Sozen さん プロフィール

  •  
Sozenさん: 油を売る日々
ハンドル名Sozen さん
ブログタイトル油を売る日々
ブログURLhttp://ameblo.jp/sozen22/
サイト紹介文NYMEX WTI 原油先物相場について日々考察します。毎日の市況と需給資料をまとめた雑記帳です。
自由文記事の参考データや図表は別サイト「油を売る日々の油桶」に保管してあります。
http://sozen22.web.fc2.com/

BLOGOS finance に参加しています。
http://f.blogos.livedoor.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/04/14 18:58

Sozen さんのブログ記事

  • 原油需給、7〜9月に逼迫の可能性大
  • 原油相場は5営業日続伸です。需給改善期待が引き続き下値を支えます。5月23日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比34セント高の$51.47/bblで、引け後の時間外取引は$51/bbl台半ばです。 OPEC 総会を明日に控え、延長期間が6か月になるのか9か月になるのかの思惑で揺れているものの、減産が延長されるのは確実という空気になっていますね。 トランプ政権の予算教書で示された債務削減のため米国の戦略石油備蓄6.9億バレルのうち2.7 [続きを読む]
  • API週間統計 5月23日発表
  • 米国石油協会 (API) が5月23日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は200〜280万バレル減少の事前予想を下回る前週比150万バレル減でした。原油在庫は再び減少に転じています。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比21万バレル減。6週連続の減少です。ガソリン在庫は40〜120万バレル減少の予想を上回る前週比315万バレル減、中間留分在庫は50〜100万バレル減少の予想に対し前週比185万バレル減 [続きを読む]
  • 減産延長を反映し切れない原油相場
  • 原油相場は4営業日続伸です。減産の延長期待で底堅い展開が続きます。5月22日の NYMEX WTI 原油先物の6月限は前日比40セント高の$50.73/bblで納会し、7月限の引け後時間外取引は51$/bbl台前半です。 OPEC らの減産が来年第1四半期まで延長されるかどうかはまだ決まっていませんが、市場はすっかり延長が決まるムードとなっています。 現在の生産水準が続く場合、第3四半期には世界の石油需給バランスは日量100万バレル近い供給不足 [続きを読む]
  • 需給改善期待で原油1か月振りの$50台
  • 原油相場は3営業日続伸で、終値が1か月振りに$50/bbl大台を回復しました。5月19日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比98セント高の$50.33/bblで、引け後の時間外取引は$50/bbl台前半です。 足元の需給バランスがやや余剰気味であったとしても、野放図なシェア争いが拡大しない限り原油相場の大崩れがないことが確認され、底堅い展開となっています。 それどころか、減産が延長される場合第3四半期の需給は供給不足となる可能性が [続きを読む]
  • 米中の石油需要に明暗
  • 原油相場は小幅続伸です。トランプ大統領の弾劾懸念で売られましたが下げきれず、切り返したものの$50/bblの節目にも届きません。値幅はほぼ前日の水準と変わりませんでした。5月18日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比28セント高の$49.35/bblで、引け後の時間外取引は$49/bbl台前半です。 来週の OPEC 総会を控えて市場には減産延長期待が支配的となりつつありますが、買いに対しては慎重姿勢が抜けていません。 世界の2大石油 [続きを読む]
  • 不振の陰差す米国石油需要
  • 原油相場は反発です。前日引け後の軟調の後、EIA 統計の結果を受けて切り返しています。5月17日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比41セント高の$49.07/bblで、引け後の時間外取引は$48/bbl台後半です。 米国エネルギー情報局 (EIA) の週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は220〜270万バレル減少の予想に対し前週比175万バレル減でした。予想を下回る減少幅とはいえ、88万バレル増加の API の数字とは対照的な結果です。 原 [続きを読む]
  • EIA統計 5月17日発表
  • 米国エネルギー情報局 (EIA) が5月17日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は220〜270万バレルの減少予想に対し前週比175万バレルの減少です。原油在庫は6週連続の減少となりました。原油処理量は日量1,712万バレルで前週比同36万バレル増加、輸入は日量859万バレルで前週比同97万バレル増加となっています。国内原油生産量は日量931万バレルで前週比同1万バレル減少でした。WTI 原油先物の現物受け渡し地オクラホ [続きを読む]
  • 既に供給不足となっている世界の石油需給
  • 原油相場は5営業日振りに小幅反落です。減産延長期待に支えられながらも、節目を超える展開にはなりません。5月16日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比19セント安の$48.66/bblで、引け後の時間外取引は$48/bbl台前半です。 減産延長が実現したとしても、米国の生産量増加や減産免除のナイジェリアやリビアによる増産を懸念する声も上がっています。 国際エネルギー機関 (IEA) の5月月報によると、2017年の世界の石油需要見通しは [続きを読む]
  • API週間統計 5月16日発表
  • 米国石油協会 (API) が5月16日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は220〜270万バレル減少の事前予想に反し前週比88万バレル増でした。原油在庫は3週振りに増加です。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比54万バレル減。5週連続の減少となりました。ガソリン在庫は70〜100万バレルの減少予想を上回る前週比178万バレル減、中間留分在庫は110〜120万バレル減少の予想に反し前週比179万バレル [続きを読む]
  • 減産延長期待で$50に迫る原油相場
  • 原油相場は4営業日続伸で$50/bblの節目に迫りました。決め手に欠けるためか大台を超えるには至っていません。5月15日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.01高の$48.85/bblで、引け後の時間外取引は$48/bbl台後半です。 サウジアラビアとロシアは来年第1四半期までの減産の延長の必要性について合意したと報じられています。  ■ サウジとロシア、18年3月まで原油減産延長の必要性で合意 (ロイター) 必要性があるというだけで [続きを読む]
  • 減産でも出荷量拡大するOPEC
  • 原油相場は小動きです。市場に出回る材料はやや弱気優勢のようですが、終末を控えて$50/bblをうかがう動きにはならず、といって下げるわけでもありません。5月12日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比1セント高の$47.84/bblで、引け後の時間外取引は$47/bbl台後半です。 OPEC がシェール オイルの回復ペースを上方修正し、それを裏付けるようにベーカー ヒューズによる米国油井リグ稼働数は5月12日時点の数字も前週比9基増で17週 [続きを読む]
  • OPEC 原油必要量見通し下方修正
  • 原油相場は続伸です。高値・安値共に切り上げていますが、レンジ圏の後半に差しかかり上値も軽い印象ではありません。5月11日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比50セント高の$47.83/bblで、引け後の時間外取引は$47/bbl台後半です。 OPEC の5月月報によると、2017年の世界の石油需要見通しは日量9,638万バレルで前月の予想より同6万バレルの上方修正です。一方、OPEC 原油を除く世界の石油供給見通しは日量5,825万バレルで前回か [続きを読む]
  • 不振脱した米国石油需要
  • 原油相場は反発です。$40/bbl大台後半のレンジ圏下限付近からの上昇ムードが米国在庫統計によって点火されています。5月10日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.45高の$47.33/bblで、引け後の時間外取引は$47/bbl台前半です。 リビアの産油量が2014年以来初めて日量80万バレルを超えて、年後半には同120万バレルになるかもと伝えられましたが、強気ムードが支配的な市場ではあまり重視されていません。政情が定まらない同国の [続きを読む]
  • EIA統計 5月10日発表
  • 米国エネルギー情報局 (EIA) が5月10日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は170〜200万バレルの減少予想に対し前週比525万バレルの減少です。原油在庫は5週連続の減少となりました。原油処理量は日量1,676万バレルで前週比同42万バレル減少、輸入は日量762万バレルで前週比同64万バレル減少となっています。国内原油生産量は日量931万バレルで前週比同2万バレル増加でした。WTI 原油先物の現物受け渡し地オクラホ [続きを読む]
  • 原油需給見通しやや悪化
  • 原油相場は3営業日振りに反落です。需給見通しは若干悪化したものの、方向感の定まらない市場は下げに向かうでもありません。供給過剰の継続は$50/bbl割れで織り込み済ということなのかもしれません。5月9日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比55セント安の$45.88/bblで、引け後の時間外取引は$46/bbl台前半です。 米国エネルギー情報局 (EIA) の5月短観によると、2017年の世界の石油需要見通しは日量9,830万バレルで前月の予想よ [続きを読む]
  • API週間統計 5月9日発表
  • 米国石油協会 (API) が5月9日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は170〜200万バレル減少の事前予想を上回る前週比579万バレル減でした。原油在庫は前週に続いて大幅な減少です。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比13万バレル減。4週連続の減少です。ガソリン在庫は40〜70万バレル減少の予想に反し前週比317万バレル増、中間留分在庫は80〜100万バレル減少の予想に対し前週比117万バレル減 [続きを読む]
  • イランが産油能力倍増を計画
  • 原油相場は小幅続伸です。前日の戻りを見て下げ一服というムードが広がりましたが、買い方の慎重姿勢で上値も軽くはありません。5月8日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比21セント高の$46.43/bblで、引け後の時間外取引は$46/bbl台半ばです。 イランが産油能力を日量300万バレル増やす計画と報じられています。  ■ Iran Plans To Raise Crude Oil Production Capacity By 3 Million Bpd (OilPrice.com) 同 [続きを読む]
  • ファンドの原油売りが4か月来の高水準
  • 原油相場は反発です。週末を控えたセリング クライマックスと思われる売りで$43/bbl台まで下げたものの、それが一巡すると引けにかけては回復を見せています。5月5日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比70セント高の$46.22/bblで、引け後の時間外取引は$46/bbl台半ばです。 需給均衡に対する不信感が重石となる一方、やや売られ過ぎの感触も強くなりつつあります。 ベーカー ヒューズによると、5月4日時点の米国の油井リグ稼働数 [続きを読む]
  • 原油相場、需給バランス実勢を反映した水準に
  • 原油相場は大きく反落です。年初来の安値水準で心理的な節目と見られた$47/bblを割れるとパニック的に売りが膨らみました。5月4日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$2.30安の$45.52/bblで、引け後の時間外取引は$45/bbl台半ばです。 シェール オイルの増産や需給改善見通しの後退、中国の景気に対する不安など大下げの要因とされる材料はどれも目新しいものではなく、買い方も納得がいくものではないのでしょう。 米国の産油量 [続きを読む]
  • EIA統計 5月3日発表
  • 米国エネルギー情報局 (EIA) が5月3日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は180〜350万バレルの減少予想に対し前週比93万バレルの減少です。原油在庫は4週連続の減少となりました。原油処理量は日量1,718万バレルで前週比同11万バレル減少、輸入は日量826万バレルで前週比同65万バレル減少となっています。国内原油生産量は日量929万バレルで前週比同3万バレル増加でした。WTI 原油先物の現物受け渡し地オクラホマ [続きを読む]
  • 高い減産遵守率では支え切れなくなった原油相場
  • 原油相場は続落です。前日の地合いを引き継いで軟調な展開となり、$47/bbl台前半を試しに行きました。5月2日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.18安の$47.66/bblで、引け後の時間外取引は$48/bbl台前半です。 産油国らの減産は4月も高い達成率を示しており世界の石油需給バランス均衡化をうかがわせますが、高い遵守率や達成間近といった状況はそれ以上の進展がないことも示しており、そのためリビアの生産回復などが必要以上 [続きを読む]
  • API週間統計 5月2日発表
  • 米国石油協会 (API) が5月2日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は180〜350万バレル減少の事前予想を上回る前週比416万バレル減でした。原油在庫は1月中旬以来の大幅な減少を示しました。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比22万バレル減。3週連続の減少です。ガソリン在庫は50〜130万バレル増加の予想に反し前週比193万バレル減、中間留分在庫も60〜90万バレル増加の予想に反し前週比44万 [続きを読む]
  • 原油減産最大貢献国サウジに変調
  • 原油相場は反落です。出来高は極めて薄く、方向感を定めきれない展開です。5月1日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比49セント安の$48.84/bblで、引け後の時間外取引は$48/bbl台後半です。 この日の材料は弱気優勢で、3月の安値である$47/bbl台前半まで下値にもやや余地はありそうですが、新規手仕舞い共に売り方は比較的慎重です。 中国の製造業 PMI の鈍化や供給増加に関する情報が原油相場の重石となっています。 リビアの産油 [続きを読む]
  • 減少続く中国の商業原油在庫
  • 原油相場は小幅反発です。高値・安値共に前日水準から切り上がっていますが、$50/bblには届きませんでした。それ程重い心理的抵抗でもないのでしょうが、材料難で踏ん切りがつかないようですね。4月28日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比36セント高の$49.33/bblで、引け後の時間外取引は$49/bbl台前半です。 ベーカー ヒューズによると、4月28日時点の米国の油井リグ稼働数は前週比9基増の697基で15週連続の増加となっています [続きを読む]
  • 供給不足で再び原油は高値も
  • 原油相場は反落です。手掛かり難で戻りのきっかけがつかめません。需給環境を考えると下値が堅そうなため押し目買いは出るのですが、高値は$50/bblどころか$49/bbl半ばが精一杯です。4月27日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比65セント安の$48.97/bblで、引け後の時間外取引は$49/bbl台前半です。 世界銀行は2017年の原油価格見通しを$55/bblとし、前年の平均より28.5%上昇と見ています。1月の予想と同じですね。2018年の価格予 [続きを読む]