かおり さん プロフィール

  •  
かおりさん: 石屋のカミさん日記
ハンドル名かおり さん
ブログタイトル石屋のカミさん日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kaori-isiyasan/
サイト紹介文仕事に趣味に子育てに・・興味のおもむくまま人生をエンジョイしてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2011/05/30 22:07

かおり さんのブログ記事

  • ゆらり
  • 綾部の「ゆらり」さんで お香の先生とランチ「ゆらり」さん、久しぶりに来たけれどとてもお洒落で落ち着くし 美味しくリーズナブルだった。お香の先生と出逢い 舞鶴で、お香の会を始めてからなんと今年で10年になる。なにか記念になるような お食事会でもしたいね〜とその打ち合わせ。いつも何かに夢中で前向きな先生からは常に刺激を受けている。私が憧憬の念をもつひとこの10年で いろいろなことが枝葉をつけて広がって [続きを読む]
  • 懐石秘密箱
  • 祇園楽楽さんで 毎月1回開催される 「懐石秘密箱」茶事の懐石料理を奥深く学ぶ講座で毎回楽しみに参加させていただいています。富山県の懐石料理人、中尾英力さんが毎回、素晴らしい講座を主催されている。懐石料理のことを学んだあと実際に 中尾さんがつくられる懐石料理をいただき、そのあと ぎおん楽楽御亭主 中田さんの呈茶をいただく。とても贅沢で豊かな時間。今回のテーマは 「夕ざりの茶事」和ろうそくや 手燭など [続きを読む]
  • 不倫は文化!?
  • 朝晩ぐっと涼しくなり なんとなくものさみしい秋。なのに、世間はあっちでもこっちでも 不倫・不倫・不倫の花盛り。今井絵里子のときはあー、やっぱりな。なんだかみみっちくてビンボーくさいと思った。斎藤由貴のときはあ、このひとも懲りないなー。12キロ痩せて 綺麗になって、最近よくドラマに出てるなと思ってたら 昔の「魔性」を思い出したみたい。でも、既婚の医師を選ぶところはさすがだなと思った。そして 週刊文春 [続きを読む]
  • 重陽の節句
  • 9月9日は 一番大きな「陽」の数字が重なる日なので中国では とても大切な日だそうだ。「重陽の節句」健康長寿のしるし 「菊」にちなんだ節句だ。菊の花の上に そっと置いた綿花が朝露を含んで湿っている。その水分をお酒に入れて飲んだり 体をこすったりして健康を願う。今朝は 秋の朝。肌寒くて、深い霧の朝だった。あんなに扱ったのに 季節は 確実にめぐってくる。 最近、毎朝 日経新聞を楽しみにしている。「私の履 [続きを読む]
  • 香港 9
  • 最終日、空港へ行くまでの半日は地下鉄と 路面電車に乗って 出かけた。香港の渋谷といわれる コーズウェィベイや 下町の春瑛街市場へ。市場は活気があって とても楽しい。売ってる野菜・果物・お魚 どれもすごく新鮮で、こんなところが近くにあると毎日のお料理が 楽しいだろうな〜私たちの泊まったホテルの隣が ペニンシュラ香港。優雅な雰囲気だけ 味わおうとランチをいただいた。さすがに美味しい。 [続きを読む]
  • 香港 8
  • 夕食のあと オープントップバスに乗り夜の街へ。女人街という 夜の市場へ行った。毎晩、すごく賑やかだそうだ。この香港の オープントップバスは とっても面白い。「夜景」という 観光名物を最大限 アピールしているのがすごいな。 [続きを読む]
  • 香港 6
  • 香港で最も有名なお寺 「黄大仙」へ。こちらのお寺も とてもカラフルで綺麗なお寺。信心深い地元の人々が たくさんの線香をお供えされる。左がわに女性 右側に男性、真ん中に 偉い先生がいて赤い糸で結ばれている、縁結びの神様だそう。一般の人々が住んでいる住宅。世界一人口密度が高い香港では 土地付住宅を買うのは夢のまた夢。狭いところに 上へ上へと高層マンションが建つ。地震や火災が起きたとき 下に降りるのにパ [続きを読む]
  • 香港 4
  • 香港島の南、スタンレーへ行った。日本では見られない カラフルなお寺、竜宮城みたい。海のすぐそばにお寺があります。スタンレーの市場。掘り出し物がたくさんあって楽しかった。娘は この市場でバッグを買った。ひとつ買うと ひとつオマケについてくる。そのオマケバッグの中に もうひとつミニバッグが入っていてすごいお得感。 [続きを読む]
  • 香港 1
  • 8月の終わり、お休みをいただき次女と二人で 香港旅行へ行ってきた。外語大学で 英語と中国語を勉強している次女はものごころついてから 初めての海外旅行。レイユーモンの港漁港で 新鮮な魚市場があり、ここで海鮮料理を食べることもできる。雰囲気が 東京築地っぽい。看板も漢字なので なんとなくわかりやすい。 [続きを読む]
  • 9月お香の会
  • 夏が 思ったより早く終わったかなあと感じてたらあたりはすっかり秋到来空の雲も様子が変わりどんどん日が暮れるのが早くなり夜には虫の声が。。。こうなると 勝手なもので暑さに辟易していた夏が、なんとなく懐かしくてものさみしくなる。夏の終わりは 楽しい楽しい思い出外語大で英語と中国語を学んでいる次女と香港ふたり旅してきた。こちらはおいおいアップするとして。本日は 9月のお香の会だった。8月、夏休みをいただ [続きを読む]
  • 人生の勝算
  • 前田裕二 著 「人生の勝算」を読了。現在29歳の前田裕二さんは 「SHOWROOM株式会社」の社長である。この人のことも この会社のことも初めて知った。最近、ホリエモンにはまってるうちに派生して 出会ったビジネス本。次から次へと、凄いひとが世に出てくるもんだなあというのが感想だ。そして、時代が目まぐるしく進化していくスピードについていかなくちゃついていけるかな。。。という感想。Facebook・Twitter・インスタ [続きを読む]
  • 秋草とかき氷
  • 日曜日。細見美術館にて 「美しき日本の美」展を観た。細見コレクションのなかから 「秋草」の意匠をテーマに名品が集められていた。琳派作品中心に、萩・女郎花・桔梗・薄・菊・楓  そして月や鹿。朝晩ずいぶん涼しくなってきたし、秋らしいテーマの美術展に 心がさわやかになる。細見美術館のあとは 「祇園楽楽」さんの月釜へ毎月、最後の日曜日に いろいろな席主さんが テーマを決めてお釜を懸けられる。今月は 「納 [続きを読む]
  • 劇団四季 キャッツ
  • 土曜日 大阪四季劇場で 「キャッツ」鑑賞。主人と長女と3人で 観に行った。ほんとは 次女と女3人で行く予定だったのだけど、次女は 友達から 西野カナのコンサートに誘われたから・・とそっちの方へ行った。劇団四季のミュージカルは いろいろ見てきたが、代表作「キャッツ」は 今まで見たことなくて今回が初めて。さすがの 舞台だった〜素晴らしい踊りと歌息つく間がないほど スピード感あふれる これこそプロとい [続きを読む]
  • 未来の年表
  • ベストセラーのこの本、読みました。未来の年表  人口減少日本でこれから起きることこれから人口が激減していく日本が3年後 5年後 10年後 15年後・・・・とどういう風になっていくかが 詳しく書いてある。怖ろしい本。「少子高齢化」が、これからの社会を大変にすることはみんな わかっているがでは 具体的にどんなふうになっていくのか。思わぬところに思わぬ影響が出てくる。どんなに政策を考えても これからどん [続きを読む]
  • ペアリング
  • 「HAJIME」での 食事は コース料理でお料理ごとに ソムリエが吟味して選んだお酒を提供してくださった。ほとんどが日本のアルコールだったがどれもほんとに美味しくて ラベルなども綺麗で珍しいお酒ばかり。こういうのを 「ペアリング」っていうんだってね「季の美」という 京都で初めて蒸留されたドライジンで、最近すごく人気があるらしい。ラベルは 江戸時代から続く、唐紙「唐長」さんのデザインを使ったもの。アルコー [続きを読む]
  • HAJIME
  • 大阪の人気レストラン 「HAJIME」で お食事会の機会があった。「婦人画報」の 読者イベントで脳科学者の 池谷裕二先生のお話を聴きながらのお食事。米田肇シェフのお料理は 壮大なテーマがあり、美味しさもさることながら宇宙的・哲学的な思い入れが盛り込んであり、繊細で 美的センスが素晴らしい。「芸術」の域だと思った。季節感を取り入れる 日本の和食が一番だと思っていたが、「HAJIME」のお料理をいただくと その [続きを読む]
  • 処暑
  • 今日は 24節気の 処暑暑さが少しずつおさまるころ。一日一日 日が短くなり 暗くなるのが早くなってきた。お盆には 子供達が入れ替わり立ち替わり帰省してきて 久しぶりの賑やかな家だった。休みのあいだに 次男の高校の時のクラスメイトが12名、我が家に大集合して 同窓会となり、私と主人と長男も参加して家のワインや日本酒も 全部飲んでしまった今年 大学4年生の子がほとんどで、みんな 良いところに 就職内 [続きを読む]
  • ゼロ
  • お盆休みは いかがお過ごしでしたか?たくさんの方々が お墓参りされている姿をみてとても日本的で ほほえましく美しいなあと感じていました。お店番しながら お墓へお参り行ったり菩提寺の 施餓鬼供養に 「御詠歌チーム」でお参りしたりお盆らしい数日を過ごした。先日から ホリエモンにはまり、また2冊本を読んだ。「ゼロ」服役を終えて 初めて書かれた本で、自伝的な本。面白くて 一気に読めた。今まで知らなかった [続きを読む]
  • 君はどこにでも行ける
  • 堀江 貴史著 「君はどこにでも行ける」読了。ライブドア時代のホリエモンから ずーっとこの人のことが 何故か 大嫌いだった。とりわけ 著書のタイトルが いつも過激で挑戦的で嫌だった。もちろん、読んだこともない。だけど、このあいだ 元・村上ファンド 村上世彰さんの「生涯投資家」を読んだとき 出てきたホリエモン、林真理子のエッセイに出てきたホリエモン、刑務所での服役を終えてからの 堀江貴史さんは私が思っ [続きを読む]
  • お盆
  • 昨日、お盆までの仕事が終わり 会社の納涼会だった。不景気のなか、なんとか上半期も終わった。5月の連休に 事務員さんが急死されるという悲しいできごともあった。今日から 1週間、職人さんたちのお休みに入る。お店は開けているので 私は 会社と事務所の往復しながら棚経や 墓参りや 寺の施餓鬼供養などお盆の行事をする。久しぶりに子供達とも会えるので若いパワーをもらえそう。ビストロアルルさんの 「マイヅルプリ [続きを読む]
  • 8月懐石玉手箱
  • 8月 懐石玉手箱  祇園楽楽さんにて 懐石料理の勉強会。朱塗りの懐石具で 「精進」の懐石を学んだ。知らないことを 習うというのは なんと面白いことだろう。仏教と茶道が 密接につながっていることを勉強するのは とてもワクワク楽しい。床も お盆のしつらえ。とても古い曼荼羅図の掛軸。  お花は蓮。舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ [続きを読む]