とらますく さん プロフィール

  •  
とらますくさん: 本当の「勉強法」を知りたくないか?
ハンドル名とらますく さん
ブログタイトル本当の「勉強法」を知りたくないか?
ブログURLhttp://genuinestudy.seesaa.net/
サイト紹介文manavee主戦講師/開成・慶応医卒医師の「とらますく先生」がおくる勉強/教育・医学/医療のお話
自由文世に溢れる勉強法の中で、本当に本質を捉え、役立つものがどれだけあったでしょうか?世にあふれるまやかしの勉強法を、とらますく講師が一掃します!
古今東西変わらない「正しい勉強法の原理原則」を系統的理論に基づいて解説し、机上の勉強に留まらない「人生の血肉となる学ぶ力」へとつながっていきます。現役医師ならではの、医学・医療情報ネタも満載です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/05/12 09:15

とらますく さんのブログ記事

  • 第193回暗記法51〜暗記の指標〜
  •  小林麻央さんついに亡くなってしまいましたね・・・。彼女は、「若年者の癌死」として想定できる範囲内では、「もっとも幸せな亡くなり方」をしたとは思いますが。芸能人では、坂井泉水さん以来のインパクトの大きな死です。 毎日を大切に生きないといけないと、改めて思わされますねm(_ _)m さて、MANAVIEはβ版から正式版への移行段階における開発の最終段階に入っております!現時点でも「完全なβ版」として、ほぼ不自由なく [続きを読む]
  • MANAVIE〜コンセプト総括〜
  •  今回が、ひとまずMANAVIEスタートに関する連載の最終回になります。 最後に、これまで見てきたMANAVIEのビジョン/コンセプトをまとめておきましょう〓 ■多様な大学生人材(ときに中学・高校生人材)を活用しながら、「課外授業動画」をはじめとする種々の施策により、「そもそも勉強など頭の片隅にもない層」に勉強の間口に立ってもらうことで情報格差の解消を図り、学習者の裾野を広げる。■受験最適化を重視しない、しかし [続きを読む]
  • MANAVIE〜高等教育MOOCとの接続〜
  •  史上最強の英語学習書『SOEL』全国の書店で販売中です!初期採用者は、差をつけられること間違いなしです。無料講義動画と併せ、是非ご活用ください〓 MANAVIEの主要ターゲットユーザーは、小学生〜高校生です。現時点では、中学生・高校生向けのコンテンツを用意していますが、「過負荷のない勾配で、初等教育〜高等教育までをフリーでユビキタスな環境でつなぐ」というのが最大の使命ですから、いずれ必ず小学生向けコンテン [続きを読む]
  • 史上最強の英語教材『SOEL』販売開始!
  •  重大告知です! この度、MANAVIEでも公開している、とらますく講師の英語講座『SOEL(Sentence-oriented English Learning)』の準拠書籍教材が、ベレ出版より書店販売開始となります〓 これは、「なんちゃってカリスマ系予備校講師が出す、幾多のしょうもない英語学習書」の全てを薙ぎ払う、乾坤一擲、本当に肝入りの書籍になります〓 2017年6月9日から購入可能となり、その翌週あたりから全国の書店に並びます。お見逃しな [続きを読む]
  • MANAVIE〜「非」受験最適化〜
  •  英語教材SOEL、あと1週間ほどで書店販売開始になります!これについては、改めて告知します〓 MANAVIEには、「(骨子として)こういう学習プラットフォームを作る」という明確なビジョンがあります。表面だけからみていると、他の学習サービスとどう違うのかわかりにくいと思いますが、これは結構重要なことなので、述べておこうと思います〓  先に誤解を恐れずに言えば、MANAVIEは「受験最適化」することをあまり重視してい [続きを読む]
  • MANAVIE〜大学生など若手人材の活用〜
  •  いよいよ暑くなってきましたね!MANAVIEは「熱く」なってくるところですよ〜〓 かつてのmanaveeは、人海戦術的な大学生人材の教育への活用という革新を生み出しましたが、最終的にはうまく継続的に回していくということができませんでした。 MANAVIEはオトナが運営するWebサービスですが、そもそもこれは学生から始まったムーブメントですから、学生自身の手にアクティビティを取り戻してもらいたいという気持ちがあります〓  [続きを読む]
  • MANAVIE〜様々なサービスのハブ〜
  •  一般的に教育系Webサービスは、運営者が父権的に学習コンテンツを用意して、それをユーザーに提供するという形態をとります。 各講師は、その運営者に雇用されたり、契約を結んだりして、講義を「納入」するわけです。 MANAVIEはそうではありません〓 あくまでコンテンツの所有者はそれを独自にYoutubeに公開している人物や団体であり、その動画URLを、一定の合意のもと「サイトに埋め込み共有する(だけ)」という形態を採用 [続きを読む]
  • MANAVIE〜つべこべ言わずに動画閲覧完全無料〜
  •  manaveeと同様、MANAVIEは、「つべこべいわず、難しいことを考えずに、動画は全て自由に無料で閲覧可能」というコンセプトを貫きます〓 閲覧制限もありませんし、「ここからの特別動画はお金がかかります」ということもありません〓 別に会員登録などの作業をしなくても、動画の閲覧自体はいくらでも可能です(もちろん、会員になると、様々な機能が利用可能になります)。 manaveeが消えて、この業界内にポッカリ空いたニッ [続きを読む]
  • MANAVIE〜良質な学習動画の選別〜
  •  連休も、もうすぐでお終いですね(;_;)別に、あまり休んでいるわけでもないのですが(笑)。 manaveeの多様性ある講義は、ユニークな面もありましたが、収録の投げ出し・放置は常態化し、目に余る状態でした。 「やっぱり教科書的な学習動画くらいは一通り揃っていないと、さすがに使えないよね」という認識が、誰しもにあったはずです。私がよく使う言葉では、「系統的・網羅的」でないと、なかなか役に立たないということです〓 [続きを読む]
  • MANAVIE〜株式会社オーシャナイズと業務提携〜
  •  これから、MANAVIEの特徴・コンセプトを、何回かに分けて紹介していきます。 まず連休に入る前に1つ〓 MANAVIEは、当初は、とりあえず私一人で、低予算サイトとしてこじんまりとやろうと思っていました。 その後、お金が溜まってきたら少しずつ拡張していければいいと思っていたのですが、まぁやはり一人だけでやるというのは、ちょっと荷が重すぎるというか、手に余る部分があったのは否めませんでした〓 しかし、いざ運営 [続きを読む]
  • とらますく先生、「MANAVIE」やるってよ。
  •  重要な告知です。 皆さんご存知の通り、無料系Web動画学習の旗手であったmanaveeが2017年3月31日をもって閉鎖となりました。終盤は何の強みもないサービスになり下がってしまっていたので、「閉鎖されては本当に困る」という人はそこまで多くなかったと思います。 しかし、「つべこべ言わず、閲覧制限もなしに動画学習は完全無料」というサービスの需要や、社会的インフラとしての役割は必ず存在します。また、大学生人材の活 [続きを読む]
  • 第192回暗記法50〜想起2〜
  •  もうそろそろ新年度ですね!新しい出会いの季節には、いつもワクワクします〓 さて、問題は「暗記事項の多くは、日常生活でなかなか経験する機会がない」ということです〓 例えば、算数の「つるかめ算」を日常生活で使うことはそうそう頻繁には起りません。普通に考えて、それを「経験」できるのは、学校や塾で算数を習っているときだけです。 当然、「dog=犬」といったレベルのものに比べて、圧倒的に「思い出す経験」が少 [続きを読む]
  • 第191回暗記法49〜想起1〜
  •  確定申告も終わり、ハッピーです(笑)。仕事が捗ります〓 ここから、「暗記を助ける手法」としては最後の、「想起」による暗記手法を分析していきます。 突然の質問になりますが、皆さんは、「dog」という英単語の意味を知っているでしょうか。大半の人は、「犬」だと知っているはずです〓では、どうして皆さんは「dog=犬」だと知っているのでしょう? かつて、「dog=犬」という単語を、わざわざこれまで示してきたような「 [続きを読む]
  • オンラインサロン開設のお知らせ
  •  だんだん暖かくなってきましたかね〓春が待ち遠しいです〓 さて、この度、小島亜輝子さんとオンラインサロンを始めることになりましたのでお知らせいたします。 小島さんは、フリーアナウンサー・スピーチトレーナー(元NHKキャスター)で、なんと小さなお子さんの育児・家事と両立しながら医学部再受験に成功し、現在は現役の医学生という超パワフルな女性です〓→小島さんのブログはこちら 彼女が私の生物Web講義を利用して [続きを読む]
  • 第190回暗記法48〜その他の「理解して暗記する」手法2〜
  •  全国の書店に、「Dr.とらますくの採血&静脈ルート確保手技マスターノート」、もう並んでいると思います〓 4月医療関係者としてデビューする予定の方には、是非お役立てください(*^^) さて、「理解をして暗記する」という手法をとることは、優れた知識の「保持」に繋がるということが明らかにされていますが、メリットはそれだけに留まりません。これに関して、最後にまとめておきましょう〓 例えば、前回までに挙げてきたよ [続きを読む]
  • 書籍出版のお知らせ
  •  この界隈の仕事をはじめてから、5年経ったでしょうか。早いものです。 いよいよ気が熟してきた感がありまして、2017年は、大きなムーブメントをいくつか皆さんに披露できる見込みになっています。 今回は、その第一弾の発表です〓 とらますく先生の著作、ついに紙媒体で出版されます〓〓 これまで、個人的にはこのサイトで書籍を販売していたりもしましたし、主要作「本当の勉強法を知りたくないか?」はKindleで電子出版も [続きを読む]
  • 第189回暗記法47〜その他の「理解して暗記する」手法1〜
  •  この季節は、事務手続き関係の仕事が多くてたまりませんね(T_T) ここまでで、「理解をして暗記する」という手法のメインのものは、概ね出揃いましたね〓 ただし、「理解法」で出てきた通り、「理解」を上手にするための工夫は他にもあります。 具体的には、「順番の意識」・「具現化する」・「パーツに分解する」といったものがありました〓  これらは、本来は「理解」のための工夫ですが、結局「理解」を上手にすることに [続きを読む]
  • 第188回暗記法46〜語呂合わせ3〜
  •  タイプ1とタイプ2両方の特徴を兼ね揃えた、傑作の「語呂合わせ」も存在することは想像に難くありません。最後にそれを見てみましょう〓 グループ化した知識が一挙に覚えられる上に、「語呂」自体にストーリー性があって印象に残りやすいのですから、文句はありません。前回、タイプ1で無理をして優秀でない例を挙げたので、ここで汚名返上しましょう。 歴史的に名高い「語呂合わせ」は、長年の淘汰の結果、特に暗記しやすいも [続きを読む]
  • 第187回暗記法45〜語呂合わせ2〜
  •  寒いですね〓受験生は、絶賛二次試験対策中でしょうか。 では、前回示したような視点をもって、「語呂合わせ」の極意をみていきましょう。 まず、「巧い語呂合わせ」のタイプその1は、「知識同士を関連づける」に対応して、共通項や対比事項をもって、グループ化したものがいっぺんに出てくるようなものとなります〓 「○○な性質を持つもの□種類」といったような暗記事項が、全て一度に出てくるような語呂合わせは、数の多 [続きを読む]
  • 第186回暗記法44〜語呂合わせ1〜
  •  新年おめでとうございます!2017年も良い年にしていきましょう〓 そして、受験シーズンですね。ファイト〜〓 勉強法更新、今回から新項「語呂合わせ」です! ここからは、暗記技術においても、代表的な「語呂合わせ」について考えましょう〓 「『語呂合わせ』が『理解』なのか?」と疑問に思う方もいるかもしれません。しかし、専門的にも「語呂合わせ」は確かに「精緻化リハーサル」に分類されます。本サイトではそれを、ざ [続きを読む]
  • 第185回暗記法43〜理解10〜
  •  異様に久しぶりなんですが、一応「勉強法」を更新します。 2017年になったら、いくつかサプライズの準備があります〓その流れに乗って勉強法の記事もマメに更新するようにしますね(ただ、一定期間過ぎたら、一部非公開にはなりますが)〓 例えば、英単語に「correspond」というものがあります。この意味は「一致する、相当する」と「文通、通信する」と概ね二つの意味があります。もし自分が「一致する、相当する」という意味 [続きを読む]
  • 千葉大学医学部生暴行事件に思う
  •  目下いろいろと多忙なもので(その成果は2017年に順次出てくるはずなので、もうしばしお待ちください)、こちらの更新が滞っておりますが、なかなかよい燃料が投下されたので、この件について記事にしておきたいと思います。 まぁ、この件の犯人達に、擁護するべきポイントは何一つなく、女性達からすれば敵という存在以外の何物でもないでしょうから、適切に社会的制裁を受けてもらうのみです。 昔と比べて、顔写真とかは半永 [続きを読む]
  • 死生学
  •  癌についての考察を深めていくと、最終的には必ず、死生観の問題に行き着くことになります。 PR→SD→PD→・・・といったようなサイクルの中で、「完治(CR)することは、まずない」とわかっていながらも、余命を伸ばすという目的で治療を受け続けるということ。 これは、健康な人にとってみれば、本当の意味では想像もつかない事態ですし、実際その身になった人にとっても、天と地がひっくり返るほどの心理的転換を強いられるで [続きを読む]
  • 近藤誠「がんもどき理論」について
  •  前回、抗癌剤に関して、詳しくお話ししました。 さて、その流れで、かの有名な(?)慶應医OBである近藤誠医師について書きたいと思います。 この人は、もともと放射線科医なんですが、何かをきっかけに思想が変化したようで、「外科手術・化学療法・放射線療法など、全て無効であるから、癌は放置すべき。検診もいくべきでない」という独特の理論を展開しています。 この人の主張は、いわゆる自然科学における知識の蓄積のセ [続きを読む]
  • 化学療法エトセトラ
  •  癌は、原発巣の手術を早い段階でできれば、かなりの治癒率が期待できるが、そうでない場合は「癌をかかえたまま、どれくらい生きられるか」の勝負になるという話まできました。 今回は、後者のケースについて少し詳しくフォーカスを当てようと思います。 抗癌剤は昔に比べるものすごく進歩しました。 癌の治療で難しいのは、悪い細胞も正常な細胞も、いずれも人間のその人の細胞であることは共通しているということです。つま [続きを読む]