太郎 さん プロフィール

  •  
太郎さん: 和田心理カウンセラー!!
ハンドル名太郎 さん
ブログタイトル和田心理カウンセラー!!
ブログURLhttp://sougaku.at.webry.info/
サイト紹介文神経症の皆様へ! こころの安定を求めるサロンです。
自由文こころ系の皆様へ

日々、強迫神経症というモンスターと対峙され、さぞお疲れでしょう・・・

こころの安定の一助になればと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供338回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2011/04/17 20:07

太郎 さんのブログ記事

  • ■ 社会システム
  • なぜ世界中で「リベラル改革」が困難を極めているのか ロシア革命100周年、重大な教訓現代ビジネス 6/23(金) 14:01|Yahoo!ニュース TwitterFacebookLINE写真:現代ビジネス 今年はロシア革命の100周年に当たる。もっとも、それをことさらに取り上げる意味などないという感覚の方が一般的かもしれない。 [続きを読む]
  • ■ 自律神経
  • プレミアム会員会員特典ストレスをなくさなくてはどんなに休んでも意味がない。医師が警告する現代病。6/19(月) 8:00配信 256 BEST TIMESストレスをなくさなくてはどんなに休んでも意味がない。医師が警告する現代病。写真・図表:BEST T!MES拡大写真「休みたい」そう嘆く人は多いはずだ。けれど、ただ「休む」だけでは心身の回復は見込めないーー自律神経研究の第一人者である小林弘幸氏はそう言う。『自律神経が整えば [続きを読む]
  • ■ なぜひきこもるのか…老人
  • 「60代のひきこもり」が増えているプレジデントオンライン 6/18(日) 11:15|Yahoo!ニュース TwitterFacebookLINE写真はイメージです「親亡き後」に突入するひきこもりの当事者が増えています。もし、何の対策もしなければ親の支援がなくなった途端、生活は行き詰まり、住まいも追われかねません。「働けない子どものお金を考える会」の代表を務めるファイナンシャル・プランナーの畠中雅子さんが、ひきこもりの子どもを持つ家庭の [続きを読む]
  • ■貧困
  • 崩れ去る「中流」の夢…。貧困が広がる中で生活困窮者バッシングはなぜ起こる?ダ・ヴィンチニュース 6/15(木) 6:30|Yahoo!ニュース TwitterFacebookLINE『貧困クライシス 国民総「最底辺」社会』(毎日新聞出版)「貧困」と聞けば、多くの人が衣食住に支障をきたし、生命が脅かされている状態を想像するだろう。そして、普通に生活している以上、そこまで困窮した人は見つけにくい。結果、貧困家庭はまるでファンタジーのように [続きを読む]
  • ■ 精神疾患
  • 精神疾患に家族の一体感はむしろマイナスになることもNEWS ポストセブン 6/14(水) 16:00|Yahoo!ニュース TwitterFacebookLINE和歌山県精神保健福祉家族会連合会、通称「和福連」代表の大畠信雄さん 生涯罹患率は3人に1人ともいわれている。2014年の総患者数は約392万人(出典:厚生労働省「患者調査」より)。精神疾患患者数が増加した日本(1999年は204万1000人・出典同)にあって、苦しんでいるのは患者当人だけではない。暴 [続きを読む]
  • ■今日の名言
  • プレミアム会員会員特典「元気そうなのは外見だけ。都合の悪いことは聞こえません」(吉田茂)【今日の名言】6/12(月) 8:10配信 16 サライ.jp「元気そうなのは外見だけ。都合の悪いことは聞こえません」(吉田茂)【今日の名言】「元気そうなのは外見だけ。都合の悪いことは聞こえません」(吉田茂)拡大写真今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びと [続きを読む]
  • ■ ADHD
  • あんふぁん子育て・しつけ ママライフ 手作り・レシピ おでかけ 入学準備 小学生ママ フォト広場 ブログ プレゼント 検索 友だちに教える友だちに教える [続きを読む]
  • ■ 社会システム
  • プレミアム会員会員特典 ロイター/アフロ特集「普通」が遠い 貧困リスクはそこにある2015/12/16(水) 16:18 配信風俗をセーフティーネットに生きる女性は、特別な存在ではなくなりつつある。高騰する学費をまかなうために風俗を選ぶ都会の女子大生も、後を絶たない。ほかにも病気やリストラ、離婚、自立の難しい子ども……。性別、年齢にかかわらず、都会の貧困リスクはすぐそこにあるのだ。(ノンフィクションライター 中村淳彦/Y [続きを読む]
  • ■ 社会システム
  • 大澤真幸は 『負債論』の著者・グレーバーが 夥おびただしい事例を挙げつつ繊細に解釈する姿に魅力を感じた6/8(木) 6:00配信 コメント Book Bang大澤真幸は 『負債論』の著者・グレーバーが 夥おびただしい事例を挙げつつ繊細に解釈する姿に魅力を感じた大澤真幸拡大写真  われわれは倫理的な義務を、負債として思い描く傾向がある。「あの人に借りがある」等と。だが、義務と負債は別のことではないか。どうして両者は同一視さ [続きを読む]
  • ■ 不安感
  • 精神障害者、職場にサポーター役…2万人養成へ読売新聞 6/5(月) 9:21|Yahoo!ニュース TwitterFacebookLINE 厚生労働省は、職場で働く精神障害者を同僚が支援する「精神・発達障害者しごとサポーター」を創設し、今年度中に2万人を養成する方針を固めた。 [続きを読む]
  • ■ 不安感
  • みんなのメンタルヘルス総合サイト サイト内検索 検索病名から調べる症状から調べる皆さまへのサポート行政の情報専門的な情報お知らせリンクホーム>こんな症状ありませんか?>不安・緊張 〜気持ちが落ち着かない・どきどきしてこころ細い〜こんな症状ありませんか?不安・緊張 〜気持ちが落ち着かない・どきどきして心細い〜「気持ちが落ち着かない、どきどきして心細い」症状になるのはどうしてですか 「気持ちが落ち着かない、ど [続きを読む]
  • ■いじめによる(ひきこもり)
  • 引きこもり長期化にも見える「いじめ後遺症」の呪縛ダイヤモンド・オンライン 6/1(木) 6:00配信15引きこもり長期化にも見える「いじめ後遺症」の呪縛引きこもる中高年の多くは、過去「いじめ」に耐え続けた経験があるのではないか(※写真はイメージです。)拡大写真● 「中高年引きこもり」の一因は 「いじめ後遺症」ではないか? [続きを読む]
  • ■カルト教
  • <青森修行事件>母親、被害の女子生徒を昨夏から通学させず毎日新聞 5/31(水) 10:26|Yahoo!ニュースTwitterFacebookLINE 霊能力を身につけるための「修行」と称して高校生の女子生徒に暴行を加えていたとして、母親の無職、川口とみ子容疑者(44)=青森県おいらせ町=と自称・霊能力者の無職、宮崎香奈子容疑者(35)=同=が傷害と暴行容疑で三沢署に逮捕された事件。女子生徒は昨年夏から学校に通っていなかったといい、 [続きを読む]
  • ■就活
  • 就活自殺が4年ぶり増加 悩む僕を救った糸井重里の深い言葉〈dot.〉AERA dot. 5/30(火) 7:00|Yahoo!ニュース TwitterFacebookLINE就職活動で追い詰められる人は多い (※写真はイメージ) 日本で唯一の不登校・ひきこもり専門紙「不登校新聞」編集長、石井志昂さんがつづる連載「ぶらり不登校」。自身も不登校の経験がある石井さんは、就職活動が本格的にスタートするこの時期に、ある人の言葉を思い出すそうです。 [続きを読む]