山下太郎 さん プロフィール

  •  
山下太郎さん: 園長日記
ハンドル名山下太郎 さん
ブログタイトル園長日記
ブログURLhttp://www.kitashirakawa.jp/encho/
サイト紹介文北白川幼稚園長山下太郎の日記。教育、学び全般について書いています。
自由文当園では小高い山の上にありますが、歩いての送り迎えを実施しています。毎日かなりの道のりを歩きながら、ひとりでに足腰が強くなります。と同時に、社会に触れ、自然に触れ、時には困難に触れながら、耐える力、いとおしむ心、感動する心を身につけていきます。山を駆け廻った!うんとのびのび楽しく遊んだ!友達がたくさん出来た!そうした、幼児期の楽しい思い出作りに貢献出来る幼稚園でありたいと願っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2011/05/28 15:38

山下太郎 さんのブログ記事

  • 2017-07-25 つかず、はなれず、根気よく
  • 学校では数字での評価が待ち受けます。数字をもとに、他と比べ、比べられる世界が常識となります。もちろん、学校では、基本的な、最低限の知識は反復して習得すべきです。できない状態をあいまいにしてはいけません。問題は、その結果を他人とくらべて一喜一憂してはいけないということです。比較は過去の自分の殻を脱ぎ捨てるために、自分の過去と今の自分とを比べるために行うとよいでしょう。そのとき、長い道を一歩一歩自分の [続きを読む]
  • 2017-07-24 人間の教育(山びこ通信より)
  • 最新の山びこ通信に書いたエッセイを読み返しました。>>そうだ、ラテン語やろう!教育が迷走すると、和魂洋才どころか無魂無才になりかねないと危惧するこのごろです。洋魂の根っこはピロソピアです。「知を愛すること」とは「これってなに?」「どうしてこうなるの?」といった好奇心あふれる子どもの心でもあります。語源に照らせば、幼児は哲学者ということになるでしょう。真理を求めてやまない心、それがピロソピアです。幼児 [続きを読む]
  • 2017-07-23 夏休み
  • 夏休みが始まりました。日野原先生は、「いのちは時間」だと言われました。このことについて考えています。「モモ」のテーマは、「時間はいのち」というものでした。時間とどう向き合うのか。哲学、宗教。さまざまなことが言われてきました。英語に stop という動詞があり、動名詞をとるか、不定詞をとるかで意味が違うという話があります。忙しい日常はどうしても stop thinking (「考えることをやめる」)しがち。だからこそ日 [続きを読む]
  • 2017-07-20 納涼保育
  • 今日は納涼保育でした。毎年この時期の天気は不安定になりますが、今年はお天気の心配をしなくてすみました。午後7時。園庭はゆかたを来た子どもたち、保護者のみなさんでいっぱいになりました。盆踊り、先生の出し物、そして花火となりました。(途中緊急の出動命令が入り、消防士さんたちからのお話はなしになりました)。それでは楽しい夏休みをお過ごしください。 [続きを読む]
  • 2017-07-18 夏期保育一日目
  • 今日は水遊びを中心に遊びました。朝は蒸し暑く、その分水遊びが楽しめたようです。芝生でゴロゴロもしました。今日の様子をえにっきで御覧ください。>>2017-07-18 おやまのえにっき(夏期保育一日目) [続きを読む]
  • 2017-07-14 一学期終了式
  • 今日は一学期の終了式でした。子どもたちに話した内容は、先日の誕生会のお話の延長です。記憶をたどると以下のようなことを話しました。暑くても雨が降っても、みんなはしんどさ、つらさから逃げず、それを乗り越えて今日の日を迎えることができました。年少児は別人のようにたくましく成長しました。今日は入り口でほかの人の靴をそろえている年少児の姿を観ました。同時に年下の子どもたちを支えた年中、年長児のやさしさ、気づ [続きを読む]
  • 2017-07-13 スイカ割り(年長)
  • 今日は年長のスイカ割りでした。Aぐみから。しっかり目を隠して。惜しい。外すこともある。「ひびがはいった!?」みなで確かめています。Bぐみもスタート。最後の三人。応援も熱が入ります。その間年少さんはライオンプールで水遊び。続いてトマトの収穫をしました。そのころ年長さんはスイカをほうばっていました。 [続きを読む]
  • 2017-07-11 お誕生会
  • 今日は7月のお誕生会でした。先生からの出し物は寸劇で、夏休みの安全意識を高める内容のものでした。私からのお話は「一つ一つの取り組みを大切に」というもので、「お話を聞くときはしっかり前を向いて聞く」など、具体的な例を挙げながら、子どもたちの心の成長を願いながらお話をしました。「できていない」から「できるように」という内容ではなく、実際「できている」例をいくつか挙げ、日頃無意識に行っていることに意味が [続きを読む]
  • 2017-07-10 運動遊び
  • 今日は一学期最後の運動遊びでした。年中と年長は、1)手をつないで端から端まで往復、ペアを変えて往復2)ゴールを目指して競争年少は、2)の代わりにマットで手をつないで回転以上がおおまかな流れでした。1)は日頃から園内でも取り組んでいますので、4月、5月に比べてペアを作るスピードがとても速くなっています。どうしても1人になった人が手を挙げてアピールし、それを見つけた人がサッと手を差し伸べるのも、自然にで [続きを読む]
  • 2017-07-09 天の川
  • 梅雨空がうらめしいのですが、天の川が気になる季節です。キケローの「スキーピオーの夢」(『国家について』第6巻)の中に、銀河に関する記述があります。しかし、スキーピオーよ、ここにいるおまえの祖父のように、おまえを生んだわたしのように、正義と義務を重んじよ。それは親と近親者に対して大切であるばかりか、祖国に対してもっとも大切なものである。そのような人生が天界に至る道であり、すでに生を終え身体から解き放 [続きを読む]
  • 2017-07-07 沢遊び
  • 今日は年中、年長が合同で沢遊びにでかけました。最初は運動遊びでウォーミングアップ。ペアを決めて取り組んだ後は、その相手と手をつないで沢に向かいます。いずみ保育園さんの横を通ります。清沢(きよさ)に着いた後、上流を目指します。一番人気はカニ探しです。今日はよく見つかりました。ヤゴを見つけた子もいます。1時間ほど遊び、また手をつないで園に戻ります。沢遊びの様子と年少の外遊びの様子をえにっきにまとめまし [続きを読む]
  • 2017-07-05 入園説明会の日程
  • 来年度の入園説明会の日程ですが、リンク先にて公開されています。>>京都市内の入園説明会の日程(京都府私立幼稚園連盟HP)京都府の場合、各園のIT化の進捗がまちまちであることから(=有利不利の差がでない配慮から)、説明会の日程については自園のHP)やブログ等で公開せず、上のリンク先で公開する措置をとっています。ご不便をおかけしますが、ご了解下さい。 [続きを読む]
  • 2017-07-04 年長の外遊び
  • 今日は朝一番で俳句をしました。よい姿勢で取り組めたので、皆を誉めました。「走るときもしっかり前を向いて走ること、よそ見をして笑いながら一等をとってもそれは格好が悪い。順番が大事ではない。その人はまっすぐ前を向いて真剣に走ればもっと速く走れる。遅くても、歯を食いしばって一生懸命走る人は、頑張ることにかけて一等賞であり、それは全員とることのできる賞である」といったことを話しました。午前中の後半に年長児 [続きを読む]
  • 2017-07-03 ライオンプール
  • 今日は暑く蒸し暑い一日となりました。子どもたちは、年中、年少、年長の順にライオンプールで水遊びをしました。最初に園庭で準備体操です。先生がかけた音楽は、六月に取り組んだお遊戯の曲でした。自分の踊った曲も、友達が躍った曲も関係なく、好きな場所で思い切り体を動かして取り組みました。プールでは水につかって思わず「きもちいい!」と連呼する子どもたちでしたが、慣れてくるとお互いに水を掛け合ったり、先生めがけ [続きを読む]
  • 2017-07-01 第1回ミニミニ幼稚園
  • 本日第1回ミニミニ幼稚園を開催しました。手遊びに続き、七夕の由来を伝えるペープサート仕立ての寸劇をご披露しました。その後、七夕飾りと願いを書いた短冊を作り、幼稚園で朝採れたての笹につけました。さいわい雨は上がっていましたので、その後園庭で遊んでいただきました。本園は、名前は聞いてもどこにあるのか、ご存じない方が多いです。通りがかりに気軽に立ち寄れる場所ではないため、このような機会を利用していただけ [続きを読む]