Non さん プロフィール

  •  
Nonさん: なまくら草紙
ハンドル名Non さん
ブログタイトルなまくら草紙
ブログURLhttp://nontaco.dreamlog.jp
サイト紹介文オランダで働く2児のシングルマザーの日常です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供245回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2011/05/30 04:16

Non さんのブログ記事

  • しまった、サンダル買えなかった祝日
  • 夏日が来る前にサンダルをちゃんと用意しておく、ってことがなかなかできない私ですが、この週末は夏日全開らしいってんで、朝からサンダル買いに出かけました。祝日だってのはもちろんわかっていたので、ちゃんと店の情報を調べてから行ったつもりですが、ちゃんと祝日ってのが反映されていない情報だったらしく、街中は開いている店が数軒のみ。幸い、12時から開く店がほとんどの中、私たちはあと15分も待てばよかっただけなので [続きを読む]
  • 売り出し間違ってます
  • 薬局に、子ども用の日焼け止めを買いに行きました。次男坊は敏感肌でもないのですが、日焼け止めだけはどれでもいいというわけではなくて、赤ちゃんのころから、自宅で使っていたメーカー以外のを塗ってもらうたびに顔が赤く腫れていたので、慎重です。去年まではまだ残っていた、前年に買ったそのメーカーの物で(去年は既に店頭から消えていた)なんとかなったのですが、別の敏感肌用のを買ってみたがやはりかゆくなってしまい。 [続きを読む]
  • 香道の講演会
  • ふっと目に入ってきた、香道講演会のお知らせ。元々特別に興味があったというわけでもないのに、見た瞬間に、これは行かねば!と思って予定を確認したら、子どもたちはいない日だったので、友人を誘って行くことにしました。会場は、もうオランダ生活10年を越えたのに、外しか通ったことのないHet Concertgebouw。一度くらい行っとかないとね。講演はとても興味深く、日本の伝統文化の奥深さを(少し聞きかじった程度ですが)、学べ [続きを読む]
  • 大きな変化なく
  • 書くことがない、というよりは、書きたいという気が最近あまりなくなってしまったようで、頻度が落ちてます。もともと愚痴こぼしブログなんですが、何も書かないでいると逆に大丈夫かと心配されてしまうかもしれませんが、変化があまりなく毎日過ごしています。いいことです。子どもたちは落ち着いており、長男の耳の腫れも少しずつ引いてきています。火曜日に検診があって、その時に皮膚の回復を早めて、溶けるタイプの縫合糸が溶 [続きを読む]
  • ごたごたしてましたが
  • いろいろありまして、ごたごたしていたりしましたが、思ったより平穏に過ごしています。母の日は次男が学校で作った写真とメッセージのカードをくれましたが、長男は「えー、ぼく何もないから何あげたらいいかわからない」とのことで、こっちから催促してもしょうがないので、何度か同じ質問(「何かくれるのかなぁ?」)を投げかけながらもその質問自体に意味がないので、最後には気持ちが大事!と言って、おしまい。朝からけんか [続きを読む]
  • 危険なポテトチップスの食べ方
  • 最初に、この記事「揚げ物に油をかけるとすっげーウマい」を読んでからではあったのですが、すっぱいポテトチップスが好きで、でも売っている種類が限られているんで、うちで自分で中国の黒酢をかけてみようと思ったら間違ってごま油をかけちゃったんです。酢をかけるのはそれまでにもやったことはありましたが、ごま油はかけた瞬間、しまった!と思ったものの、食べてみたら、衝撃の美味しさ!既に揚げられているものに油!記事を読 [続きを読む]
  • 術後初検診でした
  • 手術から10日。いよいよ耳のカバーが取れるときが来ました。もちろん手術はうまく行ったわけだし、楽しみでもあるのですが、かなりドキドキしていました。残念ながら執刀医の先生が今週はお休みを取っているらしくお会いできなかったのですが、長男の左耳が普通の耳になりました。まだまだ腫れもあり、いかにもまだ手術したばかり、という生々しい感じがして、触れることができなかったのですが(触れてももちろん問題なし)、徐々 [続きを読む]
  • 活動的&こもりっきり週末
  • 土曜日は自転車で友人宅まで。その市にはまだ自転車で行ったことがありませんでしたが、調べてみたら1時間くらい。よっしゃ、自転車で行ってみよう、天気も良くなって暖かくなるという予報だし!行きに道に軽く迷い、ふらふらしてしまいましたが、それでも高級住宅街を抜けて、自分が住むことはないだろうけど、すごいなぁと思いながら、予定より時間かけて、楽しく行ってまいりました。友人宅から更に自転車に乗ってひとっ走り。活 [続きを読む]
  • 11歳になりました
  • 長男が11歳になりました。あっという間です。生まれた日は30度近くあって暑かったのを覚えています。それが、今年は寒くてまだ冬の上着を着て出かけるほどです。相変わらず入院後の回復期ということもあり、家で静かに過ごしていました。思いがけず近所の友達が小さなプレゼントを持ってきてくれたりして、長男も喜んでいました。着替えもせず(私は着替えましたが)のんびり家でだらだら過ごす誕生日も悪くないじゃない?写真撮ら [続きを読む]
  • 辛いけど、敵に踊らされるな
  • 先日のことは本当に悔しく、簡単に消化できるようなことでもないのですが、ある人が言った「現状で何もまだ所持していないのだから、まだ何も失っていない」という言葉が腑に落ち、とりあえずは何も聞かなかったと思って、そのままやり過ごすことにしました。許せるようなことではない一方、私がここで下手に動いて、子どもたちにとっても貴重であるはずの過去を失うのは、するべきことではありません。私が悲しく思うことを利用す [続きを読む]
  • 弱いところを利用してくる
  • 結局、病院に行くのが面倒くさいのかなんなのか、私が病院に同行するから、来なくていいと言ったら、そのほうがいい、という反応でした。親としての責任を果たしてくれているのはありがたいと思う一方で、子どものことにどれだけ興味があるのか疑問にも思った瞬間でした。その後更に許しがたいことがありました。あまりにひどいので、書いてしまいます。元の家を出るとき、子どもたち、特に大量の長男の写真を持たずに出ざるを得ま [続きを読む]
  • 感覚の相違
  • だから一緒にいられないんでしょ、もう、と言えばそうなんですが、別れてから更にお互い嫌な相手だと思うようになってしまったこともあり、子どもたちのことに関しては、それぞれ最善を尽くすように、というのは暗黙の了解ではありますが、どうにも理解できない会話が朝あって、頭が痛いというか、がっかりしています。深く考えないでおけば、まあがっかりというか、「そういう相手なんだから仕方がない」「そりゃあ顔を合わせるの [続きを読む]
  • 回復せねば
  • 今日はとにかくのんびりする日。手術前までかなり気持ちが張っていたのと、退院してすぐに友人の結婚式に移動したのとで忙しく気持ちもバタバタしておりました。朝ゆっくり寝て、レンタカーを返した後、Tのところへ長男に会いに行ってきました。親として一緒に長男といられないのは残念ですが、一緒にいなくていいというのは逆にいいのかもしれない。母親として、まだ傷の痛々しい長男のそばにいてやれないのは不甲斐ない気持ちで [続きを読む]
  • 無事手術終わりました
  • 4〜5時間かかると思い込んでいた手術は7時間ほどで終了。待っている時間の長かったこと!勘違いだったのかと思い直して情報源を探ると、12時間かかることもあると書いてあるではないか!幸いそこまではかかりませんでした。頭に今包帯を巻いている状態ですが、退院するときには左耳のカバーだけになるそう。再来週の初めまでこのカバーは装着したまま、学校もお休みです。無事長男の手術が終わるのとほぼ同時に、私の奥歯のクラウ [続きを読む]
  • 我が家は普通の休日、の国王の日
  • 明日が我が家では大イベントなので、今日は寒いし子どもたちは家で喧嘩してなんだか変な空気が漂っていたりで、結局ほとんど家の中で過ごしました。長男はリラックスさせるのが一番、なのに朝から次男と喧嘩して泣いて怒ったり。まあ本人が認めないにせよ、緊張して情緒不安定になりやすいのでもあったんでしょう。レンタカーが必要なので午後次男を連れて出かけましたが、長男は結局一歩も外へ出ず。ほぼ一日中、好きな日本のアニ [続きを読む]
  • いよいよ明後日。落ち着かない・・・
  • 長男の耳の手術が迫ってきて、落ち着かなくなってきました。準備もまともにできてないといえばそうなんですが、ようやく今日になって手術の開始時間が連絡されたので、いよいよだな、という気分が高揚中。朝7時に病院に到着していないといけないので、余裕を持って6時過ぎに出るか・・・明日は国王の日で休みなのはありがたいのですが、普通のお店に行きづらい。手術後に着るのに楽であろう、前開きまたは首周りがゆったりした服が家 [続きを読む]
  • いろいろあった週末・・・
  • 週末は2日とも出ずっぱりで忙しかったのですが、にしてもいろいろあって、でもまあなんとかなって、とどっと疲れました。ゆっくり休む週末とはほど遠かったです。金曜日に手術が予定されており、そのあとはしばらくあまり子どもたちと活動したりできないので、活動的にすごしたことは、よかったと思います。ちょっといろいろあったことを書きます・・・悪い話のようですが、最終的に丸く収まったのでよかった、でも疲れた・・・① 長男 [続きを読む]
  • 前回の続き、訂正
  • 読み返してみて、自分の言いたいことがよくわからなかったので再び。そりゃ、親権の証明は必要です。ポイントは、毎回最新の書類がいるのか?ということ。最新の出生証明書だとか、最新の住民登録書、私は持っていったことがないのですが、必要なんだろうか。出生証明書なんて、後から変わることはありえないし。親権が変更になることもあるからということか。夏の渡航先、マルタの規定では、パスポートを発行する際に既に親権保持 [続きを読む]
  • 余計な心配を巻き起こす掲示板
  • 最近、SNS上の某グループに参加しまして、発言こそしないものの、流れてくる話を読んだりしているんですが、今日流れてきた話題で、私も???となったものがありました。私にも同じような状況が起こらないとも限らないので。どちらも、母親と子どもたちが旅行に行くと言う話。EU内です。1) 親権は母親にのみ。親権が一方のみの場合、父親からの渡航同意書は不要。それでも、親権を確認する書類を市役所から取り寄せないといけないだ [続きを読む]
  • 寒いけど、とりあえず穏やかな日々
  • 問題が解決されたわけではないのですが、今のところ穏やかでというか、なんとか平穏に過ぎているので、とりあえず来週控えている長男の手術まではこのまま、波風を立てず行きたいような、そんな気持ちでいます。問題を放置しても仕方がない、とも言いませんが、一体どうするのがいいのか、よくわからないというのが本当かもしれません。私が切羽詰っていれば、もっと動いてもいいのですが、そういうわけでもないのと、繊細な長男の [続きを読む]
  • 週明ければ、また少し
  • 今週は短いです。一日短いだけでもだいぶ違いますね。昨日は早く寝て、今日は早く起きました。仕事は十分にあるものの、地味な仕事で眠いです。評価の面談があったので、正直に、仕事が単調なものが多いので、もうちょっと刺激があったほうがいいかもしれない、と上司に伝えました。さて、何ができるかは、自分でも考えないといけませんが。読んでくださってありがとうございます。ついでに↓を していただけるとすごくうれ [続きを読む]
  • 子どもたちのいない長い週末
  • オランダの数少ない連休。去年に続いて今年もイースターは子どもたちはTのところ。基本的にこういう行事にあまり乗ってこない私には、正直何もしなくて楽だ(雰囲気くらいは作るのが本来は正しいのだろうか)、と思いつつも、ちょっとしんみりしてしまわなくもありません。去年はまだ家がなくて友人のところにお世話になっていたので、家族のイースター食事会に便乗させてもらいました。今年のイースター連休は寒い!家の中で一人し [続きを読む]
  • 一人じゃない
  • 自分のことで考えてばかりでもどうしようもないことでなんだか落ち込んでたりもした私ですが、大して心配する必要もなかったけど考えすぎて勝手に心配していたイベントを無事に終えて、その合間合間に元気付けられることがあったりして、少しずつ回復してきてはいます。自分が考えすぎだということ、孤独感を感じさせるような思考回路に仕向けているのは自分自身だということ、なんかがわかってきただけでも、よかった。話を聞いて [続きを読む]
  • 自信がない
  • いろいろなことが重なっているせいもあるんでしょうが、いろんなことに自信をなくしてきました。そんな自信はいつか取り戻せばいいんだろうけど、私、このままでちゃんとやっていけるんだろうか、と。不安だらけです。でも、私は健康だし、ちゃんと生きている。それだけでも、きっと大丈夫だと、思ってやっていかないと。読んでくださってありがとうございます。ついでに↓を していただけるとすごくうれしいです。にほんブ [続きを読む]
  • 考えすぎはよくないってわかっていても
  • めでたいニュース、だったんですが、その後すぱっと元気になったかというと、余計な心配ばかりして、あんまり元気でもない私です。それでも、とっても天気の良くなった日曜は、出不精の私も子どもたちと自転車に乗って大きな公園まで行ってきました。楽しかった!公園も結構な人出、いいお天気を楽しんでいる人たちでいっぱいでした。私が家にこもりきりで、子どもたちに遊びに行っておいで!と外に送り出しているだけより、やっぱり [続きを読む]