大山大介 さん プロフィール

  •  
大山大介さん: 俳句とお星様と山歩き
ハンドル名大山大介 さん
ブログタイトル俳句とお星様と山歩き
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ryuusimutou2
サイト紹介文俳句を毎日詠みたいと思ってます。山は奥多摩のほうを登ってます。お星様のお話は、いつか再開します。
自由文山登りと俳句とお星様と備前焼と「蒼空」というお酒が大好きな日々を過ごしてます。
一番は、山登りかな、軟弱ハイキング程度ですが、これが止められません。
俳句は、日々のため息と吾が記憶にある風景と自然が放つ声です。
備前焼は土のぬくもりと作家脇本博之に心酔してます。
酒は、京都伏見桃山藤岡酒造の「蒼空」です。機会あれば、お尋ねください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2011/05/31 10:38

大山大介 さんのブログ記事

  • イブキジャコウソウ
  • 花屋なき街並みとなり秋彼岸 個人商店が次々となくなってくると、街が寂しいです。特に花屋がなくなると、寂しさもひとしおです。 道場でふたりの稽古秋気澄む雨後の日差しのぬくみ白粉花弓の音に死人花の震えをり白無垢の背より参拝豊の秋雅楽の音流れ色鳥訪ねくる豊年の一団お宮参りかな稔り田や両手広げる巫女の舞ベランダの朝顔日覆ひなりにけり参りたる人の笑顔や秋彼岸陸橋を渡る電車や曼珠沙華渓流の飛沫より生れ秋の蝶とぼ [続きを読む]
  • ゴゼンタチバナの実
  • 底紅や遥かなものへ寄す想ひ 雨も上がったようですね、秋もここまでくると、紅葉が気になります。東北も始まっているでしょうね。 昼の虫聞き分け風の行方かな曼珠沙華大樹古老のごとく立つ木道の吾の背を押す秋の風水底の闇の深さよ昼の虫午後の日に陰影深む曼珠沙華少しづつボレロのやうに昼の虫風に乗り秋の藪蚊の来たりけり巻き上げて桜紅葉を散らす風川面はも滑りて来るや穴惑ひ幼子を追ひゆく母や昼の虫うなだれて芒は稲の仲 [続きを読む]
  • イワインチン
  • 水面はも滑りてくるや穴惑ひ さっきのことですが、散歩してたら、小流れを実に長い蛇が泳いできて、まことに上手いもので、水面に浮かんで滑るがごとしでした。 若き日の風貌今も男郎花争ひも手打ちもありし落し水レインコート着込みてをりし案山子かな風の盆逝きし句友と会えるかも蟷螂の殺気で在り処分かりけり烏瓜たちまち宵にとけゆけり邯鄲や昼見る夢の中にをり竿燈の御霊の動きなりしかとふくよかに風の遊べる桔梗かな啄木鳥 [続きを読む]
  • しらたまの木
  • 鈴の音に向かひ来るもの秋の蝶 昨日は、日帰りで山でしたが、登山口が「高峰温泉」で、その風情をたっぷりと楽しまさせて頂きました。 薄れゆく岩の矢印秋の山秋風の音を分けてゆく尾根の道ごうごうと秋風唸る岩場かな秋天に赤く燃ゆるは浅間山水平にアルプス並べ峰の秋秋の峰統べてをりたる鳶一羽頂上を離れがたきよ秋の山蒼天に秋の刷毛雲描かるるため息のごとき白雲秋の山手を伸ばし届きそうなる秋の雲こめつがの森の径の秋の声 [続きを読む]
  • 高峰温泉から水ノ塔山・篭ノ登山を経て池の平湿原
  • 高峰温泉から水ノ塔山・篭ノ登山を経て池の平湿原台風が去って、天気がよさそうなので気持ちがよさそうな山を探してたら、浅間山の西側にある水ノ塔山・篭ノ登山を経て池の平湿原が面白そうである。調べれば、日帰りで行けそうなので、西国立を5時41分で出発して、大宮駅で立ち蕎麦の朝食を頂き、7時18分のあさまに乗り継いで、新幹線からの天気は良好で、これは期待できそうである。佐久平が8時18分着で、ちょうど一時間で到 [続きを読む]
  • ヤマラッキョウ
  • 台風過ぐほつとひと息森の精 台風がは去ると空気がきれいで随分と展望が効きますが、あれこれと爪痕を残して台風が去りました。 野分過ぎ空に濁りのなかりけり抗へる枝は落とされ台風裡台風過ぐサイクルロード点検中ヒマラヤ杉あればの天の高さかな一面の黄花コスモスキラキラす秋天のすつぱりと今描く人人集ふ秋の木陰の濃かりけり楕円なす影連れてくる秋日傘秋の蝶急き立てられて語る愛木瓜の実や老いて尚更ひねくれる遠くより中 [続きを読む]
  • ウメバチソウ
  • 動物の名もその中に草の花 台風が来てます。今は、四国のあたりでしょうか、大した被害がなければいいのですが、自然の猛威に対しては、昔も今も、祈りのみです。 名を知らぬことを惜しむや昼の虫名を知れば深き味はひ草の絮落人も歩みし道や吾亦紅梨の汁落ちてまるまる砂もろとも湿原がまづ紅葉なす高嶺かな根の国を知つてをりしか水引草切り株で遊ぶ親子や木の実独楽釣船草たつぷりと風孕みけり蔦籠に絡めて売るや烏瓜野菊活けし [続きを読む]
  • マツムシソウ
  • ひとごとの救急車過ぐ秋の夜 今日は、広島の優勝がかかっているゲームなのですが、テレビで放映してませんね。そういうことに神経を使っていただきたいものです。 竜胆や身を寄せ合はばひかりけりご先祖の飢餓の記憶や曼珠沙華台風に見つめられをる静寂かな白雲の遊びに来る花野かな新涼の湖国に水の香かなこころにもハレとケのあり秋まつりかまきりが吾を意識してをりぬ露の身に朝の日差しは眩しけり語らねば分からぬことや露激し [続きを読む]
  • ハバヤマボクチ
  • 昼酒が呼び水となり祭笛 曼珠沙華が自然に彩を添えております。自然には虚飾がありません。宇宙空間を飛び去ったミサイルなんぞ知らんぷりです。 木瓜の実や故郷のこと父母のこと鳴く声の風に流され秋の蝉働けるだけ働きて秋の蟻曲線に宿る陰影秋の庭ひとりには狭くふたりの萩のトンネル日も風も萩のトンネル抜けゆけり白々とした嘘つかれ曼珠沙華浮き浮きと弾むこころや吾亦紅嵯峨菊や諦観ありし禅の庭金水引砂金伝説ありし川ひと [続きを読む]
  • 曼珠沙華
  • 家々に水辺の暮し曼珠沙華 曼珠沙華がある風景が、遠近に見えてきました。当面楽しめそうですね。巾着田もそろそろでしょうか。 ぺちやんこの蟷螂風が運びけり美人画の長き項や白粉花露草の群れてほがらかなる水辺露草のひと葉ひと葉に小夜の雨曼珠沙華連なりひかる水辺かなあきらかに翅の欠けたる秋の蝶彼岸へと誘ふごとく花臭木固まりてひとつの炎曼珠沙華虫の音とこころのどこか共鳴す紅白の身を寄せ合ひて曼珠沙華せせらぎや風 [続きを読む]
  • キバナコスモス
  • コスモスの湖にぽかりと帽子かな 昭和記念公園のキバナコスモスが満開になりました。なかなか見ごたえがありました。曼珠沙華ももう盛りです。 ひとつひとつ光源となる秋桜さざ波もなきコスモスの湖ひとつふぞろひに煌めく揺らぎ秋桜幾万の花びら束ね秋桜咲き切つて影を持たざる秋桜黄色てふ曙の色秋桜一面のただ一色の秋桜街道の続く限りの秋桜咽ぶほど叢なすところ秋桜白雲のぽかりぽかりと秋桜ボイッシュな人は活発秋桜コスモス [続きを読む]
  • トリカブト
  • 土のつく舞茸ざるに蕎麦屋かな 今日は、術後の検診で、お陰様で何事もなく良好とのことで、帰ってきました。ありがたいことです。 茸売りこづかひとせし昔かな観音の熱き掌吉祥草連なりてまるでぼんぼり烏瓜陶片のひかる川底赤まんま紫は高貴なる色鳥兜ものの名にある物語弟切草千振の花に休まる旅疲れ爽涼の生れては消ゆる波紋かな迸る渓流をゆく秋気かな忘れ物どこかへなにか秋の宵高原のひと筋の道鰯雲月代や一升下げて友来る知 [続きを読む]
  • アキノキリンソウ
  • 天と地のあはひにぽかり葡萄かな 土曜は句会、日曜は山で、失礼をいたしました。昨日は、山行きの文章を書いたら、それでダウンでした。 盆地ひとつ膨らしてをり葡萄棚秋晴れの四方に峠の表示あり霊山へ手向けるごとく葛の花高原のどこのホームも芒原秋空の吾が盟主と高嶺かな雲ほどけ岸壁となる秋の山木炭画なりし高嶺や蕎麦の花渓谷を登り稔田天を突く住む家も住まざる家も秋桜頂上の後を引く雲秋愁ひやはらかき高原の日や蕎麦の [続きを読む]
  • 車山から南の耳、北の耳、ゼブラ山、八島湿原から車山肩
  • 車山から南の耳、北の耳、ゼブラ山、八島湿原から車山肩今日は晴天のようだし、日曜日なので、日帰りで少しは遠出が出来そうである。そうなれば、車山当たりの草原を散策して、秋の草花、特に松虫草やアキノキリンソウにたっぷりと出会いたくなって、西国立を5時41分に乗って、茅野駅は8時47分であったか、バスは9時20分発で、ほとんど立ち席なしの満杯状態で、茅野の街を縫って、懐かしい食堂や土産物屋を見つつ、秋桜と [続きを読む]
  • ミヤマホツツジ
  • 白銀の身を太らせて芋の露 今日は、良いお天気でした。昨日までの雨のせいでしょうか、芋の露がとてもきれいに見ることが出来ました。 かがやきを風が研ぎゆく芋の露露草の原つぱ潮の香せり木道につと聴き分くる昼の虫日に躍るせせらぎに寄る臭木の花秋の蝶風の速さに乗りゆけり人に添ひ行きも帰りも酔芙蓉小流れに顔突き合はせ猫じやらし青空へ捧げる幸や栗の毬朝顔や垣根の上を褥とす萩の花技芸天女へ送る風ひと叢の秋海棠や観世 [続きを読む]
  • フシグロセンノウ
  • 高原へ降りてくる空松虫草 この前にちらりと松虫草を見たのですが、今一だったので、群落の松虫草が見たい今日この頃です。 庭ひとつ萩の嵐となりにけり枝振りて落としやる雨萩の花白萩や人に知られぬ恋ひとつ観音の裳裾に萩の乱れをり胡麻干すや門に土間あるひとところ蓮の実飛ぶ内堀遺す淀の城開墾の水路まつすぐささげ摘む一息でのぼる坂道蕎麦の花陸稲熟れ鷹の名前の付く台地早稲の香に咽びてをりし寒風山醍醐山越えて山里唐辛 [続きを読む]
  • クサボタン
  • 十字架を砦とするや秋の蜘蛛 蜘蛛の縦糸いうのは、最強なのだそうです。知らなかったのですが、横糸は粘りがあり使えませんが、バイオリンの絃にして、とてもやわらかい音色だそうです。 廃屋の風の音色や秋の蜘蛛里山に子供らの基地秋の蜘蛛誰にでもある変声期割れ石榴コスモスをみな薙ぎ倒し軍事ヘリ木瓜の実や坊主頭が抱き合ふ哲学と酒と恋愛石榴の実秋茄子の籠でひそひそ話かな馬鈴薯を手品のやうに掘り出せり一輪車零るるほど [続きを読む]
  • タカネニガナ
  • 奥社へのひと筋の道桐一葉 今日は、大腸の内視鏡検査で疲れました。前の日の準備から含めると一日半以上はかかります。ポリープが出来やすいとか言われてしまいました。 夫婦てふ微妙な間合ひ吾亦紅幸福な王子の像へ小鳥来る散歩てふ速さそれぞれ早稲香る才能と若さ憎むや檸檬食む選べざるものに死に方濃竜胆お岩木が育んでゐる林檎かなチャルメラの音に急かされて流れ星メリケンの袋の中の落花生宵闇に影なすものはもののけか手の [続きを読む]
  • ダイモンジソウ
  • 白粉花長き睫毛をしてをりぬ 驚くほどに秋らしくなって、今日の昼は、蝉の声がぱったりと途絶えました。昼の虫の声がしてきました。 子ら居らぬ住宅街や昼の虫途切れなく車庫の二階も葡萄棚遊歩道二手に招く秋桜蓮の実の一群同じ向きなりし黙々と壁あての子や秋時雨久方にチャイムが鳴りて九月かなこの森の今日より聞かぬ秋の蝉秋水にとけて人形流しかな東京の新酒ずらりと大社かな神木のおおきな幣や天高し神さびし森に音なき秋の [続きを読む]
  • シナノオトギリ
  • ひと雨にまたひと雨に涼新た 今日は、午後から句会があり、更新が遅くなりました。今日の句会は一番大切にしている句会なのですが、いつも打ちのめされて帰ってくるのです。それがまた、勉強です。 柿の秋塀の上にも瓦屋根菜園の南瓜塀より垂れ下る街道の賑はひを入れ秋簾雁渡し灰色の雲連れて来し軒下に大甕ひとつ秋時雨御新造さんゐるやうな家松手入どれもみな綺麗に食べて豊の秋この頃は昼夜を問はず虫鳴けり酒蔵の高き白壁鰯雲 [続きを読む]
  • ヤマハハコ
  • どんぐりこぷちゆぷちゆ弾き自転車道 今日は、青空の割には秋の風情が色濃く潜んでいた一日のように感じました。その風情を肌で感じることが出来ることの幸せ。 秋日差し星となりたる湖面かなほんわかなひと日賜り赤とんぼ立ち止まるところ水辺や鰯雲犬もまた家族のひとり秋の園鷺草のその影濃ゆくなるばかり蓮の実をとばしムンクの叫びとも行く時をとどむるごとく秋の蝉鶏頭に気品ありけりハーブ園立ちて死す弁慶かとも鶏頭は雁渡 [続きを読む]
  • キレンゲショウマ
  • 木瓜の実の身をぴたり寄せ相似たり 今日は、暑いとは言っても、完璧に秋の気配です。この調子では、季節の進行が早そうですね。 草原の子らの高さや赤とんぼ芝生へと葉となり散るや秋の蝶何時かしら哀愁を帯び秋の蝉一枝一枝風まかせなり萩の花見詰め合ひ恥ぢらふ二人萩のトンネル金水引隠し鉱山ありし峰迢空忌天よりと蓮華升麻かな神代から変はらぬ流れ鰯雲せせらぎが新涼運び来たりけり風湧かばその風に乗り秋の蝶名園に見惚れて [続きを読む]
  • ヤマトリカブト
  • 秋遍路山河に絶えぬ水の音 今日は、十月中旬の気候ということで、不安定期に入った地球の天気は、止めどもなくバランスを崩しているように感じます。 少年のはるけき日々や通草の実土橋にて交はす目礼臭木の実民宿の栗飯弁当開く尾根早咲きのコスモス空を一人占め実石榴や穴窯覆ふトタン屋根縁側の前が山道胡麻を干す格子窓前の鉢植白粉花見晴かすひとつ盆地や男郎花そよ風に寄り添ひて来る女郎花落し水稲穂のごとき飛沫立つ吾が服 [続きを読む]
  • タカネナデシコ
  • 山道の雲の中より小鳥来る 流石の今日は、全身筋肉痛で、体力・筋力共になくなってきていることを痛感するのみです。 霧雨に苔鮮やかな八ヶ岳この森の苔の息かも霧湧けりせせらぎの音になほ揺れて釣舟草溪開けとんぼの国のまばゆさよ溪底より霧吹き上ぐる尾根の道岩稜の鎖掴まば霧匂ふ鎖引き霧を引き寄せ山巓へ霧引かば雲上はるか富士の峰霧とけて下界のひかり浮かび来る丸木橋濡れるだけ濡れ霧の海「行者小屋」てふ名に惹かれ秋の [続きを読む]
  • トウヤクリンドウ
  • 一葉揺れ小鳥が翔つや秋の山 今日は、お山疲れで、勝手ながら明日には、お尋ねすることが出来ると思いますので、お許しください。 息吸はば爽やかに森広がれり風の意に任せてをりし秋の蝶竜胆や山巓へ踏む鉄梯子厚き霧開き地球の夜景かな鉄梯子鎖も岩も霧の中明暗は霧の気ままや山の小屋外に出よとばかりに霧の消えにけり四方霧の山小屋にゐるあたたかさ霧の中ひたすら何待つカメラマン山巓の撮らぬを悔ひる秋の花秋なれやギター抱 [続きを読む]