srs223jr さん プロフィール

  •  
srs223jrさん: 関西発 鉄道ファンの写真館 撮影地ガイド
ハンドル名srs223jr さん
ブログタイトル関西発 鉄道ファンの写真館 撮影地ガイド
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/srs223jr
サイト紹介文鉄道風景写真を中心に全国の撮影地を紹介します。国鉄時代の写真を紹介する書庫を追加しました!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2011/05/12 00:00

srs223jr さんのブログ記事

  • 黒井 (6) 〜黒井城跡俯瞰 逆光側〜
  • そろそろ、早いところでは田んぼに水が入り、水鏡が狙える季節になってきました。同じ関西でも、京都府内の山陰本線沿線では、田んぼに水が入るのは5月の連休が終わってからという感じですが、兵庫県内の福知山線沿線では、4月中旬頃から水が入り始めます。黒井 (5) 〜黒井城跡俯瞰〜  では黒井駅の北側にある黒井城跡の本丸跡からの順光側の俯瞰を紹介しており、その中でも書いていますが、南西側も俯瞰できます。今回は、その [続きを読む]
  • 藪原 (2) 〜山間に響くEF64重連の唸り〜
  • 今日は昨日の中央東線に続いて西線に行ってみます。西線は、初の振子電車381系が走ったように曲線の多い路線ですが、鳥居峠は単線時代は急勾配の難所でした。複線化、電化の際、新線に付け替えられ、新鳥居トンネルが開通し、勾配は緩やかになりました。それでも、重い荷を牽くEF64重連は、山間にモーターの唸りを響かせながらゆっくりと登っていきます。藪原 (1) 〜スピード感溢れるアウトカーブアングル〜  で紹介した場所から [続きを読む]
  • 黒田原 (2) 〜有名俯瞰ポイントの反対側〜
  • 「北斗星」の撮影ポイントとして知られた、黒田原の俯瞰ポイントですが、足場となる小高い丘の上からは反対側も撮ることができます。朝の時間帯はこちら側が順光となります。ここでの「北斗星」は、 TOPの 一度は撮りたかった丘  で、撮影地ガイドとしては 黒田原 (1) 〜高原らしい築堤を俯瞰〜  で紹介していますので併せてご覧ください。  黒田原〜豊原 [続きを読む]
  • 桃山 (2) 〜桜を絡めて 切通しを行く103系〜
  • 桜ももう終わり。ここでの桜の写真も、今シーズンは終わりにします。奈良線の撮影は、城陽以南が比較的撮りやすいのですが、京都市内でもこんな写真が撮れますよ、と言うことで。近鉄が巨椋池干拓田の中をまっすぐに南下するのに対し、干拓前に開通した奈良線は池を大きく迂回して、桃山駅からは東に向かいます。その区間は切通しになっていて、線路を跨ぐ道路から京都橘高校の桜を背景に撮ることができます。  六地蔵〜桃山 [続きを読む]
  • 下山 (11) 〜満開の桜と青空と〜
  • そろそろ、地元では桜のシーズンも終わり、新緑に季節へと移っていきます。気候もいいし、色々と撮りに行きたい所は多いのですが、悲しいかな土休日しか撮れず、金銭的な余裕もないので、この時期はどこに行こうか迷います。昨日 TOP に 桜の名所 質美川橋梁  として新作を出しましたので、例によって、撮影地ガイドとして、山陰本線の書庫にもう一枚追加します。鉄橋のほぼ真下に桜の木がありますが、この付近の山は立ち [続きを読む]
  • 桜の名所 質美川橋梁
  • 満開の桜と質美川橋梁を渡る287系「きのさき」山陰本線の下山〜和知間に架かる質美川橋梁は俯瞰撮影地として有名で、弊ブログでも 下山 (6) 〜紅葉の質美川橋梁俯瞰〜  や 下山 (7) 〜夕映えの質美川橋梁俯瞰〜 で俯瞰ポイントを紹介していますが、春には橋梁の周囲に桜が咲き誇る、桜の名所でもあります。俯瞰とは正反対に橋梁を見上げる構図になるため、曇天では全く絵になりません。桜が満開で、快晴の青空が広がる日で、 [続きを読む]
  • 日吉 (6) 〜桜の名所 第二殿田川橋梁〜
  • 先週の土日は、いすみ鉄道まで遠征する計画を立てていましたが、生憎の天気で断念しました。昨年も桜の写真は一枚も撮れず、今年は先日名松線まで出向きましたが、これまた生憎の曇天でした。今年も青空の下で桜が撮れないようではストレスたまりまくるので、昨日、有休を取って撮影に出かけてしまいました。・・ということで今日は新作から一枚この場所は 日吉(3) 〜新緑に包まれて〜  で紹介しているのと同じ、第二殿田川橋梁 [続きを読む]
  • 京阪電鉄 淀 (3) 〜有名ポイントで季節の彩を添えて〜
  • 京都近辺では、桜が満開になっています。写真の方も桜が続いたところで、この辺で菜の花でも・・・と思い過去の在庫を探してみましたが、意外に撮れていないことに気づきました。かなり古い写真ですが、中書島〜淀間の京阪電鉄の編成写真のメジャーなポイントで、線路際に菜の花(からし菜かな?)が咲いていたので絡めて撮ったものを出しておきます。まともな菜の花の写真も撮らなくては・・・                  [続きを読む]
  • 伊勢竹原 (1) 〜春爛漫・君ケ野ダムをバックに〜
  • この週末は、いすみ鉄道まで遠征する計画でしたが、生憎の天気で風まで強いとの予報が出ていたので中止しました。桜の写真は1年に一度しかチャンスがないので残念です。昨年も桜の写真はまともに撮れていないし、今年は何としても撮りたい! ということで日帰りで名松線まで出向きました。定番地でも撮りましたが、へそ曲がりなので例によって、あまり撮られたことがないであろう場所を最初に出します。君ケ野ダムからの俯瞰は、 [続きを読む]
  • 宇治川の桜と105系
  • 桜の写真、今日は国鉄時代の奈良線からです。JR化後、徐々に複線化が進められ、「みやこ路快速」も運転されるようになって、一応都市圏の鉄道の体裁を整えてきた奈良線ですが、国鉄時代は遅くまで単線非電化のローカル線で、キハ17やキハ20、キハ35などが混結編成で走っていました。1984年に単線ながら電化されましたが、105系の2連がのんびりと走っていました。写真は宇治川を渡る国鉄時代の105系です。この場所は、現在、建物 [続きを読む]
  • 笠置 (7) 〜画面いっぱいに桜〜
  • 関西本線、このところ東側の四日市のDD51が続いていましたが、今日は桜の名所 笠置です。笠置寺に向かう登山道の途中から、料理旅館の傍らから、笠置駅を見下ろすことができます。なお、駅の全景は見えず、桜の木の隙間からわずかに線路が見えます。まさに画面いっぱいに桜 そしてその隙間から列車が見えるという感じです。  笠置〜大河原 [続きを読む]
  • 下山 (10) 〜桜満開の丹波高原〜
  • 桜の写真 第二弾は地元の山陰本線から。見返してみると、山陰本線の記事が圧倒的に多くなっています。最後の最後まで国鉄特急色の定期列車が走っていたのですから、当然といえば当然ですが。この場所は 下山 (1) 〜新緑の丹波高原〜  で紹介した場所と同じで、下山(1) の写真の手前の木は桜の木です。 満開の時に撮ると、今回のような写真が撮れます。  下山〜和知  地図は 下山(1) を参照してください。 [続きを読む]
  • ブログ開設6周年 青函連絡船の思い出
  • 本日でブログ開設6周年となりました。6年前はまだ若く、撮りたいものも沢山あって頻繁に出かけていましたが、最近は撮影回数も減りがちで、このままでは「撮影地ガイド」が成り立たなくなりますので、場繋ぎコーナーとして、「鉄道その他色々」などという、テーマを設けないものを始めます。最初は何にしようかと迷いましたが、国鉄からJRに移行した1年後、1988年に青函トンネルの開通により廃止となった青函連絡船にスポットを [続きを読む]
  • 桜の季節 〜もう一度行きたい船岡城址公園〜
  • 船岡城址公園の満開の桜と583系桜の開花は全国的に遅れているようで、地元でもちょうど来週末あたりが見頃になりそうです。入学式にも満開の桜が見られるところが多そうですね。桜の見頃はほんの数日間と非常に短いので、毎年どこで撮るかは悩みます。天候に恵まれずに断念することや、見頃がちょうど週の半ばになってしまい、前後どちらの週末もイマイチということもあり、全く撮れない年もありますね。宮城県の船岡城址公園から [続きを読む]
  • 西人吉 (1) 〜うららかな春の野を〜
  • 今日は京都でも最高気温が20度を超えたようで、一気に春がやってきた感じです。桜もそろそろ開花しそうです。冬枯れていた野にも、次第に緑が芽吹き、道端には知らない間に花が咲いていたりします。2014年の3月中旬、さすがは南九州、すでにうららかな春が訪れていました。何の変哲もない風景ですが、市街地に近い割には、のびやかな野の風景を撮ることができます。  人吉〜西人吉 [続きを読む]
  • 塩浜 (1) 〜朝の石油返空を順光で〜
  • 2017年3月の改正で、塩浜に入る石油返空の6253レと8075レがDF200となりました。当分DD51が牽くようですが、撮影に一番適した列車が真っ先に置き換わるとは、複雑な感じですね・・・・・・ということで、DD51がすべて置き換わるのはまだ先のようですが、塩浜駅に入るシーンを順光で撮れる6253レはいつ置き換わるかわからないので、早めに出しておきます。関西本線の貨物支線、架線がないところでのDD51重連の撮影はここでしかで [続きを読む]
  • 塩浜 (1) 〜朝の石油返空を順光で〜
  • 2017年3月の改正で、塩浜に入る石油返空の6253レと8075レがDF200となりました。当分DD51が牽くようですが、撮影に一番適した列車が真っ先に置き換わるとは、複雑な感じですね・・・・・・ということで、DD51がすべて置き換わるのはまだ先のようですが、塩浜駅に入るシーンを順光で撮れる6253レはいつ置き換わるかわからないので、早めに出しておきます。関西本線の貨物支線、架線がないところでのDD51重連の撮影はここでしかで [続きを読む]
  • スノーラビット「はくたか」 唯一の流し撮り
  • 北陸新幹線 金沢延伸開業まで、北越急行経由で越後湯沢と金沢を結んでいた特急「はくたか」でしたが、北越急行所有車は「スノーラビット」の愛称で、赤を基調にした塗装で好きな車両でした。見返してみると北陸本線で結構な枚数を撮っているんですが、見返してみると流し撮りが皆無に近くこの1枚のみでした。しっかり止まっていないイマイチの流しですが、これ1枚しかないので出しておこうと思います。  塩沢〜上越国際スキー場 [続きを読む]
  • スノーラビット「はくたか」 唯一の流し撮り
  • 北陸新幹線 金沢延伸開業まで、北越急行経由で越後湯沢と金沢を結んでいた特急「はくたか」でしたが、北越急行所有車は「スノーラビット」の愛称で、赤を基調にした塗装で好きな車両でした。見返してみると北陸本線で結構な枚数を撮っているんですが、見返してみると流し撮りが皆無に近くこの1枚のみでした。しっかり止まっていないイマイチの流しですが、これ1枚しかないので出しておこうと思います。  塩沢〜上越国際スキー場 [続きを読む]
  • 瀬戸石 (3) 〜球磨川沿いの桜を絡めて〜
  • 昨日、東京で桜の開花宣言がありました。そろそろ桜の写真は出していこうと思います。今年はまだ全く咲いていないようですが、2014年のちょうど今頃に九州に行ったときは五分咲きくらいでした。瀬戸石 (2) 〜桜と菜の花とハチロク〜  でも同じことを書いていますが、順光で撮ると、五分咲きではボリューム感が出ないので、逆光で撮ってみました。                            海路〜瀬戸石 [続きを読む]
  • 瀬戸石 (3) 〜球磨川沿いの桜を絡めて〜
  • 昨日、東京で桜の開花宣言がありました。そろそろ桜の写真は出していこうと思います。今年はまだ全く咲いていないようですが、2014年のちょうど今頃に九州に行ったときは五分咲きくらいでした。瀬戸石 (2) 〜桜と菜の花とハチロク〜  でも同じことを書いていますが、順光で撮ると、五分咲きではボリューム感が出ないので、逆光で撮ってみました。                            海路〜瀬戸石 [続きを読む]
  • 東海道を走るDD51貨物列車
  • つい先日も 国鉄時代(機関車)に一枚出したところですが、関西本線のDD51重連に突然目覚めたことから、その流れで過去画像を見返したみたら、こんな写真が出てきました。この写真は1977年の夏に山科駅で撮ったものですが、当時、本線の貨物列車はEH10、EF60、EF65が牽いていました。東海道本線をDD51が牽くということは、おそらく草津から草津線経由で関西本線方面へ行く貨物列車だったんだろうと推測します。今でこそ注目される [続きを読む]
  • 東海道を走るDD51貨物列車
  • つい先日も 国鉄時代(機関車)に一枚出したところですが、関西本線のDD51重連に突然目覚めたことから、その流れで過去画像を見返したみたら、こんな写真が出てきました。この写真は1977年の夏に山科駅で撮ったものですが、当時、本線の貨物列車はEH10、EF60、EF65が牽いていました。東海道本線をDD51が牽くということは、おそらく草津から草津線経由で関西本線方面へ行く貨物列車だったんだろうと推測します。今でこそ注目される [続きを読む]
  • 朝日 (1) 〜夕陽に染まるDD51重連の雄姿〜
  • 今日は、撮りたての写真です。この場所は日が長い季節の午後遅くが順光になる場所で、17時20分過ぎに通過する8075レ(16年3月改正前は75レ)がベストターゲットですが、春から秋にかけては肝心のDD51が重連にならないので、ここで夕日に染まるDD51の重連を撮るのは結構ハードルが高く、あきらめ半分でした。先週の金曜、晴れの予報を聞いて、有休を取って出撃。午前中は雲がやや多い天気でしたが、夕方にはすっきり晴れ渡り、 [続きを読む]