マー坊 さん プロフィール

  •  
マー坊さん: ADHD  -私はダメ人間だと思っていた2-
ハンドル名マー坊 さん
ブログタイトルADHD  -私はダメ人間だと思っていた2-
ブログURLhttp://ameblo.jp/blogland/
サイト紹介文軽度発達障害を持つ主婦のブログです。私みたいな人がいると知って貰えたら嬉しいです
自由文現在の近況は、仕事時間が少ないうちに色んな事に挑戦をして自分磨きをしています。発達障害でも楽しく生きられる方法は誰でも自分の中にあると、実感しています。検索ワード:ADHD,LD,ADD,PDD、発達障害、アスペルガー症候群、軽度発達障害、ダメ人間、歯科技工士
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供326回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2011/05/19 19:39

マー坊 さんのブログ記事

  • 発達障害の人が活動出来る場が減ってしまったら?
  • http://ameblo.jp/blogland/entry-12205367009.html(学習塾の先生とお話をした。) リンク先ではある学習塾では発達障害の生徒を受け入れない方針であると書いてあります。 上記リンク先に関連する話です。 発達障害の人を受け入れない場はあちこちにあると聞いた事があります。塾に習い事先等。 習い事先だと、発達障害的言動が周りの子の迷惑になる等為受け入れない習い事先があるとの事です。 発達障害 [続きを読む]
  • 発達障害あるある話。特定の人からキツく当たられる
  • 発達障害あるある話。・特定の人からキツく当たられる これは私の中の発達障害あるある話です。 私に今までキツく当たる人、当たってきた人には共通点があります。 **************************************** 共通点1: 私にだけ強い態度に出て、他の人には強く出ない。キツく当たるさんは周りからは良い人と、評価が高い。好かれている。 共通点2: 私がちょっと意見をすれば倍かそれ以上になって [続きを読む]
  • 発達障害あるある話。否定語、乱暴な言い方が苦手
  • ※特性は人それぞれで、発達障害あるある話は全ての当事者さんに当てはまらない人もいます。 当てはまっても発達障害でない場合もあります。 ※こういう人もいるんだ、と適当に読み流して下さると幸いです。 ・発達障害あるある話。否定語で言われるのが苦手 ×「■■をするな。」→〇「★★をしてね。」 と、肯定的に言って貰えると有難いですね。 ・乱暴な言い方が苦手(私の場合) 私は「て [続きを読む]
  • 発達障害あるある話。発達障害者の現実
  • 才能がある発達障害当事者は重宝され、時には健常者が感動するための道具として扱われる事も。(言葉が悪いですが) 魅力がある発達障害当事者や定型発達(発達障害が無い人)に近い当事者は受け入れられやすい。(必ずそうだとは限らないですが) 等身大の当事者の大半は健常者からすれば受け入れにくい。もしくは邪魔者扱いをされる。(健常者が皆、等身大の当事者が邪魔と思うとは限らないですが)(等身大の当事者の [続きを読む]
  • この歳で親の気持ちが分かった
  • 私の親戚で子供が産まれた人がいて母と会いに行ってきました。 女の子の赤ちゃんで小さくて抱っこするとフニャフニャで新生児!というカンジでした。 かわいかったです。 その時、ついでと言うか何と言うか母に私が赤ちゃんの頃はどうだったか聞いてみました。 ほぼ月齢どおりの成長だったそうです。 目が合うし、あやすと反応あるし、生後3か月経つと朝起きて夜は寝て等成長は普通だったと知りました。 [続きを読む]
  • 自尊心が確立している夫
  • http://ameblo.jp/blogland/entry-12234625027.html 発達障害。言われてイヤだった言葉「育ちを疑われる言葉」の続きになります。 私の夫は自尊心が確立していて、自他の区別が付いていて、必要な事とそうでな事の境界線がうまく引けています。 人から何か言われても必要な言葉だけ受け入れる。不要な言葉はスルー。 夫の境界線の踏み込んでくる人は受け入れない。 だから、イヤな人や悪い人が近寄ってき [続きを読む]
  • 発達障害。言われてイヤだった言葉「育ちを疑われる言葉」
  • 発達障害。言われてイヤだった言葉「育ちを疑われる言葉」 ・「真理子さんは のびのびと育てられたんでしょうね。(イヤミ)。」 だらしなかったり、人より出来ない事等人と違う点があるとそのように誤解をされてしまうのですね。 私はギズギスした家庭環境で窮屈な思いをしながら育てられたのですが。 「ウチは(子供たちに)可愛い可愛いって言いながら育てたから皆のびのびと育った(笑)。」by.義母  [続きを読む]
  • ブラックジャックによろしく 大人のADHD
  • 先日、内科のクリニックに行ったら受付に大人のADHDに関する無料冊子が置いてあったので頂いてきました。冊子はブラックジャックによろしくの漫画家さんが描いたのではなく他の方が描いていました。内容はいくつかあり、一話ごとに大人のADHDの人が主人公として登場し、特性による困りごとや失敗談が描かれていました。漫画なので読みやすかったです。そして、ADHDの説明が文章で分かりやすく書いてありました。私が行ったク [続きを読む]
  • 発達障害。言われて嫌だった言葉。現状より上を求めてくる言葉
  • 発達障害。言われて嫌だった言葉。 ・現状より上を求めてくる言葉 「もっと●●すればいいのに。」 「もっと頑張りなさい。」 「もう×年生なんだから××が出来ないと。」等 健常者でも現状より上を求められる事はありますが、発達障害者(児)の場合は健常者よりも上を求められているような気がします。 「発達障害なんだから上を求めてこないで。」と、までは言わないですが、求められてばかりだ [続きを読む]
  • 苦手でも向いていなくても好きな事であれば続けたい。
  • 発達障害の人には好きな事や得意な事をして伸ばすのがいいと言われていますが、その通りだと思います。 私は子供の頃、ある趣味があったのですが、ヘタの横好きで続けていました。 お金がかからないし、社会的に認められた趣味でした。他人に迷惑がかかる趣味でもありません。 でも、家族の理解がなく、隠れてコソコソ続けていたのですが、家族の好みや価値観から外れる趣味なので良い顔をされませんでした。 [続きを読む]
  • 金スマ 栗原類さん
  • 昨日の金スマでは発達障害がテーマ。 発達障害をカミングアウトをした栗原類さんが出演されていました。 栗原さんのお母さまは素晴らしいと思いました。 栗原さんを理解し、障害があっても正しい行動を教えていたので当事者と関わる為に必要な事だと思いました。 周囲の理解があるからこそ輝ける、熱中出来るモノや場がある事で発達障害があっても生きていけるのかもしれないと思いました。 テレビで取り [続きを読む]
  • 成人当事者向け発達障害の本。こんな本があればいいのに。
  • 発達障害の本。こんな本があればいいのに。と思う本を私なりに挙げてみました。 ・軽度発達障害の人が一般就労で働く為のハウツー本 私みたいに手帳が取れない当事者もいるので。生活の為、収入確保の為に一般就労で働かないといけない人もいるのでそういう本が欲しいと思いました。 ・定型社会のルールを書いた本 状況や相手や場に応じてルールは変わるので必ずしも本どおりにはならないので参考程度に分かる [続きを読む]
  • 学習塾の先生とお話をした。
  • この間、学習塾の先生とお話しする機会がありました。 職場の学習塾では発達障害の人は受け入れていないとのこと。その塾には発達障害の生徒を受け入れるゆとりが無いのです。 受け入れるゆとりが無いのであれば仕方がないのかもしれないですね。 受け入れ体制が未熟なまま当事者生徒を受け入れていたら運営側や講師側が「発達障害だからこうだ」と勘違いした理解をしたり、 当事者生徒をひとくくりに見て画一 [続きを読む]
  • 発達障害あるある話。伝えるタイミングが分からない
  • ※発達障害の特性は人それぞれ。発達障害あるある話にすべての当事者さんが当てはまるとは限らないですよ。 ※発達障害あるある話に当てはまったとしても発達障害だとは限らないですよ。 ・伝えるタイミングが分からない タイミングを間違えれば「あの時言ってくれれば良かったのに」「今更言われても・・・。」等となりかねないと思います。 タイミングの問題では無くて伝える必要が無いと思っていた、 [続きを読む]
  • 発達障害あるある話。誰に伝えればいいか分からない。
  • ※発達障害の特性は人それぞれ。発達障害あるある話にすべての当事者さんが当てはまるとは限らないですよ。 ※発達障害あるある話に当てはまったとしても発達障害だとは限らないですよ。 ・誰に伝えればいいか分からない。 報告、連絡、相談。これらを伝える人を間違えれば「直属の上司は私なのだから、まずは私に報告して欲しかった。」 「なんで私に言わないで××さんに先に言うの?」 誰に言えばいい [続きを読む]
  • 成人の自閉症スペクトラム障害の人に必要なもの
  • この間、発達障害に関する講演会に行ってきました。 発達障害の専門家の先生が成人の自閉症スペクトラム障害の人に必要なのはSST(ソーシャルスキルトレーニング)よりLST(ライフスキルトレーニング)が必要とおっしゃっていました。 ASD(自閉症スペクトラム障害)の人には対人スキルを身に着ける必要はないとのことです。 対人スキルは色々ありますが、ASDの人が身に着ける必要がないものは友達が1 [続きを読む]
  • 発達障害あるある話。悪い見本や失敗事例として扱われる
  • ※発達障害あるある話は全ての当事者さんに当てはまるとは限らないですよ。 ・悪い見本や失敗事例として扱われる 学校や仕事で誰かが他の人に指導している時に、 「こうやると真理子さんみたいになるからダメだよ。」「真理子さんのようにならないように。」 「なんか真理子さんみたいだよ。」(悪い意味で) 今度は別事例で。 大勢の前にて(学校の先生や職場でやられた事がある)。 「この間 [続きを読む]