panthanwatch さん プロフィール

  •  
panthanwatchさん: 気象部屋
ハンドル名panthanwatch さん
ブログタイトル気象部屋
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/panthanwatch
サイト紹介文日々の天気について。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2011/05/17 17:48

panthanwatch さんのブログ記事

  • 一難去ってまた一難
  • 一難去ってまた一難とはこのことでしょうか。台風18号は温帯低気圧に変わって北海道から遠ざかりましたが、かわって北から寒気が流れ込み始めています。このため、北日本や北陸では大気の状態が非常に不安定となり、あちらこちらで雷雲が発達する見込みです。北海道では台風の影響で記録的な大雨に見舞われた所もありますが、あすにかけて雷を伴った激しい雨の降る可能性があります。引き続き土砂災害や河川の増水に警戒してくだ [続きを読む]
  • 4島に上陸は史上初
  • 台風18号はあるどうやら歴史に名を残す台風となりそうです。実は観測史上初めて北海道、本州、四国、九州の4島に上陸したのが台風18号だったのです。まず台風は17日に鹿児島県に上陸後、海上に出てすぐに高知県に再上陸。その後、やや進路を北に向け、兵庫県に再々上陸後、18日昼に北海道に再再再上陸しました。台風18号は北日本にも大きな爪痕を残しました。十勝地方大樹町では3時間で169ミリという観測史上最大の [続きを読む]
  • 台風18号 列島縦断へ
  • 大型の台風18号はきょう昼前に鹿児島県南九州市付近に上陸したのち、高知県と兵庫県に再上陸しながらこの時間は1時間に65キロの速さで北陸地方を北東へ進んでいます。日中は台風中心付近の発達した雨雲がかかった影響で大分県では1時間に100ミリを超えるような猛烈な雨が降り記録的短時間大雨情報が4度も発表されました。あす18日は北日本から北陸にかけて暴風や大雨に警戒が必要となります。あす夜遅くにかけて予想さ [続きを読む]
  • 広い範囲で暴風や大雨に厳重警戒
  • 午後9時現在、大型で強い台風18号は屋久島の西南西を1時間に15キロの速さで東北東へ進んでいます。台風は早ければあす17日朝にも九州へ上陸する恐れが高まっています。今回はやはり大雨と暴風の両方が心配です。本州南岸には秋雨前線が停滞しており、台風接近前から東〜西日本の太平洋側を中心に雷を伴って非常に激しい雨が降り総雨量がかなり多くなる恐れがあります。あす夜遅くにかけて予想される雨量(いずれも多い所) [続きを読む]
  • 弱まっても油断禁物
  • 現在東シナ海を北上中の台風18号は中心気圧950hPaとピーク時に比べるとやや勢力は衰えてきていますが、それでもまだ渦巻き構造を保っており油断はできません。台風はこのあと東寄りに向きを変えてあさってには九州に上陸する恐れがあります。今回の台風は大型という特徴を持っており、また本州南岸には秋雨前線が停滞しています。そのため広い範囲で雨や風の影響が出そうなんです。どうかこの連休は気象情報や交通情報にはく [続きを読む]
  • 台風18号、非常に強い勢力で九州接近の恐れも
  • 台風18号は非常に強い勢力で東シナ海を北上います。驚くべきは発達のペースです。きのう朝までは965hPaだったのにきょうの午前中には935hPaまで発達しました。これは東シナ海の海水温が30℃程度と平年よりに大幅に高くなっており、これが発達のエネルギー源となったと考えられます。台風18号は今後も非常に強い勢力を保ちながら次第に向きを東寄りに変えて3連休には九州を直撃する恐れがあります。さらにその後は速度 [続きを読む]
  • 宮古島では記録的大雨に
  • 台風18号の影響で先島諸島では荒れた天気となっています。特に宮古島では台風の中心付近の発達した雨雲がかかり続けて、記録的な大雨に。きょう1日ですでに降った雨の量は400ミリを超えている状況です。台風はこのあと東シナ海へ進んだのち次第に向きを東寄りに変えて本州に接近する恐れもあります。3連休ということもありお出かけをされる方も多いとは思いますが、最新の台風情報にご注意ください。 [続きを読む]
  • 北日本や東日本で荒れた天気の恐れ
  • 低気圧が発達しながら本州付近に進んでくる予想です。北日本や東日本を中心に雨や風が強まって荒れた天気となる恐れがありますので、注意が必要です。低気圧が発達するということは北からの冷たい空気の勢力も強まってきたということ。いよいよ夏が終わり秋へまっしぐらです。 [続きを読む]
  • 北日本や東日本で荒れた天気の恐れ
  • 低気圧が発達しながら本州付近に進んでくる予想です。北日本や東日本を中心に雨や風が強まって荒れた天気となる恐れがありますので、注意が必要です。低気圧が発達するということは北からの冷たい空気の勢力も強まってきたということ。いよいよ夏が終わり秋へまっしぐらです。 [続きを読む]
  • 台風18号発生
  • きのう午後9時にマリアナ諸島で台風18号が発生しました。どうやらこの台風に関しては今後の進路に十分な注意が必要となりそうなんです。というのも、太平洋高気圧が大きく後退しており、これは日本に接近しやすい状況ともいえます。沖縄では来週初めごろに台風の影響を受ける恐れもあり、今後の情報には十分注意してください。 [続きを読む]
  • 天気図はすっかり秋仕様
  • 天気図を見ると秋雨前線はすっかり本州の南海上に下がり、本州付近は移動性高気圧に覆われています。東京都心は気温は30℃近くまで上がったものの湿度は50%程度で比較的カラッとした暑さでした。もうこの先は気温は上がっても夏のような不快な蒸し暑さはほとんどないでしょう。しかし、これは太平洋高気圧が弱まって台風が接近しやすいということでもあるので、南海上から目の離せない季節が少なくともこの先1か月程度は続き [続きを読む]
  • 活発な秋雨前線
  • きょうは秋雨前線の影響で非常に激しい雨の降った所もありました。今は夏の空気と秋の空気がせめぎあっている状況なんですね。あすになると徐々に前線の活動は弱まるでしょう。次第に秋晴れとなる所が多くなりそうです。 [続きを読む]
  • 秋雨前線による局地的大雨に注意
  • きょう午前9時に南シナ海で台風17号が発生しました。台風はこのあとは大陸方面へ進む見込みで日本への影響はなさそうです。台風よりも心配なのは秋雨前線。あすにかけて秋雨前線が本州付近に停滞する予想で、西日本を中心に暖かく湿った空気が流れ込んで局地的に非常に激しい雨の降る恐れがあります。落雷や突風、低い土地の浸水、土砂災害に注意してください。 [続きを読む]
  • 喜界島と屋久島で記録的大雨
  • きのうは喜界島で1時間に108ミリの猛烈な雨が降り、さらにわずか6時間も経たないうちに364ミリの雨が降る記録的な大雨となりました。これは50年に一度の記録的な大雨となりました。また、きのうは屋久島でも1時間に120ミリの猛烈な雨が降り、記録的短時間大雨情報が発表されました。いずれの雨もフィリピン付近の熱帯低気圧が原因です。熱帯低気圧から暖かく湿った空気が流れ込んで、ちょうど喜界島や屋久島付近がそ [続きを読む]
  • 霜が降りるほどの冷え込みも
  • 今朝は北海道内陸部を中心に冷え込みが強まりました。陸別町では最低気温2.7℃を記録するなど霜が降りるほどの冷え込みとなりました。それにしても北海道の季節の歩みは早いです。ただ、日中は高気圧に覆われ晴れて気温が上昇。札幌など最高気温が25℃を超えて8月27日以来8日ぶりの夏日となりました。あすになると朝の冷え込みは緩みますが、内陸部では10℃近くまで下がりそう。そして日中は気温が上がるので、脱いだり [続きを読む]
  • 台風15号は温帯低気圧へ
  • 台風15号は午後9時に温帯低気圧に変わりました。広い範囲に影響を与えることはなさそうですが、心配なのは高波。北海道太平洋側を中心に引き続きうねりを伴ってしけるので、注意が必要です。さて、フィリピン付近に台風の卵がありますが、この先しばらくは日本に影響を与えそうな台風というのは発生しなさそうです。 [続きを読む]
  • 低温も15号の影響
  • きょうの東京は最低気温が16.8℃と10月上旬並みの気温の低さとなりました。最低気温が16℃代まで下がるのは6月20日以来70日ぶりのことです。なぜ季節外れの涼しさとなったのか。実は原因は台風15号なのです。15号が日本の東海上を進んだことで来たから冷たい空気を引っ張り込むこととなりました。特にサイズが大きい台風というのは空気を巻き込む力が強いので、そういった台風が日本付近を通過した際には季節の外 [続きを読む]
  • 台風15号足早に北上
  • 台風が接近する父島ではこの3日間で雨量が400ミリを超えて50年に一度の記録的な大雨となっています。台風の動きが遅いというのも大雨の要因でしょう。あす以降は徐々に台風は速度を上げて足早に三陸沖を北上していきます。関東や小笠原諸島も天気は回復傾向に向かいますが、まだ海はうねりを伴って高い波が続くので注意が必要です。 [続きを読む]
  • 台風15号の影響で大荒れに
  • 台風15号は勢力を増しており、先ほど大型で「強い」台風となりました。現在、小笠原諸島付近に居座っており、あすにかけて大荒れとなるでしょう。またサイズが大きいという特徴があるので中心から遠い関東や伊豆諸島でも非常に強い風が吹いて海は大しけとなる見込みです。あす9月1日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)小笠原諸島 35メートル(50メートル)関東地方、伊豆諸島 20メートル(30メートル)あすにかけて [続きを読む]
  • 台風15号の影響で大荒れに
  • 台風15号は勢力を増しており、先ほど大型で「強い」台風となりました。現在、小笠原諸島付近に居座っており、あすにかけて大荒れとなるでしょう。またサイズが大きいという特徴があるので中心から遠い関東や伊豆諸島でも非常に強い風が吹いて海は大しけとなる見込みです。あす9月1日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)小笠原諸島 35メートル(50メートル)関東地方、伊豆諸島 20メートル(30メートル)あすにかけて [続きを読む]
  • 23区に記録的短時間大雨情報も
  • きょうは東京と練馬区で1時間に100ミリの猛烈な雨が降り、記録的短時間大雨情報が出されるなど関東で荒れた天気となりました。なぜここまで雨雲が発達したのか?風の様子を見るとちょうど23区西部付近で南西の風と北東の風がぶつかり合っているのが分かります。これにより雨雲が急速に発達したと考えられます。あすはきょうほど激しく降ることはありませんが、しっかりと雨が降りそうです。 [続きを読む]
  • 大型の台風15号、小笠原諸島へ
  • 台風15号は大きさが直径1450キロと大型となっています。強風域の半径が800キロ(直径1600キロ)以上と定められており、今後は超大型となる可能性もあります。台風が接近する小笠原諸島ではあす以降次第に風が強まり、海上は大しけとなる見込み。特にあす夜からあさってにかけては猛烈な風が吹くでしょう。あす予想される最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートル波の高さは8メートルの見込みです。暴風や大 [続きを読む]
  • 台風15号発生
  • きょう午後3時にマリアナ諸島で台風15号が発生しました。いつの間に台風がこんなに発生したのかと思うかもしれません。それもそのはず。9号が発生し先月末に沖縄の先島諸島に接近したあとも週一くらいのペースで10〜14号が発生したていたのですが、いずれも日本から離れた所かつ日本に影響がなかったのでほとんど話題にはなりませんでした。しかし、この15号の動きには今後注意が必要です。今後は北上し、小笠原諸島に今 [続きを読む]
  • 暑さの質に変化
  • きょうは全国的に晴れた所が多かったものの、12日ぶりに猛暑日が全国どの地点にも出現しませんでした。これは、高気圧がバトンタッチして、これまでの太平洋高気圧から大陸育ちの高気圧に変わったためです。大陸育ちなので、乾いた空気を持っています。各地、最小湿度は50%以下となり、最高気温は相変わらず30℃超えでも凌ぎやすい暑さだったと言えるのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • 秋雨前線の活動次第に弱まる
  • きのう東北や北陸に大雨をもたらした秋雨前線は引き続き本州付近に居座っているものの、その活動はきのうと比べると明らかに落ち着いてきています。天気図に前線が描かれているからといって必ずしもその近傍で雨が降っているとは限りません。暖かく湿った空気が大量に流れ込んで雨雲が発達することもあれば、逆に冷たく乾いた空気が優勢になって雨雲の発達が弱まることも。今回は間違いなく後者のほうでしょう。あすは関東から西も [続きを読む]