小田真嘉 さん プロフィール

  •  
小田真嘉さん: 小田真嘉の人生と仕事の潮流を変える秘訣
ハンドル名小田真嘉 さん
ブログタイトル小田真嘉の人生と仕事の潮流を変える秘訣
ブログURLhttp://ameblo.jp/odamasayoshi/
サイト紹介文豊かな働き方と幸せな生き方のヒント満載!進化の4段階説から、仕事と人生の秘訣を凝縮してお届けします。
自由文20代で1万人以上のビジネスマンと1000社を超える経営者との出会いから、ビジネスや人生には4段階のステージがあり、仕事や人間関係や家庭において直面する課題の根源的な解決策は、各ステージによって異なることを「進化の4段階説」として体系化。このブログでは、人と組織の「進化(本質的な成長)」をテーマに、読者の人生の潮流が変わる後押をさせて頂いている。公式サイトhttp://odamasayoshi.net/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2011/05/11 17:17

小田真嘉 さんのブログ記事

  • 可愛くない人に、他力は働かない 3701
  • <成長のヒント>  どんなに正しいことを言ったり 良いことをしようとしていても  どこか無意識、無自覚に 人から信頼されない言動をしていたり 可愛くない態度や雰囲気を出していたら  応援も、協力もなかなかしてもらえず 動けば動くほど、苦しくなっていく。  それは、誰しも陥りがちなことだから  自分にも、そのようなところはないか 無意識を意識し、無自覚を自覚してみる。  そのうえで 自分がやりたいこ [続きを読む]
  • 先延ばしやガマンをしている限り… 3700
  • <成長のヒント>  不快なことがあるなら、すぐに改善する。 気持ち悪いまま、先延ばししていると  感覚も、幸福度も、可能性も どんどん下がっていく。  腰が重いなら 祭りのごとく、盛り上げて 勢いをつけて、一気にやってしまう。   言いたいことがあるなら、ちゃんと言う。 本音を飲み込んで、ガマンしていると  目も、心も、魂も だんだんと、くすんでいく。  言いにくいなら 共通の誰かに頭を下げて、立 [続きを読む]
  • 飛躍するための最大の秘訣 3699
  • <成長のヒント>  人は誰しも 落ちるときは、一気。 調子を崩すのは、一瞬。  自分で意識しなければ 基準はどんどん下がって、甘くなり いい加減で、怠けるようになっていく。  上がるための最大の秘訣は 下がらないようにすること。  調子を崩さなければ、どこかで成果は上がっていく。 気持ちを下げなければ、しかるべきタイミングで飛躍する。  だから 落ちる前に手を打ち 自分が下がるパターンを繰り返さな [続きを読む]
  • 磨いて光らせる 3698
  • <成長のヒント>  ・自分が歩んでいる道 ・仕事で提供している商品(サービス) ・感性や感覚や腕 ・自分の心と魂  を磨くには  今やっていることや 今持っているモノや扱っているモノを  いったん 限界まで削ぎ落として  本質以外を 思い切って、捨ててみる。  そのうえで 歴史を振り返って、原点に戻ったり  理想の状態やゴールに向かうために必要なモノだけを 吟味しながら取り入れていく。  そして  [続きを読む]
  • 本当にやることは、人が運んできてくれる 3697
  • <成長のヒント>  「これから、何をしていけばんだろう?」 「本当にやりたいことって、何だろう?」 「何をするために、生まれてきたんだろう?」  と、やるべきことを考えてしまうと  迷いや不安が増えたり 見つけたとしても、なかなか踏み切れなくなり 逆効果になってしまう。  「やること」を決めるよりも 「人」から選ぶことを優先してみる。   「どんな人と一緒にいる時間を増やしたいのか?」 「一緒に語 [続きを読む]
  • みんな光を求めている 3696
  • <成長のヒント>  今の磨きの時代は  磨いて、磨いて、磨いて 光り輝かせることが大事。  1)心と魂を磨く。 2)仕事で提供しているモノ(サービス・商品)を磨く。 3)発する言葉を磨く。 4)普段いる場をキレイに磨く。 5)関係性を磨く。 6)感覚や感性や発想を磨く。 7)腕を磨く。  それらを磨くには  まず、輝いている人や 磨かれている本物にたくさん触れて 光を浴びること。  次は 仕事や人 [続きを読む]
  • 結局、本音では一番何がしたいのか? 3695
  • <成長のヒント>  周りと比べたり とりあえず様子を見ようとしたり いろいろ現実的に考えてしまうと  本当にやりたいことが できなくなってしまう。  状況や周りのことは いったん全部、置いておいて  1)自分が心の底から、やりたいことは何か?  2)たとえ、いろいろ失ったとしても  新しくチャレンジしてみたいことは、何か?  3)せっかく、どうせやるなら  とことん徹底的に追求していくなら?  吹 [続きを読む]
  • 見えないモノを見るチカラ 3694
  • <成長のヒント>  仕事ができるようになっていくとは 見えないモノが見えるようになっていくということ。  必死に努力を積み重ねて あちこちにぶつかりながら 「痛い思い」と「嬉しい思い」を繰り返して   ・仲間やお客様の声なき声 ・周りから求められていること ・業界内にはびこる悪しき習慣と伝統 ・身近な人がガマンしている本音(本心) ・成果を出すごとに増える代償(失われるモノ) ・裏切ってしまった期 [続きを読む]
  • みんな、あなたに話しを聞いてほしい 3693
  • <成長のヒント>  誰でも 「自分の話しを、ちゃんと聞いて欲しい」 と思っている。  こちらが ちゃんと聞いるつもりでも…  相手が 「聞いてもらえてない」 と少しでも感じているなら  それは まったく聞いていないのと一緒。   何か他のことをしながら 何か別なことを考えながら 自分が言いたいことを思いながら 相手の話しを聞かない。  まずは 自分の体と目と心を 相手の方に、ちゃんと向ける。  そ [続きを読む]
  • 今、どんな重心でバランスをとっているだろうか? 3692
  • <成長のヒント>  バランス感覚を養うには  まずは 何度も、何度も バランスを崩しては、戻り(帰り)  また、崩しては 微調整を繰り返すこと。  しかし、それだけだと 低いところで、小さくまとまって 重心の低いバランスで、安住してしまう。   人生を飛躍させるには バランスの重心の位置を高めること。  そのためには  ・何かの道を極めている人と、同じ空気を吸う。 ・突き抜けたサービスを受けて、五 [続きを読む]
  • 成果の公式 3691
  • <成長のヒント>  成果=才能×情熱×人間性×努力×運(徳の量)   才能があっても、情熱がなければ 才能は、開花もしなければ 何の役にも立たない。  才能に情熱が込められて、開花しても 人柄が悪かったら 人に迷惑をかけてしまう。  才能もあって、人柄が良くても 努力が不足していれば 結局、何も変わらないし、何も変えられない。  才能も情熱もあって、人柄も良くて かつ努力していても  人のお役に立 [続きを読む]
  • ごばんのちから 3690
  • <成長のヒント>  おいしいごはんを 一緒に食べるだけで 一瞬で幸せで豊かになり  お互いの立場や価値観を超えて 一気に仲良くなれる。  おいしいごはんとは  高級な食材を使ったり 高度な技術を駆使したものではない。  食材の命を感じながら 食べる人のことを想ってつくられた 命が喜ぶごはん。  唯一、人だけが  みんなで食卓を囲んで  料理を分け合い 楽しく語らいながら、食事ができる。   本来、 [続きを読む]
  • 自力から他力へシフトするには? 3689
  • <成長のヒント>  自力で頑張って 自転車操業になっていると  早かれ遅かれ すぐに限界や壁にぶつかって  何かしらの事故が勃発し 誰かに多大な迷惑をかけてしまう。  そんな危険な匂いを 少しでも感じているなら  今すぐにでも 周りの力をいっぱいお借りして  やることを分担し みんなで手分けしながら  他力による 他転車操業にシフトしていく。  しかし 単に作業を分散しただけだと  情熱も、責任感 [続きを読む]
  • どうせやるなら…、せっかくなら… 3688
  • <成長のヒント>  自分は楽しく 相手に喜ばれるのは 良い働き方の入口にすぎない。  次は 今の仕事に誇り高き 信念、志、使命を持つこと。  その先は ケタ違いのことに挑み 世の建て直しをすること。  そもそも 細かいこと気にしていたら あっという間に歳だけとっていく。  どうせやるなら 小さいことを気にせずに  ぶっ飛んだことをやってみる。  せっかくなら 「え、そこまでやるの!?」 と思われる [続きを読む]
  • 戦わずして勝つ道 3687
  • <成長のヒント>  どうしても 自分の意見や主張が通らないとき。 相手の言動や態度が気になるとき。 成し遂げたいことがあるとき。  その思いが強すぎると 力技で勝負しようとして  自分も相手を傷つけ 余計な血と涙を流すことになってしまう。    どうして、そんなに自分の心が乱れるのか?  そもそも、何と戦っているのか? その戦う相手は、本当に合っているか?   最終的に 何を手に入れようとしている [続きを読む]
  • 自分を知れば知るほど、未来が見えてくる 3686
  • <成長のヒント>  「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」 というが 真人は自分の歴史から学ぶ。  真剣に学ぼうとしない人は 同じパターンで、同じ失敗を、何度も繰り返す。   今までの過去を振り返って 自分の歴史を読み解いてみる。  どんなときにうまくいって どんなときにうまくいかなかったのか?  何が引き金になって、調子を崩しているのか? 何があると欠点が目立たず、足を引っ張らないか?  どんな [続きを読む]
  • 輝くには磨く、ではどうしたら磨けるの? 3685
  • <成長のヒント>  「癒やし」を求める時代は ずいぶん前に終わっている。  今は 「輝き」を求める時代。  輝きの時代に生きるには 3つの成長段階がある。  第一段階は 輝いている人や磨かれている本物に出会って その光に触れる。  第二段階は 仕事や人間関係や日常生活を通じて 自分を徹底的に磨いて、どこでもいいから光らせる。  第三段階は 自分の長所、知恵、技術、作品、人柄…などをフルに活かし 周 [続きを読む]
  • また本気のスイッチを入れ直す 3684
  • <成長のヒント>  今まで許されていたことが 突然、許されなくなる。  困ったことが次々に起きて 追い詰められる。 「なんてダメなんだろう…」 と自分の弱さを感じる。  それらは全部 次に進むための洗礼であり 天からの導き。   その流れに乗って 小さな自分をぶった切るには  1)今までの基準(ゴール)を捨てて、基準(ゴール)を高く再設定する。  2)葛藤や矛盾を抱きしめながら、少しでも前に進もう [続きを読む]
  • 年を重ねるほど、失ってはならない2つのこと 3683
  • <成長のヒント>  優秀で能力が高い人が 必ずしも チャンスをつかんで 結果を出しているとは限らない。  いい仕事が回ってくる人や 人間関係に恵まれている人には   共通して 「素直さ」と「可愛げ」がある。   素直で、可愛げがある人とは  ・自分が、いかに小さくて、無力で、分かっていないかを分かっていて  さらに、分からないことを分からない、と正直に言える。  ・自分のこと以上に、人の幸せを喜べ [続きを読む]
  • 突き抜ける勇気 3682
  • <成長のヒント>    日本の文化では  平均までの底上げは得意だが 突き抜けるのが不得意な面がある。  仕事でも、人間関係でも 平均から抜けようとすると  心理的なカベや物理的な障害 様々な圧力を感じやすい。  そこに負けない。屈しない。先延ばししない。  突き抜ける秘訣は 本音を解放し、衝動に従い ノリ良く、とことん楽しむこと。   あなたの光に触れる全ての人たちが 幸せと豊かさに包まれ  [続きを読む]
  • どう見るのか?それが世界をつくる 3681
  • <成長のヒント>    自分が 相手をどう見ているかで 引き出されるものが変わる。  そもそも誰にでも 「短所」と「長所」がある。 「闇」と「輝く光」もある。  相手のことを イヤな人だと強く思うほど  短所や闇の部分を刺激して それらを引き出してしまう。   逆に いい人だと心底思っていれば  長所や光の部分とつながり 自然と湧き上がってくる。   だから  出会うすべての方々に対して  本 [続きを読む]
  • 生活力をあげる 3680
  • <成長のヒント>    どんなことをやるにしても  心・技・体の 3つがそろっていることが大事。  1)心構えと精神の成熟 2)目的を果たすための能力 3)それらを発揮し続ける体  その3つをそろえるには 生活を通じて磨いていくしかない。  生活が乱れると  心もブレ(感情が乱れ) 技は鈍り(暴走し) 体は衰えていく。  逆に言えば  日常生活を丁寧にすることによって 自分の心と、人の心を知っ [続きを読む]
  • ずっと全然変わらない人、一気に飛躍する人の違い 3679
  • <成長のヒント>    呼吸も 「吸って、吐いて、吸って、吐いて…」 を繰り返しているように   人間関係も、仕事も、人生もまた 「片付けて、散らかして、片付けて、散らかして…」 を繰り返しながら、前に進んでいく。   だから 整いすぎて、満足してしまったり バランスを取ることばかりに気を取られていると  ヘンに慣れて、惰性になり 何も変えたくなくなって 過去に安住して、前に進めなくなってしま [続きを読む]
  • 幸せのはじめかた 3678
  • <成長のヒント>    「幸せ」と「満足感」は 似て非なるもの。  何かを得て感じる幸せの正体は 幸せに見せかけている満足感。  本当の幸せの入口は 人の幸せを祈る(願う)幸せを感じることからはじまる。  人が喜んでいるところ。 人が成長していくこと。  それらをイメージして、祈っていると  自分の胸の奥に 何とも言えない 温かく、軽く、明るい エネルギーがじわっと広がってくる。  人は 人の [続きを読む]
  • 相手の幸せをイメージするところからはじめてみる 3677
  • <成長のヒント>    人間は万能ではないから どんな人、誰に対しても  ・不満に思うこと ・期待や望むこと はあるはず。  しかし 自分の思うがままに 相手を変えようとしたり、動かそうとするのは 絶対に不可能。  自分が望むままに 相手を変えようとするほど  血と涙の戦いがはじまって 負の感情が増大していき 容赦なく攻撃し合い、傷つき合ってしまう。  人生の原理原則、人間関係の王道は 自分の [続きを読む]