nori@ さん プロフィール

  •  
nori@さん: nori@*
ハンドル名nori@ さん
ブログタイトルnori@*
ブログURLhttp://nori441.blog.fc2.com/
サイト紹介文モノクローム写真+文
自由文見て・読んで下さった方からのコメント、
お待ちしてます!

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/05/21 05:40

nori@ さんのブログ記事

  • 山の向こう側
  • 今から何年前になるだろう高峰高原に家族で出掛けたときの一枚温泉宿に一泊した翌朝車で登って来たのと反対側に降りてみようと坂道をぐんぐん下って行った先に広がっていた風景高原の澄み切った空気と真夏の強い日差し. [続きを読む]
  • 夏に見る雑草
  • 夏というとこの雑草をいつも目にする目にするだけでなくよく写真にも撮るところがこの草の名前を知らないこれ、セイタカアワダチソウなのかな黄色い花を咲かせている時期に見れば一目瞭然なのだけど花の咲いてない時期に見ても何だか分からないただ"夏によく見る雑草"という認識しか無い.(後記)その後この植物を調べてみたらやはりセイタカアワダチソウのようだった. [続きを読む]
  • 光明寺の猫
  • 鎌倉に極たまにだけど車で行くことがある家から車だと約30分もあれば鎌倉に着く但し、渋滞していなければの話…車で行くときはよく材木座の光明寺まで行くあの寺に行くと猫が必ず居るからだ要するに猫に会いに行くとくにお寺にお参りして手を合わせる訳でもなしただ猫に会いに行くだけ墓地の辺りに行くと大抵猫たちが居る墓地のすぐ横に建物があってそれが木造純和風のいい雰囲気の建物で何とも絵になるのだだけど、その建物を背景 [続きを読む]
  • 霧の風景
  • もう何年前の写真になるだろう信州 信濃追分を歩いたときの一枚ですもうここがどの辺だったのか 具体的には憶えていません少し霧の掛かった日でした霧の風景は横浜のような都市部に住んでいるとまず出会えないものなのでうれしくて夢中であちこち撮影した記憶だけははっきりとしています霧の風景は雲の中にいるようなものなので酸素も豊富で気温もひんやりと低く何とも言えない心地よさがあったことを何となく憶えてます道の向こう [続きを読む]
  • 偶然の一枚
  • 135カメラにフィルムを装填するときに数枚空シャッターを切ってカウンターを「1」にしますがその空シャッターのときに偶然撮れた一枚です場所はネガの前後関係から察して長野県志賀高原だろうと思います何故かど真ん中に人が写っててまぁなんとなくピントも合ってて露出もまずまずという一枚空シャッターなので撮影者(僕)にもこれを撮る意識はなくこの瞬間を狙っていたわけでもなくまったくの偶然の一枚…ということなんです意識 [続きを読む]
  • いつか行った山の上からの風景山と言ってもクルマで登れる山であるクルマのアクセル踏んでハンドル操作しているといずれは着く山の上膝を悪くしている僕にとって山はそれでいいそれで十分山上の駐車場にクルマを停めてその周辺を小一時間ほどぶらぶらしているだけでもとても気分がいい重たいリュック背負って山頂目指し一歩一歩歩いて行く本格登山は膝を怪我して数年後に一度挑戦したトレッキングの結果諦めたそれから自分にとって [続きを読む]
  • 七月に入ったあっけなく今年も半分が過ぎ去ったそろそろ自分が本当に気に入っている写真をまとめて行かなくてはと思う平積みした本の表紙の上を這う虫網戸の隙間から入って来たのかラジオから古いシャンソンが流れて来る子供の頃に聴いてたわけでもないのに不思議と懐かしい. [続きを読む]
  • John Dugdaleの写真
  • 昔東京の表参道の裏通りの建物の地階にあった写真専門のギャラリーで見た写真展が何故か忘れられなくてでもその写真家の名前がどうしても思い出せずにいたのだけど昨日ひょんな切っ掛けからその写真家の名前をようやく思い出すことが出来ましたその写真家はJohn Dugdaleという人物 (アメリカ 1960-)です彼はニューヨークのアートスクールを卒業後有名クライアントの元で様々な写真を撮って来ててすでに成功を収めていたのですが33 [続きを読む]
  • 拍子抜け
  • 三月に長巻フィルムが安かったので買っておいたNeopan SSの期限切れ品1990年に期限が切れていたので実際使えるのかどうか心配していた今から26年も前に期限が切れているということになるようやくそのフィルムを使ってみることが出来たもし写るとしたらどれくらい凄い写りをしてくれるんだろうと少し期待していたが案外普通にきれいに撮れるので拍子抜けだった今日は梅雨らしく雨今年の梅雨で雨はようやく三日目か?ずいぶんと雨の [続きを読む]
  • 夏草
  • 久しぶりに近くを自転車で周った久しぶりにPentax6x7なんぞ持って出た日差しが強くとても暑かったカメラが大きくて重たいと何故か「写真を撮ったぁ…」という実感がわく写したのはわずかな枚数だったけれど撮って来たぁ… という感覚があった小さなカメラではなかなか味わえないこの感覚鉄塔のすぐ下にあった民家の跡地青々とした夏草にすっかり覆われていた草陰から一匹野良猫が現われた撮ろう!と思ったけれど猫はこちらの姿を見 [続きを読む]
  • 伸びっ放しだった髪をようやく切って来れた。散髪する前に、美容師?理容師?さんにお願いして鏡の前でカット前とカット後のセルフ写真を一枚ずつ撮らせてもらった。以前、Flickrで外国人のそんな写真を見たことがあってこれは面白そうと思い、それ以来いつか自分もチャンスが来たら撮ってみたいと思ってた。ただ今回の店は鏡が少し近すぎてあの外国人の様には撮れなかった。50?だったので、結構被写体(自分)に近くなってしまっ [続きを読む]
  • 憶えてない一枚
  • 何処で写した写真かまったく憶えてない一枚でも、うっすらとこれを撮った記憶だけは残っているところが使ったカメラのことは何故だか憶えているexa1bだったあと使ったフィルムは1984年にとっくに期限切れのTri-Xだったさて、いったいこれは何処だったか極端に薄いネガからスキャンして画像ソフトで濃度上げてこの雰囲気にまでなったけれどここまで紙焼きで出せるのかは疑問 [続きを読む]
  • 可愛らしい機械
  • 家からクルマでちょっと行った隣町に一軒、クリーニングの取次をしてくれたり郵便ポストもある昔ながらの食料雑貨店があり何となく以前からその店のある風景が好きでした。が、先日その前を通ってみたらお店は既に取り壊されていて新しい家を建てている最中でした。お店ももう、しばらく営業はしていなかった様子でしたがとうとう完全に閉店して建物も壊されてしまったんだなと思うとちょっと寂しい気分になりました。何故かこの店 [続きを読む]
  • Susanさん
  • ついこないだ、FlickrやFBで繋がっている米国人のおばちゃんSusanさんが誕生日を迎えた。御年76才に。まだまだお元気そう…な気がする。ところが最近は70歳で始めた自家現像も、あまりやっていないらしくいつもデジタルカメラや、ポラロイドカメラで楽に画が見られる写真を多く載せられるようになって来た。僕がバースデーのおめでとうを送ると「わたしもすっかりおばあちゃんよ」と、そんなニュアンスの返信を送って来てくれた。 [続きを読む]
  • Verichrome-Pan
  • 昨日少し二眼レフを持って出掛けて来たといっても自転車で10分15分程度の畑と草っ原に行って来ただけのこと詰めたフィルムは1983年期限切れのVerichrome-Pan去年オークションで見つけて懐かしさ故に買ったものだった買ったは良いけど、こんなに古くて写るのか?と思ってずっとその辺に置きっ放しにしてたが折角買ったのだしものは試し、と思ってちょっと使ってみることにしたVerichrome-Panは僕が初めて二眼レフを買ったときに初め [続きを読む]
  • 行方不明
  • 寒い寒いと言ってた冬も残りあと僅か。冬に入ったばかりの頃は身体が寒さについて行けなくて毎日あぁ寒いとばかり思ってたものだけど、2月にもなると身体がいつの間にかこの寒さにも慣れててあまりガタガタ思わなくなっていることに気付く。この冬はとうとう一度も積もる雪を見ずに終わりそうな気がする。ちらほらと小雪が舞っているのは見ることも出来たけどこの辺では結局夜降る雪が芝生の上に僅かに積もった程度で翌朝にはすっ [続きを読む]
  • 久しぶりのブログ
  • 去年7月以降、当Blogを更新していなかった。自分自身でもここの存在をすっかり忘れていた様な状態だった。去年は何やらいろいろとあった。バタバタと翻弄されててBlogどころではなかった。こんな誰が読んでくれるのか判らないようなBlogそれを書く意味も自分自身で分からなくなっていた。久しぶりに思い出して何か書いてみるか?と思ってログインしようとしたけれど、パスワードを忘れてしまっててなかなかログインも出来なかった [続きを読む]
  • 暑い日
  • kanagawa暑い日がつづいている気分が最近どうもすぐれない何をやってもまるで上手く行かないflexaret II mirar80/3.5 fomapan100 d76 1:1http://norinoomise.thebase.in/ [続きを読む]
  • 狭間で
  • kanagawa雨昨夜遅くに降り始めた最近少し疲れていたので少し休めと雨に言われているみたいなそんな気分と自分勝手なこじつけをしてみる静かな気持ちの朝は久しぶりルイジ・ギッリの撮ったモランディのアトリエの写真を見ていた自分もこうありたいと思う反面ここまで簡素な生き方はいまの自分には到底出来ないだろうなという思いが両方浮かんでくるだけど、少しでも彼に近づきたいそんな思いの狭間で前に進んだり後ろに戻ったりし [続きを読む]
  • 水族館 (1)
  • kanagawa神奈川県藤沢市の新江ノ島水族館で撮った一枚この魚の名前もろくに覚えていませんメモくらいして来てもよかったと思います水族館へ行くと以前はクラゲばかり追っかけていましたがこのときはクラゲ以外もいろいろと楽しみました次行ったときは写真に撮った魚だけはメモしておこうと思いますもう6月も今日でおしまいpentax sp oreston 50/1.8 fp4+ d76 1:1http://norinoomise.thebase.in/ [続きを読む]
  • 渋谷にて
  • tokyo東京 渋谷にてまだ東急東横線の渋谷駅が地上にあった頃の一枚駅前の横断歩道向こうの上の方に地下鉄銀座線の高架や旧東急文化会館に繋がる通路が見えるのでこれはビックカメラの側から写した一枚まだ駅前も至るところで工事中だった(今も工事中だろうか?今どんな雰囲気になってるのか?)最近は街にあまり出なくなったためこういった類の写真はほとんど撮らなくなった東京のこうした光景も今の自分にとっては何処か懐かしく [続きを読む]