FUKUU さん プロフィール

  •  
FUKUUさん: FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌
ハンドル名FUKUU さん
ブログタイトルFUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌
ブログURLhttp://fukuu-haiku.jugem.jp/
サイト紹介文排ガスの道路に揺れる花が咲く〜写真俳句を詠みます。書芸を組み合わせて。そばに潜む、花を咲かせたい〜
自由文渋谷が好きです。
毎年フジロックフェスティバルへ行っています。
「FUKUUの写真・書芸俳句、または五七五、または短歌」を
どうぞよろしくお願いします(⌒▽⌒)

[FUKUU's photo calligraphy haiku]
I compose a haiku with a photograph and calligraphy.
A haiku is a Japanese poem of seventeen syllables [in 5‐7‐5 syllabic form].
Welcome to FUKUU's photo calligraphy haiku!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/05/15 19:42

FUKUU さんのブログ記事

  • さくらいろの包みをひらき晩春を口にふくむ
  • さくらいろの包みをひらき晩春を口にふくむさくらいろのつつみをひらきばんしゅんをくちにふくむ人生は結果ではなく過程を味わうものということに気づいた未来に起こるかもしれないことを考え過ぎて天秤にかけた後にOpen the cherry blossoms colored packetTaste late spring手に取って包み紙を開けて口に含んだ飴玉今は、飴玉をゆっくりと溶かすように人生を味わいたい葉桜になっていく桜咲き始めたパッションピンクのツツジ小 [続きを読む]
  • しのぶさん書道芸術院展入賞〜秋桜や頬を流るる街の雨
  • 山口在住の女流書家 水津しのぶさんが日本書道芸術院公募展で入賞された作品です♪私の作った俳句秋桜や頬を流るる街の雨こすもすやほほをながるるまちのあめを書いてくださっての入賞なのです(o^^o)雨のせつなさ街のアスファルトの硬質感を感じさせる書で、感激しています。しのぶさんの入賞コメントを転載します。--------------------書道芸術院公募展で褒状を頂いた作品です。普段の私の字とは 全く違う「現代詩文書」部門の作 [続きを読む]
  • 人生や雪柳咲き並ぶ道
  • 人生や雪柳咲き並ぶ道今、隣を歩いている人と人生を共に歩いていけないということが分かった雪柳は風に乗る白い龍の尾のように揺れて甘い香りを放ち、空は春色に暮れ始めていた目の前の道はまっすぐで、足の裏に跳ね返るJUGEMテーマ:花の記憶 [続きを読む]
  • 草萌ゆる事に気づくや我の道
  • 草萌ゆる事に気づくや我の道くさもゆることにきづくやわれのみち私は何があっても自分らしく生きていくやりたいことやって書の稽古に通うと決めたら、世界がキラキラ輝いて見えてきた九日前、春の雨が靄のように漂う朝の通勤路地下鉄から地上に出て歩き始めたら、コンクリートの目地から萌え出る一つ一つの雑草が目に飛び込んできた石垣の隙間から萌え出る、雑草が美しいJUGEMテーマ:花の記憶 [続きを読む]
  • 虹のやう雪柳咲く頃となり
  • 虹のやう雪柳咲く頃となりにじのやうゆきやなぎさくころとなり気づいたら雪柳が咲き始めていた。いつもの通り道の傍ら、ずっと同じところに生えていた株から他の植木に埋もれ目立たないグリーンの葉を伸ばしていた枝からいつもの通り道へ弧を描きながら白い光がこぼれだすように去年とは違う花が咲く。JUGEMテーマ:花の記憶 [続きを読む]
  • 夜空を食べるレストラン
  • 昼間は食べていくために人と対峙していかなければならないので、夜は世界の片隅に潜り込んで、月と星を眺めながらご飯が食べたい月が三日月に破れて星の数が増えたなぁと思ったら夜空にミシン目が入って私の前のスープ皿に堕ちてきたスプーンですくって食べる私のカラダの中へ沁みて、足先から大地の深いところへ繋がったsogen書芸塾2017年2月JUGEMテーマ:花の記憶 [続きを読む]
  • 違ふ春同じく赤くアマリリス
  • 違ふ春同じく赤くアマリリス ちがふはるおなじくあかくあまりりす 今年もアマリリスが咲いた。 去年と同じく赤いけれど 去年とは違うアマリリス。 去年とは違う春。こういう春が、私の部屋に訪れるとは思わなかった。 A different springAlso redAmaryllis 去年もおととしも一昨々年も一昨々々年も、、春に物事が動く。JUGEMテーマ:花の記憶 [続きを読む]
  • 立春や片割れ月と引越せる
  • 立春や片割れ月と引越せるりつしゆんやかたわれつきとひつこせる月は満月を越えて、欠けはじめたけれど、、、 今年の立春はこれから満ちていこうとする半月が浮かんでいた。私は浮かれていなかったたくさん眠っていたあの人が自分の力で、自分の部屋からさなぎの殻から抜け出して来てくれたさなぎから蝶になる時だったから結婚する前の人が放つようなキラキラとしたかわいい顔をしていたんだ肌はしろくて頬は紅くてJUGEMテーマ:花 [続きを読む]
  • 鼻の先の青空ゆるび二月来る
  • 鼻の先の青空ゆるび二月来る光やはらかく空ゆるびたり地は冷たし俳誌「炎環」2017年4月◆鼻の先空はゆるびて二月来る: 揚句に添削JUGEMテーマ:花の記憶 [続きを読む]
  • 紅梅のほころび明日は寒き朝
  • 紅梅のほころび明日は寒き朝こうばいのほころびあすはさむきあさおととしの六月末に始めたことから昨日退会しました。思っていたよりもずっと時間がかかってしまったけれど、ピンク色の退会届にペンを走らせながら、ああ、こういう机で白い紙に書いて始めた…隣の部屋からもれる司会者の声を聞きながらこういう司会の声を聞いた…机の横に置かれているチラシを見ながらチラシを選んで持って帰った…その時その時の自分を想い出して [続きを読む]
  • 秋桜や頬を流るる街の雨〜祝!しのぶさん入賞
  • 女流書家 水津しのぶさんが書道芸術院展 現代詩文書にて入賞されました(^o^)/私の俳句秋桜や頬を流るる街の雨を書いてくださっての入賞です☆しのぶさんのコメントを転載します。-----------------------------------昨年末に出品した書道芸術院展 現代詩文書の作品が、今年も入賞とのお知らせをいただきました。今まで勉強してなかった部門を勉強しはじめて悩みながら四苦八苦しながら仕上げて提出した作品に賞を頂くのは 嬉しい [続きを読む]
  • 過ぎし日の箱いつぱいのみかんかな
  • 過ぎし日の箱いつぱいのみかんかな子供のころ、こたつの上にあったみかん。こたつの中には、小さな茶色い犬。お正月旅行、おばあちゃんがホテルの部屋で黒いかばんからみかんを取り出す。となりの両親の部屋に、一つ届けに行った。スキーに行ったら、友達がみかんを持ってきていた。雪に冷えて、冷たかった。今まで出逢って、食べた、たくさんのみかん。箱いっぱいのみかんのことを考えていたら、近所のスーパー、東急ストア60周年 [続きを読む]
  • 室の花 余熱に肉を仕上げたり
  • 室の花 余熱に肉を仕上げたり むろのはなよねつににくをしあげたり 会社のそばに好きなステーキ屋さんがあっておじいさんとおばあさんの二人で切り盛りしていて、出てくるお肉の焼き加減が音楽のようにリズムにのっている。 網の焦げが縦に入っていて、思考と感覚の両方が形となっている。 テレビで、軽井沢でNewsがバーベキューをしていて最後の仕上げは肉をアルミホイルで包んで、余熱。 通販番 [続きを読む]
  • 葉のかたちハートとなりし流れ星
  • 流れ星が消えることをやめて月のように輝き出す空の下で再会しよう 土はふわふわとやわらかくあたたかい 時計の奥に潜んでいたぜんまいのようなぐるぐるとした芽が現れて 星の光に手を伸ばすようにほどけたら ハートの形の葉となる 葉のかたちハートとなりし流れ星 はのかたちはーととなりしながれぼし 俳誌「炎環」2016年12月JUGEMテーマ:花の記憶 [続きを読む]
  • ああ、つひに、桜紅葉の燃ゆるかな
  • ああ、つひに、桜紅葉の燃ゆるかな ああ、つひに、さくらもみぢのもゆるかな 桜の紅葉は、黄色から始まって次第に色が深くなって最後には赤くなる。 黄色いまま散る葉もあれば、赤く燃えるまで枝に残っている葉もある。 根元をみると、時に散った葉が色とりどりに積み重なっていて、丁寧に作られたスープのように、美しい。 決断の速さ、ためらい、、、 時は、瞬時に手放していく [続きを読む]