t-plan さん プロフィール

  •  
t-planさん: 毎日セキュリティ
ハンドル名t-plan さん
ブログタイトル毎日セキュリティ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/t__plan/
サイト紹介文毎日毎日、ゴトに関する情報とその解説、そしてその対策をご提案しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/05/19 15:46

t-plan さんのブログ記事

  • ■「ミリオンゴッド凱旋」から
  • 「ミリオンゴッド-神々の凱旋-」といえば、新たな場所から不正なチップが発見されたり、検定切れを迎えて認定作業に忙しかったり、何かと名前が飛び交うパチスロ機です。この機種においてかつて発見された不正なチップは、サブ基板の裏側に張り付けてありました。そして、目視による発見方法が発見直後から業界に広く流布されたことは記憶に新しいところではないでしょうか。「サブ基板上部の四角い3個の穴・・・。」がそれです。 [続きを読む]
  • ■「CR南国育ち羽根」どつきゴト?
  • Kです。少し前に流行した「CR南国育ち羽根」どつきゴトですが、先日も発生した旨ご連絡を頂きました。内容をお聞きすると、時短中の変則打ちは確認出来るが、どつきは見ている時には行っていない為確認する事が出来なかったとの事でした。ただの変則打ちのものか、どつきを伴うものか、今回の事例では確認できませんでしたが、どちらの場合でも、巡回強化・データチェック・設置場所の工夫が必要です。参考6月10日ブログ6月 [続きを読む]
  • ■筺体品質
  • スタッフHです。遊技機検査にお伺いする都度、検査項目以外に筺体品質についても精査させて頂きます。年間契約を頂いておりますホール様では、当初不備率が検査台数に対し数十%ありましたが、現在では、0〜3%以内になってきています。それと同時にセンサーの取付状況や動作確認に於いても、正確に取付られ、正常な動作をしているか?都度、抜き打ちチェックします。当初、取付位置の不備や動作不良であったセンサー等も現在で [続きを読む]
  • ■状況の確認を!
  • スタッフSです。クレマンゴトについて、遊技台メーカー様より注意喚起が出ている機種もございます。該当機種だけでなく、同一のセレクターを使用した機種にも注意が必要です。クレマンセンサーを取り付けているホール様において、センサーの配線が抜かれていたり断線などを見かける場合がございます。時には、電源すら入っていない場合も・・・センサーの不備については、様々な要因があるとは思いますがセンサーの動作チェックを [続きを読む]
  • ■ホールスタッフさん
  • CAという職業があります。かつては「スチュワーデス」と呼ばれ、女性のあこがれる花形職業の一つです。「華やかさがクローズアップされやすいCAですが、保安要員としての覚悟と責任は常に頭にあります。」「サービス訓練もエマージェンシー訓練もとても厳しいものですが、当たり前です。」   ※こちらから引用させていただきました。ホールスタッフさんの役割をCAさんのそれと比べては酷ですが、ホールスタッフさんにも複数の役 [続きを読む]
  • ■背後に組織?「持ち込みゴト」
  • 「メダル持ち込みゴト」情報がまたまた飛び込んできました。玉の持ち込みと同様に全国各地で発生するゴト手口の一つです。彼(彼女)らは自家用車に大量の玉やメダルを積み込み広い範囲を動き回ります。巧妙にそして慎重に持ち込むのです。1ホールに持ち込む数量はそれほど大量でなくとも何軒ものホールを一日がかりで回りますのでトータルのカセギは決して小さくありません。ときおり発生する10万発を超えるような持ち込みグル [続きを読む]
  • ■「沖ドキ!LL−30」注意喚起!
  • パチスロメーカーさんから業界団体を通じて注意喚起文書が発せられました。ゴトの手口は「クレジット上げゴト」です。メダルセレクター内にゴト器具を入れて不正にメダルを獲得するのです。いわゆる「クレマンゴト」ということでしょう。過去の例を持ち出すまでもなく、メーカーさんが正式に文書を発するということは既に当該ゴト被害が多数確認されているという事に他なりません。発表された「沖ドキ!LL−30」、そして同様の [続きを読む]
  • ■新手の仕込みゴト
  • スタッフHです。アナザーゴッドハーデスXより新手口の仕込みゴトの情報(弊社メールニュースにて配信済み)は周知の事と思います。これにより、「ミリオンゴッド凱旋・バジリスクⅡ・バジリスク絆・まどか☆マギカA・緑ドンVIVA2・やじきた等」もさらなる警戒が必要となりました。遊技機に不審な挙動があった場合、エラー履歴にて確認するのも1つの手段です。エラー履歴の確認を日々の作業に組み入れるのも1つの手段ではないか [続きを読む]
  • ■主基板鍵の管理
  • Kです。ミリオンゴッド神々の凱旋ーBD等のBAZOOKA筐体では、「主基板ケースホルダー鍵」が各台に付属しております。認定前の事前点検では、この主基板の鍵(主基板ケースホルダー鍵)がきちんと、該当台のものがあるかどうかの点検項目もあるようです。(万一紛失してしまっている場合には、メーカーさんへ連絡が必要。)この鍵は、各台ごとに別々の鍵になっている為、管理が大変です。金庫にしまっていても、かなりの数 [続きを読む]
  • ■入替時にはご注意を!
  • スタッフSです。新台入れ替えやレイアウト変更などの際、遊技台を外し数カ所に置いておくという店舗様もある事と思います。設置を済まされた後、部品やビスなどが遊技台がおかれていた場所に落ちている事がございます。「何の部品か?」、「どこのビスか?」 確認は、なされていますでしょうか?万一、遊技台に無くてはならない物だとしたら・・・この時点で、型式と逸脱してしまいます。入替業者を使わず店舗様で入れ替え作業を [続きを読む]
  • ■届出書類もお忘れなく
  • スタッフMです。付加部品である「ゴト対策部品」を設置頂くと、事後の変更届出書類の提出が必要です。部品の取付後や入れ替えのタイミングに提出される等のタイミングは各ホール様により様々なご様子です。 明確に提出時期を決められていないホール様におかれましては特に注意が必要です。ご担当様が移動〜退職された後、後任の方が未提出書類を発見される事例も度々お聞きします。後任者様への引き継ぎと、そのタイミングでの提 [続きを読む]
  • ■「ハーデス」において新事実発覚!!
  • 本日以降、セキュリティ関連各方面から「ハーデスに新手口!」とニュースが流れるでしょう。根も葉もないガゼ情報ではなく、これは事実です!「アナザーゴッドハーデス」といえば、サブ中継基板の内部に不正なチップが仕込まれ大騒ぎの口火を切りました。また、「ミリオンゴッド神々の凱旋」からの発見が発端になったサブ基板への不正チップの仕込み手口が「ハーデス」に飛び火したのは記憶に新しい、、、というか、いずれも現在進 [続きを読む]
  • ■「届け出」は必須!!
  • 各種センサーやカバーなどを遊技機に設置する際には、定められた届け出が必須です。「変更届」ですね。一部のセンサーの場合では「島設備の一部」として認定されており、一度届け出ていれば遊技機の入れ替えがあったとしても変更届を再提出する必要がなく便利です。この件についての判断は自治体によっても異なりますので、所管する警察に事前にお問い合わせの上ご確認を。弊社でも、ゴト対策品の受注時には必ず「届け出書類は必要 [続きを読む]
  • ■ゴト氏は忘れない!!
  • パチスロ機を狙うゴト手口の中でも「ショートゴト」は定番と言って良いほど多発してきました。メーカーや機種を問わず多くのパチスロ機がターゲットになってきたことは周知のとおりです。昨今のゴト情報から「ショートゴト」の話題が消えているかのような印象を受けます。例えばユニバーサル系パチスロ機の場合。中継基板やサブ基板への不正チップの仕込みばかりが取りざたされあれほど多発していたショートゴト被害の情報が目につ [続きを読む]
  • ■まず始めることから・・
  • スタッフMです。コンタクトを取らせて頂き初めてお会いした時、事業内容やどういったサービスを行っているか等の弊社の紹介を行うことがもちろん多いのですが。。ゴト情報の配信は無料ですか?といったご質問もお聞きします。メールアドレスを教えて頂ければ、ホール関係者様であれば無料でお届け致します。「考えておきます」と言われた後、お忘れの方々がいらっしゃいましたら是非ご登録下さい。情報に振り回される事は良くない [続きを読む]
  • ■中古遊技機導入の際
  • スタッフHです。遊技機検査にお伺いしますと、U社の中古機を導入されているケースに結構な割合で遭遇します。目視検査ではOKですが、念の為にX線検査も施します。結果は異常なし。その場でX線撮影画像をお渡しして、店舗様も一安心。しかし、筺体品質を確認しますと…メーカーが新台出荷時から取付されている、中継基板カバーが無い!何故か付いてなければならない筈のカバーが外されてる事が多々あります。あくまで推測ですが、 [続きを読む]
  • ■「ミリオンゴッド神々の凱旋ーBD」主基板取付不備
  • スタッフKです。平成29年11月に検定切れとなる「ミリオンゴッド神々の凱旋ーBD」ですが、一部認定作業や、駆け込みでの中古移動が行われている状況です。このメーカーでの中古設置の際には、主基板部をメーカーへ送り、点検後、筐体部へ取付作業がなされるのですが、この際、取付作業の際に不備がある場合が見かけられます。この写真の場合は「カシメのベース部(B、Cカシメ)」を取り付けずに、主基板封印シールを貼り付 [続きを読む]
  • ■ビデオ録画は大丈夫?
  • スタッフSです。様々な理由で録画されたビデオの確認をさせていただく場合がございます。「エラー履歴を確認するとCOMエラーが」、「遊技客が下皿から何か入れている」など確認が必要とされる場面がございます。しかしながら、ビデオを確認させていただくと録画されていない時間帯が・・・・特に閉店後など録画を止めているホール様もあるのではないでしょうか?ゴト氏側からすると、好都合なことなのかもしれません!不正をす [続きを読む]
  • ■事前にルールを
  • エラー履歴の確認は実施していますか?先日のブログにてご案内いたしましたように、一部のパチスロ機では筐体内で発生した過去のエラー履歴を一覧で確認することが可能です。エラー履歴の中にはゴト行為の足跡と推測される事項も含まれている場合があります。重要な信号の通信状況に関わる「通信異常」等は見逃すことができません。たとえば、サブ基板が取り外されたときや信号が途切れたときなどには発生時刻とともにエラー履歴と [続きを読む]
  • ■スキがないお店
  • パチスロ機のドアを開けたとたん、メダルがこぼれ落ちることがあります。山盛りのメダルがこぼれてドアが開くのを待ち構えていたのです。筐体内の些細なトラブルも度重なって「チリも積もれば・・・」状態に。ドア開放と同時に床にこぼれ落ちるメダル、お客さんが見たらどう感じるでしょう。「1枚20円のメダルが無造作にばら撒かれている。」良い印象であるはずがありませんね。先日遊技機検査にお伺いしたホールさんでの事。ど [続きを読む]
  • ■「銀河鉄道999」
  • 「パチスロ銀河鉄道999」が電波ゴト被害に遭ったそうです。既に複数のホール様で同様の事例発生とのこと。このニュースを聞いて思い当たるのは「パチスロ鉄拳2nd」。こちらの方が設置ホール数も少なくはありません。「化物語」や「カイジ3」と並んで電波ゴトに狙われる代表格のパチスロ機です。製造メーカーが同じ「山佐」ということもあり特段の驚きはありません。「やっぱり。」感があります。ただし、電波ゴトと言っても単 [続きを読む]
  • ■認定前に。。。。
  • スタッフHです。ミリオンゴッド凱旋BDにて、メーカー様より認定前の点検マニュアルが、メーカーさんより配布されている事は周知の通りです。ただ、ミリオンゴッド凱旋だけでは無く他にも認定待ちの機種は多々あろうかと思います。そういう訳で、最近、遊技機検査のご依頼を頂く事があります。特に筺体品質(部品の欠損等)も徹底してお願いしたい、というご希望です。最近では、行政の立入検査等もあり各々ホール様も過敏に点検さ [続きを読む]
  • ■検定切れの前にご確認を!
  • スタッフSです。遊技台検査を実施させていただく際には、筐体品質(部品の欠損や破損)も確認させていただきます。検定の切れた、みなし機において部品の欠損等が見られる場合がございます。当然のことながら、メーカー様より交換の部品は供給されません。こういった場合、遊技台を止められているホール様もございますが、気付かないまま稼働させている場合があるのではないでしょうか?本来であれば、そのまま使用できない場合も [続きを読む]
  • ■報知設定「HI」
  • スタッフKです。ご存じだと思いますがユニバーサル社系のスロットでは、セキュリティに関わる履歴が確認出来る機能を有する機種があります。確認手順①台鍵を左方向へ3秒程度捻る。(台の電源ON時、台扉閉の状態で)②液晶画面上で様々な確認が出来る。(十字キー、セレクトボタン、エンターキー等使用)その中で、ゴトに関わる大切な履歴として「エラー情報履歴」があります。その履歴を確認していくと、主にHE(ホッパーエ [続きを読む]
  • ■忘れた頃に
  • スタッフMです。設置期間が長いスロットに新たな手口のゴトが確認される事はたびたび起こります。以前の「北斗の拳F」等に限らず、旧機種は狙われやすい様です。ゴト行為にも流行り廃りがございます。その為、流行が過ぎると一安心されてしまう事も・・しかし対策を施していない遊技機の状況は改善されておりません。ふとした時、突然に「いまごろ!?」と思う様なゴト行為が再燃する可能性も考えられます。再設置や中古導入され [続きを読む]