道子 さん プロフィール

  •  
道子さん: サロン・ド・吉田荘通信
ハンドル名道子 さん
ブログタイトルサロン・ド・吉田荘通信
ブログURLhttps://ameblo.jp/divinepassion/
サイト紹介文お香づくり(塗香・匂ひ袋)などが楽しめる「サロン・ド・吉田荘」の日々のブログです。
自由文「サロン・ド・吉田荘」では、お香(匂ひ袋・塗香・線香等)の調製・販売・講座などを行っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/05/16 10:22

道子 さんのブログ記事

  • 初・寺社参拝なしの京都〜京都鉄道博物館にて〜
  • 今回は、奈良がメインの旅行ではありましたが、一泊目は京都でした。京都に到着する時間が寺社参拝には微妙なタイミングだったこともあり、鉄道博物館に行ってみましたよ。 懐かしの0系新幹線。 こちらは500系。時速300キロ走行を可能にしたんですよね。走行中、時速300キロ出ているときには、車内にテロップが流れた記憶が。 そして、私が京都鉄道博物館で見てみたいな〜と思っていたのは、梅小路機関車庫です。扇形が優美ですよ [続きを読む]
  • 鑑真和上のお墓参り。〜唐招提寺、再び〜
  • 大好きなお寺の一つ、唐招提寺。お香を調合するようになってからは、鑑真和上のお墓参りの意味も込めて、参拝しています。 御廟へと続く小道は、苔がきれいです。 そして、こちらが鑑真和上の御廟です。感謝の気持ちとともに、初めて撮影させていただきました。 私にとって、いつも清々しい気持ち、初心に還らせてくれる場所です。 ********************************************************************お香作成承り・販売(匂 [続きを読む]
  • 新薬師寺から空気ケーキ。
  • いつも穏やかな静けさを味わうことのできる、新薬師寺。薬師如来坐像と十二神将立像が、千年以上の時を超えてここで迎えてくれます。なんとも不思議な感覚に陥ります。 新薬師寺に参拝した後は、「空気ケーキ。」さんでお茶、が定番コースです。過去記事はこちらです。→新薬師寺(2012年)                 奈良の素敵なカフェ&ケーキ屋さん〜空気ケーキ。〜(2013年) この記事を書くにあたって過去記事を見た [続きを読む]
  • 金峯山寺、再び。
  • 先日、三度目の金峯山寺参拝をしてきました。 一度目は年末、二度目は春の御本尊・金剛蔵王大権現の特別御開帳の時期、そして今回は真夏、とすべて違う時季の参拝となりました。過去二回と比べて参拝者は非常に少なく、静けさの中で参拝することができて満足です。真夏は閑散期なのでしょうかね。 実は、近鉄に乗ってふらりと吉野駅まで行ったはいいものの、吉野山駅までのロープウェイが運休。4月下旬から長期運休していたとは露 [続きを読む]
  • 邂逅
  • 先日渋谷で、枝ぶりのいい白の百日紅(さるすべり)に出会いました。文化村通りの方の街路樹が百日紅だとは気づいていなかったので、嬉しい「発見」でした。濃い紅色に、見慣れた濃い桃色、少しラベンダーがかった薄い桃色、そして白。百日紅の花の盛りとともに、夏の盛りを感じます。 この日は、百日紅だけではなく、本、映画、香料に関して思いがけない良い出会いがあり、静かな満足感を味わえた滋味深い一日でした。 ********* [続きを読む]
  • 三宝大荒神社と独鈷水〜泉涌寺塔頭・来迎院にて〜
  • またしても間が空きましたが、京都日記の続きです。本日は、泉涌寺塔頭の来迎院。鎌倉時代の開山だそうです。そもそも、弘法大師が唐で感得された三宝荒神をこの地に祀ったことが始まりとされているのだとか。写真左側に見えるのが、弘法大師の銅像です。 こちらは荒神堂。この写真の上の写真は、荒神堂から見下ろした風景です。三宝大荒神坐像などの重要文化財がありますが、非公開とされています。 こちらは、独鈷の水です。弘 [続きを読む]
  • 京阪電車沿線の神社・お寺さん特集☆【追記あり】
  • そのうち、電車で参拝特集記事を上げようと思っていますが(※)、今回は大阪・京都・滋賀を結ぶ京阪電車特集です。古刹も多いこの路線、今回はお寺さんも入れてみました写真は、昨年石山寺内・八大竜王社で撮影したものです。 ※2017年7月11日追記「電車で参拝シリーズ」(13沿線→関西以西(JR東海・名鉄・近鉄・京阪・嵐電・和歌山電鐵貴志川線・JR西日本)・関東圏(西武・東武・京王・京急・都内地下鉄・JR東日本))はこち [続きを読む]
  • 織姫にちなんで。〜機織りの女神が祀られている神社〜
  • 今日は七夕。織姫にちなんで、今までに私が参拝した機織りの祖神とされる女神(栲幡千千姫命/萬幡豊秋津師比賣命)が祀られている二社のご紹介です。 〇京都・今宮神社内 織姫社〇愛知・一宮神社内 服織(はとり)神社 いろいろなところでカラフルな短冊が見られるのも、夏の風物詩でいいものですよね。皆さんは、お願い事はしましたか。 ********************************************************************お香作成承り・販売 [続きを読む]
  • 受かっていました。
  • フランス語の試験・DELF A2に合格していました。ほっとしました…。 合格はしたものの、決して満足のいく得点ではありませんでしたが、これが今の実力。質・量ともに勉強不足であった自覚はあったので、さもありなんというところです。こういった努力不足が低得点となって目の前に突きつけられるので、試験というものは非常にわかりやすいと感じます。読解・聴解・口頭・文書作成の4分野それぞれの何をどのように強化していくか、 [続きを読む]
  • お線香は、自分でも作れます。
  • お線香は「買うもの」であって、作るものという発想がそもそもない方の方が圧倒的多数であろうかと思いますが、自分でも作れるんですよ〜。 簡単に工程を紹介すると、① 香料を調合する。② 香料・糊剤となる木の粉(椨粉等)・炭粉・水を混ぜて練る。③ まとまった生地を絞り出す。④ 乾燥させる。という流れになります。 こちらは、調合した香料、椨粉、炭粉、水を混ぜて練ったところ。まとめた生地を、1本1本絞り出したとこ [続きを読む]
  • 香る夢
  • 先日、香りを感じる夢を見ました。匂い袋4つを目の前にして、龍脳のシャープで強い香りを実際に感じている、という場面。調合された香料の香りではなく、龍脳単体の香りというところが印象的でした。 普段から龍脳は扱っていますが、さすがに枕元には置いていません。脳内にデータとしてキープされている龍脳の香りが、夢の中で再現されたのかな?…などと思ったりします。 体感のある夢は、印象に残りやすいですよね。 また別の日 [続きを読む]
  • 高瀬川逍遥
  • 京都の高瀬川付近は、何とも言えず良い風情のあるところですね。 こちらは、フランソア喫茶室。昭和9年に開店されたのだそうです。店内は、タイムスリップしたかのよう。この時は、お目当てのケーキがいただけなかったので、また訪れたいと思います。 フランソア喫茶室のすぐそばにあるお漬物屋さんの村上重本店。天保年間に開店されたという歴史あるお漬物屋さん。千枚漬の時期は終わっていたので、別のお漬物を購入して帰りまし [続きを読む]
  • 天龍寺【京都府京都市右京区嵯峨】
  • すっかり間が空いてしまいましたが、4月に旅した京都日記の続きです。こちらは、嵐山の名刹、臨済宗天龍寺派大本山、天龍寺のお庭。天龍寺の名称は、正しくは霊亀山天龍資聖禅寺というのだそうです。後醍醐天皇の菩提を弔うために、足利尊氏が夢想国師を開山として創建したお寺だそうですよ。 この庭園「曹源池」は、国の史跡・特別名勝第一号なのですね。広大な庭園は、散策にぴったり。今頃は、新緑から夏の緑へと変化して、濃い [続きを読む]
  • 【随時開講】お香等に関する講座一覧
  • 現在、お香等に関する講座は5種類用意しております。○塗香づくり講座○匂ひ袋づくり講座○お線香づくり講座○香原料について知ろう!○ドライ・パフュームづくり講座いずれも、お一人から随時開催しております。お気軽にお申込み・お問い合わせ下さいね。→お問い合わせフォーム ********************************************************************お香作成承り・販売(匂ひ袋・塗香・部屋香・線香・ドライ・パフューム)お [続きを読む]
  • 【追記あり】「日本の神様 お守り"匂ひ袋"手づくりの会」、終了しました。
  • 日本の神様 お守り"匂ひ袋"手づくりの会が終了しました。 神々のイメージを香りで表現するひとときを楽しんでいただけたようで、嬉しく思っております。ご自分だけのオリジナルのお守りができましたね。匂ひ袋の袋の色、紐との色合わせによっても、香りが違って感じられるのも興味深いところです。日が経つにつれて、香りが穏やかになっていく変化もあわせて楽しんでいただければと思います。 ご参加くださった皆様、企画してくだ [続きを読む]
  • 久々の「写ルンです」。
  • 先月、北野天満宮にて、修学旅行中の中学生と思しき男の子から、「写真を撮ってください」と頼まれ、渡されたのが懐かしの「写ルンです」でした。 自分でも信じられなかったのですが、一瞬、「あれ、どうやって撮るんだっけ??」と思ったことにびっくりしました…。その昔、「写ルンです」には散々お世話になっていたのに!ここのところは、写真をスマートフォンで撮っているので、撮影結果が確認できて当たり前になっていました [続きを読む]
  • 4年前に調製した匂ひ袋。〜零陵香の力〜
  • 香原料の一つに、零陵香(れいりょうこう)という香料があります。香りは辛味が強く、また香り自体も強い香料で、零陵香単品の香りは癖が強い部類です。私は、キリッと引き締まった香りにしたいときなどに、この香料を使うことがあります。 手作りの匂ひ袋自体、香りは薄らぎながら1年以上保つことが多いですが(保存状態にもよります)、写真の匂ひ袋は2013年に調製したにもかかわらず、しっかり香りが残っています。零陵香をベ [続きを読む]
  • ヘルシンキ旅日記⑥ テンペリアウキオ教会
  • 岩をくりぬいてつくられている、テンペリアウキオ教会。1930年代に建設が決定していたものの、戦争の勃発により、建設が頓挫したため、戦後改めてコンペが開かれ、1969年に完成したのだそうですよ。 中に入ってみると、陽光差し込む明るい空間。この後、子供たちが合唱の練習をしていました。声がよく響いて、気持ちの良い時間を過ごすことができました。****************************************************************** [続きを読む]
  • 気が付けば1年。
  • サロン・ド・吉田荘の旧ウェブサイトを削除してから早1年が過ぎました。 2011年に旧ウェブサイトを開設して以来、各ブログ記事の最後に、旧ウェブサイトへのリンクを貼っており、リンク先にとべないままになっていたため、旧リンクの削除もしくは新サイトへのリンクに貼り替えを行いました。 ということで、2011年から今までのブログ記事を、図らずも総見直しすることになったわけですが、圧倒的に多いのが自分の [続きを読む]
  • ヘルシンキ旅日記⑤ カンピ礼拝堂
  • 賑やかな広場に突如現れる、木製の建物。こちらがカンピ礼拝堂です。ルター派の信徒の方々と、ヘルシンキ市の健康・社会福祉部によって運営されているそうです。 内壁や椅子なども木製です。祭壇には銀製の十字架が。これ以上削ぎ落とすものがないようなシンプルさ。静寂の礼拝堂とも言われ、内部でのおしゃべりは禁止です。心の安寧を取り戻せる場所でした。 ******************************************** [続きを読む]
  • ヘルシンキ旅日記④ カイヴォプイスト公園
  • エテラ港まで歩いて行こうと思い、散歩をしていたのですが、もう少し歩けばカイヴォプイスト公園であることがわかり、そのまま歩いて公園へ。 フィンランド湾に面した広い公園です。 写真はないのですが、この日は公園内で馬のイベントが行われており、騎士の恰好でのショーや子供たちの競争、乗馬グッズの販売などが行われていました。 街中から少し歩いただけで、こんなにのどかな光景に出会えるなん [続きを読む]
  • ヘルシンキ旅日記③ ヘルシンキ大聖堂
  • 「フィンランド」というと、この大聖堂の写真がよく使われているのではないでしょうか。カール・エンゲルによって設計され、彼の死後、1852年に完成したとされるフィンランド福音ルター派教会に属する大聖堂です。手前の像は、アレクサンドル2世像。アレクサンドル2世は、農奴解放令を出したロシアの皇帝ですね。 土日は、大聖堂の階段にたくさんの人々が集まっていました。写真では、まだ隙間がありますが、この後階段はぎっ [続きを読む]