テンポイント さん プロフィール

  •  
テンポイントさん: Turfに魅せられて・・・(写真紀行)
ハンドル名テンポイント さん
ブログタイトルTurfに魅せられて・・・(写真紀行)
ブログURLhttp://point6737.exblog.jp/
サイト紹介文1974年から競馬写真を撮りはじめ、ブログは2009年4月からアップ。また、風景写真もアップしています。
自由文1971年ヒカルイマイの日本ダービーに感動し、以来競馬と関わりを持つようになりました。
そして、テンポイントとの出会いが競馬写真をライフワークにするターニングポイントでした。
2009年5月のブログに詳しくアップしていますのでご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/04/16 19:44

テンポイント さんのブログ記事

  • 10年振りの松阪市訪問
  • 松阪市に訪問する人の多くの目的は、ブランド牛肉か、本居宣長を知る、ことに尽きるのではないでしょうか。10年前に仕事のついでに散策をした機会がありましたが、観光資源豊富な街という印象がありました。今回も先ずは、松阪城址南東、国指定重要文化財の「御城番屋敷」。石畳の道の両側に槙垣を巡らした武家屋敷。1863年に建てられた住居には今も子孫の方が生活されています。迷惑... [続きを読む]
  • 桜に牝馬(3)大本命馬散る
  • 4コーナーを過ぎて、残り200mで先頭に立ったレーヌミノル(黄)が直線の坂を力強く駆け上がって来ます。大本命のソウルスターリング(白橙)もルメール騎手が必死で追う、さらにその外から武騎手のリスグラシュー(赤)が来ています。稍重の馬場はなかなか差が詰まらない、そのままレーヌミノルが先頭でゴールを駆け抜けました。ソウルはリスグラにも交わされ... [続きを読む]
  • 桜に牝馬(2)
  • 曇り空の下、第77回桜花賞出走馬の返し馬です。ミスエルテ5番人気ト川田騎手リスグラシュー3番人気と武騎手アエロリット6番人気と横山典騎手圧倒的1番人気1.5倍ソウルスターリングとルメール騎手アドマイアミヤビ2番人気とデムーロ騎手馬券名人推奨馬のスバンテール4番人気と... [続きを読む]
  • 桜に牝馬
  • 「牡丹に蝶、萩に猪、紅葉に鹿」。ご存知ですね、日本の花鳥風月がテンコ盛りの「花札」、二人でも少しの時間があれば楽しめる最高に趣のあるゲームです。これに倣って云えば、「桜に牝馬」(牛のような字の右にカタカナのヒみたいな字、牝馬(ひんば)3歳雌馬)による桜花賞(GⅠ)がありました。青空は望めませんが、雨はまっことありがたいことに止んでくれました。今年は全国的に桜の開花が遅く、... [続きを読む]
  • 雨の高松宮記念(2)
  • 小雨の中、電撃の6ハロン、ゲートオープン。シュウジが抜群のスタート。そのシュウジ(黄)を先頭に4コーナーを通過。雨煙にもかかわらず結構写ってます。残り200mで馬場の中どころ、好位からセイウンコウセイ(赤)が先頭に立ちます。内からレッツゴードンキ(黒)、レッドファルクス(青)が必死に追い上げる。フィエロ(白)も外目を追う。... [続きを読む]
  • 雨の高松宮記念GⅠ(1)
  • 昨夜からの雨が止むこともなく、中京競馬場唯一のGⅠと言えども、ちと撮影意欲がそがれます。入場者数も昨年より7,000人近く少ない、2万4281人。カメラマンもドバイ遠征組がいないので、比較的少ないです。出走メンバー16頭中、GⅠ馬が3頭、重賞未勝利馬が半数と例年に比べレベルは少々劣るかも。小雨の中の返し馬です。重賞未勝利ながらマイルCS2着2回の実力馬フィエロ... [続きを読む]
  • ファルコンSからNHKマイルへ
  • ファルコンステークスが中京競馬場、芝1400m、3月施行になってもう6年目です。そろそろこのレースの出走馬からNHKマイルカップの優勝馬が出てもいいころでしょう。まだ、2013年インパルスヒーロー(1着から2着)、2014年タガノブルグ(ファルコン5着からNHK2着)が最高着順です。午後になると雲が厚くなってきました。有力馬の返し馬です。メイソンジュニア6番人気、... [続きを読む]
  • 金鯱賞から大阪杯GⅠへ
  • 3月施行初めての金鯱賞のスタートです。スタンド前早くも予想通りロードヴァンドール(桃)が単騎で逃げます。ヤマカツエースは中団の好位置をキープ。4コーナーまで隊列は変わらず、直線を向いてもロードが軽快に逃げます。馬群の中から1番人気のヤマカツエース(赤)がただ1頭伸びてきました。... [続きを読む]
  • えっ!金鯱賞が3月に。
  • 今年から3月の施行となった第53回金鯱賞、中京唯一の芝のGⅡレース、2011年までは宝塚記念の、そして昨年までは有馬記念のトライアルレースという趣で施行されていましたが、今年からGⅠに格上げの大阪杯(4月2日)のトライアルレースとして編成され、優勝馬は優先出走できます。僕ら競馬のオールドファンは、重賞の施行時期に季節を感じながら、それぞれの重賞のヒストリーを熟成してき... [続きを読む]
  • 八面山からの眺望、久々に百名山を望む。
  • 寒風吹きすさぶ一月も終わりの日、これはひょっとするとそこそこの眺望が期待できるかも、ということで、西尾市八面山に行ってみました。何度も展望台へ足を運んでいますが、これ程の眺望はめったにありません。以前ブログにアップした2012年11月17日以来です。その日と比較すると山の積雪は豊富ですが、大日ヶ岳方面は望めませんでした。南アルプスから中京競馬場回りで紹介します。... [続きを読む]
  • ダートも強い4歳馬、グレンツェントの東海ステークス
  • 暖かな午前中でしたが、JRA唯一のダートGⅡ、東海ステークスが近づくと、雨まじりの暗い空模様、ついてない。冷えてくる中、撮りにくいダートコースのラチ沿いで発走を待ちます。中京ダート1800mは、スタート地点がカメラマンのいる側の反対になる関係で、返し馬を撮れる馬が少ない。冬にちなんだ馬名のカゼノコ(牡6歳、11番人気)太宰騎手です。もう少し風で尾が靡くと良いのですが。... [続きを読む]
  • 大雪の影響で代替競馬(中京競馬)
  • 中京競馬場は土曜日から降雪、日曜の競馬実施に向けて早朝まで除雪作業。しかし、奮戦空しく中止。月曜に代替競馬ということになりました。ちなみに、京都競馬場は火曜日に代替です。平日のJRA中京競馬、残雪の競馬場はどんなんかなあ、ということで出陣しました。10レース前、入場人員3,621人、こんな感じです。やはり平日開催はきついですね。係りの方の必死の雪かきの跡、指定... [続きを読む]
  • 奇跡の清流、仁淀川 NIYODOBLUEを撮るー中津溪谷ー
  • 小一時間で中津溪谷にとうちゃこ、溪谷入り口には日帰り温泉などもあり、ここに溪谷が?という感じです。安居渓谷をワイルドとすれば、こちらはマイルド?、遊歩道も完全整備。仁淀ブルーはあります。大自然の中にいるという雰囲気はどうも・・・・。中津溪谷はこの赤茶色の岩の層が特色だそうです。確かに日差しが強い夏などは絵になるかも。入口から15分ほどで... [続きを読む]
  • 奇跡の清流、仁淀川 NIYODOBLUEを撮るー安居溪谷ー
  • 安居溪谷の最深部の宿、宝来荘に至る県道362から見る川の色は、薄暮の中でも十分仁淀ブルーの片鱗を覗うことができました。1日目の宿泊客は僕らの他に1名、ちなみに2日目は2名のみ。手前が上流になります。地酒を飲んでおやすみなさい。翌朝、まずは車で20分ほどの溪谷最上流部にある「大釜」へ。車道から奥深い山道を15分ほど歩くと落差15mの滝が落下する美しい滝壺の光景が... [続きを読む]
  • 奇跡の清流、仁淀川 NIYODOBLUEを撮るーにこ淵ー
  • 明けましておめでとうございます。死ぬまでに見ておきたい風景、奇跡の清流などと言われている「仁淀ブルー」。見てやろうじゃないか、と言うことで正月早々、いつもの友と往復 1,150kmの撮影の旅に出発。 まずは仁淀川水系の源流部、高知県いの町にある神秘的な滝壺「にこ淵」へ。撮影に最適な午後1時に合わせ、早朝5時出発。予定通りにとうちゃこ。年寄りにはありがたいことに車から5分の距... [続きを読む]
  • 2016有馬記念、TTG-ARIMAに迫る名勝負(1)
  • 昨年有馬記念の1着から4着馬、JCの1着から4着馬、菊花賞の1着馬が出走してきました。少し誇張して言うと、長距離に強い馬が全馬出走してきたというところでしょうか。さすがのモーリスもここでは・・・・・。今年は暖かい有馬です。天気もいい。以前のように発走時間が15時10分なら十分コースに陽が当たるのですが、近年の15時25分では完全にスタンドで日陰になってしまうので撮りず... [続きを読む]
  • 気分爽快、冬の中京競馬場
  • 日曜は、適度に雲があり、さらに良い撮影日和でした。お目当ての5R新馬戦も撮り終えて、冷気が心地よい快晴の下、撮影シーンを探してうろうろ。久し振りに5階まで上がり、ゴール側の一番端から競馬場全体の俯瞰を撮ってみました。9R出走馬がダートコースで返し馬に入ってます。10Rこうやまき賞のゴールです。芝コースのゴールを2階カメラマン席から、観客も入れて撮ってみまし... [続きを読む]
  • 好天に魅かれて、桶狭間出陣(中京競馬場)
  • またまた快晴予報。こんな日は陽が陰る心配もないので、気分的にも落ち着いて撮ることができますね。今頃の競馬場はイベントもなかなか振るってますよ。サイレンススズカ広場に設置された、肉とワインのグルメ店チュウ―キョーバル。いつか馬券を当てて食してみたいものです。6Rサラ系障害3歳上オープン(3300m)、一度撮りたいと思っていた障害レース、第5障害のラチ沿いまで... [続きを読む]
  • 春競馬の様相、暖かな金鯱賞GⅡ
  • 伊吹おろしはどこに、これほど暖かい12月の中京開催あったかしら。先週のJCと打って変わって、快晴、暖冬の中で中京競馬が開催されました。メインのGⅡ金鯱賞、GⅠ馬を含む重賞馬8頭が出走してきました。余りに日差しが強いため、返し馬のアングルを避けて馬道から本馬場入場を順光で撮ってみました。何故か10番人気のパドルウィール(松山騎手)をアップ。一年振り出... [続きを読む]
  • 遅ればせの紅葉は?
  • もうこの時期紅葉の見ごろは終焉、しかし、紅葉情報では見頃という表示、先週行ってみました。まずは、先々週に紅葉まつりも終わった宮路山(361m、豊川市)。車で30分、こんな近場に紅葉の名所とは。駐車場も完備で、頂上まで20分もあれば登頂できます。晴天に恵まれ逆光での紅葉はとても美しいものでした。が、しかし、東屋から順光で見た紅葉の色合いは、散り行く直前の姿でした。... [続きを読む]
  • 筋書きのあったドラマ、2016ジャパンカップ
  • 非常に暗く場内の照明も点灯、ありがたいことに雨も止み、9万人近くの観衆が見守る中、良馬場のままスタート。予想通りキタサン(白)が好枠を利してハナに立ちます。すかざずライアン(桃)、武騎手がハナに行けばペースはスローになると判断、番手につけます。イチ押しサウンズ(緑)も中団へ。大外シュヴァル(桃)はサウンズのすぐ後です。武... [続きを読む]
  • GⅠ馬8頭、豪華メンバーのジャパンカップ
  • GⅠ馬が8頭のジャパンカップ、おそらく今年最高の出走メンバーということで、雨予報にも拘わらず府中へ出陣しました。3年前からパートナーシップとなっているロンジンのマネキン馬です。パドックもジャパンカップ仕様で大勢のファンで一杯です。外国馬は3頭と寂しいですが、それでも外国人の関係者は多く、パドックは華やいだ雰囲気です。カメラマン席にはドバイやロン... [続きを読む]