JA1GQN さん プロフィール

  •  
JA1GQNさん: チャリ&とほ 日本周遊中
ハンドル名JA1GQN さん
ブログタイトルチャリ&とほ 日本周遊中
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ja1gqn/
サイト紹介文チャリはお休みし、とほ で四国遍路旅です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2011/05/12 13:39

JA1GQN さんのブログ記事

  • 自転車日本一周走行まとめ
  • 日本一周目は海岸線を二周目は内陸部を中心に走行しました。その内訳は①総走行距離20,609Km総日数471日②1回目2010.6.27〜10.24東北・北海道5,848Km120日。③2回目2011.5.24〜8/.13東海・近畿・四国・九州4,004Km82日。④3回目2014.7.1〜9.16沖縄・九州・山陰・中部3,474Km78日。⑤4回目2015.6.17〜8.14東北・北海道2,856Km59日。⑥5回目2016.5.21〜9/29四国・九州・沖縄・中国・中部4,427Km132日。 [続きを読む]
  • 日本二周191日目(2016.9.29)
  • 走行:勝沼→東京都自宅 91Km。昨夕からの雨は夜に時に激しくザーザーと振り朝まだ降っている。本日ラストランは雨の中となりそう。新笹子トンネル長さ2953m。歩いている人発見。40分位掛かるのでないか!?何処へ行くのか?狭い。道幅が狭いだけでなくトンネルが小さくて狭い。国道でこんなトンネルは初めてだ。新と名前がついているがあたらしいでなく新たに造った古いトンネル。ここを台数は少ないが大型トラックやダンプが通るか [続きを読む]
  • 日本二周190日目(2016.9.28)
  • 走行:韮崎→勝沼道の駅甲斐大和キャンプ泊 46Km。どんより空。今にも降り出しそうな朝。県道を走行。道幅が狭い。普通車でいっぱいだ。それでも交通量は多い。久しぶりの蒸し暑さだ。山々は雲に覆われて全く見えない。午後1時半頃救急車パトカーが複数台すっ飛ばして行った。空にヘリの音。県道から国道20号へ入ったら渋滞。荒れた歩道を行くと事故。現場の前を歩いて通った。車6〜7台位の大きな事故。中心はほぼ正面衝突。スピ [続きを読む]
  • 日本二周189日目(2016.9.27)
  • 走行:富士見→山梨県韮崎道の駅にらさきキャンプ泊 28Km。雲が優勢ながら陰でお日さまが頑張っている。何処かで鐘楼の音が鳴り響く。駐車場で僅か落ちている残飯?をめぐって鳥達の縄張り争い。イソシギが複数尻を振り振り動き回っているところへカラスが一羽とことこ歩いて来たら何と威嚇飛行して追い払った。そして彼らが去った後、雀が数羽舞い降りて来た。そんな朝でした。ところが私のテントの隣りにチャリダーが寝袋に潜っ [続きを読む]
  • 日本二周188日目(2016.9.26
  • 走行:塩尻→富士見道の駅信州蔦木宿キャンプ泊 48Km。またもや雨。霧の甲州街道国道20号線塩尻峠への登り道。霧の摩周湖みたいなロマンチックさは微塵もない。遅い車用の登坂線があるがここを走る車は9割が登坂線を走り一般線はがら空き。霧のせいか運転手さんの心理が分からない。こちらの心理は邪魔くさい。峠の標高は1012mで鳥居トンネルの入口より若干高い。下った所で雨はあがっていた。諏訪湖畔に寄り甲州街道へ戻る。片側 [続きを読む]
  • 日本二周187日目(2016.9.25)
  • 走行:木曽福島→塩尻道の駅小坂田キャンプ泊 52Km。標高が800m超えもあり冷え込んだ。道路温度表示が16℃だった。朝雲が低くく垂れ込めああ今日も曇りかと走り出した。が間もなく雲がとれ久しぶりの青空が見えてきた。途中で見た新聞広告紙で作った照る照る坊主が効いた?昨夕道の駅の観光案内所の主としばしお話しをした。立川から自転車で1日で来た青年がいた。相当疲れていたそうだ。交通量の話になって木曽路は今や産業道路 [続きを読む]
  • 日本二周186日目(2016.9.24)
  • 走行:中津川→長野県木曽福島道の駅キャンプ泊 42Km。やっと雨が上がった。うっすらとお日様の影。顔を出してにっこりはしてくれず直ぐ隠れてしまった。再び国道19号線。長野県に入っても当然立派な舗装道路。車がビュンビュン走り去る。怖い!道幅狭く大型トラック幅いっぱい。船板一枚下地獄とあるが右側よろければ地獄だ。左側走れそうな歩道あれば走るが危険あり!ドリンクの空きビンを投げ捨てる。割れる。ガラス破片が飛び [続きを読む]
  • 日本二周185日目(2016.9.23)
  • 走行:なし。雨の為停滞。道の駅賤母キャンプ泊。続く雨・・・早朝雷鳴さえ轟いた。木曽路は雨の中。お陰で花粉の飛散が僅か。半世紀前の記録に拠ると19号線はこの先長野県に入るが砂利道で河原のようだったとある。今回の旅は日本の気象に痛めつけられた思いが強い。梅雨。逃れて沖縄で台風。島伝いに北上し猛暑。そして再び台風停滞する秋雨前線。道の駅は雨で客数が少ない。昼食に飛騨牛太巻きと木曽路ビールにごへーもち。ビー [続きを読む]
  • 日本二周184日目(2016.9.22)
  • 走行:恵那→中津川道の駅賤母キャンプ泊 32Km。再び雨だ。雨の国道19号線を車の絶叫音に怯えながらひた走り。登り下りしているが車の恐怖にかき消され感覚として残ってない。嫌な雨で愚痴を一つ。道路の端は轍で溝が出来ていて雨が降ると水が溜まり流れとなる。それを避ける為道の中央寄りを走ると後ろから警笛を鳴らされそれは注意でなくどけどけという鳴らし方。自分達が作った溝があるんだ。よく見ろ!左側にスペースがある時 [続きを読む]
  • 日本二周183日目(2016.9.21)
  • 走行:美濃加茂→恵那道の駅らっせいみさとそばの郷キャンプ泊 26Km。試練の日だった。小雨混じりの曇り空の下中山道を走った。先ず出くわしたのが標高300m超の峠。地図で道がくねっていたが標高の表示がなかったので読めなかった。次に国道はトラックも多く県道に入った。地図である程度の登りがあるなと途中にゴルフ場もあるしと登り始めたがこの峠が標高450m超。越えた直後雨が本降りに。雨具着てさあ下りと身構えたが下り登り [続きを読む]
  • 日本二周182日目(2016.9.20)
  • 走行:昭和村→美濃加茂ホテルルートイン泊 6Km。一昨日の話。雨でびしょ濡れになったが宿泊まりなら乾かす事が出来るがキャンプ泊で困るのは出来ない。翌日晴れなら何とか乾かせるが曇りや雨だと乾かず着替えが濡れたら着るものが無くなってしまう悲劇が起こる。幸い空調室外機があって一晩その風で乾いた。これは旅の途中問われて曖昧な返事をしてしまう事だが、楽しいですか?サイクリングをしたり計画をした事があればその中に [続きを読む]
  • 日本二周181日目(2016.9.19)
  • 走行:飛騨金山→美濃加茂道の駅昭和村キャンプ泊 52Km。予報では今日も雨だが朝降っていた小雨も止みこの道の駅には安息の場もないし走ることにした。一時薄日も差す空模様だった。道は飛騨川に沿って緩やかな下り。恐怖の洞門もあり飛騨川の水量に圧倒されっぱなしだった。ダムを越える水量も迫力十分。この辺りの岩は20億年前のものだそうだ。そして最後にGPSナビに翻弄され倍疲れた。道の駅へのアクセスが周辺高速で不安があっ [続きを読む]
  • 日本二周180日目(2016.9.18)
  • 走行:久々野→下呂道の駅飛騨金山ぬく森の里温泉キャンプ泊 49Km。雨だ。予報だと1日雨。濡れない為には走らないこと。しかし走ることにした。それは明日も雨の予報。そしてここ道の駅は山の中でラジオが聞こえないし休憩室にテレビもないし時間を潰す手段がない。標高600mで少々寒い。道は下りの方向。花粉症の症状が出る。さて走り出したら雨は時に強く向かい風も吹き出し車も昨日より多い。泣き言を言っても仕様がない。走る [続きを読む]
  • 日本二周179日目(2016.9.17)
  • 走行:飛騨古川→久々野道の駅飛騨街道なぎさキャンプ泊 30Km。もうあぜ道に曼珠沙華。高山の町に寄って見た。観光ポイントでは朝市が開催されていたりして多くの人出だった。高山を出ると直ぐ登り道。頂上が宮峠782m。そこに目を上と下にした閻魔様。この辺の道路注意板が初めて見る内容。連休で道路が混むと思ったがそれほどでない。他県ナンバーは多かった。 [続きを読む]
  • 日本二周178日目(2016.9.16)
  • 走行:神岡→古川道の駅アルプ飛騨古川キャンプ泊 24Km。今日は再び人の助けを受けた。国道41号線を登り始めた。途中休み休みだ。標高500mを過ぎ、とある工場空調用ダクト製作所の前で一休み中社長らしき人が出てきて何処への話からより傾斜が楽な登り道 を教えてもらった。旧道で県道となっているし地図で見るとくねくねしているので敬遠したが正解だった。山田という部落を通り神原峠850mトンネルを抜けると下り。交通量は多く飛 [続きを読む]
  • 日本二周177日目(2016.9.15)
  • 走行:富山→岐阜県神岡道の駅宙ドーム神岡キャンプ泊 48Km。道は国道41号線で神通川をさかのぼる。ダムでせき止められてボートの練習場となっている所もあった。トンネルと怖いスノウシェッドの連続。上流に来て分かった。古ぼけた巨大煙突。神岡鉱業。写真撮影禁止と書いてあるどういう分けか?イタイイタイ病を思い出した。今はスーパーカミオカンデがあってニュートリノでノーベル賞の実験をする所となっている。 [続きを読む]
  • 日本二周176日目(2016.9.14)
  • 走行:砺波→富山ホテルルートイン泊 42Km。昨夕方からの雨は夜半に止んだが今朝まだ降り足らないという顔で再び降り始めた。しばらくしてもの足らなそうな顔をしつつも一旦止めた。道は庄川沿いに富山湾方向へ。川の水は小牧ダムで一旦せき止められているので流量は少ないが河川敷は広大。その堤防上の富山庄川小矢部自転車道を走った。快適!一般道と平行だか歩道とは異なり分離されていて車を全く気にする必要がない。そのまま [続きを読む]
  • 日本二周175日目(2016.9.13)
  • 走行:白川郷→富山県砺波道の駅庄川キャンプ泊 61Km。夜半から雨一時土砂降りとなりその都度目を覚ました。朝になっても止まず小降りのタイミングで飛び出した。午前中に止んだが夕方又降り出した。雨のお陰で花粉症の症状が楽になった。五箇山の菅沼合掌集落に寄った。こちらも世界遺産だがそんなに人は押し寄せてなかった。ここの合掌造りは頂上に飾り物がある。意味あいは分からない。道は庄川沿いの国道156号。トンネルとスノ [続きを読む]
  • 日本二周174日目(2016.9.12)
  • 走行:高山→白川道の駅白川郷キャンプ泊 37Km。道の駅で車中泊の人で自転車の旅に興味を持っていて長々とお話しした。今日の走行は花粉症で苦しめられた。ブタクサの一種か?写真を撮った。沿道にちょぼちょぼ生えている。丁度白い小さな話が真っ盛り。御母衣ダム湖は渇水か?ダムはロックフィルで岩を積み重ねたようだ。白川郷に入って人の多さにびっくり!?あちこち散らばっていた人達が一斉に集中した感じ。月曜日だが世界遺産 [続きを読む]
  • 日本二周173日目(2016.9.11)
  • 走行:郡上→高山道の駅桜の郷荘川 44Km。昨夜道の駅でテント設営場所を物色し始めた時別の道の駅で同宿車中泊してた人に逢い設営場所を教えてもらい且つうなぎの蒲焼きを頂いた。年代が近いこともあったのかな。今日は長良川沿いに厳しい登り。その登りで若者のチャリダーに追い抜かれた。やはりパワーが違う。長良川鉄道は途中で終点。方向転換用の転車台がある。今は使われてない。登り詰めた所が分水嶺標高875m片や長良川とな [続きを読む]
  • 日本二周172日目(2016.9.10)
  • 走行:美濃→郡上道の駅古今伝授の里やまとキャンプ泊 40Km。国道156号線を長良川に沿って緩やかにさかのぼった。行楽日和になった土曜日。川には鮎?釣り人が一定の間隔で延々とつながっている。一方国道もつながる程ではないが延々と車が走り続けている。並行している高速自動車道は閑散としている。目で見て歴然。運転手さんは高速自動車道より一般道がお好きなようだ。そこで一言云いたくなった。○○縦貫自動車道を一日も早く [続きを読む]
  • 日本二周171日目(2016.9.9)
  • 走行:池田→美濃道の駅美濃にわか茶屋キャンプ泊 45Km。今朝の朝焼けは雲が厚くて今一だった。道は岐阜を通り遥か山の上の城を見て長良川沿いにさかのぼった。関は刃物の街で貝印があった。走行中チャリダーと行き違った。長距離走行装備の外見上外国人。お互い手を上げての挨拶。ここのところ食料調達のタイミングがかみ合わない。昨日雷雨来襲後見つけたコンビニで昼食しほっとして何も買わなかった。夕食はあったが今朝の朝食 [続きを読む]
  • 日本二周170日目(2016.9.8)
  • 走行:米原→岐阜県池田道の駅池田温泉キャンプ泊 35Km。琵琶湖を離れ旧中山道を走っているうち岐阜県に入っていた。小雨がしょぼつく中を走っていたが俄かに雷音。その内ピカッそして降り出した。ガード下に待避。およそ1時間。走行中見たこともない高い塔。カントリーエレベーターと書いてあった。何をするのか?瞼の母という小説は読んだことないが馬場の忠太郎というのは聞いた覚えがあるが?今までで一番怖い思いをしたトン [続きを読む]
  • 日本二周169日目(2016.9.7)
  • 走行:草津→彦根道の駅近江母の郷キャンプ泊 57Km。琵琶湖には色んな顔がある。モニュメント、池、海。東岸を走った。景色ががらっと変わった。開けているので広々としている。農業地帯で牛舎も見受けられた。近江牛だ。琵琶湖には島が4つある。テレビの鳥人コンテストで登場する竹生島は湖北にあって2番目の大きさ。このテレビの舞台は今晩泊まる道の駅の近くで松原だ。因みに先週の日曜日にここからプレジャボートで出た男女 [続きを読む]
  • 日本二周168日目(2016.9.6)
  • 走行:大津→草津道の駅草津キャンプ泊 46Km。引き続き琵琶湖周遊コース。ここの道の駅は平成26年に出来たが昼夜を問わず利用客が多い。小野妹子の墓を訪ねたが近くの妹子公園に移設されていた。近くに天皇神社小野道風神社というのがありちょっと奇妙な感じ。小野駅があり琵琶湖大橋まで周辺新興住宅街。多分サラリーマンが住んでいると思われるが企業が周辺に在るのか?昔近江絹糸というのを聞いた覚えがあるが!?琵琶湖周辺には [続きを読む]