srs223jr さん プロフィール

  •  
srs223jrさん: 関西発 鉄道ファンの写真館 撮影地ガイド
ハンドル名srs223jr さん
ブログタイトル関西発 鉄道ファンの写真館 撮影地ガイド
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/srs223jr
サイト紹介文鉄道風景写真を中心に全国の撮影地を紹介します。国鉄時代の写真を紹介する書庫を追加しました!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供202回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2011/05/12 00:00

srs223jr さんのブログ記事

  • 長崎電軌 長崎駅前(1) 〜歩道橋から〜
  • 今年の夏は天候不順で、夏空をほとんど見ることもなく終わりそうです。そこで、真夏の暑い時期に撮っただけで、まったく季節感のない写真をば。3年前の夏に長崎を訪問しましたが、このときも夏らしい天気が続かず、雨ばかり降っていた夏でした。路面電車を撮るには、曇天の方が好都合ではあります。建物の影や逆光を気にしなくて済みますから。長崎駅前は、広い歩道橋があり、色々な角度から撮ることができます。  長崎駅前 [続きを読む]
  • 京阪 プレミアムカー DEBUT !
  • 6号車に連結されたプレミアムカー8月20日、京阪8000系にプレミアムカーが登場しました。この夏は撮りたいものが撮れずにもやもやしていたので、あまり速報ネタは好きじゃありませんが、ブログ更新のネタもないので地元ということもあり撮影してきました。6号車に連結されたプレミアムカーをどう撮ろうか・・・編成写真だと目立たないし、停車しているのを駅で撮るのも芸がなさすぎ。であれば、流し撮りでということで淀〜中書島間 [続きを読む]
  • 上狛 (2) 〜103系の並び〜
  • 久しぶりの更新です。それにしても本当に今年の夏は天候不順。全くと言っていいほど撮れませんでした・・って言うより撮る気力が萎えました(笑)風景や季節感を題材にすることが多いので、曇天で盛夏らしくなく、ただ暑いだけの日にわざわざ撮りに行く気が起こりません。上下の普通列車は上狛で離合することが多く、なんとかこれを狙えないかと行ってみたところ、駅北側の踏切付近の並行する道路から撮影することができました。な [続きを読む]
  • 京都丹後鉄道 喜多(2) 〜築堤を行く〜
  • 毎年のことですが、今年も昨日今日とお盆の帰省ラッシュで高速道路では50kmの渋滞なんてニュースも・・我が家も今日午後出発しますが、毎年渋滞には合わないような時間帯・ルートで走ります。さて4日ほど留守しますので、次の更新は16日頃になりそうです。海の写真でも・・と思いましたがどうも天候が悪くそんな気分でもないので、駄作をば。宮津を出た列車は小さい市街地を抜けると山越えにかかります。喜多駅の北側は短いなが [続きを読む]
  • 北小松 (13) 〜489系代走のサンダーバード〜
  • 今日も撮影地ガイドというよりは過去の記録です。撮影地は湖西線の超メジャーポイント 北小松〜近江高島間の  北小松 (2)  で紹介している場所での撮影です。10年前、2007年のお盆休み期間中、臨時の「サンダーバード90号」が運転されましたが、この列車に489系のボンネット車が代走で入りました。「ふるさと雷鳥」のように「臨時」のヘッドマークもありませんでした。この場所で撮った「ふるさと雷鳥」の早朝の送り込み回送は [続きを読む]
  • 入野(3) 〜12年前のEF6627号機〜
  • 今日は撮影地ガイドというよりは過去の記録的な意味合いが濃い一枚です。ブルトレ牽引機なきあと、そして0番台が絶滅の危機にある今、原型に近い姿で残っている27号機です。今では貴重な存在ですが、この写真を撮った2005年8月の頃には特別に注目される機関車ではなかったはずです。まさか27号機が貴重な存在になろうとは予想もできませんでした。もう12年前の撮影ですが、グーグルアースで見る限り、撮影地辺りの様子は変わってい [続きを読む]
  • EF58が牽く20系急行「銀河」
  • 東京〜大阪を結んだ伝統の夜行急行「銀河」も、14系や24系寝台車の増備により余剰となった20系が急行用に格下げされ、10系寝台車を置き換えました。1976年のことです。牽引機は宮原のEF58です。その後1982年頃にはEF65にバトンタッチしていたと思います。1976年3月 東海道本線  三島〜函南 [続きを読む]
  • 待ち遠しい夏空
  • 夏空  いすみ鉄道 まだ今年は真っ青な抜けるような夏空を見ていません。明日には台風が九州に接近するとの予報ですし、いつになったら夏空が見られるのでしょう・・・夏空を待って遠征計画を立ててはいますが、この分だと今年の夏は撮れずに終わってしまうかもしれません。写真は2012年夏のいすみ鉄道。中井精也氏の「ゆる鉄」で有名になった踏切からの別角度です。本家「ゆる鉄」写真は こちら      私の撮影記     [続きを読む]
  • 西目 (1) 〜展望台から日本海を俯瞰〜
  • 由利本荘市の西目町出戸にある浜館公園展望台から、日本海を望んだ雄大な写真を撮ることができます。夏の青い海が撮りたかったのですが、訪れたときはどんよりとした日でした。今年の夏は、毎日どんよりとした天気が続いていますが、遠くでなかなか再訪問はできませんので、そんなどんよりとした写真を出すことにしました。  仁賀保〜西目 [続きを読む]
  • 南海電鉄 二色浜(1) 〜S字を駆け下る〜
  • 8月になりましたが、相変わらず梅雨の延長のような天気ですっきりしません。今週末頃には台風が接近するかもとの予報で、夏空が見られません。そんなわけで、8月の夏らしい写真はもう少し置いといて、一昨年8月の南海から。貝塚駅から高架で走ってきた本線は、地平の二色浜駅へS字カーブを描いて駆け下ります。このアングルは南海本線の撮影ポイントとしてはかなり有名です。  貝塚〜二色浜 [続きを読む]
  • 大歩危を行くDE10重連貨物
  • 国鉄時代はローカル線の隅々まで貨物列車が走っていました。盲腸線になると、混合列車で客車1両に2軸貨車2両程度のことも。国鉄時代、土讃本線(現在は土讃線)にも、貨物列車が走っていました。古くはC58やDF50が牽いたのでしょうが、そんな写真は撮れていません。国鉄末期には牽引機はDE10になっていました。名所 大歩危を行く DE10重連の貨物列車です。1986年6月  土讃本線 小歩危〜大歩危 [続きを読む]
  • 上菅 (1) 〜古民家がアクセント〜
  • 純日本的な風景を俯瞰できるポイントです。舗装道路が大きく写り込むのが難点ですが・・・上菅駅の東方約700m付近で踏切を渡り、線路の南側に出たあたりで、左上を見れば白いガードレールが見えるので、その道を目指して登っていき、視界が開けた地点がポイントです。  上菅〜黒坂 [続きを読む]
  • 海ノ口 (2) 〜イベント列車の記録として〜
  • 2014年の7月、もう3年も前になりますが、スカ色の115系にクモユニ143を連結したイベント列車が大糸線を走りました。当然のことながら沿線の主だった撮影地は大勢の人が集まっていました。何カットかを、「まとも」に撮った後は、イベント列車らしさも記録しようとあえて、大勢の撮影者を入れて撮ってみました。私としてはこういう撮り方も記録としてありだと思っています。写真右端の大勢が集まっているところから撮ったのが 海ノ [続きを読む]
  • 10年前の回想 (1) 想い出のあまるべ
  • 時の経つのは本当に早いもので、気付ばもう7月も下旬。デジタルカメラを買って鉄道撮影を再開したのが2005年ですから、もう12年も経ってしまいました。独身時代に本格的に鉄道を撮っていたのは、17歳くらいから29歳くらいまでですので、年月で言えば独身時代と並んだことになります。デジタルで撮り始めたころは、まだブルトレがかなり残っていましたが、今では客車列車は絶滅危惧種になってしまいました。10年前の4月には、余部鉄 [続きを読む]
  • 棚倉 (2) 〜山深い感じに撮れる大塚山古墳〜
  • 前回の 棚倉(1) とはガラッと印象が変わって、今回は山深い感じに撮れる場所です。棚倉と上狛のちょうど中間あたりに大塚山古墳があります。この古墳への道案内に沿って線路に近づいていくと、線路を潜ったところに階段があり、そこが足場になります。なお、この階段は以前は古墳への道でしたが、現在は別ルートで案内されており、途中で行き止まりとなっています。  棚倉〜上狛 [続きを読む]
  • 伯耆溝口 (2) 〜夏季限定の3082レ撮影地〜
  • 早朝に米子から伯備線を上る3082レの米子近辺での撮影ポイント。以前に紹介した 伯耆溝口 (1) 〜初夏の朝向け編成ポイント〜  の地点から少し南寄りの道路が足場となります。現在、伯耆溝口 (1) の場所は、線路際に構造物が追加され撮れなくなっているようで、もともと線路と田んぼのあぜ道の間のようなグレーな場所なので、今回の道路からの撮影が無難です。  岸本〜伯耆溝口 [続きを読む]
  • 祇園祭を流し撮り
  • 7月の阪急は祭ヘッドマークの季節です。祇園祭も今日が宵山、明日は前祭の山鉾巡行ですが、そんな人の多いところに私が出向くはずがありません(笑)いつも「祭」はヘッドマークのみ見ることにしています。今年も「祇園祭」のヘッドマークを撮りに行きましたが、一昨年から同じデザインで少々物足りない感じです。以前は毎年デザインが変わって楽しみだったのですが。同じマークの編成写真を毎年撮ってもつまらないので、流し撮り [続きを読む]
  • 根雨 (4) 〜有名撮影地を俯瞰〜
  • 山や田圃が緑一色になる夏到来。「やくも」の赤を基調とした配色は、夏の緑に美しく映えます。根雨〜黒坂間には、有名な撮影ポイントが複数ありますが、根雨 (1) 〜ゆったりとした山里の風景〜 で紹介した地点を行く列車を林道から俯瞰できるポイントです。日野病院入口のバス停を過ぎ、踏切を渡って林道入口に至り、そこから林道を道なりに約3kmほど進んだ地点です。  根雨〜黒坂 [続きを読む]
  • 智頭急行 平福(1) 〜山裾のカーブを駆け抜ける〜
  • 今日はお初の路線 全国の私鉄に「智頭急行」を追加です。地図急行は、山陽本線の上郡から、姫新線の佐用を経て因美線の智頭に至る高速幹線です。智頭急行の開通により京阪神から鳥取へのメインルートになり、山陰本線の城崎温泉〜鳥取間が完全にローカル線となりました。この線の主役はもちろん「スーパーはくと」。振子機能で曲線を高速で通過します。この場所は、山裾のカーブを車体を傾けて走る「スーパーはくと」を、瓦屋根の [続きを読む]
  • 棚倉 (1) 〜安定した足場の編成向き撮影地〜
  • どうやら103系が最後まで残るであろう奈良線です。京都〜木津を結ぶ奈良線は、すべて京都府内を走るにも関わらず「奈良線」と呼ばれる路線ですが、南北に走っているため、上り列車が順光となる場所は少なめです。ここは夏の午後遅くから北向きの上り列車にも正面に日が当たります。(作例は日が陰ってしまいましたが・・・)踏切付近は広く、足場も安定しています。  棚倉〜玉水 [続きを読む]
  • TWILIGHT EXPRESS 瑞風 初撮影
  • 初撮影は流し撮り6月17日に運行を開始した TWILIGHT EXPRESS 瑞風ですが、7月8日の山陽コース下りを初めて撮影しました。本当ならもっと早く、山陰コース下りを山陰本線で撮りたいと思っていましたが、金曜夜の行状が悪く撮影できませんでした。撮るといっても、風景のいいところで撮るわけでもないので、初撮影にして流し撮りをすることにしました。場所は名神クロスですが、この場所も線路に近いところまで宅 [続きを読む]
  • 千本 (1) 〜田んぼの中に立つ鳥居〜
  • そろそろ佐用町のひまわり畑も見ごろになっているでしょうか。昨年は姫新線沿線の宝蔵寺のひまわり畑を撮影しに行きました。残念なことに、天候不順でひまわりがうまく育たなかったようで、一面のひまわり畑とはいかず、一面に咲いているように見せるために構図に苦心した思い出があります。その日にほかの場所にも立ち寄って撮影しました。ここは、大川稲荷神社への参道となっているようで、立派な鳥居がありますが、線路を渡る踏 [続きを読む]
  • 信濃森上 (4) 〜梅雨空の下〜
  • 少し古い写真から。この場所は 信濃森上 (3) 〜五月晴れの青空の下〜  とほぼ同じ場所で撮ったものですが、生憎の梅雨空の下でした。曇天の空を構図に入れるとさえないので、前景の緑の田んぼを多めに入れてフレーミングしました。2014年の7月19日でしたが、まだスカッと梅雨明けしてなかったんですね。今年の梅雨明けはいつごろになるんでしょう・・・  信濃森上〜白馬大池 [続きを読む]