kk さん プロフィール

  •  
kkさん: 日々の出来事。
ハンドル名kk さん
ブログタイトル日々の出来事。
ブログURLhttp://kk1553.blog104.fc2.com/
サイト紹介文いろいろ買ってます、やってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2011/05/05 16:50

kk さんのブログ記事

  • aprilia RS4 125 ⑧
  • さよなら RS4-125悩んだ末に手放した。125ccは自動車専用道に乗れない。 最大の理由はそれ。アプリリアに乗りたいが為に、原付二種承知で購入したが、高速に限らず、バイパスまで利用できないことは痛かった。過去の記事のとおり、他に気に入らない点は全く無く、むしろ今まで所有したバイクの中で一番走るのが楽しかった。その証拠に、金沢や広島まで下道ツーリングしてしまうほど。ボア・アップによって小型二輪に変更も不可能で [続きを読む]
  • 次のバイク。
  • 新たに選んだバイクはコレ。2017 YAMAHA MT-03 (インドネシア製)選考基準 (気軽に乗れること)・日本メーカーの正規物。・近隣ショップで購入できること。・フルカウル系より楽なポジション。・両足がベッタリ着くシート高。候補に挙がった主な他モデルと落選理由。・YZF-R15(NEW) 並行輸入で販売店が関東。・YZF-R25 夜間見辛いLOW側単眼点灯。・SCR950 夏場は絶対熱い。W800と被る。・CBR250RR(NEW) この手はしばらく遠 [続きを読む]
  • 依然、悩み中。
  • 約1年で新車4台乗り換えたが‥未だにコレというバイクが分からない。納車直後は嬉しさもあり、どれも満足はするが、どれも数ヶ月乗ると、些細な問題点が気になってくる。(自分の性格によるところが大きい。)・単気筒なら250ccまで。・足付き性は無視できない。・長時間になると前傾姿勢は疲れる。・フルカウルは整備がちょっと面倒。・大排気量車はエンジンが熱い。・150km/h出るパワーがあれば十分。・チューブタイヤはパンク [続きを読む]
  • 2017 YAMAHA NEW YZF-R15
  • 2017 YAMAHA NEW YZF-R15 (ライダーはロッシ)ついに正式発表された新型YZF-R15(インドネシア製)スパイショットがネット上に出た時から関心があった。公表データによれば19PS。 最高速は140km/hに届くだろう。日本で販売されているR25も、こんな外観に変わりそうな予感。 [続きを読む]
  • 悩む‥。
  • 自動車専用道を利用出来ないことは予想以上に不便。RS4-125 は気に入っているが、乗り替えが頭に過ぎる。市街地の面白さを考えると、250ccですらあまり興味は無い。2気筒が好ければ選択肢は250cc以上になる。という程度。市街地の面白さ+自動車専用道を考えると、150ccが良さそう。(弱点と言えば軽量による横風の影響ぐらいか?)候補YZR-R15・インド製。 発売後かなり年数が経つ。・SOHC。動画などで見る限り低中速型?・見 [続きを読む]
  • 250ccについて再考する。
  • CBR250R→W800→RC390→RS4-125と乗り継いで‥自分の中でベストなのは250ccじゃないかと思う。約1年前、250ccは高速で物足りない。と記事にしたが、それは、免許取りたてという不慣れな影響も実は大きく‥同じ250ccでも種類や設計の違いで特色はいろいろ。最高出力が似たような数値でもフィーリングは異なる。2気筒高回転型エンジンなら大丈夫。 と訂正したい。最高速より、法定速度+αぐらいが楽しい事が重要。また、計測しない [続きを読む]
  • aprilia RS4 125 ⑦
  • 金沢城にてよわ〜ぬわわkm/hの巡航は可能。この速度ではまだ エンジンが唸るような無理やり感はない。ただし、ぬわえ以降の加速はそこまでよりも緩やかになる。10.500rpmでリミッター。 もう1.000rpmは回りそうな感覚。検証場所は、夢の中にある原2規制の無い夜間のバイパス [続きを読む]
  • 広島まで
  • 平和記念公園前原爆ドーム前広島には行ったことがなく、いつか行きたいと思っていた。往復600kmぐらい日帰り、125ccなんで高速利用なし。休憩など挟み、行き7時間、帰り6時間。下道で13時間は、はっきり行ってかなり疲れる。以前行った金沢までと違い、途中小さいな市街地が多く‥つまり、信号に引っかかる。宮島にも行きたいと思っていたが、疲れてどうでもよくなった。行った記念に写真数枚とお好みを食べですぐ帰る。やはりこの [続きを読む]
  • KTM RC390 ⑫
  • さよなら‥RC390手放した理由 (個人的な見解)自分にはシート高が厳しかった。(股下80cmは欲しい)・つま先立ちは支えてるというよりバランスを取ってるという感じ。・不安定なせいで、停止する度に路面状況や傾斜が気になる。・跨いだままハンドルから手を離して行う動作が特に不安。  (軽量なら大丈夫というのはウソ。決して安心感は無い。)自分の体型ではハンドルまでの距離が遠い。・角度調整が一切出来ない固定式セパレ [続きを読む]
  • aprilia RS4 125 ⑥
  • アプリリア純正クイックシフターコマンドセンサー取付け方法 (自分が行った順番)①パックとして一袋にまとめられた各部品を仮組み。*1②タンクを上げ、予め仕込まれてある相手カプラーを確認。*2③数点ネジを外し、アンダーカウルを緩める。④標準部品と交換。クイックシフター仮装着。*3⑤エンジンハンガーにハーネスを沿わせカプラー接続。*4⑥クイックシフターのネジ類を本締め。*5⑦アンダーカウル、タンクを元にもどす。*1 [続きを読む]
  • リアメンテナンススタンド
  • 初めて購入してみたが、少しのコツさえマスターすれば便利な商品。画像でバイクがやや傾いてるのは、バイクを90度直立させてないせい。また、スタンドをエンド幅ちょうどに固定していないのもこうなる原因。チェーンメンテナンスやホイールの清掃などにとても重宝する。リア部分をホールドしにくいバイクは片手での直立静止は危険。(サイドスタンドに下駄を噛まして直立させるのが安全な方法だろう。) [続きを読む]
  • aprilia RS4 125 ⑤
  • 購入後1ヶ月を経て、つくづく良く出来ていると感心するばかり。デザイン最新モデルと遜色ない全体的な完成度。レースバイクを忠実に再現したかのような形状。好みの分かれる余計なデザインが一切無い。規制によって崩されたような部分が見当たらない。黒ホイールにシルバーフレームという無難な配色。実用的後方視界が確保され、スタイルも損なわれてないミラー。400km以上の航続距離を可能にするタンク容量と燃費。夜間のカーブで [続きを読む]
  • aprilia RS4 125 ④
  • 標準マフラーは、音量、音質ともに不満なし。・アイドリングは際立つポコポコ音ではない。・暖機でも近所迷惑ではない程度の音量。・長時間走行でも音により疲れることはない。・レブリミッター付近でも抜けの悪さを感じない。 装備、外観でカスタムしたいのは数箇所だけ。・リフレクターの位置が不自然な標準リアフェンダー。・ヨーロッパ車に相応しくない軽トラのようなホーン。・ドレスアップとして、グリップは早目に交換した [続きを読む]
  • aprilia RS4 125 ③
  • 道の駅 三方五湖にて慣らし1.000kmを経て初インプレ。外観など・雰囲気が最高。125ccを全く意識させられない。・倒立サス、4ポッドキャリパーなどの豪華装備。・デジタルよりも味のあるアナログタコメーター。・フルカウルにしては意外と良く見えるミラー。・セパハンながら押し歩きなど苦にならない。・足付き性など、自分に適した無理のないサイズ。走行面など・下道なら特に不足を感じない十分な性能。・バックトルクや振動が気 [続きを読む]
  • aprilia RS4 125 ①
  • 2014年6月27日に発売開始された、2014 RS4 125 SBKジジ・ダッリーニャがアプリリア在籍中に生まれた市販レプリカ。2014年度からドカティに移籍。(最近の強さはこの人の影響)WSBK2010、2012のチャンピオン、ビアッジもこのカラーでテスト走行。#33はマルコ・メランドリー車2014年は #50シルバン・ギュントーリがチャンピオン獲得。 [続きを読む]
  • 憧れのブランド aprilia
  • このロゴを見ただけで胸騒ぎする。(そんな世代)アプリリアについて印象深いのは‥・クライマー240r(トライアル車)・2ストレプリカRS250 70PS・坂田和人選手、GP125チャンピオン。・ビアッジ対原田の戦い。近年のWSBKと比べ、MotoGPの成績はイマイチ。10位以下ばかりでほとんど映像にも出ない。はたして今、MotoGPに参戦する必要があるのか?(どうせならMoto3の方がアプリリアらしいと思うが‥)とはいえ、死ぬまでに一度はア [続きを読む]
  • KTM RC390 ⑪
  • 約3ヶ月、3.000km超走行して‥ やはりこのバイクは面白い。250ccと比べ、扱いは同様でも高速の余裕がまるで違う。6速をある程度フルに使えるのは大型車には無い面白さ。Moto3 (単気筒) 常勝のKTM車このバイクのコンセプトはMoto3的な雰囲気を味わえる普及車。単気筒は、このクラスで速さを追求したレース界の答え。決して、快適さを同時に求めたツーリング向きバイクではない。実際の性能などスタートダッシュで4気筒53PSに負け [続きを読む]
  • 十津川 谷瀬の吊り橋など 168号線
  • 前から行きたかった十津川へ行ってきた。地元の朝7:00は晴れだったが、168号線に入ると まさかの雨。寒さ対策用にレインジャケットを持参していたが上着だけ。(下半身ずぶ濡れ。)谷瀬の吊り橋 全長297m 高さ54m微妙に揺れている。河川が広いせいか、54mにしては怖くない。対岸側から風屋ダム 迫力の有る放水。雨が止む気配も無く、道の駅 十津川郷で折り返す。天気が良ければもっと楽しめただろう。また、訪れたい。 [続きを読む]
  • 日本海 鳥取など
  • JR鳥取駅まずは鳥取駅。 昼過ぎ到着で何か食べようと、駅中のそば屋でカニ丼(吸物・漬物付き1.030円) これは完全に失敗。 炊込御飯にカニ缶をかけたようなもの。海鮮丼は生のエビが嫌いなので食べない。(生でないエビはOK)そういえば‥、と思い出し標識に従って鳥取砂丘へJR鳥取駅からバイクで10分ぐらい。日本海に面してることもあり、広い海岸という印象。(見学5分)その後178号線で豊岡まで素晴らしい景色。気温22度で [続きを読む]
  • 和歌山まで。
  • 和歌山城にて阪神高速湾岸線、阪和道で和歌山まで。昔はもっと活気があったような気が‥(ぶらくり丁のビブレは相当前に閉店したらしい。)和歌山のラーメンを食べてすぐ帰る。RC390は快調そのもの。走るのが面白く、つい距離が伸びる。高速100km/h巡航は250ccと違い余裕。追越しも一瞬で終了。(走行車線にすぐ復帰)100km/h以上で迫られても、落着いて対応できる。 [続きを読む]
  • KTM RC390 ⑩
  • ホイールは黒の方がシブイ! 海外フォーラムで見つけた画像。http://bit.ly/2bcDaD4印象がかなり変わる。 (汚れも目立たない。)フレームまで黒ならこんな感じ。KTMのコーポレイトカラーはオレンジ。色が原因で購入を躊躇する人もいるはず。ホイール前後塗装なら50.000円以下で可能だろう。 [続きを読む]