mick さん プロフィール

  •  
mickさん: INSTFAN
ハンドル名mick さん
ブログタイトルINSTFAN
ブログURLhttp://instfan.com/
サイト紹介文おすすめのインスト曲と音楽動画を厳選してご紹介します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 48日(平均7.9回/週) - 参加 2011/05/24 19:14

mick さんのブログ記事

  • 近未来的なキーボードが超クール!
  • 5次元でサウンドをコントロールすることができるキーボード「Seaboard RISE」の演奏動画です。この楽器は「5Dタッチ」と呼ばれる5種類のアクション(ストライク、プレス、グライド、スライド、リフト)を用いることにより、従来のキーボードでは表現できなかった演奏が可能となる斬新な楽器です(ページ下部に動画あり)。100種類以上のサウンドプリセットが収録されているみたいだし、動画のお兄さんみたいに弾きこなすことができ [続きを読む]
  • 2CELLOS - Wake Me Up
  • Aviciiの名曲『Wake Me Up』のカバー曲です。まるでギターを弾くかのようにチェロをかき鳴らす演奏がクールです。原曲より疾走感が増してノリノリです。2CELLOS(トゥーチェロズ)は、Luka Šulić(ルカ・スーリッチ)とStjepan Hauser(ステファン・ハウザー)の二人で構成されるチェロ演奏のデュオ。Luka Šulićは、1987年8月25日生まれ。スロベニア マリボル出身。Stjepan Hauserは、1986年7月15日生まれ。クロアチア プーラ [続きを読む]
  • George Winston - Longing/Love
  • ジョージ・ウィンストンの代表曲『"Longing/Love"(あこがれ/愛)』です。哀愁のあるピアノの音色がとても美しい曲です。CMやテレビ番組などのBGMとしてよく使用される有名な曲ですね。George Winston(ジョージ・ウィンストン)は、アメリカ合衆国のピアニスト、作曲家。1949年生まれ。アメリカ合衆国モンタナ州出身。ニューエイジ(癒し系音楽)のミュージシャンとして知られている。自身の演奏スタイルを"Rural Folk Piano"と呼 [続きを読む]
  • 吉俣 良 - 良し
  • 2008年のNHK大河ドラマ『篤姫』の曲です。「和」を感じさせるピアノとオーケストラのサウンドが素敵な曲です。吉俣 良(よしまた りょう)は、日本の作曲家、編曲家、音楽プロデューサー。1959年9月6日生まれ。鹿児島県鹿児島市甲突町出身。「Ryo」という名義でも活動している。主にドラマ・映画・CMなどの音楽を手がける。 [続きを読む]
  • 麻枝 准 - 夏影 -summer lights-
  • ピアノとシンセの穏やかな曲です。どこか涼しげな音色は夏にピッタリですね。麻枝 准(まえだ じゅん)は、日本のシナリオライター、脚本家、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー。1975年1月3日生まれ。三重県出身。愛称はだーまえ。主にアニメ・ゲームなどの脚本や音楽を手がける。 [続きを読む]
  • Erik Satie - Gymnopédie No.1
  • エリック・サティ作曲の『ジムノペディ』第一番「ゆっくりと苦しみをもって」です。ゆったりとしたテンポと愁いのあるピアノの音色が特徴的で、聴いていてとても癒される曲です。この第一番は、サティの代表曲として広く知られています。Erik Alfred Leslie Satie(エリック・アルフレッド・レスリ・サティ,1866年5月17日 - 1925年7月1日)は、フランスの作曲家。フランス帝国 オンフルール出身。「音楽界の異端児」「音楽界の変わ [続きを読む]
  • 天門 - 想い出は遠くの日々
  • 新海誠監督の映画『秒速5センチメートル』の曲です。ピアノの悲しげな旋律がとても美しいです。天門(てんもん)は、日本の作曲家、編曲家。本名は白川 篤史(しらかわ あつし)。1971年10月4日生まれ。東京都出身。映画・アニメ・ゲームなどの音楽を手がける。多くの新海誠作品の音楽を手がけている。 [続きを読む]
  • 河野 伸 - 朔と亜紀
  • ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』のサントラ曲です。「悲しみ」や「苦しみ」を表現したかのようなピアノとオーケストラの音色が胸を打ちます。ラストの盛り上がりはとても迫力があり感動的です。河野 伸(こうの しん)は、日本の作曲家、編曲家、キーボーディスト。1964年11月11日生まれ。東京都出身。多くの映画やドラマの音楽を手がけるほか、様々な有名アーティストの楽曲制作に協力している。 [続きを読む]
  • 親指ピアノ。カリンバ
  • アフリカの民族楽器「カリンバ」の演奏動画です。この楽器は、板や箱の上に並んだ棒を親指ではじいて演奏する楽器です。棒の数などに決まりは無く、様々な形状のものがあるそうです。オルゴールのルーツとも言われており、その音色は澄んでいてとても癒されます。使用するのは親指だけとはいえ、弾きこなすのは相当難しそうですね。 [続きを読む]
  • Knife Party - Bonfire
  • アンニュイなボーカルとキレッキレのシンセサウンドにシビれます。Knife Party(ナイフ・パーティー)は、オーストラリアの音楽ユニット。オーストラリアのエレクトロニック・ミュージック・バンド、Pendulum(ペンデュラム)のメンバーであるRob Swire(ロブ・スワイア)とGareth McGrillen(ギャレス・マクグリレン)の二人で構成される。Rob Swireは1982年11月5日生まれ。Gareth McGrillenは1981年10月16日生まれ。 [続きを読む]
  • 久石 譲 - Summer
  • 言わずと知れた名曲『Summer』です。久石譲の代表作とも言えるくらい有名な曲ですね。「日本の夏」を想起させるピアノとオーケストラのハーモニーがとても感動的です。北野武監督の映画『菊次郎の夏』のメインテーマです。久石 譲(ひさいし じょう)は、日本の音楽家。本名は藤澤 守(ふじさわ まもる)。1950年12月6日生まれ。長野県中野市出身。日本を代表する作曲家の一人であり、主に映画音楽を手がける。ジブリ映画の音楽を [続きを読む]
  • シュールな演奏。ゴリラズの名曲を奏でるPC周辺機器
  • コンピュータで制御されたFDD64台・HDD8台・スキャナ2台がゴリラズの名曲『Feel Good Inc.』を演奏する動画です。この装置を制作したのはユーチューバーのPaweł Zadrożniakさんで、装置の名称は「The Floppotron」というそうです。「PC周辺機器で音楽を演奏する」という誰も思いつかないようなアイディアを具現化してしまう知恵と行動力が素晴らしいですね。▼原曲はこちら [続きを読む]
  • Edvard Grieg - Peer Gynt, Suite No.1 Op.46 Morning Mood
  • エドヴァルド・グリーグ作曲の『ペール・ギュント』第1組曲 作品46「朝」です。爽やかな朝を思わせるフルートの音色がとても素敵です。後にオーケストラが加わり、迫力のある晴れやかな曲調へと変わります。Edvard Hagerup Grieg(エドヴァルド・ハーゲルップ・グリーグ,1843年6月15日 - 1907年9月4日)は、ノルウェーの作曲家。ノルウェー ベルゲン出身。ノルウェーの民族音楽から着想を得た国民楽派の作曲家として知られている。 [続きを読む]
  • TheFatRat - Unity
  • 中毒性のあるキャッチーなメロディがとてもクールです。一歩間違えると「チープな音」と思われちゃいそうなシンセサウンドがクセになります。TheFatRatは、ドイツのレコードプロデューサー。1979年6月1日生まれ。ドイツ ゲッティンゲン出身。 [続きを読む]
  • Johann Sebastian Bach - Air on the G String
  • ヨハン・ゼバスティアン・バッハ作曲の『G線上のアリア』です。高貴な雰囲気の伸びやかなバイオリンの音色に癒やされます。Johann Sebastian Bach(ヨハン・ゼバスティアン・バッハ,1685年3月31日(ユリウス暦1685年3月21日) - 1750年7月28日)は、18世紀のドイツの作曲家、音楽家。 神聖ローマ帝国 アイゼナハ出身。バロック音楽の重要な作曲家の一人で、西洋音楽の基礎を構築した。鍵盤楽器の演奏者としても有名だった。 [続きを読む]