花音 さん プロフィール

  •  
花音さん: 花芽への気づき〜水の響き〜
ハンドル名花音 さん
ブログタイトル花芽への気づき〜水の響き〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/ponopia
サイト紹介文小諸市で名前のことだま鑑定、マヤ暦アドバイスなどで気づき開花をサポートしています。
自由文日々の気づきをブログで綴っています。
ありがとうございます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2011/05/01 13:46

花音 さんのブログ記事

  • 楽器が人生を教えてくれるなあ
  • こんばんは。さきほど書いた筝曲八橋流についてですが、現在は松代で保存会となっているようで、その会長さんの言葉がありました。ご紹介します。 「八橋流筝曲とは、元来 人に聴かせるためのというより自分の心にきかせて、おのれをなぐさめ励まして、自分自身を磨く技なんです」 なるほど〜、そうですよね〜。その通りですよね。私も楽器を使わせていただいて、上記の 自分の心がなぐさめ励まされるので、自分のために という [続きを読む]
  • 松代の真田家に伝わった琴のお話し
  • こんにちは。 川中島でお教室のお仲間さんたちと演奏会をさせていただきました。2時間の演奏タイム〜。盛りだくさんで楽しかったです。ありがとうございます。私は不調でしたが、、泣 行く途中、川中島で御幣川とか御厨とかの地名を見ただけでワクワクしてしまった私です。なんだか川中島っておもしろそう。 帰りに松代へ、、、行きました。象山記念館に行ってみたかったのです。 象山神社の前のウマに乗る象山先生銅像 記念館の [続きを読む]
  • 日本一の巫女村だった〜祢津〜
  • こんばんは。祢津というのは東御市にある場所の地名なんですが、そこに江戸時代 日本一の規模をほこる巫女の村があったという。その歩き巫女たちは ノノウと呼ばれていたそうですが、そういえば祖母が 仏壇に手を合わせるとき 「ノノさんに手をあわせな」と言っていたな。 祢津の歩き巫女のことを知ったのは数年前だ。友人に教えてもらって、祢津のお姫尊という所へ一緒にむかったのだが、その時は大雪で御姫様岩まで行くこと [続きを読む]
  • みーふぁいゆー 石垣島へ
  • こんばんは〜。 先日 石垣島へ行ってきました〜。 昨年 記念演奏会で石垣へ行った時に打合せして、今年の演奏会の概略が決まり、それが ツォルキン暦でいう 第一の城の時期だったんですが、、、KIN19青い嵐WS白い魔法使いの日だった。拡張KINだべさ〜。 そして先日 開催された石垣の川平(カビラ)での親睦演奏会は KIN4 黄色い種WS赤い龍の日。 前のツォルキンのスピンに種まきしたことが、新たなサイクルの [続きを読む]
  • 新しいスピンのはじまりの日に思う
  • こんばんは。 今日はツォルキン暦のKIN1のはじまりの日でした。 以前にマヤ暦の講座を開催させていただいたカルチャーさんでKIN1ということで、久しぶりにマヤのお話しというか勉強会を開かせていただく機会をいただきました。懐かしいお顔の皆様ともお会いできてほっこり。ありがとう。マヤ暦を知らない皆様も半分以上いらっしゃいまして、おわかりいただけたか、若干不安もありつつ、話が心の届くようになりたい私ですが。。。 [続きを読む]
  • 真田と徳川と佐久間象山 ご縁の不思議☆
  • こんばんは。続きです。 マヤ暦で 人物像をよむのは邪道と思う人もいるとはわかっているのですが、幕末の人物をマヤ暦でみてみると、いままで見てきた景色とは違ってみえて、その人物への理解が深まるというか、別角度で見ることができるのが私は楽しいです。そんなわけで 真田シリーズご覧ください。 佐久間象山が世に出たのは 真田幸貫という藩主がいたからです。幸貫公が老中となり 海防掛に任命されたことで、象山がその顧 [続きを読む]
  • 佐久間象山のマヤ暦を調べてみた☆
  • こんばんは〜。先日 松代に行ったのですが、その時象山神社にいきました。 象山神社とは 佐久間象山を祀った神社です。象山が住んでいた場所につくられています。 とっても気持ちのいい神社で正直驚きました。明晰でクレバーでアーティスティックであり、風通しのいいエネルギー。天才ってこういうことなのかあ。。。とちょっと象山のスピリットを観じた私です。 松代が生んだ 幕末の天才兵学者 佐久間象山。 長野県の歌「信 [続きを読む]
  • 真田幸村のマヤ暦を調べてみた☆
  • こんばんは。 先日 こんなニュースを目にしました。 5月7日が大阪夏の陣で亡くなった真田幸村公の命日とのことでその御供養と感謝祭が恒例上田駅前の『真田幸村公馬上像前』でひらかれたとのこと。 おお〜命日。。。慶長20年5月7日(1615年6月3日)なのか。。。 Wikiをみたら 生年月日も載っていたんです。前は書いてなかった気がするが、、真田丸などもあり研究が進んだんでしょうかね?仙台真田系譜に載っている情報だそう [続きを読む]
  • 安曇野 満願寺の湧き水 〜命水〜
  • こんばんは。安曇野に行きました。 きっと美味しい水に出会えるだろうと見込んで、ポリタンクを持参。 そしたら ピンポン:*:・( ̄∀ ̄)・:*: 満願寺のお水を 行った場所でいただきまして、、、 ものすごく柔らかい優しい波動のお水に大感激しました。 翌日 ご縁の方々と伺いました。素敵なお寺さんでした〜。 お水を汲ませていただきました〜。 うほほーい ありがとうございます。 湧き水フェチな私です。こんな美味しいお水が飲 [続きを読む]
  • 松代 玉依比売命神社 海の女神さまへ
  • こんばんは。松代の玉依比売命神社などへ行きました。 前から行ってみたかったんだよね。海の女神さまのおやしろへ・・ もう とっても素敵で とろけそうなくらい優しい女性性の神社でした。 いくつになっても可愛らしい純粋な少女のようなみずみずしい エネルギーの 玉依比売命さま。もう〜ファンになってしまいました。 どんなことがあったとしても あっけらかんと笑って、物事にとらわれずに 目の前でやるべきことを楽しんで [続きを読む]
  • 白鳥神社を結ぶ「白鳥ライン」とは古代の一種の光通信ライン
  • こんばんは〜。とっても興味深い本をお借りしました。「地図でわかる天皇家の謎」という本です。Yさんありがとうございます。(^∇^) その中でとっても好奇心が刺激されたのが 24度傾いた謎の「白鳥ライン」についての記述です。忘備録として 書いておきたいと思います。 日本各地には白鳥神社、大鳥神社等、ヤマトタケルを主祭神のひとりとしている神社がある。ヤマトタケルは死後、白鳥となって飛び立ったという伝承があ [続きを読む]
  • 四国八十八カ所Ⅲ どうでしょう。。。
  • こんばんは。四国八十八カ所巡礼の旅に行きました。うそです。。。 水曜どうでしょう 最新作のDVD 「四国八十八か所Ⅲ」 購入しました。。。なんと 初めての 水曜どうでしょうです。見たらはまりそうなので、それを恐れて今まで一度も見てませんでした。 でもとうとう買っちゃったもんね。 2週間ほど前に風邪で寝込んでしまって、その時ぼ〜っとしてた時に、DVD見ましたわ。 2002年の作品でした。も [続きを読む]
  • ハナ桃まつり〜桃源院〜
  • こんばんは。桃源院さんで3日間 ハナ桃まつりが開催されました。 とっても ハナ桃が綺麗でした。 私は中日に 午前、午後と2回 三線で沖縄の歌をうたわせていただきました。午前は イベント会場で、午後は本堂で唄わせていただきました。こういうイベントの中で一人で唄わせていただくのははじめての機会でした。声かけてくださった、AさんとSさんありがとうございます。 私 イベントには本当に久々の [続きを読む]
  • 西行と布引観音と北向観音
  • この前多福寺へ行った時から 急に 西行について興味がでてきた私です。 西行は信州に3年ほど滞在していたという。その滞在場所が前回ブログに書いた布引山 釈尊寺だという。通称 布引観音である。この場所は 補陀落浄土をあらわしていて、つまり観音様が崖の上に住まわれるという聖地の土地形状をなしていたのであった。ほんと 山の崖のすごいところに観音堂があるのよ。そこで西行が詠んだという歌 みとせへて おり [続きを読む]
  • 西行と桜とマレビトたちの祈りとうた
  • こんばんは。前回のブログ 佐久の虚空蔵山の由来 文治二年(1186年)三月、西行法師は善光寺・姨捨から布引の寺を参拝し御牧ヶ原にて 宿泊したところ、夢に所持の虚空蔵菩薩が現われ、「高日影山は清浄な山であるからわが 像を安置せよ」とのお告げによりこの山に安置して、虚空蔵山と名づけたという と書きました。 西行法師とは 平安時代の有名な歌人で諸国を遍歴したという。信州に立ち寄ったのはおそらく奥州へ [続きを読む]
  • 桜と虚空蔵山と
  • こんばんは。桜が美しい季節です。 先日はお仲間さんたちと某お寺さんで演奏をさせていただきました。そのお寺ははじめて行く場所だったんですが、 大好きだった中学時代の先生のお寺(ご住職だったんです)がこの道添いの近くだったということを車を運転していたら思い出したんです。 むか〜しみんなで遊びに行ったきりだったので、どのあたりかすっかり忘れてたんですが、 懐かしくなってしまって涙がなんだ [続きを読む]
  • 日本列島の中央部は宗教の習合的磁場だという
  • こんばんは。前回からの続きです。 信仰と文学の十字路をゆくという本を図書館から借りて読んだのですが、とっても興味深い本でした。ブラタモリじゃないですが、地形と地名と歴史の関わりってすごく面白くてワクワクしてしまう私です。 日本のへそ・十字路、三遠信紀行 第2巻 信仰と文学の十字路をゆく (日本のへそ・十字路、三遠信... Amazon 上記本によりますと日本列島は1 ユーラシアプレート(西方)2 [続きを読む]
  • 善光寺レイライン(諏訪〜別所温泉〜善光寺)
  • こんばんは。「信州 地名の由来を歩く」という本を読みました。 その中に 善光寺レイラインの記述がありました。 諏訪大社前宮〜別所温泉 北向観音〜善光寺 諏訪大社と善光寺のちょうど真ん中に別所にある北向観音が鎮座している。前宮が北向きに造られ、さらにその延長上に北向き観音があり、そのラインはまっすぐ北に向かうと善光寺に到着する。もちろん善光寺は南向きなのでここで視線を合わせることに [続きを読む]
  • 住吉三神はオリオン三ツ星のこと なのか
  • こんばんは。牡羊座の新月なのでこちらのブログ書きます。 今日車で走っていて目に止まった神社を見てみたら住吉神社と書いてありました。そういえばここ住吉町って言うんだったわと思い出しました。そこは昔の中仙道の岩村田宿場町の外れ、確か北国街道の海野宿の外れにも住吉社あったなあって思いだしたのです。 住吉大社とは摂津一の宮 大阪の神社で住吉神社の総本社。全国に二千三百社あるそうです。祭神は底筒 [続きを読む]
  • 摩利支天って知ってますか?
  • こんばんは。摩利支天って知ってますか? Wikipediaによると仏教の守護神である天部の一柱。日天の眷属である。原語のMarīcīは、太陽や月月の光線を意味する。摩利支天は陽炎を神格化したものである。陽炎は実体がないので捉えられず、焼けず、濡らせず、傷付かない。隠形の身で、常に日天の前に疾行し、自在の通力を有すとされる。これらの特性から、日本では武士の間に摩利支天信仰があった。 とあります。 私 [続きを読む]
  • カルテット面白いな in軽井沢
  • こんばんは。ドラマのカルテット 面白いなあと昨日はみてました。最後に びっくりするような展開で どうなっていくのか皆目わからない感じで、目が離せません。軽井沢が舞台なので いろんな知ってる場所がでてきて嬉しいです。最初に見た時は 軽井沢が舞台って知らなかったのですが、あれ なんか見たことある場所が出てくるけど。。。???と思ったら。軽井沢駅前やら大賀ホールやらハルニレテラスやらツルヤにテニスコート [続きを読む]
  • 豊かさ 夢見る 直観 がキーワード
  • こんばんは。今日から青い夜の13日間がはじまります。そして太陽の月も今日からはじまりまりました。 青い夜の 豊かさ 夢みる 直観をキーワードにすごしてみよう。 今日はTEAM NACSさん結成旗揚げ公演の日。1996年3月7日に森崎さん、安田さんの大学卒業を記念して 解散公演ということで 最初で最後の公演のつもりで開催されたそうで、それが21年も続いていくことになるわけですから、運命とはなんとも興 [続きを読む]
  • アベ マリアを聴きながら 
  • こんばんは。昨日からLiberaの歌を聴いています。 天使の歌声に 心が洗われる気持ちがします。 今ね、お借りした西洋一神教の世界という本を読んでいるんですが、いままで、苦手意識があり、キリスト教もイスラム教もわからなかったんですよね。おなじ創造主であるGODを崇拝してることすらしらなかったし、聖書もコーランも理解不能でまったくお手上げだったんですよね。GODって日本神道的には アメノミナカヌシノカミ [続きを読む]
  • 三線と海の声によせて
  • こんばんは。日本中のラジオの番組が聞けるというradiko聞いてます。沖縄や北海道も近くに感じるなあ。そのうち いろんな地域のローカルテレビ番組も見れるようになるのかなあ。 昨日3月4日は三線の日でもありまして、、、私も少し三線をひき唄いましたよ。沖縄の音楽は ゆる〜い音色で 癒されますなあ。 三線は蛇の皮が張られていて、水牛の角を爪としてつま弾いて音をだします。動物のいのちの一部が楽器として使われ [続きを読む]