yuki さん プロフィール

  •  
yukiさん: くぐる鳥居は鬼ばかり
ハンドル名yuki さん
ブログタイトルくぐる鳥居は鬼ばかり
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sadisticyuki10
サイト紹介文青森県は津軽を中心に、坂道・神社・歴史的建造物等々を紹介しております。
自由文自由気ままに…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供417回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2011/04/15 17:37

yuki さんのブログ記事

  • 法量大権現 (十和田市大沢田)
  • 十和田市大沢田前田。御祭神は恐らく高おかみ神。一般的にこの地方の法量神社は高おかみ神を祀り、村人は竜神様といいます。昔は雨乞いをしたそうです。由緒等は調べていません。社殿。社殿内。本殿両脇にも何かが祀られているようですがよく見えませんでした。不明の石群。お焚き上げする場所かな。御神木。末社と手水石と思しき石。末社は稲荷様。本殿裏の御神木。2つの木が1つになっています。本殿裏の末社。御明神(昭和35年旧 [続きを読む]
  • 愛宕神社 (秋田県大館市)
  • 大館市長倉。参道を振り返る。参道の坂路を上がって左手に普賢神社が鎮座しております。学問の神。社号標(昭和52年7月24日奉納)。普賢神社前の石祠。社殿。扁額の紀年銘は昭和44年7月22日。蟇股・木鼻。社殿内。普賢菩薩が祀られているのかな。由緒はわかりません。愛宕會館。石祠。唐松神社とあります。唐松様は子授け・安産の神様として有名らしいです。御神木。聖徳太子碑(1300年祭)。簡齋岸先生華甲壽碑(還暦祝い)。二十 [続きを読む]
  • 熊野神社 (横浜町下川原)
  • 散歩していたらたまたま見つけました。鳥居の額束には「浜町熊野神社」とありました。権現様と呼ばれ親しまれているようです。由緒等は不明です…っていうか、調べてません。大変立派な蟇股・虹梁・木鼻でした。ブログ村ランキング参加中 [続きを読む]
  • 金多豆蔵 (津軽中里駅)
  • 津軽中里駅。駅の中へ。アットホーム感があります。金多豆蔵(きんたまめじょ)人形劇場。「津軽伝統 金多豆蔵人形芝居」は青森県中泊町の無形民俗文化財に指定されています。私は1度しか見たことありません。DVDも発売されてるよ。人形絵付け体験ができる日もあるみたい。金多豆蔵のあゆみ…『金多豆蔵は、明治40年(1907)青森県つがる市(旧木造町)亀ヶ岡の野呂粕次郎(英昭)氏によって創始されました。当初「館岡人形芝居」 [続きを読む]
  • 稲荷神社 (横浜町稲荷平)
  • 大豆田の稲荷神社。稲荷平と横浜町大豆田との境付近。陸奥湾に面しています。狐一対(平成6年8月16日・大豆田村中)。手水舎。末社。石などがありましたが荒れています。社殿。正徳2年(1712)勧請。由緒不明。社殿の周りにブロック塀。神社裏手は陸奥湾です。下北半島も近くに見えます。神社前の景色。「養地力而豊食」(昭和39年9月建立)。裏面碑文…『農業所得格差の是正が叫ばれつゝある現今、横浜町農民の宿願である、近代的 [続きを読む]
  • 津軽中里駅の転車台
  • 津軽中里駅は、青森県北津軽郡中泊町大字中里にある津軽鉄道線(日本最北の私鉄)の駅であり、同線の終着駅です。行き止まり駅。ヨルタモリの「始点・終点」を思い出し、切ない気持ちになります。「始まりは何かの終わりでもあり、終わりはまた何かの始まりでもある。始点、終点は実はないのかもしれない」機回し線。津鉄開業55周年記念碑。転車台へ。本州最北の鉄道会社である津軽鉄道(青森県五所川原市)の終着駅、津軽中里駅( [続きを読む]
  • 稲荷神社 (秋田県能代市二ツ井町)
  • 秋田県能代市二ツ井町山根。参道の状態はよくありませんね。あまり参拝者が来ないのかな。参道途中で三十三観音の18番だけを見つけました。謎です。私が気付かなかっただけかな。参道途中の末社。崩れています。森の中って感じです。参道脇の末社。中は拝めず。狐一対。参道脇の末社。中は拝めず。こちらも末社。残念なくらい荒れています。こちらの建物はわからず。参道途中に石灯篭一対。石灯篭の横にあった紀年銘昭和4年5月を刻 [続きを読む]
  • 蒼前神社 (十和田市沢田三日市)
  • 一之鳥居の額束の紀年銘は昭和37年9月17日。境内は三日市館跡の一部。由緒は不明ですが、旧舘内に鎮座していることが関係しているのかもしれません。祭日は旧4月15日。御神木と巨大な藤の木。石碑なのかな…倒れています。社殿。護馬の神を祀ります。社殿内。内陣正面には木製の狛犬も一対あり、とても丁寧祀っています。馬頭観音(明治39年旧正月15日)。社殿内は四方八方絵馬だらけでした。ブログ村ランキング参加中 [続きを読む]
  • 野木稲荷神社 (青森市野木)
  • グーグルマップでは保食神社と記されます。青森市野木山口。かつての野木村で、享和3年寺社領分限帳・安政2年神社書上帳には、寛延元年(1748)創建という稲荷宮が見えますが、これが当稲荷神社です。後に合子沢村稲荷神社に合祀され、その後復社。野木稲荷神社は村中安全のために建立。破損の際には村中にて再建。神事は村の安全のため、4月10日・9月10日に御神酒上げを行い、神楽のしきたりはありません。社号標(昭和64年1月1日 [続きを読む]
  • 清原氏奥津城 (秋田県能代市二ツ井町)
  • 秋田県能代市二ツ井町山根六番。小高い丘の上に清原氏の奥津城があります。奥津城は2基ありましたが、1つは状態が悪く読み取れず。もう1基は台座のみで…これ!?このような意味のわからない状態になっており読み取れず。出羽清原氏との関連でしょうか。後三年の役(1083-1087)で滅んだ清原氏の末裔の奥津城ということでしょうかね。いずれにせよ現地には案内板も一切なく、これではまったく何なのかわかりません(笑)ブログ村ラ [続きを読む]
  • 浮島神社 (秋田県能代市)
  • 秋田県能代市二ツ井町荷上場。かつての荷上場村であり、村鎮守の浮島神社は、慈覚大師伝説を伴う高岩山(高岩神社)の遥拝所です。また、明治天皇御召替所跡となっています。社殿内。恐らく太平山三吉神社に係る石碑等。三吉大明神などと彫られています。その他境内にいくつか石塔がありますが読み取れませんでした。ちなみに社殿内には小さな兜や大黒様などもありました。また、境内には稲荷の小さな石祠などもありましたが、実は [続きを読む]
  • 熊野神社 (東京都大田区仲六郷)
  • 参道は大通り(国道15号線)に面しているものの、立派な社号標が無ければ気付かないかも。社号標(平成8年2月吉日・氏子中)。細い参道を真っ直ぐ進んだ正面に鳥居。かつての雑色村。荏原郡六郷領。江戸初期は六郷村のうちで東郷と呼ばれていました。神社は八幡社ほか4社があったと伝えますが、当熊野神社の由緒はわからず。御祭神は伊邪那岐命。本殿。狛犬一対(昭和14年1月建立・皇軍武運長久祈願)。すぐ隣に末社。稲荷神社です [続きを読む]
  • 鹿戸野沢神社 (秋田県大館市白沢)
  • 義経伝説を伴うかつての観音堂である鹿戸ノ澤神社(鹿戸野沢神社)。蝦夷へ逃げた源義経の一行に遅れをとった家臣の亀井重清(亀井六郎・弓の名手)が、義経の後を追う途中にこの地の欅の洞穴に、兜の守りとしていた一寸八分の観音像と秘巻を納めて去ったと伝えます。その後、観音像と秘巻は里人によって発見され、堂を建ててそれを祀ったのがこの神社の起こりであると伝えています。なお、亀井重清は観音像と秘巻を納めたのち、義 [続きを読む]
  • 夢のキャンバス鉄道 (嘉瀬駅)
  • 1997年9月22日放送「SMAP×SMAP特別編・香取慎吾ガンバリます!〜 夢のキャンバス鉄道〜」の企画で、地元の小学生と共に津軽鉄道の列車(キハ22028)に絵を描きました。2000年に車輌は運行を終え、その後、屋外に展示された列車は劣化して無残な姿に。場所は五所川原市金木町嘉瀬。この付近で神社巡りしていた際によく見ていたのですが、SMAPが解散し「SMAP×SMAP」の放送も終了したため、この列車はこのまま無惨な姿を晒し続けるの [続きを読む]
  • 五百羅漢寺 (東京都目黒区)
  • 五百羅漢寺に向かう途中(山手通り・羅漢寺信号付近)にあった松雲羅漢像…『天恩山五百羅漢寺の開基松雲禅師は、元禄年中、5代将軍綱吉公の生母桂昌院をはじめ江戸中の人びとから寄せられた浄財をもとに536体の羅漢像を彫刻し、本所五ツ目に五百羅漢寺を築いた傑僧である。明治42年、下目黒に移転してきたのち寺は荒廃の一途を辿っていたが、多くのかたがたのご協力により、昭和56年、由緒ある五百羅漢寺を再建することができた。 [続きを読む]
  • 蓮荘寺 (秋田県大館市)
  • 妙法山蓮荘寺。『当寺は、もと常陸国(茨城県)水戸太田南沢にあったが、大檀那小場式部大輔義成公(大館初代城代、のち三代城代義房より佐竹の姓を名乗る)の大館遷封により、元和元年(1615)に移転、現在地に建立した。草創の開基は寿林院日峰と称し、京都大本山本能寺十五世日逞上人の弟子である。本堂に安置する釈迦多宝並座の三宝尊は、佐竹義竹公(大館四代城代)母堂瑞雲院殿の寄進によるものである。明治元年(1868)戊辰 [続きを読む]
  • 淡島神社 (青森市新城)
  • 新城平岡。境内には小さな公園が隣接しています。草創は大正2年。昭和4年に現在地に神社建立したそうですが、再建なのかそれ以前は違う場所だったのかは不明。新城字山田かな。祭日は7月4日。社殿内。社殿前の建物は不明。ブログ村ランキング参加中 [続きを読む]
  • 蛭子神社 (神奈川県鎌倉市)
  • 御祭神は大己貴命。小町鎮守、旧村社。『鎮守蛭子神社は出雲大社に鎮ります大国主神を御祭神として(里俗夷尊神)と称され、往古永享年間(凡500余年前)日蓮宗本覚寺門前夷堂橋の傍に夷堂あり夷三郎社とも称され、同寺の守護神として、又付近住民の氏神様として崇敬されたが、明治維新に神仏分離によりこの地に鎮座し、同時に宝戒寺門前地区の氏神として、同寺境内に祀られし北条一門の守護神山王権現をも之に合祀し、蛭子神社と [続きを読む]
  • 鶴ケ崎正八幡大明神 (東北町)
  • 御祭神は誉田別尊。大祭日は4月15日・9月15日。鳥居には「鶴ケ崎正八幡大神々」とあります。間口3間・奥行4間の入母屋屋根に唐破風の曲線美を持つ社殿。木鼻や蟇股の獅子も立派です。昭和58年4月15日(春大祭)に道路改修工事のために現在地へ移転。御神体は高さ40cmの木彫八幡神像(応神天王)。束帯姿の座像で菅原道真公にも似ているものですが、状態はあまりよくありません。棟札は5枚あり、宝暦10年・享和元年・安政3年・嘉永3 [続きを読む]
  • 村守稲荷神社 (東京都大田区東糀谷)
  • 大田区立東糀谷防災公園向かいの旭児童遊園の一角に鎮座。御祭神は宇迦之御魂命。由緒等はわかりません。羽田神社の兼務社になっています。例祭日は9月第1土・日曜。糀谷祭では糀谷神社・西仲天祖神社・浜竹天祖神社の三神社の宮神輿が連合渡御しますが、その出発点になっています。小さい神社ですが歴史はかなり古そうです。神額「村守稲荷大明神」。社殿内。狐様一対。手水舎。二の鳥居紀年銘(昭和57年6月17日)。三の鳥居紀年 [続きを読む]
  • 三本木稲荷神社 (十和田市)
  • 三本木稲荷神社大鳥居。旧三本木町総鎮守。稲生町に鎮座。かつては蒼前林と呼ばれた地であり、清水が湧いていた場所であり、境内には駒形神社や大池神社もあります。御祭神は倉稲魂命。三本木周辺は安政2年(1855)から盛岡藩士新渡戸傳によって開発が行われ、安政6年(1859)に上水工事が完成。新たに三本木集落開村にあたり、元集落の産土神であった千歳森稲荷大明神を現在地(旧蒼前神境内)に勧請したのが始まりと伝えられてい [続きを読む]
  • 高山豊年稲荷神社 (秋田県大館市)
  • 豊町の土飛山(土飛山館跡・主郭部)に鎮座。大きな銀杏が出迎えてくれます。色鮮やかですね。御祭神は宇迦之御魂神。青森県の高山稲荷神社から分社。拝殿蟇股・木鼻。向拝扁額。社殿内。奉納絵馬など。昭和期の物がほとんど。本殿覆屋。手水舎。越後家功労者興隆越後國松之碑。社務所。末社。稲荷宮のようです。隣には鏡と蛇と石が祀られていました。棟札は見えず。末社。中には更に石祠がありました。ブログ村ランキング参加中 [続きを読む]
  • トラベルプラザ・サンシャイン (横浜町)
  • 菜の花フェスティバルinよこはまの帰りに訪れたトラベルプラザ・サンシャイン。横浜ナマコ、活ホタテ、菜の花加工品、海産物加工品など色々売っております。お食事もできます。ナマコアイスクリームと迷ったけど、本日2度目の菜の花ソフトクリーム!うまし!入口にあるお願地蔵。江戸時代の灯火具「ねずみ短檠(たんけい)」。反射して見にくいですね。ねずみ短檠…『是は、江戸時代の灯火具「ねずみ短檠」の複製です。菜の花の油 [続きを読む]
  • 湧水亭 ・ 八大竜神 (横浜町吹越)
  • 横浜町の湧水亭。湧水亭の八大竜神。こちらの吹越湧水神で手を浄めてからお参りします。決してドーナツを食べた手を洗うところではございません。『竜神様は水の神様です。ここ吹越の湧水亭敷地内より湧きいずる水は竜神様のありがたいお恵みであり、この地を訪れる人達を竜神様が災いからお護り下さっております。また湧水亭の豆腐はすべてこのありがたい清らかな水で造らせていただいております。いわば豆腐そのものも竜神様のお [続きを読む]