コククジラ さん プロフィール

  •  
コククジラさん: 自衛&共同思考
ハンドル名コククジラ さん
ブログタイトル自衛&共同思考
ブログURLhttp://happy.ap.teacup.com/zounohana/
サイト紹介文「自衛」と「共同思考」をテーマにしたブログです。
自由文誌名はカフカも好んだ昔の東欧ユダヤ人新聞「自衛(Selbstwehr)」と、ドイツ軍の「共同思考的軍人」からつけました。文人趣味の、「誠」を根本にした「日記(個人)」を書いています。国民のための進歩主義。シリアとウイグルに自由と平和を。東京の多摩シリコンバレー / 横浜と神戸にポートオーソリティーを / 関西のけいはんな学研都市 / 東海の東濃研究学園都市
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供292回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2011/04/15 20:46

コククジラ さんのブログ記事

  • 北朝鮮のミサイルがいつ飛んでくるかわからないのに呑気だねえ
  •  国会も法案の審議を一切せず、北朝鮮の軍事行動について議論もせず。 詐欺師まがいの教育家について議論をしたり、総理夫人の安倍昭恵さんをいじめることに熱中している状態だ。 諸外国に言わせると「何やってんだ日本の国会は?」という感じだと思います。 国際犯罪防止のための共謀罪の成立も必要ですし、不安な状態です。 自衛隊の日報にしても、軍事機密もあるのなら堂々非公開にすればよいのに、何で敵国も見るような状 [続きを読む]
  • え・・・豊中市の野田中央公園が?
  •  どうもあの豊中市の土地は、伊丹空港の航路ということがあり、評価額ほど高く売れない土地のようですね。 民主党政権時代に野田中央公園の用地を国から豊中市が購入する問題があったそうでで、当初約15億455万円、契約金額が14億2386万円、その後国庫補助金などの支援により、豊中市が実質1億8250万円の市債も、2124万3000円の一般財源で購入できたということ。 当時の国土交通大臣が辻元清美議員だということで、関与したので [続きを読む]
  • 日本の保守主義の根本が教育勅語ですね
  •  日本の保守主義の根本っていくつかあるけど、教育勅語はその代表的なものです。 戦前は進歩主義の立場からも悪くは言われていなかったで、私もそう悪感情は持っていません。 ただ今は教育基本法があるので、公教育の場で奉読するということはないですが、勤皇の立場から明治大帝が残されたものですので、大切にするべきだとは思っています。  私が嫌いなのは戦時中に東条内閣が出した戦陣訓です。 あれは大嫌いです! そも [続きを読む]
  • 土地売却価格非公開を危惧した総理夫人
  •  北朝鮮核兵器と比べるとあまりに小さな問題なのですが、総理夫人はしつこい森友学園の陳情に辟易していたようだ。 注目点としては土地売却価格非公開を、総理夫人がきわめて危惧していたということだ。 非公開にするといらぬ誤解を招くので、きちんと公開することを勧めている。 これは裏工作をしていないため、公開すべきことと総理夫人は考えていたことを示している。 森友学園はそのアドバイスを無視している。 森友学園 [続きを読む]
  • 次は北朝鮮の核兵器問題ですね!
  •  森友学園の証人喚問について、早い話「嘘だということはバレないだろう」と考えた開き直りだと感じた。 募金や寄付だとすると領収書がいる、違法性のある寄付ではないので別に出してかまわないはずだし、帳簿に記載してもよいものだ。 ところが証拠として出したのは、簡単に捏造可能な郵便振替用紙だ。 また申請先によってまったく違う契約書3通については、事実上偽造であることを認めた。 工事関係者から「森友学園から作 [続きを読む]
  • 豊洲の地下水処理プラントが動き出しただけ・・・
  •  豊洲はそもそも遮水壁を設け、汚染地下水を閉じ込めてあります。 そのうえで地下水処理プラントを使って、汚染水を浄化して流す仕組みです。 これまでの調査は地下水処理プラントが動き出す前でした。 前回の調査結果がおかしいので、今回再調査となったのですが…どうもおかしい…地下水処理プラントが動き出し汚染数値が上がったと説明していますが、これひょっとすると地下水処理プラントの汚染地下水の数値なのではないで [続きを読む]
  • 太平洋戦争のはじまりは11月26日のようですね!
  •  太平洋戦争のはじまりは、日本が真珠湾攻撃をはじめた1941年12月7日(日本時間では12月8日)とされていますが、アメリカはハル・ノートを出した11月26日(日本時間は11月27日)に、米軍に対し戦争開始を指示しているようなので、実際には11月26日に戦争ははじまっていたようです。 ヨーロッパと同じでしばらく睨み合いが続いていたと見てよいです。 日本の天皇陛下の声明は、宣戦布告文書とは少し違うようなのです。 日清戦争で [続きを読む]
  • 地下が汚染されているのは築地も豊洲も同じ
  •  三多摩のようなところと違い豊洲の地下水というのはどのようなものなのかわからないが、多摩丘陵から東京湾に向かい地下水脈が流れているのは知られていることです。 地下の汚染はコンクリートで覆われている地上とは関係ないし、コンクリートなどが劣化し建物が老朽化している築地に対し、最新設備が整う豊洲の方がはるかによいことは道理というものだ。 しかも汚染物質はほとんど気化してしまうため、地上にはほとんど影響が [続きを読む]
  • 決算を出せるのかは東芝経営者の決断しだい
  •  東芝の決算内容に異を唱えているのは、米WH社の米監査法人です。 しかし東芝側において決算内容を決定しているのであれば、それを証券市場に提出できるかどうかは、東芝経営者の決断力しだいになります。 アメリカ側が反対するから決算を出せないというのは、言い訳にすぎません。 とにかく米WH社を処理できればいいのです。 東芝の本業に問題があるわけではないので、ここが勝負所だと思います。 シャープみたいに経営陣が [続きを読む]
  • 国際詐欺団にゆすられる東芝
  •  東芝の決算はとっくに終わっているそうです。 問題は決算を認めようとしない米監査法人にあるそうです。 それもまた米WH社の監査法人なのだそうで、米WH社が損失隠しの圧力をかける発言をしたことを盾に決算を認めないのだそうです。 正直、米WH社とその米監査法人はグルなのではないか? 彼らは東芝からの支援を受けられなければ連邦破産法適用となる、東芝をゆすることにより米WH社の延命を図ろうとしているのではないか? [続きを読む]
  • 繁忙期の残業上限月100時間未満で労使決着
  •  ニ日前ですけど、安倍総理の最低で繁忙期の残業上限が月100時間未満で決着しました。 注目するのは下のところです。 つまり36協定の見なおしを早期に行い、この残業制限に沿った形にする必要があります。 労働基準法に年720時間という表現がはじめて加わるそうです。 経団連は月100時間以下、連合は月100時間未満を主張しましたが、安倍総理は労働側の意見をとり月100時間未満をとったということです。 資本家が支援する自 [続きを読む]
  • 築地と豊洲の土壌汚染は同程度!
  •  築地と豊洲の土壌汚染は同程度であり、コンクリートで覆うことで安全を確保している。 実はまったく同じ状態なのである。 それならコンクリートや店も古くなっている築地より、コンクリートも建物も新しく、汚染対策の最新設備も整っている豊洲の方が安全なのは道理である。 ところが小池都知事は自民党都議からの質問に対し、「安全ではあるが安心ではない」という珍妙な回答をしました。 やはり予想通りでした。 盛土につ [続きを読む]
  • 大臣になってからの話でなければ・・・
  •  稲田大臣の弁護士法人が森友学園の民事訴訟を引き受けているとは言っても、10年以上前の大臣になる前では、特別な関係とは言えない。 それに当時は問題のある学校法人ではなかったのでしょう。 大昔の話を持ちだしても、何の意味もないでしょう。 最近国有地売却の話で会合を持ったとかならともかくね。 そんなことより残業代100時間未満の方が、労働者の生活に直結する話だ。 個人攻撃をいくらしても、私らとは関係がない [続きを読む]
  • 配偶者を攻撃する奇妙な事態・・・
  •  森友学園の問題について、名誉校長になったのは安倍総理夫人であり、2005年に民事訴訟を引き受けたのは稲田朋美大臣の夫らしい。 「共同名義なので名前が出ただけだけだと思う。」ということですが、ついに「夫がやっていることなので」というのが出ましたね。 政治家といえば「妻がやっていることなので」が決まり文句でしたが。  どうも森友学園というのは、政治家との特別な関係を宣伝材料に使い続けていたようです。 学 [続きを読む]
  • 豊洲市場問題は石原会見でけじめがついた
  •  豊洲市場問題は石原会見でけじめはつきました。 すでに関わった都の幹部は処分済みで、聞き取り調査もすんでいます。 石原元都知事は決裁をしただけで、実務面は副知事や関係部署に任せておりすべてを知る立場ではありませんでした。 建築技術で見ると豊洲市場は何も問題ないそうです。 けじめがついたところで、そろそろ移転というところだと思います。 これも労働者とは何の関係もありません。 [続きを読む]
  • 森友学園問題はよくわからない
  •  森友学園問題はよくわかりません。 教育方針が問題なのか、国有地売却の経緯が問題なのか、ゴミ処分の不徹底が問題なのか、安倍総理夫人が名誉校長になったのが問題なのか、実際話がバラバラしていてよくわからないのです。 下の東洋経済新報社の記事がよくまとまっています。 これを読むかぎり財務省近畿財務局と森友学園の問題であり、それに政治家が圧力をかけたか?というのがポイントのようです。 安倍総理と森友学園は [続きを読む]
  • 民進党は早く執行部が交代してほしい!
  •  いくら何でも代表が二重国籍者で、長い間履歴詐称をし外国人であることを隠し国民を欺いてきた。 そして幹事長が消費税大増税派で、消費税を上げたことが自らの最大の政治実績などと言われては、労働者に「労働者のための政党だから投票してください」とは絶対に言えない。 自主投票が続くことになってしまいます。 都議会選に間に合うように、早く交代して欲しいと思います。 都民ファーストの会、豊洲市場関係で小池都政を [続きを読む]
  • 極左と労働者は立場が違う
  •  保守の人は「極左=労働者」と考える人が多いですが、まったく違います。 ちなみに言うと保守主義者の中にも労働者は多い・・・極左は社会主義革命を目的とする人たち、労働者は「働く人」です。 マルクスは共産主義を掲げながらも、労働者階級の考え方は多様であることを知っていました。 共通の課題でなければ一致協力できないことも知っていました。 その共通の課題こそ、春闘で取り組む賃金闘争なのです。 休みを増やす [続きを読む]
  • 労組は労働者をいじめる人物を管理職に推薦しない
  •  たしかに労組は人事には口を出さないけど、労働者いじめをする人物を管理職を推薦しないのは当然のことです。 労働組合が強くなると、労働者いじめをする人物は管理職になれなくなる。 その結果として「労働組合が人事に口を出している」というのでしょう。 労働者いじめをする人間は当然評判が悪い、推薦しないのは当たり前です。 それをしなくなると評判の悪い人物ばかり管理職になる、組織のためにもよくないというわけで [続きを読む]
  • 戦前も戦後も教育の理想はそんなに変わらない
  •  教育勅語がめざした教育の理想も、教育基本法がめざす教育の理想も尽き詰めればそんなに変わるわけではありません。 戦前の師範学校は軍国主義的と言われなくなりましたが、その師範学校制度はアメリカから学んだものでした。 マリオン・スコットというアメリカ人が伝えました。 アメリカの師範学校も州立大学に統合されたりしたそうで、そんなに日本と変わりません。 教育の理想は、戦前も戦後も極端には変わらなかったと感 [続きを読む]
  • 教育勅語自体は悪いものではないが・・・
  •  教育勅語は明治大帝の名で発せられた教育の基本方針を定めた勅語であり、内容は道徳を述べたものです。 徳を身につけることを重視しています。 戦後の教育基本法は「人格の完成」を言っていますが、そのプロセスは徳を身につけることに他なりません。 つまり教育基本法と教育勅語はそう違うものではないのです。 ただ、子供は無批判でそれを受け入れてしまうので、今さら暗唱させるのはどうかな?と思います。 戦後の教育改 [続きを読む]
  • 豊洲市場の汚染がなくなっていれば問題ない
  •  豊洲市場のところの汚染についてですが、先日の調査で深刻な汚染状況が報告されましたが、これまでの測定とあまりに差があるため現在測りなおしがされております。 盛土については、委員会の報告とは違っていても建築技術的には問題ないそうです。 部局で決まったことを認めただけというのは、石原知事の弁明として最終責任を感じていないというのはありますが、まあ老人をそこまでいじめないでもよいように感じます。 豊洲市 [続きを読む]
  • 「砂の器」を最後まで見ていない人が多いような・・・
  •  映画やドラマの砂の器についての感想を読みながら、昭和の映画「砂の器」を最後まで見ていない人が多いように感じた。 あの映画の最後に・・・記憶に頼るので正確には書けないが、当時の社会状況としてハンセン病の特効薬ができ社会復帰が続いていること、本浦千代吉のような患者は過去の存在となったことが字幕で説明される、だが社会の偏見は強く残っていること、そして最後に親子の愛は永遠であることが書いてあった。 ハン [続きを読む]