MJ さん プロフィール

  •  
MJさん: カメラマンMJの写真館
ハンドル名MJ さん
ブログタイトルカメラマンMJの写真館
ブログURLhttp://ameblo.jp/spostar1200/
サイト紹介文東海地方を中心にカメラマン活動をやっています。東日本大震災以降は個人で被災地支援活動をしています。
自由文大きな問題は到底解決できる訳ありませんが、少しでも被災地の現状を伝えれるようにカメラマンとして写真で伝えていきたい思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2011/04/18 20:36

MJ さんのブログ記事

  • 【 特別天然記念物 ニホンカモシカに遭遇 】
  • あっ鹿がいる!と思って10メートルくらいまで近づいていきよ〜く見たらニホンカモシカでした。慌ててカメラに収めました。宮崎駿監督の映画「もののけ姫」に出てくるシシ神みたいな顔立ちで神々しく、とても有り難いものに出逢えた気持ちになりました。 [続きを読む]
  • 【 釜石東中学校 仮設校舎最後の卒業式に出席 】
  • 東日本大震災で被災した釜石市鵜住居町の釜石東中学校。今日は卒業式が行われ、6度目の来賓出席してきました。今年の卒業式は生徒たちの希望で仮設校舎で行なわれます。卒業生からしたら、ずっと仮設校舎で学んできた訳ですから、たとえ仮設校舎でも思い出がいっぱい詰まった母校に違いはありませんから。生徒たちの頑張りを5年以上見続けてきた者としては感慨深いものがあります。卒業生たちは希望を胸に巣立っていきました。復 [続きを読む]
  • 【 奇跡のひまわりは東北・東海・熊本を繋ぐ】
  • 大船渡市立日頃市中学校の村上校長先生(震災時 釜石東中学校副校長)を訪問。東北に行った際には必ずお会いしている大切な方です。昨年、私の母校の愛知県新城市の千郷中学校、作手ではひまわり畑、新城市中の子供たち、岐阜長良川鵜飼ミュージアム、Facebookを通じて希望のあった方々、多くの方に育てて頂きました「奇跡のひまわり」。もともとは村上校長先生から頂いた5粒の種です。同じ種が昨年6月に、熊本地震の被災地の益城 [続きを読む]
  • 【 私が東日本大震災の被災地へ通い続ける理由】
  • 周りから"なぜそこまで東日本大地震の被災地に通い続けているの?”と聞かれたりします。続ける理由震災から3ヶ月後の2011年6月に被災地の瓦礫の中から「釜石東中学校」の校名板を発見したことが一番の理由です。2011年6月、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県釜石市へ行きました。岐阜から釜石市は距離にして1000キロ、車で約11時間です。あの忌まわしい震災が起こらなかったら東北の皆さんとは知り合うことはなかったでし [続きを読む]
  • 【 福興市 in 新城 2017 】
  • 3.11を忘れない風化させない東日本大震災から6年。被災地の復興は道半ば。まだまだ支援が必要な状態です。私のふるさと愛知県新城市は南三陸町へ市職員を派遣し続けていることもあり、毎年夏には市職員有志メンバーが南三陸町で三河の手筒花火を披露し、3月には福興市を開催しています。昨日の福興市は、東北から仕入れた海産物を買い求めるお客さんで賑わいました。美味しい新鮮な海産物を買って復興を応援。各自でできる応援を [続きを読む]
  • 【 東日本大地震から6年 】
  • あの日、津波に飲み込まれる街を映し出すテレビを見つめて祈った人たちはたくさんいたことでしょう。私たち日本人にとって、忘れてはならない出来事。。あれから6年。写真は被災地の岩手県上閉伊郡大槌町の高台から撮影した町の様子です。津波によって瓦礫と化した町。あれから6年が経ち、整地された土地にはようやく新居がちらほら建ち始めている状態です。復興はまだまだ道半ばです。震災関連の行事があちこちで行われますが、 [続きを読む]
  • 【 奇跡のひまわり 笑顔は東北・東海・熊本を繋ぐ】
  • 昨年、私の母校の愛知県新城市の千郷中学校や、作手ではひまわり畑、新城市中の子供たち、岐阜長良川鵜飼ミュージアム、Facebookを通じて希望のあった方々、多くの方に育てて頂きました「奇跡のひまわり」。同じ種が昨年6月に、東日本大震災の被災地の大船渡市立日頃市中学校の村上校長先生(元釜石東中学校副校長)から、熊本地震の被災地の益城町の木山中学校に渡り、夏には益城町で花を咲かせました。「奇跡のひまわり」が東北で [続きを読む]
  • 【 釜石東中学校 仮設校舎を卒業 4月から新校舎に 】
  • 東日本大震災で被災した釜石市鵜住居町の釜石東中学校。高台に建設していた新校舎が完成し、3月下旬に引っ越しすることになりました。震災から6年。ようやくという感じです。私は震災から3ヶ月後の2011年6月に被災した校舎から500mくらい離れた鵜住居の瓦礫の中から、釜石東中学校の校名板を発見し学校に届けました。その校名板は仮設校舎の玄関に掲げられています。そして、新校舎になっても引き続き掲げられることになっていま [続きを読む]
  • 【 3/12は 福興市 in 新城 2017 】
  • 3/11で東日本大震災から6年が経過します。震災を風化させてはいけません。昨年の夏には愛知県新城市の市役所職員の皆さんと被災地の南三陸町に行き、三河の手筒花火を披露しました。3/12(日)には南三陸に一緒に行った市役所職員有志の皆さんが、道の駅「もっくる新城」で東北から仕入れた海産物の販売をします。美味しい新鮮な海産物を買って復興を応援しましょう。皆様も是非「福興市 in 新城 2017」へ!日時:2017年3月12日(日) [続きを読む]
  • 【 母校千郷中学校の卒業式に来賓出席】
  • 3/3 母校愛知県新城市立千郷中学校の第70回卒業証書授与式に来賓として出席させて頂きました。東日本大震災の年から一緒に東北交流活動をしてくれた後輩たち 今年度は交流している釜石東中学校に生徒5人と行って交流したり奇跡のひまわりを新城全体に広める活動をしたり奇跡のひまわりつながりで熊本地震の被災地の益城町立木山中学校への交流を始めたり文化祭では東北、熊本のために巨大アルミ缶アート壁画を作ったりと校訓 [続きを読む]
  • 【 記憶 風化させてはいけない 】
  • 3月11日で東日本大震災から6年が経過します。薄れゆく記憶を風化させてはいけません。現在、岐阜信用金庫本店1Fロビーにて東日本大震災の写真展を開催しています。岐阜新聞、日本経済新聞に続き、中日新聞にも写真展の記事を掲載して頂きました。震災3か月後から季節ごとに岩手、宮城、福島の被災地を訪問し、人々の日常や被災地の復興の様子を撮影してきました。盛土工事が終わり、区画整理が進められていますが、被災地ではまだ [続きを読む]
  • 【 弥生 】
  • 今日から3月。和風月名では「弥生」と呼ばれ、伝統的な月名の一つです。語源としては「木草弥や生ひ月(きくさいやおひづき)」。現代風に言い直すと「草木がいよいよ生い茂る月」これが省略されて「弥生」となったという説が有力です。(日本語源大辞典より)冬の間、寒さに耐えていた草木が、春になって元気に芽吹き、花々が咲きほころぶ様子が頭に浮かんできます。3月といえば卒業式、送別会、人事異動、引っ越し、新生活のスター [続きを読む]
  • 【 益城町 復興市場 永龍さんと名古屋で再会 】 
  • 2月20日に熊本地震の被災地 益城町の仮設商店街「益城復興市場・屋台村」で出会った老舗中華料理店『永龍』さん。2/25、26に名古屋で行われた「ほっと@九州フェア2017」のイベントに九州復活食堂として招待され出店されていました。約束通り名古屋での再会となりました。先週は熊本で、今週は名古屋で会えて、ご夫妻にとても喜んでもらえました。すごく不思議なご縁を感じます。2日間で用意した500食は完売。本当にお疲れ様でし [続きを読む]
  • 【 益城町 復興市場・屋台村 食べて応援 】 
  • 2016年4月14日に発生した熊本地震。余震でも本震でも震度7だった益城町にある仮設商店街「益城復興市場・屋台村」に行きました。ここは被災した益城町の飲食店や商店をはじめとした15店舗が営業しています。熊本名物の太平燕(タイピーエン)を是非食べて!と勧められ、37年の歴史を持つ老舗中華料理店『永龍』さんへ。太平燕が出来るまで、奥さんから震災の被害状況を聞くことができました。大きな被害を受け、応急危険度判定を [続きを読む]
  • 【 今日は猫の日 人と動物が幸せに暮らすには 】
  • 今日2月22日は「猫の日」。1987年、猫の日実行委員会がペットフード協会と協力して制定。猫の鳴き声「ニャン ニャン ニャン」の語呂合わせで今日が選ばれたそうです。実は我が家では、4か月ほど前から2匹の猫を飼っています。この猫たちは、近所にある「保護猫カフェ」から譲り受けました。「猫カフェ」は猫と気軽にふれあえる喫茶店で猫の譲渡を前提としていないお店で、ここの「保護猫カフェ」は、地域の保護猫団体と協力して、 [続きを読む]
  • 【 熊本地震の被災地 益城町立木山中学校を訪問 】
  • 昨年も、私の母校の愛知県新城市の千郷中学校や、作手ではひまわり畑、新城市中の子供たち、岐阜長良川鵜飼ミュージアム、Facebookを通じて希望のあった方々、みんなで育ててくれた”奇跡のひまわり”(ルーツははるかのひまわり)。昨年6月に、熊本地震で被災し校舎が使えない状態が続く益城町立木山中学校で、生徒や卒業生ら約100人が「はるかのひまわり」の種を植えたという新聞記事を見て、学校に聞いたところ、なんと、私たち [続きを読む]
  • 【 雪化粧 】
  • ぐんと冷え込んだ冬晴れの朝木々が真っ白に雪化粧??あまりの美しさに思わず息をのみました厄介者の雪ではあるけれど時折見せる表情は美しさがいっぱい?? [続きを読む]
  • 【 オリオン座と冬の大三角形 】
  • 冬の澄んだ空気の中で、夜空を見上げると星々が綺麗に輝いています。冬の星座と言えば ・オリオン座の1等星 ベテルギウス ・こいぬ座の1等星  プロキオン・おおいぬ座の1等星 シリウス3つの星を結ぶ「冬の大三角形」。 オリオン座は、古来から親しまれており、雅楽に用いられる鼓に見立てて「鼓星」とも呼ばれています。 源平合戦では、同士打ちにならないように、赤いのぼりと白いのぼりで敵味方を見分けていま [続きを読む]
  • 【 地域と共に学び、人のために動く 】
  • 我が母校、愛知県新城市立千郷中学校。本年度愛知県から「学校連携仲間づくり推進事業」の委嘱を受け活動しています。この事業は、学校間の連携・協働による、子どもの豊かな心の育成、開かれた学校の活性化を目的とし、愛知県下6つの小中学校が推進校に委嘱されているものです。「地域と共に学び、人のために動ける生徒の育成」をテーマに、ボランティア、防災活動を通した絆づくりを連携校でお隣の千郷小学校と共に進めてきまし [続きを読む]
  • 【「復興の歩み」6年間の記録 】 
  • 東日本大震災からもうすぐ6年。 本日2/13(月)より岐阜信用金庫本店1Fロビーで「東日本大震災写真展〜忘れないで3.11〜」を開催しています。 昨日の岐阜新聞 県内総合版に掲載して頂きました。もう6年だから、家が建って元の生活ができているのではと思っていませんか?年末年始に石巻、南三陸、気仙沼、陸前高田、大船渡、釜石、大槌の各地を訪問して感じたこと。 「復興の歩み」には地域差があることです。  [続きを読む]
  • 東日本大震災から5年11ヶ月 2/13から写真展開催
  • 東日本大震災から5年11ヶ月が経過しました。 みなさん関心が薄れてませんか?あの記憶を忘れてはいけません。 もう6年だから、家が建って元の生活ができているのでは?と被災地以外の方は思っていませんか。 まだ造成工事の真っ最中です。まだ多くの人が仮設住宅暮らしを続けています。復興にはまだまだ時間がかかります。2/13(月)より岐阜信用金庫本店1Fロビーで「東日本大震災写真展〜忘れないで3.11〜」を開催 [続きを読む]