ぎけん さん プロフィール

  •  
ぎけんさん: 物理的領域の因果的閉包性
ハンドル名ぎけん さん
ブログタイトル物理的領域の因果的閉包性
ブログURLhttp://unmake.blog133.fc2.com/
サイト紹介文なんの変哲もない感想ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2011/05/25 00:39

ぎけん さんのブログ記事

  • つぐもも感想 〜 一子相伝新救世主伝説 〜
  • つぐももとは永く人の手を渡り続けた道具が意志を持ち、人に変化する事も可能となった存在。つまり付喪神が物(もの)に宿って者(もの)になったことを言うんでしょうね。ただの道具ではない存在。この作品でとても良いと思ったのは、エッチな表現やコミカルな部分だけではなく芯がしっかりしてたところ。物語シリーズで言うところの怪異がつぐももであるならば、つぐももは「憑物」でもあるということですね。また母の加賀見かな [続きを読む]
  • 【TVアニメ】 好きな妹キャラ5選
  • ★ ef - a tale of memories. 『新藤千尋』妹キャラといえば新藤千尋。それくらい思い入れの強いキャラです。作品の内容についてはとりあえずefの1期を見てほしいとしか言えませんが、中二病でも恋がしたくなるような、儚くて愛おしい妹キャラであることは間違いありません。★ 異国迷路のクロワーゼ The Animation 『湯音』第11話『祈り “prière”』を見たときは泣きましたよ。抱きしめたくなるような可愛い妹キャラです。東山 [続きを読む]
  • 正解するカド 第10話 『トワノサキワ'』
  • コンテ:原田征爾 演出:田辺泰裕 作画監督:湯本雅子 総作画監督:真庭秀明「沙羅」という文字の語源は、釈迦が涅槃に入ったとき四方にこの木が2本ずつ生えていたという伝説がある「沙羅双樹」から。庭の木から名付けたと言ってましたが、これは「沙羅双樹」とは別種の「ナツツバキ」という木で、別名「沙羅」もしくは「娑羅樹」と呼ばれるものです。母親が無常な名前と言っていたのは、この「ナツツバキ」が朝咲いて夕方枯れ [続きを読む]
  • 00年代オリジナルアニメベスト10選
  • ◆ フリクリ [2000年] OVA全6話企画・原作:GAINAX  原案・監督:鶴巻和哉 キャラクターデザイン・ビジュアルコンセプト:貞本義行 アニメーション制作:Production I.G、ガイナックス◆ 宇宙のステルヴィア [2003年] 全26話原作:XEBEC 監督・シリーズ構成:佐藤竜雄 キャラクターデザイン:うのまこと アニメーション制作:XEBEC◆ LAST EXILE [2003年] 全26話原作・アニメーション制作:GONZO 監督:千明孝一 シリーズ [続きを読む]
  • 花は根に 鳥は古巣に 帰るなり
  • ツイッターのタイムラインを見てるとひとつの作品でも評価は千差万別、人それぞれ。「面白い」という人もいれば、「くだらない」「整合性がとれてない」などいろんな意見を見かけます。それを見て昔なら「作品の良さをちっとも理解してないな」「なぜこれを面白いと感じられるんだろう」そんなことを考えながら正しいアニメの見方を知るべきだ、面白さは無限にあることを知るべきだ。なんとかして間違ってる人たちの価値観を変えて [続きを読む]
  • 響け!ユーフォニアム2の総括
  • 2期は全国大会が終わって3年生が卒業するまでが描かれました。1期よりも複雑な問題が入り乱れ、重厚な演奏シーンが魅力でした。不満があるとすれば鎧塚みぞれの問題。久美子が少し絡む程度なら理解できるんですが、やはりあそこは2年生で解決してほしかった。逃げるみぞれを中川夏紀が追いかけ、最終的には吉川優子が締める。そのほうが良かった。久美子には姉麻美子の問題や田中あすかの問題など見せ場はいくらでもあった。優子が [続きを読む]
  • 【2017春期まで】 いいなぁと感じたOP 4選
  • ◆ 亜人ちゃんは語りたい OP 『オリジナル。』コンテ・演出:安藤良 作画監督:川上哲也作詞:岡田麿里 作曲・編曲:ミト(クラムボン) 歌: TrySail傘の先が水たまりに触れると反転して、そこを水しぶきをあげながら小鳥遊ひかりが通る。亜人と人間、日常と非日常の境界。それを水たまりを通して表現しながら、現実と非現実にある「自分らしさ。」それが「オリジナル。」であるかと言わんばかりの映像表現です。傘の色や絵柄 [続きを読む]
  • 【2016】 テレビアニメED10選
  • ◆ 昭和元禄落語心中 『かは、たれどき』コンテ・演出・原画:畠山守 作画監督:森本浩文作曲・編曲:澁江夏奈『かは、たれどき』に関しては以前少し触れましたが、寄席の下足置き(靴を置く場所)がとても特徴的で気になりました。左から「一、二、三...」と番号が書いてあって、靴を引っ掛ける場所が一つしかありません。なので上に置いたりしてます。想像するに昔は下駄や草履が主流だったので一つでも引っ掛けられたんでしょ [続きを読む]
  • 【2016】 テレビアニメOP10選
  • ◆ 魔法少女なんてもういいですから。 『夢色トリドリパレード?』OPディレクター:出合小都美 作画監督:嶋田和晃作詞:hotaru 作曲・編曲:中山真斗 歌:アース・スター ドリーム主人公の夢の中で登場する友達や家族。この色彩感覚やバランス、背景や衣装のセンス、どれを取っても素晴らしい。ケーキやイチゴに模様を入れるなんて普通はしません。食べ物ではなく舞台装置の一部のような描き方をすることで、現実ではない夢の [続きを読む]
  • 【アニメED】 人と椅子のある風景
  • ★ 輪廻のラグランジェED1 『Hello!』演出:鈴木利正 作画監督:小林千鶴 総作監:乘田拓茂作詞・作曲・編曲:北川勝利 ストリングス編曲:長谷泰宏 歌:中島愛まず椅子で思い浮かぶのがラグりんEDですよね。未だにこれほど椅子をフィーチャーしたEDは見たことありません。色から考えると椅子はオービッド(ロボット)みたいなものなんでしょうね。一心一体感が伝わってくる映像になっています。★ ぼくらのED1 『Little Bird [続きを読む]
  • 【アニメOP】 人と階段のある風景 【その2】
  • ◆ 氷菓OP1 『優しさの理由』コンテ・演出:武本康弘 作画監督:西屋太志作詞:こだまさおり 作曲・編曲:宮崎誠 歌:ChouChoなんとこの氷菓OP1には4ヶ所もの階段シーンがあります。電脳コイルOPと並んで階段OP界の金字塔かもしれません。綺麗な街並み、そこに佇む古典部の4人。グレーだった部分が少しずつ色鮮やかになっていくところがとてもいいですね。◆ けいおん!!OP1 『GO! GO! MANIAC』コンテ・演出:石原立也 作画監 [続きを読む]
  • 【アニメOP】 人と階段のある風景
  • ◆ 魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズンOP 『君色に染まる 〜アース・スター ドリームver.〜』コンテ・演出・作画監督・原画:江畑諒真 総作画監督:嶋田和晃作詞・作曲:TOKOTOKO(西沢さんP) 編曲:玉木千尋 歌:アース・スター ドリームまずは今期OPから。魔法少女モノでありながら日常芝居を中心にした映像は江畑さんのOPにしては珍しいですね。目覚めてから登校するまでを描きながら、しっかりアクションも [続きを読む]
  • 書き手・読み手の感覚の違いについて
  • ぱんさんのツイキャスで 「自分が思ってる普通は読者からすると普通じゃないんですよ」 と言われた。とコメントさせていただきましたが、常々自分の意見を持ってる人は皆個性的だと思っているんですよね。実際ぱんさん @frenchpan の文章は読みやすくてわかりやすい。それだけでもかなりの利点だと思います。それに加えて掘り下げもしっかりしているから考えさせられる。贅沢な悩みだな、と思いながら聞いてました。確かに泣けるよ [続きを読む]
  • 響け!ユーフォニアム2 第2話 『とまどいフルート』 感想
  • 脚本:花田十輝 コンテ:武本康弘 演出:石立太一 作画監督:丸木宣明傘木希美が退部届を提出し田中あすかと会話するシーンに出てきた『樂毅論夏侯泰世人多以樂毅不時拔莒』という書。これは魏の武将で政治家の夏侯玄が書いた「楽毅論」の冒頭部分です。あの文のあとに『即墨論之』と続いています。世人多くは楽毅が時に莒、即墨を抜かざるを以てこれを論ず。楽毅は中国戦国時代の武将。莒、即墨は城の名前です。わかりやすく言 [続きを読む]
  • 灼熱の卓球娘 第2話 『譲れない場所』 感想
  • 脚本:倉田英之 コンテ:入江泰浩 演出:森賢 作画監督:池津寿恵、二宮奈那子、松尾亜希子、ぎふとアニメーション、森賢、多田靖子第2話で気になったのは、コンビニでの回想。旋風こよりが上矢あがりに避けられているかもしれないと言ったシーンです。お尻にあがりのバッグが当たって床に落ち、弁当箱が見える。この出来事によってあがりを怒らせてしまったと言うこより。話の流れから解釈すると、朝の練習前か練習後に弁当箱 [続きを読む]
  • ろんぐらいだぁす!第1話 『小さな奇跡』 感想
  • 脚本:高橋ナツコ コンテ・演出:吉原達矢 作画監督:普津澤時ヱ門、大高雄太、和田たくや、実原登 自転車作画監督:伊集院いづろ第1話Aパート。自転車を見に行く倉田亜美(cv.東山奈央)と新垣葵(cv.五十嵐裕美)。1軒目の『Alpaca Cycle』では値段が高くて買えず、2軒目の『サイクルショップ ほしみ』で運命の出会いを果たす。自転車に近寄り「でも、やっぱり、高くて買えないんじゃ...」と言ってから音楽は止まり、無音を経 [続きを読む]
  • インタビュー&ベストエピソード企画オフ会
  • ぱんさん @frenchpan ねりまさん @AmberFeb201 闇鍋はにわさん @livewire891 田舎の少年さん @tobizaregoto ぺらさん @pera0579 ウインドさん @wind_0180 計7名でのオフ会になりました。ねりまさん以外は初顔合わせ。話題は主にアニメやブログについて。初めて見たアニメ、読んでた漫画など、年齢が少しずつ違うこともあり、面白い話が聞けた。はにわさんの、話数ごとの感想は書けても作品全体の感想はなかなか難しいという話や、 [続きを読む]
  • 2016年9月16日の雑記
  • ・ 映画『スティーブ・ジョブズ』(2015)を見ました。反復される狂騒 ――『スティーブ・ジョブズ』感想 - 宇宙、日本、練馬ねりまさん @AmberFeb201 の記事を読んでから見たいと思ってた映画。監督は『トレインスポッティング』のダニー・ボイル。ジョブズ役のマイケル・ファスベンダーはこの作品でゴールデングローブ賞、アカデミー賞の主演男優賞を受賞しています。元恋人クリス・アンの娘リサとの関係がとくに良かったですね [続きを読む]
  • 2016年9月15日の雑感
  • ・ やまけんと前田登の13日の××曜日 ゲスト:三澤紗千香2人とも初対面ということで、山梨の話や趣味の話。貧乏時代はバターしょうゆご飯食べてたとか、水素水の話題。女性声優は金持ちが多いから、海外行ったとかそういう話題になると飛行機怖いとか言ってごまかしてるなどなど。どんな話でも広げられるし切り返しが早い。音泉で番組やろうよ。スペクラの番組あるからまずはだれらじゲストで。・ 【vol.1】 高田憂希の声優魂 - [続きを読む]
  • 2016年9月14日の雑感
  • ・ Blue Tunes Records - YouTube2006年に設立されたドイツのプログレッシヴトランスの名門Blue Tunes RecordsのYouTubeチャンネル。チルアウトレーベルであるBlue Tunes Chilloutの楽曲など聴きやすい曲が揃っているので、作業BGMなどにおすすめ。・ 千葉繁 ほろ苦インタビュー 週刊ジョージア映画「蒲田行進曲」みたいなインタビューですね。これぞ役者魂って感じがします。周りの人は大変でしょうが。・ NEW GAME!第11話ねねっ [続きを読む]
  • 声優関連のまとめ的なもの
  • ・ 小倉唯のクレアボイス移籍2013年9月にスタイルキューブを退所しシグマ・セブンeに移籍、そして2016年1月1日に突如クレアボイスへ移籍した。また田村ゆかりはアイムからアミュレートに移籍し、内田彩、楠田亜衣奈、渡部優衣がJTBエンタテインメントを離れた。・ 上坂すみれ、照井春佳のTwitter休止3月3日上坂すみれがTwitter休止を発表、4月20日に照井春佳も無期限休止を発表し、個人的にとてもショックを受けた。・ 休業、引退2 [続きを読む]
  • 2016年9月13日の雑感
  • ・ モブサイコ100 第10話ラスボスはあの人でしたか、エクボの戦い方がエクボらしくて良かったな。いよいよ最終決戦って感じで盛り上がってきた。・ アクティヴレイド2期 第10話稲城都知事の秘書があやしいと見せかけといて割とあっさりサクサク進む展開。バードの死はたぶん隠蔽工作だろうな。バードが都知事を失墜させてミュトス&ダイハチと対決するか、またバード&都知事&ミュトスがダイハチと対決するのか。残りの話数を考え [続きを読む]
  • 2016年9月12日の雑感
  • ・ ファンタジックチルドレンを全話見ました。何と言っても背景の美しさ。美術監督の山本二三さんは高畑勲や宮崎駿作品に多く参加されてるので説明は不要でしょう。コンテ・演出的には第4話が好きですね。夜のシーンが多くて全体的に暗い画面、だからこそ動きや背景の良さが際立つ。物語的には、TV版『魔法少女まどか☆マギカ』の平行世界、横軸の話を、最終話で縦軸の話にして完結させたのに対し、縦軸の話を断片的に横軸で見せて [続きを読む]
  • 2016年9月11日の雑感
  • ・ 上坂すみれの?(はーと)をつければかわいかろう 第24回この美の打ち上げで何かやらかして小澤亜李ちゃんに謝罪したいというすみぺ。どうやら酔った勢いでキスしたらしい。中二病の弟子を演じたということで「誰かの従者が向いてる」と言う。中二恋、ファンタジスタドール、ラクエンロジック、魔弾の王と戦姫、クロスアンジュ、アンジュ・ヴィエルジュなども従者ポジションでしたね。この舎弟感には問題がある。・ 内田真礼とお [続きを読む]