栄村ネットワーク さん プロフィール

  •  
栄村ネットワークさん: 栄村復興への歩み(栄村ネットワーク被災情報ブログ)
ハンドル名栄村ネットワーク さん
ブログタイトル栄村復興への歩み(栄村ネットワーク被災情報ブログ)
ブログURLhttp://sakaemura-net.jugem.jp/
サイト紹介文2011年3月12日未明、震度6強の地震で被災した長野県栄村の被害と復興の様子をお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供326回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2011/04/17 18:57

栄村ネットワーク さんのブログ記事

  • 牛が迫ってきて・・・・・・
  •  夕刻5時半近く、五宝木からの帰路、中子に立ち寄るために妙法育成牧場脇の道を進んでいると、放牧されている牛の群れが目に入った。 車を停めて、牛たちを撮っていると、1頭の牛が私の方をじっと見つめ、近づき始めた。1枚目の写真だ。 しかし、1頭だけではなかった。周りの牛たちも一緒に私の方に向かい始めた。2枚目の写真。 有刺鉄線の囲いがあるとはいえ、牛たちがどんどん迫ってきて、焦った。「柵を越えて向かってく [続きを読む]
  • 雪渓に上ってみた
  •  秋山林道のミズノサワ。 この雪渓の上に、一度、上がってみたいと思っていた。 5〜6月頃は抜ける心配はないが、積雪が高すぎて、上がるのが大変。7月に入ってからは行く機会がなく、今日の午後行ってみたら、雪がかなり減っている。下手な上り方をすれば抜けて、沢に落ちてしまいかねない。 コース取りを考え抜いて、無事に上り、下りて来られた。 周辺に誰もいない状況だと、何かあった時が不安。偶然出会った長野市のライ [続きを読む]
  • 配達日誌7月1日〜10日
  • 1日(土) 朝から予報通りに強雨。昨日、役場に問い合わせたところ、野々海大明神祭は予定通りに挙行ということなので、8時半頃に出発して野々海へ。私は「10時開始」と思い込んでいたが、実際は11時開始。平滝からの上り道、基本的に1台の車にも出会わず。 まっすぐ池に向かった。水番小屋では薪ストーブに火が入っていた。しかし、強雨でも気温はそんなに低くなく、寒さは感じず。また、霧も出ていなくて、野々海池の全体像も見 [続きを読む]
  • ヤマアジサイをめぐる異変
  •  日出山線の道路脇にヤマアジサイが咲き乱れる様子です。8日昼に撮影しました。知人もほぼ同じ場所で撮ったと思われる写真をFBに投稿されました。 やはり綺麗なものは、誰が眺めても「いいなあ!」と感じるのですね。 ここ1週間ほど、私はヤマアジサイが群生するところを求めて、村内のいろんな所に出かけています。 雑木や草に負けて、ヤマアジサイが咲きにくい、育たない 7月初旬段階、標高が高い所ではまだ開花までにちょ [続きを読む]
  • 栄村復興への歩みNo.311
  • 「風っこ」から見えてきたもの  9日(日)に長野駅と森宮野原駅の間を走った特別列車「風っこ」の乗客のみなさんの姿です。復路の上り列車の様子を横倉の線路脇で撮影しました。  この日、私は「駅伝大会」の関係で頼まれた仕事をやっていて、森駅前の様子を撮影する余裕はなかったのですが、列車から降り立った人びとの動きを見る機会はありました。かなり多くの人が「道の駅」に向かって歩き出されました。その後、「道の駅」 [続きを読む]
  • 栄村長杯ゲートボール大会から
  •  第1ゲートを通過できるか?! 7月5日に横倉農村広場で開催された第38回栄村長杯ゲートボール大会の一場面です。 「『わあー!』というような、大きなリアクションの場面を撮ってね」と言われていましたが、写真データを見ると、この1枚がその注文にいちばん応えるもののようです。 青倉Bチームと白鳥チームの一戦の一場面です。 4日に予定されていた大会は雨で順延。5日も朝方は小雨模様でしたが、「今日できないと、当面、日 [続きを読む]
  • 写真7点
  •  貝立山近くで出会ったチョウの群れ。 ウラギンヒョウモンというもののようです。7日午後撮影。  タチアオイと飯山線。 平滝にて7日夕撮影。  秋山郷・白沢の近くの不動滝。(7月8日撮影)  五宝木(旧鳥甲牧場)の大根畑 (7月8日撮影)    ヨツバヒヨドリ。 7月11日スキー場頂上にて。 [続きを読む]
  • 森集落水道の本管洗浄工事
  •  上写真のスポンジ状の丸い球。 森集落水道の本管の内部を洗浄するために送り込まれ、国道117号沿いの小林静子さん宅そばから森の駅前まで空気圧力で本管の中を通り抜けてきたものです。 元々はまん丸のものだったそうですが、本管の壁にこびりついたマンガンや砂・小石などをこすり取ってきたので、表面に凸凹ができています。 10日夜、本管洗浄作業の様子が一般公開され、撮影させていただきました。  上写真に見える3本の [続きを読む]
  • 配達日誌6月21日〜30日
  • 21日(水) 議会最終日。一般会計補正予算を議員提案で減額修正することになった。詳しいことは「議員活動報告」で書く。内容は密度が濃い審議だったが、午前中で全議案の採決が終了し、閉会。 昼は、阿部伸治議員提唱の議員の「地産地消の会」で、地元産の牛肉をメインとする焼肉の会。美味しい肉だった。ただし、私は最近、牛肉はあまり食べられない。平素はもっぱらポーク。今日も食べ過ぎないように注意したが、やはり夜まで [続きを読む]
  • 飯山線を走る「風っこ」
  •  9日(日)の栄村はとても暑い。 そんな中、飯山線に「風っこ」が走った。 写真は、森宮野原駅で1時間40分の停車の後、長野にむけて横倉駅付近を走る様子。 撮影時、田んぼの上を少し風が流れていた。窓ガラスのない列車はきっと気持ちよかったことだろう。 信州DCの特別列車。 期間中、飯山線の特別列車は残念ながらこれだけ。「おいこっと」は今度の連休15〜17日をはじめ、土日に走る。  飯山線の写真をもう1枚。 7日 [続きを読む]
  • 松尾まことの議員活動報告第16号
  •    補正予算の減額修正について  村議会の6月定例会が6月16日(金)〜21日(水)に開催されました。「信毎」等の新聞報道ですでにご存じの人も多いかと思いますが、今次定例会の最重要議案である一般会計補正予算案をめぐって、減額修正の動議を可決しました。観光協会への補助金増額補正445万円のうち295万円を削減するというものです。 今号はこのことに絞って、みなさんにご説明・報告をします。 ◎ 予算の減額修正とは、 [続きを読む]
  • 配達日誌6月21日〜30日
  • 21日(水) 議会最終日。一般会計補正予算を議員提案で減額修正することになった。詳しいことは「議員活動報告」で書く。内容は密度が濃い審議だったが、午前中で全議案の採決が終了し、閉会。 昼は、阿部伸治議員提唱の議員の「地産地消の会」で、地元産の牛肉をメインとする焼肉の会。美味しい肉だった。ただし、私は最近、牛肉はあまり食べられない。平素はもっぱらポーク。今日も食べ過ぎないように注意したが、やはり夜まで [続きを読む]
  • 栄村復興への歩みNo.310
  • 青倉集落・西山田棚田。9年前(2008年)5月撮影。 同地点をこの6月30日に撮影。 青倉・西山田の圃場整備の現況をレポートします 大きな変化に驚き 2枚の写真。背景の山や中央やや上に見える小高い丘の林は変わりませんが、田んぼの様子はすっかり変わっていますね。 この写真に見えるところは西山田の棚田ゾーンの美しさを象徴するところなので、この2枚を選んだのですが、変化の激しさという点では次の2枚のほうがもっと大きい [続きを読む]
  • 強雨の中、野々海大明神祭が行われました
  •  7月1日は毎年、野々海大明神祭(野々海開き)の日です。しかし、今年の7月1日は朝から梅雨前線の活発化による強雨。夕刻に温泉で出会った村の人は、「えっ! 野々海、やったの?!」と驚いておられましたが、予定通り開催されました。 私は午前9時20分頃に野々海池に着きましたが、野々海水利組合や役場の人たちが降りしきる雨の中、大明神祭の準備を進めておられました。午前11時からの「神事」には議員職務で参加していましたの [続きを読む]
  • 風景ピックアップ
  • 裏側から見る野々海池(6月17日撮影) 野々海池三叉路の湿地にて6月17日撮影。下の2枚は湿地から飛び立つマガモ2羽。  次は同じ湿地で7月1日撮影。その下の写真はモリアオガエルの卵。 鳥甲山と赤?(あかくら)の頭(かしら)珍しいアングルでの1枚だと思います。初夏の鳥甲山の頂上付近の様子が見えるとともに、「赤?」の地肌の赤さから、その名前の由来がよくわかるのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • 飯山市照岡山腹崩壊とJR飯山線――6月30日と7月1日の現場取材から
  •  5月19日に発生した飯山市照岡の井出川上流の山腹崩壊と土石流から1ヶ月強。新聞等で報道されているとおり、6月23日に出川下流域4世帯に飯山市から出されていた避難指示が避難勧告に引き下げられました。そして、JR飯山線は25日の始発列車から運転を再開しました。 私は避難勧告への引き下げの根拠の1つとなった出川下流域での土嚢・ブロック等の設置状況等を見るために6月30日に現場を訪れました。現場訪問は6月10日以来のこと [続きを読む]
  • 中条川の土石流対策、そして森集落水道工事の現状をめぐって
  •  森集落では、7月5日〜7日、10日〜14日の計8日間、夜間断水になります。水道本管のマンガンによる汚染を除去するための洗浄作業が行われるためです。森集落住民のこの間の悲願の実現への大きな一歩となるでしょう。各家庭への引込管の洗浄作業が行われないのは残念ですが、頻繁に茶色の水が出る事態が打開されることを期待します。 また、森集落水道の取水地を震災前の水源に戻す工事も進んでいます。中条川土石流対策の県林務課 [続きを読む]
  • 配達日誌6月11日〜20日
  • 11日(日) 午前8時半すぎに家を出て、スキー場〜貝立山裏経由で野々海へ。帰りは平滝に下ったが、11時半頃。野々海の様子は「復興への歩み」No.309に書くが、スキー場の頂上、野々海までの途中コース、平滝への下り、それぞれにいろいろ素晴らしいものを見ることができた。いい写真もたくさんあるので、時間のある時に整理してみたい。 下ってすぐに横倉でNo.308等が未配達の家12軒を廻った。横倉集落は4日の野々海普請をうけて [続きを読む]
  • 配達日誌6月1日〜10日
  • 1日(木) 昨夜が早かったので4時頃に起床。原稿書きや配達物の折り作業などをやった後、秋山に向かったのは7時前だったと思う。雨模様で、日出山線などは靄(もや)がきつかった。 10時半から苗場・鳥甲・佐武流三山の山開きで議員として参加なので、その前にできるだけの配達をと思って、上の原、和山へ。小赤沢での配達の途中で山開きへ。山開きの前に雨は止んだ。 山開き神事とその後の祝宴が正午過ぎまで。 秋山の保存民家。 [続きを読む]
  • 配達日誌5月21日〜31日
  • 21日(日) 19日に発生したとされる飯山市の通称「だんご橋」の上流で発生して山腹崩壊。昨夕初めて知り、今朝早くから現地にむかった。 その後、「No.305+No.306」のセットを20日に配る予定だった横倉、箕作、月岡の計82軒を廻る。横倉の集落内の田んぼの田植えがいっきに進んでいたのが印象的だった(下写真)。  午後〜夜は、飯山市の山腹崩壊のブログ用レポートの作成と、No.307の執筆・編集。 22日(月) 4月23日の村議選 [続きを読む]
  • 栄村復興への歩みNo.309(6月11日付)
  • 野々海池の1ヶ月の間の変化を見る 今号は少し変わった企画で、野々海池のこの1ヶ月間の変化の様子を写真で紹介することから始めます。 1枚目の写真は5月9日に撮影したもの。野々海池への道はまだ開いていず、歩いて行って撮影したものです。他方、2枚目は6月11日午前の撮影。池にはもうほんの一握りのものを除いて雪はありません。  野々海池を撮影しているアングルは様々ですが、変化の様子をご理解いただくことは可能だと [続きを読む]
  • 風景写真四点
  •  本号は12頁版。次の8〜9頁は栄村各地の写真グラフです。 夕陽に照らされる田植えから間もない田んぼ 村ではごくありふれた景色かもしれませんね。でも、一瞬の間しか見られないものでもあります。夕陽はあと数分で山の向こうに消えていくでしょう。田んぼの水面に山と夕陽が映るのを見られるのは田植えから間もない時期に限られます。 6月9日午後6時近くに北野集落で撮影しました。 5月28日、青倉にて 田んぼに映る雲と田ん [続きを読む]
  • 秋山国道405号線の改良整備の進展
  • 秋山郷国道整備促進期成同盟会第41回総会に参加して  6月7日、「秋山郷国道整備促進期成同盟会」の第41回通常総会(於:「萌木(もえぎ)の里」、津南町結東(けっとう))に公務として出席しました。いろいろと学ぶところがありましたので、ここにレポートすることにしました。まず、進展著しい国道405号線の改良の現況について紹介します。 ●道路の幅を広げる工事などが進展 写真イ  写真イは屋敷・上野原間で道幅を広げる本年度 [続きを読む]
  • クマの所在の確認と対策の措置
  •  6月7日、村は下写真に見える緊急警告看板をスキー場内の村道の一角に設置しました。  「このすぐ近くでクマの巣が発見されました。ここのスキーコースに立ち入っての山菜採りは危険。ただちにこの場を離れて下さい」というものです。 これは、5月2日に地元住民がクマの穴と思われるものに遭遇した地点付近を6月6日に私を含む2名で再調査し、クマの巣の所在が確認されたため、役場に申し入れをして設置してもらったものです。  [続きを読む]
  • JRの対応に疑問と大きな憤り――飯山市桑名川の「避難指示」をめぐって
  •  最近、毎朝・毎夕、村内放送から「JR飯山駅からのお知らせ」が流れてきます。「避難指示のため飯山線の運行を見合わせ」というものです。 6月5日からは代行バスが運行されているとはいえ、飯山線運休の打撃と損失はとても大きいものです。「本当に運休はやむをえないのか?」という疑問が湧き出てきます。さらに、現在のJRの対応では運行再開の見通しはまったくたたないという問題も指摘せざるをえません。 ●避難指示世帯周辺 [続きを読む]