PAしのらり さん プロフィール

  •  
PAしのらりさん: だからPA屋なんですってば
ハンドル名PAしのらり さん
ブログタイトルだからPA屋なんですってば
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/garage_miho
サイト紹介文アマチュアミュージシャンのライブサポート、自身の宅録、音楽嗜好などを綴っていきます
自由文自称「歌って泳げるPAオペレーター」のPAしのらりの極私的趣味趣味音楽ブログ。

メインのサイト「Recording Studio GARAGE MIHO」はこちら
http://www.geocities.jp/garage_miho
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供391回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2011/05/20 14:06

PAしのらり さんのブログ記事

  • KORG PANDORA PX1T
  • 先日、機材の整理をしていたら、コルグの初代パンドラを発見ーっ!いやー、我ながら懐かすぃー!本機は、電源アダプター、あるいは単三電池電池2本で駆動可能な、小型携帯式ギタープリアンプ+エフェクターです。さすがに出音はかなりノイジーでありましたが、エフェクト群はなかなかどうして、バリエーションに富んだ幅広いジャンルをカバーする多数のプログラムがプリセットされておりました。さらに、何と言ってもFMトランス [続きを読む]
  • ベース聴き比べ
  • ギズモードのサイトにて紹介されていました。100ドル、700ドル、10000ドルのベースの聴き比べ動画です。うーぬ、これは面白ス。たしかに安物、普及価格帯、高級品の音の違いがわかりますな。まあ、上手い人が弾いているからこそその違いが明確となってるとも言えるので果たして、初心者がこの3本を弾いたところで、同じ結果が出るかはわかりません。恐らく上手くなればばるほど、「高級品の良さ」 がわかってくるよう [続きを読む]
  • 山下達郎、観客にキレる
  • ▼ Music Jocee の記事から無断転載山下達郎キレる!?観客の拍手に注意!”潮騒”を歌い直すハプニングが絶賛【大宮ソニックシティ】よーするに、達郎師匠のライブ中に、観客の一人がタイミングのずれた拍手をしていてそれを 「故意の迷惑行為」 と判断した師匠が、ステージ上から直接マイク音声で注意した、という顛末らしいです。この行為、年季の入った達郎ファンなら 「またやってるよ」 と思うし、初めてライブを [続きを読む]
  • インターネットが繋がりませんでした
  • 我が家のインターネット、LAN環境が不調です (でした) 。頻繁にLANが途切れるようになり、その間隔も次第に短くなり、ついには完全にLANが切断される事態となりました。我が家はソフトバンクの 「Softbank Air」 でWAN接続し、そこから有線でバッファローの無線LANルーターに繋ぎ、それをHUBとして、デスクトップパソコン、ノートパソコンとDOROBO (NAS) を有線接続して共有する、とい [続きを読む]
  • エリート意識と優越感はイコールではない
  • 一昨日 (2017年6月22日) から、国内ニュースでは豊田真由子 衆議院議員の暴言・暴力問題の話題でもちきりです。悪趣味で申し訳ないですが、たしかに、いかにもエラそうな議員のセンセイが、自らの人間性の欠如により、ものの見事に転落していく様は、一度でも上司からイビられた経験のある方にとっては、胸がスカッとするような 「いい気味だ! この野郎!」 という気持ちを抱いたことでしょう。ある意味、リアル 「水戸 [続きを読む]
  • ホンダ史上最強のデートカー復活か?
  • かなり不確実な情報ですが、こんな記事をめっけ。バブル世代直撃!国産デートカーの代名詞「プレリュード」復活か1978年、ホンダのフラッグシップスポーツとしてデビューした2ドアスペシャリティカー、「プレリュード」 が復活する可能性があることが分かった。プレリュードは、1982年に2代目が発売されると人気が爆発。当時国産車では珍しいワイド&ローボディに、スーパーカー的リトラクタブルヘッドライトが女性にも受け、最強 [続きを読む]
  • 弾かないギタリスト
  • 2017年6月21日のヤフーニュースに掲載されていました。ギタリスト 松木恒秀さん死去このニュース見出しを発見した第一印象は、「え? 松木さんが亡くなったのか!」 ではなく「え? 松木さんって全国ニュースになるほど知名度が高かったの?」 でした。松木恒秀 さんといえば、山下達郎 ファンにとっては、「山下達郎のギターの師匠」 としてチョー有名なお方であり、また、村上ポンタ 氏にとっては頭の上がらないオヤブン [続きを読む]
  • これもひとつの人種差別なんでしょうか
  • オイラは 「アマチュアPA屋」 と 「自称アマチュアミュージシャン」 という2つの肩書きを名乗っております。前者は、実際に少額ながらギャラをいただいてオファーを受けることがあるので、「自称」 を外していますが、後者については自分で名乗らないことには、誰もそうは認めてくれそうもないので、「自称」 を冠している次第です。ちなみに知人の (自称) アマチュアミュージシャンの様子を眺めてみると、さすがに 「アーティ [続きを読む]
  • 罪悪感を感じてしまう音楽活動
  • 知人のアマチュアミュージシャンたちと、ガラにもなく真面目に「何のためにオレたちは音楽活動を行っているんだろう?」と論じることが、ごくまれにあります。たとえば、ライブハウスのブッキングライブに出演させていただく場合、「チケットノルマ」 という名の実質的な 「出演させていただくエントリー料」 を自己負担しているとはいえ、自分程度の未熟なライブパフォーマンスに、お客さんからお金 (入場料) をいただく価値が [続きを読む]
  • 自動伴奏バッキングアプリ Music Memos
  • 昨日のブログにて、ギターを演奏すると、その演奏内容を解析して、 自動的にその演奏に適した ドラム (とベース) のフレーズを生成してくれる ハードウェア (TRIO) と パソコン用ソフトウェア (X Drummer) をご紹介させていただきましたが、その後も引き続き、 類似の製品はないか、と物色していたら、こんな iPhone用 アプリを発見ーっ。 Music Memos iPhone の内蔵マイクでギターやピ [続きを読む]
  • これからのトレンドとなると思われる「AIドラム」
  • 昨年 (2016年)、発売されて話題になったハードウェアDigitech TRIO と TRIO+ 。今年 (2017年4月) に発売されたソフトウェア (iOS)Positive Grid X Drummer 。いずれのハード・ソフトも、まず、ユーザーがギター (リフ) を弾き、そのフレーズをマシン側に学習 (解析) させると、AI がその演奏に適したドラムフレーズ (注) を自動的に生成してくれる、という魔法の [続きを読む]
  • 青春に捧げるメロディ
  • 1976年リリース、ベイ・シティ・ローラーズ の大ヒット曲。偶然、この動画を発見しましたが、オイラが所有しているBCR のベスト盤の収録内容とは違うバージョンでございますな。オイラ的には、レスリーがフィーチャーされているこちらのバージョンの方がお気に入りかも。いずれにしても、数あるBCRの名曲の中でも「バラード」 に限って言えば、オイラ的にはイチバン好きな曲です。いやー、何度聞いても名曲は名曲だ〜■ [続きを読む]
  • Mackie 1202 の活用事例
  • 昨日ブログの続き。オイラ的にはサブミキサーとして大いに重宝している Mackie 1202 について、PA現場においてオイラが実際に活用した事例などをご紹介いたしませう。事例1: 4グループ1202 にはメインバス (L・R) の他に、AUXバス (1・2)、さらに ALTバス (3・4) という6つのバスが装備されています。なので、4モノ+4ステレオのインプットを6つのアウトプットに振り分けることが可能。 [続きを読む]
  • Mackie1202VLZ
  • ゆうに20年以上は愛用しているマッキーのコンパクトミキサー 1202VLZ 。主にライブにおけるステージ上のキーボード用サブミキサーとして使用していますが、このサイズのアナログミキサーとしては異常とも言えるほどの高機能がてんこ盛りに詰め込まれています。久しぶりにマッキーのサイトを閲覧し、現行の後継機種 = 1202VLZ4 の日本語マニュアルを拝見すると、その親切丁寧な解説ぶりに改めて感心した次第。▼ [続きを読む]
  • 間違った情報の拡散は食い止めたい
  • 先日、「JASRACが音楽教室からも著作権料徴収」 のニュースが報道され、各方面で物議を醸しているところですが、今度は一部ネット上でこんな情報が飛び交い始めています。JASRAC 「高校野球の吹奏楽応援から著作権料をとることを検討」※この字句をコピペ検索すると数件ヒットします。どうやら2ちゃんねる周辺が火元のように見受けられます。オイラ的には 「さすがカスラックはやることがヤクザ並みだな〜」 と思いましたが [続きを読む]
  • 討論になっていない
  • 2017年6月11日に放送されたTBS 「サンデーモーニング」 の内容が「老害極まりない」 と問題になっているそうな。▼反日サンデーモーニングが世論調査できずにファビョってる様子をご覧くださいhttp://www.news-us.jp/article/20170612-000005z.html早速、ユーチューブで物色してみたら、ありましたっ。問題の討論は1時間22分頃から始まります。まったく 「討論」 として成立しておりません。ただ、コメンテーターが好き [続きを読む]
  • 日本プロレス界の悲願達成まであと●日
  • 2017年6月11日、大阪城ホールにおいて新日本プロレスの一大イベント「Dominion」 が開催されました。超満員の観客を動員し、肝心の試合内容も充実しまくりでメインでは会場のお客さんのみならず、インターネットによる生配信を目撃した世界中のプロレスファンの度肝を抜く試合を提供するなど、大成功と呼んでいい 「結果と実績」 を残したものと思います。最近は、英語圏のツイッター等を見ても 「NJPW > [続きを読む]
  • イフ・ユー・ドント・ウォント・マイ・ラブ
  • 本日 (2017年6月11日) 放送のサンデーソングブック で紹介されていた曲。ワーナーブラザーズからリリースされた60年代のソフトロックの名曲をまとめたコンピレーションCD 「ソフト・ロック・ナゲッツ」 シリーズのボリューム3に収録。ロバート・ジョン というお方の 「イフ・ユー・ドント・ウォント・マイ・ラブ」 。恥ずかしながら、ミュージシャンの名前も曲名もまったく存じ上げていませんが、いやー、いい [続きを読む]
  • KATOKU
  • 2017年4月にリリースされた レキシ の最新シングル曲。いやー、例によって昭和30〜40年代生まれのココロをくすぐる、80年代初期の王道ディスコ路線を踏襲した快作ではあーりませんか。そーいえば、最近、このような風味のヒット曲ってありそうでなかった気もしますな。ちなみに レキシ って、オイラとは一回り違う1874年生まれの43歳とのことで、70〜80年代ディスコをリアルタイムで聴いた世代ではないはずな [続きを読む]
  • 「クリエイターに対する敬意」とは?
  • 2017年6月7日付けのヤフーニュースから無断転載。音楽教室からも著作権料」正式発表=JASRAC、文化庁に届け出日本音楽著作権協会 (JASRAC) は7日、東京都内で記者会見を開き、ピアノなどの音楽教室での演奏について、来年1月から著作権料の徴収を始めると正式に発表した。同日、文化庁に使用料規定を届け出た。規定によると、JASRACが管理する作品を教室で演奏した場合、受講料収入の2.5%相当額を徴収するなどとしている [続きを読む]
  • ミニモーグ モデルD
  • すでに多くのメディアで紹介されているので、ご存知の方も多いと思いますが、 コルグ から70年代を席巻したシンセサイザーの名器 「ミニモーグ」 が 再生産されることとなりましたっ! その名も 「ミニモーグ モデルD」 とな。 気になるお値段は、オリジナルモーグ発売時と同額の46万円だそーです。 ▼ コルグの輸入楽器ページでの製品紹介 http://www.korg-kid.com/moog/ ▼ ICONでの紹介記事 http:// [続きを読む]
  • 今週金曜日はやまぼうしライブへ来たれ
  • 今週金曜日は毎度おなじみ、月イチ定例やまぼうしライブ です。今回は、「癒し系」 と 「胸騒ぎ系」 (?) というスタイルの異なる2組の競演と相成っております。一組目は、やまぼうしライブのレギュラーである 「静かなギター」 の異名を持つ、インスト・ギタリスト にして ハンマー・ダルシマー・マスター の 荒井 豊 氏。今回もまた和洋折衷ちりばめた名曲の数々を披露してくれることでせう。もう一組は、約2年ぶりのやまぼ [続きを読む]
  • おんな港町
  • オイラは基本的に演歌がキライです。しかし、中には例外的に好きな曲もあります。本日ご紹介する 「おんな港町」 もそんな 例外的に好きな曲 のひとつです。本曲は1977年にリリースされた 八代亜紀 の代表曲のひとつで、同年大晦日の紅白歌合戦でトリを飾ったとのこと。作詞:二条冬詩夫、作曲:伊藤雪彦うーぬ、誠に申し訳ありませぬが、お二人ともまったく存じ上げません。つーか、オイラ的にはこの曲のキモはイントロに登場 [続きを読む]
  • シーズ・ノット・ゼア
  • 1976年リリース、サンタナ のライブ音源とスタジオ録音を混在させた変則2枚組アルバム 「ムーン・フラワー」 収録のシングルヒット曲。元々はイギリスのバンド ゾンビーズ のスマッシュヒット曲ですが、見事にサンタナ流のラテンロックに昇華させています。元ネタの楽曲の良さはもちろん、サンタナ の哀愁溢れるギターソロも素晴らしス。何を今さらですが、多感な中学生・高校生の頃にこのようなホンモノのロックを実体 [続きを読む]