、力強さが感じられません。6月6日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比79セント高の$48.19/bblで、引け後の時間外取引は$48/bbl台前半です。 カタールはイラン同様に協調減産への協力姿勢を変えないそうで、政治的な対立は減産に大きな影響がないようですね。 世界の石油需給見通しは顕著な改善を見せましたが、一方で足元の OPEC 産 [続きを読む]
  • API週間統計 6月6日発表
  • 米国石油協会 (API) が6月6日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は300〜350万バレル減少の事前予想を上回る前週比462万バレル減でした。原油在庫は3週連続の減少です。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比156万バレル減。8週連続の減少となっています。ガソリン在庫は25〜60万バレル増加の予想を大きく超える前週比408万バレル増、中間留分在庫は前週比変わらずから70万バレル増加の予想に [続きを読む]
  • 中東対立でも上昇しない原油相場
  • 原油相場は小幅続落です。サウジアラビアなど中東諸国とカタールとの断交は一時的に相場を支えたものの、上値が重くかえって失望売りを誘いました。6月5日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比26セント安の$47.40/bblで、引け後の時間外取引は$47/bbl台前半です。 5月の OPEC 推定産油量はロイターの調査で前月比日量25万バレル増、ブルームバーグの調査では同32万バレル増となっていますが、どちらも減産免除のリビアやナイジェリ [続きを読む]
  • 拡大続けるOPEC原油供給
  • 原油相場は反落です。米国原油在庫のまとまった減少にも反応が薄い相場は、頭重い展開にならざるを得ません。6月2日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比70セント安の$47.66/bblで、引け後の時間外取引は$47/bbl台半ばです。 減産延長を決めた OPEC ですが、供給量は引き続き拡大しています。オイルムーブメンツによると、6月17日までの4週間にアンゴラ以降の加入国を除く OPEC 加盟10か国が出荷する石油量は日量2,464万バレルで5 [続きを読む]