JA1GQN さん プロフィール

  •  
JA1GQNさん: チャリ&とほ 日本周遊中
ハンドル名JA1GQN さん
ブログタイトルチャリ&とほ 日本周遊中
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ja1gqn/
サイト紹介文チャリはお休みし、とほ で四国遍路旅です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2011/05/12 13:39

JA1GQN さんのブログ記事

  • 日本三周122日目(2017.9.20)
  • 走行:花巻 東和→遠野 35km 道の駅遠野風の丘テント泊。ここ東和の道の駅は朝、見渡して見て建物はこじんまりとしているが、ふるさと村等周辺設備があり駐車場の広さとそこに多数の車中泊の車にびっくり。昨日に戻るが、イーハトーブという言葉は賢治の造語で素晴らしい岩手ということ。ひっかかっていたものが取れた。北上する長距離装備のチャリダーと行き違った。寒さ対策はしているのかな?今日の走行地域も賢治のイーハト [続きを読む]
  • 日本三周122日目(2017.9.20)
  • 走行:花巻 東和→遠野 35km 道の駅遠野風の丘テント泊。ここ東和の道の駅は朝、見渡して見て建物はこじんまりとしているが、ふるさと村等周辺設備があり駐車場の広さとそこに多数の車中泊の車にびっくり。昨日に戻るが、イーハトーブという言葉は賢治の造語で素晴らしい岩手ということ。ひっかかっていたものが取れた。北上する長距離装備のチャリダーと行き違った。寒さ対策はしているのかな?今日の走行地域も賢治のイーハト [続きを読む]
  • 日本三周121日目(2017.9.19)
  • 走行:盛岡→花巻 51km 道の駅とうわテント泊。岩手山はその姿を見せてくれなかった。この次来るときには見せてくれ。北上川は茶色い濁流で美しくなかった。ところで北上川と岩手山を題材にした歌はあるのかな?もうじきお彼岸だ。自然は正直だ。空模様は寒気が入り込んで来ているので不安定。黒い雲が上空を覆うと心は不安となる。ぽつりぽつりとくれば心穏やかでなくなる。弘法大師は東北にも足を延ばしている。途中逆ヒバとい [続きを読む]
  • 日本三周120日目(2017.9.18)
  • 走行:なし。盛岡東横イン泊。台風18号待避と休養。台風は列島縦断し宗谷岬へ。昨日岩手山は雲の中で影も形も見えなかった。建物の中でぐっすり寝た。やはり90km走行はきつかった。あの19歳のママチャリダーは毎日この位走っているのだから凄い。他の若きチャリダー達も。皆安全に台風を待避出来ているかな。朝、盛岡の上空に虹。晴れてきたが吹き返しの強風が荒れ狂っていた。自然の力は凄い。人があらゆる手段で対抗しようとして [続きを読む]
  • 日本三周119日目(2017.9.17)
  • 走行:鹿角→盛岡 89km 盛岡東横イン泊。夜明け前、東の空がピンク色だった。赤ではないが雨のサインだろう。台風18号の前触れか風が強い。横、前から。どういう分けかなかなか後ろから来ない。道の駅では弘前へ帰る若者二人連れチャリダーと同宿。長野、乗鞍を回って来た。その他車中泊多数だった。ここ鹿角は花輪ばやしを山車に乗ってねり歩くお祭りが盛大のようだ。ところであの忌まわしい白い花を咲かす植物は秋田でもはびこ [続きを読む]
  • 日本三周118日目(2017.9.16)
  • 走行:碇ヶ関→秋田県 鹿角 44km 道の駅かづのテント泊。昨夕道の駅の上空に見事な虹がかかった。完璧な円弧で一部二重になっていた。感激。お天道様の贈り物。今日の道は出発して直ぐ坂梨峠460mを越え秋田県へ。いつもながら県境の峠は厳しい。そして京都からの若きチャリダーに会った。北海道、間違いなく宗谷岬を目指している。今日は青森までとのこと。元気だ。あ、そうそう昨日弘前でおばちゃんから激励されりんご数個の差 [続きを読む]
  • 日本三周117日目(2017.9.15)
  • 走行:弘前 岩木山麓→平川市碇ヶ関 45km 道の駅いかりがせきテント泊。一晩中降ったり止んだり、時にザァーットテントに吹き付ける音で目が覚めた。幸い漏れは少し。朝、止んで晴れてきた。岩木山は頂上から雲が取れない。日本海からの風を受けているからだろう。暗雲でなく白い雲なので何となく安心。岩木山神社に参拝。今週末18,19,20日にお山参詣があり準備中だった。弘前の町へ入りちょうど案内放送のスピーカーから正午の [続きを読む]
  • 日本三周116日目(2017.9.14)
  • 走行:十三湖→弘前 岩木山麓 54km 高長根レクリエーションの森キャンプ場テント泊。昨夜は木ずれの音が激しく目を覚ました。津軽半島は日本海からの風が強く十三湖の中の島キャンプサイトも松の防風林がびっしり。走行状況は厳しかった。日本海からの強力な横風に煽られ上空を暗雲が流れ時折これでもかとぱらぱらと降ってくる。岩木山も全容を見せてくれない。ここら辺はりんごの産地。そろそろ収穫か。お店が全くない。津軽は [続きを読む]
  • 日本三周115日目(2017.9.13)
  • 走行:蟹田→五所川原 十三湖 35km 中の島キャンプ場テント泊。朝までしょぼしょぼ降っていた。あずまやの屋根の下で濡れずに助かった。今朝陸奥湾越しにまさかり下北半島からの日の出を拝めた。赤くなかったので雨は大丈夫だろう。一番の青森函館間の上り下りフェリーが行き交っていた。青森に入って違いは道端の矢印が無くなったのと道に融雪水口が見られるようになった事と町中で話している言葉がころっと変わってしまった事 [続きを読む]
  • 日本三周114日目(2017.9.12)
  • 昨日の走行:55km。本日の走行:脇野沢蟹田 8km。昨夜から雨。今日も1日降り続くようだが走り続けるのでなくフェリー移動のみの予定なので出発。ここ脇野沢ユースは1965年から続いている。昨夜同宿者なし。くそどまりの漢字は「九艘泊」フェリーは定刻出港。下北半島から津軽半島へ1時間の船旅。空いている。風が強くなり海は荒れ模様。雨も降っている。雨の中のテント設営嫌だなと思って蟹田に2軒ある旅館へ問合せたら満室で断 [続きを読む]
  • 日本三周113日目(2017.9.11)
  • 走行:むつ→脇野沢 脇野沢ユースホステル泊。冷え込んだ。今朝13℃。テントは夜露でびしょびしょ。涼しく曇り空。赤い朝焼け。天気が悪くなる前兆。昼過ぎからと夕方ぱらぱら降られた。むつ湾を望みながらの今日の道は退屈。脇野沢と言う地名は北限のサルの生息地ということもあり若き日憧れの地で50年位前輪行で訪れている。ここのユースはそのちょっと前からやっている。ここの先に九そ泊と言う地名がある。そという漢字が難し [続きを読む]
  • 日本三周112日目(2017.9.10)
  • 走行:なし。バス移動 恐山 早掛けレイクサイドヒルキャンプ場テント泊。早朝より激しい雷雨。ピカーそして雷鳴。その雷鳴がテントを叩きつける雨音でかき消されてしまう。テント補修試験だ。一部漏れたがこの雨なので自己採点合格。テントの周り水浸し。昨日は土曜日で家族連れのキャンパーが多くテント設営していた。びっくりしたかも。以前も同じ状況あったが子供達は楽しんだりしていた。参った。ここむつに6時過ぎ洪水注意 [続きを読む]
  • 日本三周111日目(2017.9.9)
  • 走行:大間→むつ 45km 早掛レイクサイドヒルキャンプ場テント泊。大間崎、夕陽と日の出が見れると言うので待ち構えた。天候に恵まれ拝むことが出来た。走行始めると蒸し暑い!津軽海峡を渡ると気候が変わる。2年前青森へ渡った時もそうだった。大間はマグロで持ちきりだが、コンブやワカメも収穫出来ているようだ。布海苔はここ津軽海峡磯が発祥の地。これはたまたまで新しい捨て石に布海苔が出来ているのを発見。これが全国に [続きを読む]
  • 日本三周110日目(2017.9.8)
  • 走行:函館大間 6km 大間崎キャンプ場テント泊。津軽海峡フェリーで北海道を離れ本州へ。このフェリー人気があるのか乗客はそこそこ乗船していて車輌は目一杯。多分予約なしでは乗船出来なかったと思う。大間と言えばマグロなので昼に食べてみた。味は格別と言うこともなく量が少なく高い。2年前来たときの印象も確かそうだった。ここにもモニュメントがあって観光客が集まって来て写真撮影。宗谷岬みたいな状態ではないが、ポー [続きを読む]
  • 日本三周109日目(2017.9.7)
  • 走行:北斗市→函館→北斗市 26km 函館クロスロード泊。昨夜の同宿者6人。宿の差し入れもあってちょっと飲み会。中に冬スパイクタイヤを履いたバイクで宗谷岬へ走る人あり。チャリダーもいるそうだ。色んな人がいるものだ。今日は函館観光。五稜郭、赤レンガ倉庫、函館山。函館山観光道路は現在自転車バイク通行禁止。ハイキングコースを歩いて登った。標高334m。展望台で待機。夕闇迫り観光客が集まり始めた。夜景をじっくり眺 [続きを読む]
  • 日本三周108日目(2017.9.6)
  • 走行:木古内→北斗市 35km ゲストハウス函館クロスロード泊。昨夕困惑した。夕食。道の駅内のレストラン、5時半オープンで行ったら本格的イタリアン、ワインでも飲んだら軽く5千円越えそう。向かいにセイコーマート発見、入ったら雰囲気がおかしい?今週末オープン。周辺に喫茶軽食、だめ。歩いて普通の食堂発見。ホッ。自炊してもよかったのだが、道の駅火気厳禁のトラウマでその気がなかった。廃線した江差線はここ木古内まで [続きを読む]
  • 日本三周107日目(2017.9.5)
  • 走行:江差→木古内 52km 道の駅きこないテント泊。昨夜予想してなかった雨がザァーッと一降り。テントびしょびしょ。道は上ノ国を横断する山間道路。オーシンツクが盛んに鳴いている。赤い実が成り稲も黄色みが濃くなってきた。今日走っている道は今週末9/8,9ツールド北海道のコース。登り下りがあって脚力とギヤ選択が勝負どころと思う。花粉症の選手は辛いと思う。並行に江差線が通っていた。明らかに廃線状態。いつまで走っ [続きを読む]
  • 日本三周107日目(2017.9.5)
  • 走行:江差→木古内 52km 道の駅きこないテント泊。昨夜予想してなかった雨がザァーッと一降り。テントびしょびしょ。道は上ノ国を横断する山間道路。オーシンツクが盛んに鳴いている。赤い実が成り稲も黄色みが濃くなってきた。今日走っている道は今週末9/8,9ツールド北海道のコース。登り下りがあって脚力とギヤ選択が勝負どころと思う。花粉症の選手は辛いと思う。並行に江差線が通っていた。明らかに廃線状態。いつまで走っ [続きを読む]
  • 日本三周106日目(2017.9.4)
  • 走行:奥尻島 賽の河原→奥尻江差18km 開陽丸記念公園テント泊。 いやびっくりする偶然。朝、賽の河原にチャリダーが現れた。話をしていたら2年前クッチャロ湖のキャンプ場でサハリン行きで待機していて会った青年。日本一周、世界一周済み。走行は10万kmを軽く越えている。去年オーストリア、今回奥尻島へはまだ来てなかったので。日本三周目など遠く足元にも及ばない。砂利の峠越え道へ行った。自転車の旅が好きなのだろう。 [続きを読む]
  • 日本三周105日目(2017.9.3)
  • 走行:北追岬→賽の河原 31km キャンプ場テント泊。昨夕の夕陽は見事だった。風は夜一旦止んだが未明3時頃突然吹き始めそのまま。走り始めたら強烈な向かい風と花粉症との闘い。島に渡っても植生は同じだった。修行だ。何か悟れるか?雑念が入ってそれどこではない。西海岸から北へ抜ける道は正に峠越え。360mと380mの二つの峠を越えた。島に平坦な道なしの通り。この島は断崖の続く海岸と峠越えの山間道路で島とは思えない。秋 [続きを読む]
  • 日本三周104日目(2017.9.2)
  • 走行:奥尻→北追岬 36km 公園キャンプ場テント泊。午前中曇りだったが午後から晴れてきた。台風の余波か風が強い。奥尻島東海岸は磯で御影石が延々続いたり磯ではウニ漁が行われていた。北海道南西沖地震では南端の青苗地区の被害が大きかった。時空翔と題した慰霊碑がある。倒れたが灯りが消えなかった青苗岬灯台。西海岸へ出ると断崖が続く。海中に幾つもの岩が立っている。水はきれいだ。奥尻は街時間と異なる島時間があるそ [続きを読む]
  • 日本三周103日目(2017.9.1)
  • 走行:瀬棚奥尻 17km 民宿清運丸泊。瀬棚のキャンプ場は高台にあるので朝、雲海ではないが瀬棚の街から日本海へ白くたなびいていた。今朝も冷え込んだ。夜露がすごく雨が降ったようだ。日が照っても乾かず。海岸へ出て見た。賑わった海水浴場も日独狐一人いない。フェリーで奥尻島へ。シーズンも終わり空いている。新造船できれいだ。奥尻島到着。まずシンボルの鍋釣岩。どうしてこの岩がここに残っているのか?奥尻島と言えばあ [続きを読む]
  • 日本三周102日目(2017.8.31)
  • 走行:島牧→瀬棚 43km せたな青少年旅行村テント泊。昨、夜中に雨降り。朝、スカッと晴れ。空気は正に秋。9月半ば過ぎると大雪山系に雪が降る。ユースの同宿者5人。この辺は1993年北海道南西沖地震で7mの津波が襲ったそうでこのユースも流されてしまった。近くには北海道1の賀老の滝、エーデルワイスそっくりの花が咲く大平山、北上山地に比毛をとらない北限のブナ原生林があるそうだ。スカッとした気分で走りたいところだが、 [続きを読む]
  • 日本三周101日目(2017.8.30)
  • 走行:寿都→島牧 39km 島牧ユースホステル泊。朝、晴れて冷え込んだ。9.7℃。海面から湯気が立ち上がっていた。気温が海水温より低い証拠。薄日が差し始めた。少し温かくなり夜露で濡れたテントも乾き、お日様は有難い。不安を消し飛ばし明るさと希望を与えてくれる。思わず拝みたくなる。雨で閉じ込められていた後なのでより一層強く感じた。寿都も昭和20年頃迄は鰊漁で栄えた。海が白子で真っ白になった。親方は1週間大漁だ [続きを読む]
  • 日本三周100日目(2017.8.29)
  • 走行:なし。寿都(スッツ) 浜中海岸野営場キャンプ泊。近くに村の案内放送用スピーカーがある。朝6時過ぎ突然サイレン音に続き北朝鮮からミサイルが発射されたので直ちに頑丈な建物か地下に入るように。と?!。海岸の野営場にいる人は?穴でも掘って身を伏せるのか。ナンセンスと言うか竹槍持って構え的発想と思った。6時15分再びサイレン音、ミサイル通過したので不審な落下物を発見したら警察か消防に連絡のこと。騒がしい朝だ [続きを読む]