狂電関人 さん プロフィール

  •  
狂電関人さん: 狂電関人の写真庫
ハンドル名狂電関人 さん
ブログタイトル狂電関人の写真庫
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ef5831shimonoseki
サイト紹介文狂電関人撮影の新旧写真を徒然なるままにアップ。中心は鉄道のある風景と車両の話。
自由文小学校4年ぐらいから始めた鉄道写真趣味で約40年。途中結婚子育てで数年休んだもののデジタル一眼レフ購入後所謂バリ鐡に復活し今日に至る。現役SL世代最終組だが写真は少しだけでその後、電機を丁寧に撮り続けてきたためハンドルネームは、ENTHUSIAST OF ELECTRICLOCOの意で「狂電関人」に。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2011/05/08 10:49

狂電関人 さんのブログ記事

  • 日曜朝の貨物一本勝負
  • 昨日は珍しく5時台に目が覚め、外は晴れているのでごそごそと準備して家事の前に一本勝負に出かけた。そう、前回に大館貨物を撮ったとき朝早い時間だったらまだ空気も熱せられていなく陽炎も少ないのではと。それで今度は7時過ぎに上ってくるPFの3070レに照準を合わせた。特徴ある前寄りのタンコやダンプが見えるカーブはやや遠くすでにモヤモヤとし始めている。ストレートに立ち上がる前、3070レは編成が短いのでこのアングルだと [続きを読む]
  • 山間の駅の賑わい
  • 久大本線は、福岡の米どころ筑後平野の久留米を起点に、平野を横切り県境辺りから山間に分け入る。大分県に入って最初の駅が夜明駅で、北九州から筑豊地区を縦断してきた日田彦山線が合流する駅でもある。美しい駅名が相応しい緑濃い駅は分岐駅ということもあって当時とても賑やかだった。国鉄時代らしく雑多な気動車を寄せ集めて編成された列車には山岳路線ということもあってダブルエンジン車を多く連結した。今ではとても想像で [続きを読む]
  • 萌えるフォッサマグナ
  • 一度アップの2カットだが、トップライトで山の迫力がなかったのでPSでやり直す。残雪をバックに新芽が吹いて強い生命力を感じるこの時期のフォッサマグナが好きである。キャンディーズの春一番を口ずさみながら、のーーーんびりと列車を待つ至福の時間。冬の銀嶺も良いのだが、山の力強さを感じるのはなぜかこの時季なのだ。大地の力と緑の力漲る谷。2012年 [続きを読む]
  • 801レを激写す!!
  • 若かったからというか、結構無茶な撮影をいろいろ試みていたものである。かいもんやながさきと共に最も身近だった旧型客車列車の一つが801・802レの夜行さんべである。その下りさんべを狙った一連の写真を見ると、牽引機から始めて全て流そうとしていたようだ。鳥栖の622号機がマニを次位に従えて・・・客車の先頭はオハネフ12。個人的には寝台側のサイドが好きである。まぁ、ワインダーも付いていない一眼を手巻きで連続で振り回し、 [続きを読む]
  • 多湿な季節の思い出
  • 毎年今頃になると6年前の北遠征のことを思い出す。それは良い思い出というより寧ろ撮り足らなかったという後悔の念からだ。ED79という形式の薄命さからかもしれないし、海底トンネル繋がりで関門トンネルを頻繁に行き来していたことから、津軽海峡トンネルに対するシンパシーからなのかもしれない。最後の夜行急行となったなまなすも海霧の中のカットが残るのみ。三脚に据えたカメラが濡れるほどの多湿の中での撮影だった。その後 [続きを読む]
  • モーレツサラリーマン 581系族
  • 秋田の最後の583系が運用を終了して何時か書こうと思っていたことだが、昭和40年前半に車両基地(当時は電車区)の飽和状況を踏まえて昼夜フルに運用につけることを考慮して生まれた581系。夜行で終着到着後すぐに(間合いと称して)昼行列車の運用に就くという四六時中走り回る581系は、まさに高度経済成長を支えたモーレツサラリマーン同様の存在だったと言える。優等列車車両が平均で20年という寿命のところ、約15年ほどでその [続きを読む]
  • 記念日
  • 今日、正式に娘が嫁いだ。天気こそ悪かったものの多くの知人に温かく見守られて海の見えるチャペルで誓いを立てた。父親にとって感無量の一日となった。2017年5月吉日 [続きを読む]
  • 兄弟重連
  • といっても異母兄弟くらい違うEF65PFとEF641000の重連である。記録帳の記入が漏れてる時代のもので、運用表を見ていてもわからずのスジで遅れかと。確か同形式やそれに準ずる際は次位罐の前パンを下げるルール通りで。今ではなかなか身近で撮影できる重連運用もなくちょっと楽しみに欠ける。しかもこの列車の荷姿もよろしく、箱コキにタンコにいろんなダンプコキに重ね積みタイプと。また100系に50000系と貨車も入り混じって国鉄時 [続きを読む]
  • 最後尾の美学。
  • 国鉄からJRに代わって一番嫌だったこと。それは貨物列車の最後尾から緩急車(車掌車)が無くなったこと。代わりに付いたのがなんとも不細工な丸い反射板。おてもやんじゃないんだから!と嘆いたものだった。そんな訳で今日は国鉄時代の最後尾について41年溯って全てノントリミングで。中坊の後追い写真は1.5テンポ程遅れてバッチリ日の丸であるのは愛嬌。当時お気に入りの被写体だった通称とびうお号。鮮魚列車の殿はレムフ10000が [続きを読む]
  • 清涼献上
  • 7月上旬並みの本日の暑さ。丸7年前の烏山線より、清涼を献上!この日も本日同様に暑く、滝で水遊びする子どもが居たくらいだった。清涼感の中では、タラコも国鉄ツートンも敵わず烏山オリジナル色に軍配。2010年5月8日 烏山線 [続きを読む]
  • 田植えの季節に
  • 年に一度またこの季節が巡ってきた。鋤入れされた田圃に一斉に水が入れられて、田植えが始まる。その寸前の水が張られた田圃を鏡に見立てて遊ぶ。一年で一番美しい屋敷森を大きく取り込んで、185系臨電の回送を狙った。見ようによっては、猛獣が列車を襲っているようなちょっとユニークな一枚。2017年5月  [続きを読む]
  • 駅は美術館
  • 今日は大学時代の倶楽部の先輩で現在も懇意にしていただいている風太郎さんのブログにコラボして、この駅の記事を書くことにする。わ鐵の駅は何処も大切に手入れされていてこの鉄道がいまだに沿線住民の足となっている密接な関係を感じ取れる。そこは、駅という機能だけでなく地域住民の憩いの場であり掲示板でもあり展示場でもある。地元小学生による絵画に目がいった。さらにホームには、花桃や桜からツツジや芝桜に移ろう丹精さ [続きを読む]
  • ヒガハス'80 端午の節句頃
  • 今日は端午の節句。一部再掲で、エイティーズのヒガハスより。撮影順で三題並べる。最初は、つい先日原車での運用を終了した485系によるはつかり。こうしてみると、今の宮浜界隈も随分変わった。次は、今も活躍するPF族の貨物。ワムを連ねた編成は紙列車?大きな鯉幟が印象的で、この切り位置に変更。そしてこの日のメインディッシュは・・・ゴハチ117号機による404レ津軽。すでにハザが12系化され魅力半減でもゴハチが先頭に立つ [続きを読む]
  • 花列車
  • 花の命は短くて、なかなかそのど真ん中に巡り合うことが少ない。しかも、花雨花梅雨花嵐などと季節の変わり目でもあるので気候も安定せず。昨日、わが故郷の一大祭「どんたく祭り」が驟雨に見舞われパレード中止に追い込まれたとニュースで見かけた。電関人幼少時代、このどんたく祭りのメイン要素の一つに市内電車(路面電車)による花電車が運行されていたのが懐かしい。花の鉄道わ鐵に花と列車を愛でに、少しばかり遅い時季に出 [続きを読む]
  • 千載一遇の凪
  • 当ブログは、本日より休日ダイヤにて連休中は毎日運転です。ちょっと大袈裟なタイトルかもしれないが、狙っている側からするとそれぐらいの気持ちである水鏡。今年も田植えのシーズンを迎えそのチャンスが巡ってきた本日、早朝より朋友RDP3氏と特訓。が、陽が上りぐんぐん気温が上がるとともに絶えず微風がありなかなか水面はじっとしてくれない。顔馴染みの常連さんたちが三々五々集い思い思いの田圃で水鏡の特訓大会。4072レを皮 [続きを読む]
  • 大館貨物を撮る
  • トヨタロングパスや福山通運のような派手さは無くも緑色のダンプコンテナを連ねた特異な編成の大館貨物。積荷は産廃リサイクル品といえば聞こえがやや悪い感があるが、DOWA(旧同和鉱業)が長年鉱物製錬技術で培った技術を駆使して都市鉱山から排出される希少金属を含む産廃物からその金属を再製錬する最先端リサイクルなのである。自宅至近線路にてかつては秩父の石炭ホキや安中貨物などの貨物らしい貨物が撮れたのも今は昔。暫く [続きを読む]
  • 9011レ@ワシクリ 0422編
  • ヒガハス朝練に始まり、わ鐵を急襲し、夕方は9011レ狙いでワシクリへ。スターレス双頭庇付き139号機初登板ということもあってか定番には早くから黒山状態。田圃への水入れもほんの少し早く、悩んだ挙句抜けのいいワシクリの利点を最大限に生かすことにして逆アンにセッティング。夕方から雨模様の空を逆手にとって雄大な写真を構図することにした。堂々23車を牽く4093レは、まずまずの空でできればもう少し明暗ができることを期待 [続きを読む]
  • 貨物事業社 黒字達成!
  • 今朝新聞を読んでいて、この記事を見つけた。国鉄時代からの負債の免除やトラックドライバー不足に依る臨貨の運行など要因は様々なれどよくここまで頑張ったものだと鉄道貨物応援者として目を細める。駄菓子菓子(佐倉さんネタ転用)、ネット通販会社の過剰サービス合戦や企業各社の慢性残業問題のもとトラックのドライバー不足が問題なのではなく、物流の適正配分が問題なのだと思う電関人。貨物撮影愛好者の間では「遅れ大将」の [続きを読む]
  • 花の駅に汽車来たる
  • 足尾線時代と違ってわ鐵はたくさんの花に彩られる。ダム湖の上流に位置する沢入駅の桜は未だ見ごろであった。春色に包まれる駅には人が寄ってくる。そして鉄橋を渡る短笛のあと、花の向こうから汽車が来た!懐かしい風景がそこに繰り広がる。4月 沢入駅 [続きを読む]
  • 足尾線の頃
  • 先週土曜に訪問したわ鐵の34年前の写真である。学生時代に二度ほど訪れているが、もう一回の時は貨物を撮りに行ってウヤで撃沈。この時は、足尾線はおまけで近所のインダストリアルナロー狙いの行きの駄賃だったと記憶している。朝の足尾駅に佇むDE10 55号機。54号機と共に二両だけ氷柱切だか庇が付く異形機で、四角いデフォッガーも付く。機関車の陰で見えないがタキがズラリと並んでいて、駅にはすでに導入されていたキハ40系が [続きを読む]
  • ヒガハス 春爛漫
  • ソメイヨシノは終わったけど、まだまだヒガハスの春爛漫は続く。薄い桜色の八重桜を入れて4072レ。ほとんどの八重桜は花と共に葉が出るのだが、この八重桜は花が先で珍しい。そしてこちらが濃い色の所謂八重桜。しっかり葉も一緒に出て露出は二段ほど開けないと綺麗に出ない。そして、ヒガハスの常連さんならお分かりだが、ワープして反対側の菜の花畑に急行。この前の4089レと共に8179レをここで。暖かくなり短くなった編成がぴっ [続きを読む]
  • わ鐵に入れば・・・
  • 郷に入れば郷に従えと、大学時代来の訪問で、わずか4時間程度の訪問だったこともありまずは随一の定番へ向かう。さすがにメインの桜は額の花になっていたが、山の斜面には美しく咲き誇る桜も見受けられたので、花の駅まで追尾を計画。サブの桜も葉桜になりつつあったが、ぐっと引き付け国鉄色のDE10が牽く銅色の客車が渋い。この後狙いをつけた二か所を回って昼過ぎには離脱した。2017年晩春 [続きを読む]
  • CASSIOPEIA?
  • 桜もそうだが、水鏡も難しい。カシオペアで成功したのは、この一度のみだった。綺麗に決まったカシオペア?。本日田圃の水入れを期待してヒガハスやワシクリに赴いたが、ほんの少しフライングだった。さぁ田植えの季節が目の前、全国のお米農家の皆様、美味しいお米を今年もお願いいたします。2009年5月 [続きを読む]
  • 都電散歩 散り際の7000
  • すでに週末の運行に限られているとか。先週土曜の夕方、赤と青の帯を締めた両雄が交互に姿を見せてくれた。そんな7000を同じく散り際を迎えた花桃と桜を添えて・・・行きのロケハンで目を付けていたこの花桃。大塚駅近くで早稲田行きの7001を補足したのでここで迎えた。そして三ノ輪橋へ向かっていた7022もさらに早稲田往復してくれて、飛鳥山の桜と記念撮影が叶った。心ばかりのHMに飾られた姿をしっかりとカメラに収める。2017年 [続きを読む]
  • 都電散歩 昭和の残影
  • 荒川線にもいよいよ昭和サウンドが終焉を迎える時期が近付いてきた。沿線では7000系と別れを惜しむカメラマンが溢れ出る。そして吊掛音とともに荒川線と息づいてきた沿線の昭和も徐々に減っていく。コンクリートの味気ないビルが林立し、新型車が行き来する沿線に両腕を突っ張るように踏ん張るトタン壁の店舗や家屋。チンチン電車が行きかう横丁には人肌の温もりが伝わる人情の店みせが健気に商う。現在、学習院下〜大塚駅前は大規 [続きを読む]