Sozen さん プロフィール

  •  
Sozenさん: 油を売る日々
ハンドル名Sozen さん
ブログタイトル油を売る日々
ブログURLhttp://ameblo.jp/sozen22/
サイト紹介文NYMEX WTI 原油先物相場について日々考察します。毎日の市況と需給資料をまとめた雑記帳です。
自由文記事の参考データや図表は別サイト「油を売る日々の油桶」に保管してあります。
http://sozen22.web.fc2.com/

BLOGOS finance に参加しています。
http://f.blogos.livedoor.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2011/04/14 18:58

Sozen さんのブログ記事

  • 米国原油、ガソリン在庫が予想外に増加
  • 原油相場は7営業日振りに小幅反発です。一時$49/bblを割れて下値を切り下げたものの、下げの達成感が出たのか切り返しています。4月25日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比33セント高の$49.56/bblで、引け後の時間外取引は$49/bbl台前半です。 原油相場を取り巻く環境に大きな変化はなく、足元の需給は改善傾向ですが、需給均衡が既に織り込み済なため力強い買い材料にはなりません。 このところ、年後半に向けた減産延長の思惑 [続きを読む]
  • API週間統計 4月25日発表
  • 米国石油協会 (API) が4月25日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は60〜180万バレル減少の事前予想に反し前週比90万バレル増加でした。原油在庫は4週振りの増加です。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比197万バレル減。2週連続の減少となりました。ガソリン在庫は50〜100万バレル減少の予想に反して前週比445万バレル増、中間留分在庫は100〜130万バレル減少の予想に対し前週比4万バレル [続きを読む]
  • 頭打ち傾向のインド原油需要
  • 原油相場は6営業日続落です。先週末に割れた$50/bblを一時回復したものの買いが続かず、反落しています。4月24日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比39セント安の$49.23/bblで、引け後の時間外取引は$49/bbl台前半です。 年後半の減産継続観測やフランス大統領選の結果を受けたドルの軟調などの支援を受けながらも、WTI 相場は$50/bbl大台を維持できませんでした。 足元の需給改善傾向を受けて、産油国の供給過剰に対する危機感が [続きを読む]
  • 原油相場再び$50割れ
  • 原油相場は5営業日続落で、12営業日振りに$50/bbl大台を割りました。4月21日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.09安の$49.62/bblで、引け後の時間外取引は$49/bbl台半ばです。 年後半に向けた減産継続の思惑は根強いものの、需給改善の認識が産油国間に広がり危機感は薄いものになりつつあります。 ベーカー ヒューズによると、4月21日時点の米国の油井リグ稼働数は前週比5基増の688基で、14週連続の増加を記録しましたが6週 [続きを読む]
  • 米国石油輸入が17か月振りに減少
  • 原油相場は4営業日続落です。反発の試みは$51/bblに届かず、といって安値も大台を割るどころか前日より若干切り上がっています。4月20日の NYMEX WTI 原油先物の5月限は前日比17セント安の$50.27/bblで納会し、6月限の引け後時間外取引は$50/bbl台後半です。 産油国らによる年後半への減産継続の思惑が引き続き下値を支えますが、他に支援材料もなく戻りも思わしくありません。 リビアでは、日量8万バレルのエル フィール油田が2年 [続きを読む]
  • 米国の石油需要が減速
  • 原油相場は3営業日続落です。在庫統計で米国の原油在庫は減ったものの上値が重く、失望感から$50/bbl大台割れ寸前まで売られました。4月19日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比$1.97安の$50.44/bblで、引け後の時間外取引は$50/bbl台半ばです。 レンジ圏内の往来が続きます。材料視されたガソリン在庫の増加も前週比154万バレルと大きな数字ではなく、結局大台を割るには至っていません。ただ、予想外の動きに出来高は膨らみまし [続きを読む]
  • EIA統計 4月19日発表
  • 米国エネルギー情報局 (EIA) が4月19日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は10〜200万バレルの減少予想に対し前週比103万バレルの減少です。原油在庫は前週に続いての減少となりました。原油処理量は日量1,694万バレルで前週比同24万バレル増加、輸入は日量781万バレルで前週比同7万バレル減少となっています。国内原油生産量は日量925万バレルで前週比同2万バレル増加でした。WTI 原油先物の現物受け渡し地オク [続きを読む]
  • 増加止まった米国原油在庫
  • 原油相場は続落です。レンジ圏内での下げの流れを継続していますが、大きな弱材料もなく売り圧力は強くありません。4月18日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比24セント安の$52.41/bblで、引け後の時間外取引は$52/bbl台前半です。 先週半ばに WTI 相場は$54/bblに到達せず反転したものの、需給均衡による下支えのため嵩にかかって売る動きも出ません。 サウジアラビアの2月の原油輸出量は2105年5月以来の低水準と、改めて減産遵 [続きを読む]
  • API週間統計 4月18日発表
  • 米国石油協会 (API) が4月18日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は10〜200万バレル減少の事前予想に対し前週比84万バレル減でした。原油在庫は3週連続の減少となりました。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比67万バレル減。8週振りの減少です。ガソリン在庫は200万バレル前後減少の予想に反し前週比137万バレル増、中間留分在庫は100〜140万バレル減少の予想に対し前週比183万バレル減と [続きを読む]
  • 5月も増勢続く米国産油量
  • 原油相場は反落です。連休明けの市場は盛り上がりに欠ける中、先週半ば以降の上値を切り下げる動きが続きます。4月17日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比53セント安の$52.65/bblで、引け後の時間外取引は$52/bbl台半ばです。 毎週のように米国の油井リグ稼働数は増加していますが、それに呼応するように生産量も増勢を示してます。 米国エネルギー情報局 (EIA) によると、5月の米国シェール オイル主要産地の産油量は合わせて日 [続きを読む]
  • ファンド買いが再び活発化する原油相場
  • 4月14日の NYMEX WTI 原油先物取引は、グッドフライデーの祝日のため休場です。米国商品先物取引委員会 (CFTC) が発表した4月11日時点の建玉報告では、ヘッジファンドによるWTI 原油先物の買い越し幅は前週比21.5%増で前週に続いて拡大しています。 (参考図表) 買い玉が7週振りに増加に転じたほか、売り玉が大きく減って5週振りの低水準となっています。総取組高は前週比0.9%減で2週連続の減少です。 ベーカー ヒューズによる [続きを読む]
  • 先高予想で中国の原油調達急増
  • 原油相場は小動きです。イースターの連休を前に大きな方向性を示すことなく、$53/bblを挟んだ値動きに終始しました。4月13日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比7セント高の$53.18/bblで、引け後の時間外取引は$52/bbl台後半です。 国際エネルギー機関 (IEA) の4月月報によると、2017年の世界の石油需要見通しは日量9,792万バレルで前回の予想より同4万バレルの下方修正です。一方、OPEC 原油を除く2017年の世界の石油供給見通し [続きを読む]
  • 米国在庫減少も原油利食いに圧される
  • 原油相場は7営業日振りに小幅反落です。米国原油在庫が減少した後に買いが続かず、強材料出尽くしと見たのか利食い優勢となりました。4月12日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比29セント安の$53.11/bblで、引け後の時間外取引は$52/bbl台後半です。 米国エネルギー情報局 (EIA) の週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は小幅な変動の予想に対し前週比217万バレル減少でした。API の同130万バレル減も上回る数字です。 ガソ [続きを読む]
  • EIA統計 4月12日発表
  • 米国エネルギー情報局 (EIA) が4月12日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は10万バレル減少から10万バレルの増加予想に対し前週比217万バレルの減少です。原油在庫は4週振りに減少となりました。原油処理量は日量1,670万バレルで前週比同27万バレル増加、輸入は日量788万バレルで前週比同3万バレル増加となっています。国内原油生産量は日量924万バレルで前週比同4万バレル増加でした。WTI 原油先物の現物受け渡 [続きを読む]
  • 石油供給予想に上方修正
  • 原油相場は6営業日続伸です。リビアの供給障害や OPEC 減産延長の思惑が引き続き下値を支えます。$55/bblに接近するまでは目立った利食いも出にくいと思われます。4月11日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比32セント高の$53.40/bblで、引け後の時間外取引は$53/bbl台前半です。 米国エネルギー情報局 (EIA) の4月短観によると、2017年の世界の石油需要見通しは日量9,816万バレルで前月の予想から同1万バレルの上方修正、2018年の [続きを読む]
  • API週間統計 4月11日発表
  • 米国石油協会 (API) が4月11日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は10万バレル減から10万バレル増の事前予想に対し前週比130万バレル減少でした。原油在庫は2週連続の減少となっています。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比36万バレル増。7週連続の増加です。ガソリン在庫は170〜180万バレル減少の予想を超える前週比370万バレル減、中間留分在庫は90〜130万バレル減少の予想に対し前週 [続きを読む]
  • 元のレンジ圏に落ち着く原油相場
  • 原油相場は5営業日続伸で、5週振りに$53/bbl台に達しました。4月10日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比84セント高の$53.08/bblで、引け後の時間外取引は$53/bbl台前半です。 $55/bblに到達するまでは上昇方向に安心感があるのか、シリア情勢やリビアの供給不安を背景に原油相場は堅調を続けます。これが上値余地に乏しい値位置であれば、反応は違ってくるのでしょう。 リビアでは武装集団によるパイプライン占拠のため、シャラ [続きを読む]
  • ファンドの原油売り玉整理始まる
  • 原油相場は4営業日続伸です。直近の2日間抜けなかった$52/bblを突破すると一気に水準を上げましたが、利食い売りも誘われているようです。4月7日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比54セント高の$52.24/bblで、引け後の時間外取引は$52/bbl台前半です。 シリアや北朝鮮の地政学的な不安など原油供給に現実的な影響を及ぼすことはないのですが、軍事行動に関する報道は少なくとも新規売りを手控えさせることには繋がるのでしょう。 [続きを読む]
  • 独自材料難で株価との相関高まる原油相場
  • 原油相場は3営業日続伸です。前日の堅調ムードを引き継ぎましたが、高値を更新することもありませんでした。4月6日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比55セント高の$51.70/bblで、引け後の時間外取引は$51/bbl台半ばです。 EIA 統計は米国原油在庫の予想に反する増加を示したものの、元々原油在庫の増加サイクルが終わっていないためか大きな重石にはなっていません。 OPEC による年後半に向けた減産延長の思惑や北海油田の生産障 [続きを読む]
  • 米国在庫増でも底堅い原油相場
  • 原油相場は小幅続伸です。前日引け後の時間外取引で堅調を続けましたが、EIA 統計で原油在庫増加となり上げ幅を削りました。ただし、引け値は前日比プラスのままとなっています。4月5日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比12セント高の$51.15/bblで、引け後の時間外取引は$50/bbl台後半です。 米国エネルギー情報局 (EIA) の週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は前週比20〜50万バレル減少の予想に反し前週比157万バレル増 [続きを読む]
  • EIA統計 4月5日発表
  • 米国エネルギー情報局 (EIA) が4月5日に発表した週間統計によると、先週末の米国の原油在庫は20〜50万バレルの減少予想に反し前週比157万バレルの増加です。原油在庫は3週連続の増加となりました。原油処理量は日量1,643万バレルで前週比同20万バレル増加、輸入は日量785万バレルで前週比同37万バレル減少となっています。国内原油生産量は日量920万バレルで前週比同5万バレル増加でした。WTI 原油先物の現物受け渡し地オクラホマ [続きを読む]
  • 米国原油在庫の増加サイクルが終局に
  • 原油相場は反発し、4週振りに$51/bbl台に乗せました。弱材料はタネ切れの一方、既存のあるいは小規模な強材料が囃されています。4月4日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比79セント高の$51.03/bblで、引け後の時間外取引は$51/bbl台前半です。 ブルームバーグの調査によると、3月の OPEC 推定産油量は日量3,210万バレルで前月比同20万バレル減少ということです。ロイターの調査と同様の結果ですね。また、OPEC による減産延長の憶 [続きを読む]
  • API週間統計 4月4日発表
  • 米国石油協会 (API) が4月4日発表した週間統計によると、先週末の全米の原油在庫は20〜50万バレル減少の事前予想を上回る前週比183万バレル減でした。原油在庫は3週振りの減少です。WTI 原油先物取引の現物受渡し地クッシングの原油在庫は前週比134万バレル増。6週連続の増加となりました。ガソリン在庫は140〜190万バレル減少の予想に対し前週比256万バレル減、中間留分在庫は70〜160万バレル減少の予想に対し前週比209万バレル減 [続きを読む]
  • 原油減産継続に不協和音
  • 原油相場は5営業日振りに小幅反落です。とはいえ、安値は$50/bblに支えられました。4月3日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比36セント安の$50.24/bblで、引け後の時間外取引は$50/bbl台前半です。 先週の上昇を支えたリビアのフォース マジュールが解除されて同国の生産は回復傾向、先週末に発表された米国の油井リグ稼働数も増加傾向、更にイラクが年末に向けて増産計画と弱材料が主導的で頭を押さえられた原油相場ですが、終日 [続きを読む]
  • 原油輸出市場で競合始めた米国とOPEC
  • 原油相場は4営業日続伸です。新規材料も出ず特に過熱感はありませんが、穏やかな堅調ムードで$50/bbl大台を固めています。3月31日の NYMEX WTI 原油先物の終値は前日比25セント高の$50.60/bblで、引け後の時間外取引は$50/bbl台後半です。 OPEC の3月の減産が拡大傾向であることや、ロシアも削減幅を日量20万バレルに伸ばして4月末までに同30万バレル減産という公約に近づいていることから、底堅い展開が予想されます。 一方、ベー [続きを読む]