k1 さん プロフィール

  •  
k1さん: 山登りと音楽があれば
ハンドル名k1 さん
ブログタイトル山登りと音楽があれば
ブログURLhttp://tsukubasan.blog105.fc2.com/
サイト紹介文山登りと音楽があれば、人生はすご〜っく楽しい〜。登山、冬山、クライミング、沢登りなどオールラウンド。
自由文冬は八ケ岳、安達太良山、谷川から始まり、ゴールデンウェイークは定番の北アルプス。6月から沢登り、7月、8月は高みを目指して、北アルプス、南アルプスへと山登りが広がります。山の合間にはインドアでのクライミング。今年は岩登りホンチャンできるかなあ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/05/01 13:35

k1 さんのブログ記事

  • 20170325 コスミレとノジスミレ
  • 今日は散歩日和。庭の植木の芽を眺め草花を探した後、いつもの田んぼの中の散歩道をぶらりとしました。まずは庭の日蔭で見つけた、コスミレ。特徴は正面から見た時にめしべとおしべがはっきり見えて、萼片にヘタのような付属体があること。そして上弁がウサギの耳のように立ち上がります。Viola japonica"日本のスミレ"。民家の庭先に可憐に咲く姿を想像させてくれます。そして田んぼの畦道に空いていたのが、ノジスミレ。毎年同じ [続きを読む]
  • 20170323 東京有明でコーヒーブレイク
  • 昼過ぎ、東京有明のがん研有明病院でコーヒーブレイクしました〜。院内にコーヒーショップがあって、診察の待ち時間を過ごすことができます。患者はもちろん、付き添いの方も一般の方も利用することができます。今日は腫瘍切除後第1回目の通院で、抜糸と診察でした。担当の先生は楽しい女医さんで、山登りの話をしながらも手際よく糸を抜いてくれました。次回は4月のゴールデンウィークの直前に、また先生会いに行くことになりまし [続きを読む]
  • 20170320 雑木林の春 〜 茨城県牛久市自然観察の森 〜
  • 春を探しに、里山の手入れをして公園にしている、牛久自然観察の森に行きました。はじめに迎えてくれたのが、タチツボスミレ。例年群落をつくる場所がメインの建屋近くにあるのですが、今日そこに咲いていたのは1株。ところが敷地の奥にある、別棟近くの日当たりのよい場所は、今が見頃です〜入場ゲートそばのコブシは、もうすぐ満開で、今は5分咲き位です。雑木林の一部は、ボランティアの方々によって下草やササが刈られ、今の時 [続きを読む]
  • 20170320 春のたんぼ道
  • さて、たんぼはもう春らんまんです。ナズナはこの時とばかり花を咲かせ上へ上へと伸びていき、田んぼの畦道を埋め尽くしています。オオイヌノフグリやホトケノザも、お日様にむかって花を咲かせています。もう1か月もすると、田んぼに水がはられ、そしてゴールデンウィークには田植えが行われます。その前に、サクラが咲きますね。今年は少し桜の写真を撮りたいです〜。 [続きを読む]
  • 20170319 筑波山 〜 マツ枯れ 〜
  • 筑波山の登山道、羽鳥道付近は数年前からマツ枯れが進み、アカマツの林が今や壊滅状態です。マツノザイセンチュウによる枯死だと思います(調査したわけではあありません)が、そうしたら材を移動することも利用することもできず、薬剤を利用するにも費用がかかり過ぎて、放置することになるかもしれません。今後どうなるのか、事態を見守りたいと思います。 [続きを読む]
  • 20170312 ガン研有明病院
  • 以前から気になっていた右ひじ近くの腫瘍。かなり大きくなって、差しさわりがでるようにまでなってしまいました。地元の総合病院で悪性と判断され、紹介状をもって東京有明にある、ガン研有明病院を尋ねました。細胞病理検査の結果、血管平滑筋腫と判明。これは悪性ではない!切除するために3月8日に入院、9日に切除手術、そして本日12日に無事退院することができました!地元の病院に初診で行って、病名が分かり手術するまで、約2 [続きを読む]
  • 20170225 セツブンソウ〜筑波実験植物園〜
  • 御無沙汰しておりました。元気でいますが、いろんなことがあり、なかなか更新できませんでした〜、はい。またしばらくお休みするかもしれませんので、このあたりで1枚アップします〜。2月25日、つくば市にある筑波実験植物園での1枚です。セツブンソウ。自分は山野草に詳しくないのでこの種の説明はなしです〜。他の入園者にお邪魔にならないように、歩道に寝ころんで撮った1枚です。そろそろ春、ですね。 [続きを読む]
  • 筑波山 2016最後の筑波山でツルマサキを発見 20161230
  • 今日12月30日は今年最後の筑波山のぼりとなりました。今年の感謝と来年の願いを込めて、まず筑波山神社に参拝してからの登山です。年末も押し迫った30日のためか、参拝者も登山者も多くはありません。登山者が多いことにヘキヘキしていたものですから、今日はゆっくりと歩くことができました。そして、この半年間、ずうっと探していた「ツルマサキ」を、女体山で発見。これは大きな発見です。いつも見ているはずの樹木に、ツルが登 [続きを読む]
  • 筑波山からスカイツリーと東京湾 20161210
  • 12月10日土曜日、この日も薬王院から筑波山の頂上を目指しました。少しずつザックの重量を増やしていて、今回は約10キロ。目標は15キロを軽々と担ぎ歩きまわることです〜。とても北風が強く、かいた汗が冷えて体感気温はかなり低いです。昨日の自宅での最高気温が11.6度、100m高度が高くなるごとに0.6度程度下がりますから、標高800m付近の気温は7度程度、さらに強い北風にあたったので、体感温度は0度近くになっ [続きを読む]
  • 筑波山 薬王院 20161203
  • 今日は軽く筑波山トレーニング。表側の登山道は混雑が予想されたので、真壁の薬王院から往復しました。薬王院がある場所は椎尾山といいい、椎の木、つまりスダジイが優占する森です。私たちが子供の頃には、私の住いやお隣には椎の木が多く植えられていて、秋になるとそのどんぐり・・・私たちはシイの実と呼んでいました・・・を拾って食べるのが楽しみでした。この椎尾山では11月にどんぐりがたわわにみのり、昨年はお寺の方に [続きを読む]
  • み〜つけた! 筑波山20161112
  • 今日は軽く筑波山トレーニング。北西の薬王院から登りました。このルートの特徴は、途中に長〜い階段があること。昔はうんざりしたものですが、今日は(歳をとったせいか)あまり感じなかったです〜さて、見つけたのは、ハクウンボク。筑波山に自生するとは、驚きです〜写真は稚樹ですが、稚樹があるということはその母樹があるということ。また探す楽しみができました。そして、アワブキ。しばらく筑波山の北側のルートは登ってい [続きを読む]
  • 望まざる同居者?!
  • 北海道では例年にない大雪、雪かきご苦労様です。茨城県の当地で雪が降るのは1月下旬から2月、3月。普通は降ってもほとんど積もることはありません。でも今年は例年より寒いらしい〜ということで、念のために断熱材の様子を確認しようと屋根裏に登りました。ヘッドライトを持って入ったのの、目が暗闇になれるまで少しじっとしてから、あたりを見渡しました。で、ドッキリ。ま、まさか、家の角の方向に、藁や草や竹の葉っぱがう [続きを読む]
  • 筑波山トレーニング 20161029
  • 先週22日土曜日の混雑に懲りずに、また筑波山へ。今回は8時から歩き始めようと、朝6時半に出発。幸いにして混雑前の10時過ぎにいつもの休憩場所に到着しました。ブナはきれいに紅葉せず、葉っぱを落としました。ツツジ類が色づいています。筑波山には、こんな苔むした場所もあります〜また少しずつ体を作って、来年の春山に備えたいです〜 [続きを読む]
  • 今日の1枚 キンミズヒキ 20161023
  • 昨日22日筑波山トレーニングでの1枚。キンミズヒキ(Agrimonia pilosa var.viscidula)バラ科キンミズヒキ属。バラ科なのに花は穂状につくのが大きなポイント。葉っぱのニュアンスは、キジムシロやクサイチゴに似て羽状複葉で、葉裏の主脈の上にカギ状の刺があり、草本です。ミズヒキ、という名前がついてるのは、タデ科のミズヒキにたとえたらしいです(野に咲く花 山渓ハンディ図鑑1 p384)。 [続きを読む]
  • 今日の1枚 マルバアキグミ 20161022
  • 今日は筑波山トレーニングに出かけました。ところが、登山道が登山者で大渋滞。いやだなあ〜紅葉が楽しめるのは、例年11月上旬。そして登山者も増えます。時にはゆっくり植物を見ながら、また時には早足で歩いたり、そんなトレーニングがこの時期はできなくなるのです。また、冬場に雪が降った後も登山者が増える。ところが、フツウの格好で運動靴で来るので、凍結した場所では登山者(?)の大渋滞が起きる。筑波山は山だ、とい [続きを読む]
  • 今日の1枚 あおぞらコスモス 20161014
  • 今日は久しぶりに青空を見たような気がします。明日15日のことですが、東京で土日が晴れるはなんと6週間ぶりだそうです〜車で仕事の移動中に、コスモス畑のそばを通りました。これはしめたぞ〜!運よく一眼レフカメラを今日は持っていてとてもラッキー!そして安全地帯に停車。そして太陽と周囲の景色とを見渡し、しばしの撮影タイム。しかも今日は金曜日なので、気持ちもリラックスしながら、撮り方をいろいろと試してみました [続きを読む]
  • 今日の1枚 イヌゴマ 20161010
  • イヌゴマ(Stachys aspera var.hispidula)、シソ科イヌゴマ属。散歩の途中田んぼの畦で見つけました。田んぼの畦は除草剤が撒かれ、どこの畦でも生えているのは外来種ですが、ところどころに忘れたように在来種が生えています。しっかり見ないと見落としそうですが、花が咲いていると目に留まります。今日はカワセミを目撃しました。前から気にはなっているのですが、田んぼの用水路を餌場として近くに住み着いているようなのです [続きを読む]
  • 今日の1枚 ホツツジ 20161002
  • ホツツジ(Elliottia paniculata)は冷温帯に自生するツツジです。特徴は、花が枝先に穂状になって咲くこと、枝に翼があることです。昨年、群馬県川場村の山中で見ましたが、それ以来見ていませんでした。でも探せばあるものですね。筑波実験植物園にあることを知り、園ボランティアの方にどこにあるか教えていただき、写真に撮ることができました。幸いにも10月にはいっても花が残っていました。 [続きを読む]
  • ブナ 20160925
  • いつものブナ。こんな撮り方もいいかな、と思った1枚。樹木名板はついていますが、太い腕っぷしを表現できてると思います〜 [続きを読む]
  • 筑波山 20160925
  • 今日は秋雨の合間をぬって、筑波山に登りました。7月以来山に登っていなかったので、軽いトレーニングと植物同定の勉強を兼ねての登山です〜朝の日を浴びて、登山者が歩いていきます〜登山道には、キバナアキギリ(シソ科アキギリ属)やカメバヒキオコシ(シソ科ヤマハッカ属)が咲いています。 さて、あのブナ平はどんな感じでしょうか?紅葉はまだですが、すこしずつ葉っぱが落ちて周囲が少し明るくなってきたように思います。 [続きを読む]
  • 自然林復元100年モニタリング調査会のご案内とお誘いです 〜
  • 人工林が自然林に回復していく様子を10年、20年、100年!一緒に調べてみませんか?!〜★公益財団法人日本自然保護協会(NACS-J)がすすめる「赤谷プロジェクト」で実施している調査会のご案内です。2011年から開始した赤谷プロジェクト自然林復元試験地では、伐採後の人工林が自然林に回復する過程をモニタリングしています。この調査や復元作業を一緒に行うボランティアを募集しています。今年は新たに下草刈りなどの管理作業も [続きを読む]
  • 今日の1枚 20160924 シキンカラマツ
  • 今日は筑波実験植物園で、独り樹木の観察実習です〜。つくばは昼から雨予報。雨が降り出す前に、と車を走らせ植物園へ。目的は、ヤマウルシとカスミザクラ、アブラツツジとホツツジを確認したかったのですが、別なエリアで足が止まり・・・・多くの植物をゆっくり観察してきました。カスミザクラは既に葉を落とし、落ちた葉っぱも黄色く色づいていたものの数は少なく、枝についたままの葉っぱのニュアンスが確認できませんでした。 [続きを読む]
  • 日光戦場ヶ原 20160918
  • 雨の合間を見て、日光戦場ヶ原を歩いてきました。今回の目的は、軽いトレーニング+写真撮影と植物観察。休憩をいれて5時間の行程でした。赤沼 〜 泉門池 〜 小滝 〜 湯滝 〜 湯ノ湖へ。そして来た道を戻りました。小滝は泉門池から湯滝への間にあり、湯川にかかった橋から眺めることができます。秋の花、りんどうがたくさん咲いていました。湯滝近くの湯川の流れは、森の中をゆっくり流れていきます。今回樹木を見ていて感じたの [続きを読む]
  • 散歩道 20160911
  • さて、変えた散歩道でみつけた花たち。ツルマメ(マメ科タイズ属)の群落。このような在来種は、農薬が使われていない、また草が刈られていない場所に多く生えています。農薬(除草剤)を使うとほとんどの雑草が一時的に枯死します。が、その後先を争うように生えてくる多くは外来種のようです。その後在来種が戻ってくることもありますが、それまでにはかなりの時間がかかるのです。外来種は本来の生息地ではない異国の土地で生き [続きを読む]