魅艶 さん プロフィール

  •  
魅艶さん: MITUYA
ハンドル名魅艶 さん
ブログタイトルMITUYA
ブログURLhttp://tukimiyamituya.blog55.fc2.com/
サイト紹介文さまざまなR18向けの小説を書いていますが、執筆の中で思ったことを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/05/01 21:37

魅艶 さんのブログ記事

  • 無言キャンセルされた依頼
  •  昨年の秋から家庭の事情で仕事内容を変えることになりまして、その間も一応フリーライターとしてのお仕事はちょこちょこやっていました。 ボイスドラマのシナリオ、ゲームのシナリオ、動画やマンガやアニメの紹介分など、得意分野でなるべく締切が自分にとって都合の良いお仕事をやっていました。 まあ『なるべく』ですが……(汗)。 いくつかのお仕事は後に私の名前(PNですが)を公表してくれますので、完成して一般公開さ [続きを読む]
  • 久し振りの書き込みになります
  •  昨年の秋から少々事情がありまして、ずっとブログを更新できずにいました。 なので久し振りの書き込みになります。 事情と言いますのが、秋から身内達が体調不猟でバタバタッと倒れまして、救急車で運ばれること三回ほど……。 そのうち二回は身内の付き添いということで私が同行しまして、家での療養の手伝いで時間が上手く調整できなくなりました。 死んじゃあいませんが、入院をしたり、家の中で「体調が悪い〜」と騒ぐ身 [続きを読む]
  • 「DLsite」で電子書籍を販売しています
  •  「DLsite」で「多額の借金を背負った未亡人妻にかけられる淫らな罠" target="_blank" title="多額の借金を背負った未亡人妻にかけられる淫らな罠">多額の借金を背負った未亡人妻にかけられる淫らな罠」の電子書籍を扱ってもらっています。 こちらのサイトでは、私が制作した女性向けの同人誌も販売してもらっています。 販売されている作品が、半額で購入できるキャンペーンをよくしていますね。 お得に購入できるサイトは、 [続きを読む]
  • 「Gyutto」で電子書籍を販売しています
  •  こちらでも「多額の借金を背負った未亡人妻にかけられる淫らな罠 」の電子書籍を販売してもらっています。 「Gyutto」は同人&商業作品をダウンロードできるサイトでして、HPがとても鮮やかで印象的です。 なのでいろいろ見るのはとても楽しいのですが……、購買意欲がどんどん高まっていきますので、ほどほどにしています。 [続きを読む]
  • 「Amazon」で電子書籍を販売しています
  •  Amazonでは有料の電子書籍のみになります。 こちらでは日本以外の国でも販売することができるということもあり、販売価格を最初思いっきり間違えちゃいました(すぐに直しましたが)。 日本円設定ではなくドル設定だったのに、間違って日本円で最初に入力してしまい、後から見直して慌ててドル設定にしました。 Amazonでは作品のジャンルの規制があまりないのが良かったです。 有料設定にしかできませんが、これからも利用し [続きを読む]
  • 「のべぷろ!」で電子書籍を販売しています
  •  無料&有料の電子書籍を扱っているサイト・「のべぷろ!」でも、こちらのブログに掲載している小説を扱ってもらっています。 こちらのサイトは小説を主に扱っていますが、イラストの掲載もしています。 私のように個人的に電子書籍を販売しているサイトを見ていますと、イラストやマンガの掲載もよく目にします。 中にはプロデビューしていてもおかしくないほどの腕前を持つ方がいらっしゃいまして、ずっと見ていても飽きませ [続きを読む]
  • 「パブー」で電子書籍を販売しています
  •  無料&有料の電子書籍を扱っているサイト・「パブー」でも、こちらのブログに掲載している小説を扱ってもらっています。 パブーでは表紙が作れるのが、とても楽でした♪ 個人の電子書籍を扱っているサイトをいろいろと調べているうちに分かったことですが、R18の内容物はいろいろと規制が厳しいところが多いですね。 例えR18の内容のものでも、ジャンル的にはNGと言うサイトもあります。 そんな厳しい中をかいくぐり [続きを読む]
  • 「多額の借金を背負った未亡人妻にかけられる淫らな罠」の連載が終わりました
  •  全23話となりました。 毎日一話ずつ掲載していましたので、約一ヶ月かかりましたね。 長編官能小説を書いたのは、この作品がはじめてでした。 改めてちゃんとした作品を書くと、いろいろと思うことがあります。 基本的に小説を書く時は本能が赴くままにバーッと書いちゃうんですけど、清書作業は計算的にやらないといけません。 でもあんまり計算的に直すとつまらなくなるので、本能と理性のバランスが難しいのです。 そ [続きを読む]