園遊舎主人 さん プロフィール

  •  
園遊舎主人さん: 園遊舎主人のブログ
ハンドル名園遊舎主人 さん
ブログタイトル園遊舎主人のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/koichiro1945
サイト紹介文温故知新。 日本の自然に学ぶ。
自由文ドイツ人のランドスケープ・アーキテクトに日本のガーデニングを紹介した時、江戸期以前のガーデニングは参考にしていたが、近年のガーデニングには目もくれなかった。花についても同様。
オランダのキュウケンホフ公園の猿まねやイングリッシュガーデン擬、日本産の花の利用が少ない、わざわざ西欧から見に来る価値のないものが多すぎる。
外国人に、これが日本の新しいガーデニングと言える庭や花の増えることを期待して。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/06/01 06:34

園遊舎主人 さんのブログ記事

  • 『花壇地錦抄』6草木植作様伊呂波分5
  • 『花壇地錦抄』6草木植作様伊呂波分5ひ 15品「びやくしん」はミヤマビャクシン、本文中の「柏槙」に対応するものだろう。「ひむろ」はヒムロ、本文中の「ひむろ」と同じ表記である。「ひのき」はヒノキ、本文中の「檜」に対応するものだろう。「びやう柳」はビヨウヤナギ、本文中の「美陽」に対応するものだろう。「ひいらぎ」はヒイラギ、本文中の「柊木」に対応するものだろう。「ひさかき」はヒサカキ、本文中の「ひささ [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』6草木植作様伊呂波分4
  • 『花壇地錦抄』6草木植作様伊呂波分4こ 9品「こぶし」はコブシ、本文中の「こぶし」と同じ表記である。「高野槙」はコウヤマキ、本文中の「高野槙」と同じ表記である。「こでまり」はコデマリ、本文中の「小てまり」に対応するものだろう。「五味子」はサネカズラ、本文中の「五味子」と同じ表記である。「こせう」はコショウ、本文中の「こせう」と同じ表記である。「小蓮花」はヒツジグサ、本文中の「小蓮花」と同じ表記 [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』6草木植作様伊呂波分3
  • 『花壇地錦抄』6草木植作様伊呂波分3そ 3品「蘇鉄」はソテツ、本文中の「蘇鉄」と同じ表記である。「そよぎ」はソヨゴ、本文中の「そよぎ」と同じ表記である。「鼠尾草」はミソハギ、本文中の「鼠尾草」と同じ表記である。つ 6品「椿」はツバキ総称名、本文中の「椿」と同じ表記である。「躑躅」はツツジ総称名、本文中の「躑躅」と同じ表記である。「つげ」はツゲ、本文中の「柘」に対応するものだろう。「つづミ花」 [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』6草木植作様伊呂波分2
  • 『花壇地錦抄』6草木植作様伊呂波分2ち 6品「沈丁花」はジンチョウゲ、本文中の「沈丁花」と同じ表記である。「ちやうし草」はチョウジソウ、本文中の「丁子草」に対応するものだろう。「ちやうりやう草」はハンカイソウと思われるが、ハンカイソウは「は」の項で「はんくわい草」の名で記されている。間違って再記したのでなければ、「ちやうりやう草」は別の植物となる。なお、「ちやうりやう草」はギンセンカ(アオイ科 [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』6 草木植作様之巻
  • 『花壇地錦抄』6 草木植作様之巻 「草木植作様之巻」は、植物の植え方について解説している。 先ず、植栽には土・土壌に合わせて植えなければならないことを、事例をあげて示している。「たとへハ草ヲ原地に植れハ枯れ 野草を泥中ニ植れバ腐(根腐れ)する事」など示し、「故ニ、土の品々をわかち(土壌の性質にあった)草木の植作り様をしるす」、とある。 次は、植栽時期について、夏木の類(落葉植物)は二月(現在 [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』6 草木植作様之巻
  • 『花壇地錦抄』6 草木植作様之巻 「草木植作様之巻」は、植物の植え方について解説している。 先ず、植栽には土・土壌に合わせて植えなければならないことを、事例をあげて示している。「たとへハ草ヲ原地に植れハ枯れ 野草を泥中ニ植れバ腐(根腐れ)する事」など示し、「故ニ、土の品々をわかち(土壌の性質にあった)草木の植作り様をしるす」、とある。 次は、植栽時期について、夏木の類(落葉植物)は二月(現在 [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』5 草花秋之部
  • 『花壇地錦抄』5 草花秋之部△草花秋之部 「草花秋之部」は62品あり、すべてに説明がある。「江戸版」「京都版」とも同数でほぼ同じである。これらを『牧野新日本植物図鑑』などから推測すると以下のようになる。 「白仙翁花」は、センノウ(ナデシコ科)の白花。 「赤仙翁花」は、センノウ(ナデシコ科)の赤花。 「緋仙翁花」は、センノウ(ナデシコ科)の緋色花。 「かき仙翁花」は、センノウ(ナデシコ科)の柿色花。  [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』5 草花秋之部
  • 『花壇地錦抄』5 草花秋之部△草花秋之部 「草花秋之部」は62品あり、すべてに説明がある。「江戸版」「京都版」とも同数でほぼ同じである。これらを『牧野新日本植物図鑑』などから推測すると以下のようになる。 「白仙翁花」は、センノウ(ナデシコ科)の白花。 「赤仙翁花」は、センノウ(ナデシコ科)の赤花。 「緋仙翁花」は、センノウ(ナデシコ科)の緋色花。 「かき仙翁花」は、センノウ(ナデシコ科)の柿色花。  [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』4 草花夏之部
  • 『花壇地錦抄』4 草花夏之部○石竹のるひ 「石竹のるひ」は8品あり、すべてに説明がある。「江戸版」「京都版」とも同数でほぼ同じである。これらを『牧野新日本植物図鑑』で確認できたのは、「おらんた」だけである。 「おらんた」は、カーネーション(ナデシコ科)。 「牡丹石竹・京小袖・紫かのこ・郭公・武蔵野・江戸紫・つま白」は、セキチク(ナデシコ科)の変種と思われるが、ナデシコ同様に説明文だけからでは、セキ [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』4 草花夏之部
  • 『花壇地錦抄』4 草花夏之部○石竹のるひ 「石竹のるひ」は8品あり、すべてに説明がある。「江戸版」「京都版」とも同数でほぼ同じである。これらを『牧野新日本植物図鑑』で確認できたのは、「おらんた」だけである。 「おらんた」は、カーネーション(ナデシコ科)。 「牡丹石竹・京小袖・紫かのこ・郭公・武蔵野・江戸紫・つま白」は、セキチク(ナデシコ科)の変種と思われるが、ナデシコ同様に説明文だけからでは、セキ [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』4 草花春之部・草花夏之部
  • 『花壇地錦抄』4草花春之部・草花夏之部草花春之部 「草花春之部」には53品あり、すべてに説明がある。「江戸版」「京都版」とも同数でほぼ同じである。これらを『牧野新日本植物図鑑』などから推測すると以下のようになる。 「福寿草」は、フクジュソウ(キンポウゲ科)。 「白福寿草」は、フクジュソウ(キンポウゲ科)の白花。 「菫草」は、スミレ(スミレ科)総称名?。 「児花」は、オキナグサ(キンポウゲ科)。 「一 [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』4 草花春之部・草花夏之部
  • 『花壇地錦抄』4草花春之部・草花夏之部草花春之部 「草花春之部」には53品あり、すべてに説明がある。「江戸版」「京都版」とも同数でほぼ同じである。これらを『牧野新日本植物図鑑』などから推測すると以下のようになる。 「福寿草」は、フクジュソウ(キンポウゲ科)。 「白福寿草」は、フクジュソウ(キンポウゲ科)の白花。 「菫草」は、スミレ(スミレ科)総称名?。 「児花」は、オキナグサ(キンポウゲ科)。 「一 [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』3○冬木之分
  • 『花壇地錦抄』3○冬木之分○松のるひ・・・8品 「松のるひ」は8品あり、すべてに説明がある。「江戸版」「京都版」とも同数でほぼ同じである。「松のるひ」として「黒松・赤松・ちやうせん松・唐松・五葉松・ひめこ松・鹿嶋松・霜ふり」の品名がある。以上8品の中で、『牧野新日本植物図鑑』で確認できたのは、「黒松・赤松・ちやうせん松・唐松・五葉松」の5品である。 「黒松」は、クロマツ(マツ科)。 「赤松」は、ア [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』3○冬木之分
  • 『花壇地錦抄』3○冬木之分○松のるひ・・・8品 「松のるひ」は8品あり、すべてに説明がある。「江戸版」「京都版」とも同数でほぼ同じである。「松のるひ」として「黒松・赤松・ちやうせん松・唐松・五葉松・ひめこ松・鹿嶋松・霜ふり」の品名がある。以上8品の中で、『牧野新日本植物図鑑』で確認できたのは、「黒松・赤松・ちやうせん松・唐松・五葉松」の5品である。 「黒松」は、クロマツ(マツ科)。 「赤松」は、ア [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』3夏木
  • 『花壇地錦抄』3夏木○楓のるひ・・・23品 「楓のるひ」は23品あり、すべてに説明がある。「江戸版」「京都版」とも同数でほぼ同じである。「楓のるひ」は、「高雄・八しほ・野村・せいがいは・しやうじやう・楊貴妃・たつた・獨搖楓・大しだり・うすかき・いともみぢ・二面・南京・青葉・十二ひとへ・板家・九重・なりひら・鳳凰・朝日・通天・かよひ・日光楓」の品名がある。以上23品の中で、『牧野新日本植物図鑑』で確認でき [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』3夏木
  • 『花壇地錦抄』3夏木○楓のるひ・・・23品 「楓のるひ」は23品あり、すべてに説明がある。「江戸版」「京都版」とも同数でほぼ同じである。「楓のるひ」は、「高雄・八しほ・野村・せいがいは・しやうじやう・楊貴妃・たつた・獨搖楓・大しだり・うすかき・いともみぢ・二面・南京・青葉・十二ひとへ・板家・九重・なりひら・鳳凰・朝日・通天・かよひ・日光楓」の品名がある。以上23品の中で、『牧野新日本植物図鑑』で確認でき [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』2さつき・梅・桃・海棠・櫻
  • 『花壇地錦抄』2さつき・梅・桃・海棠・櫻○さつきのるひ・・・162品 サツキについては、「さつきのるひ」として品名が続く。「江戸版」「京都版」とも同数でほぼ同じである。『牧野新日本植物図鑑』には、サツキ(ツツジ科)以外の品名については詳細な種の記載はない。○さつき八木の事○つつじ五木の事 以上の二つは、前記の品名から再度記されている。 次に、『花壇綱目』には「さつき」の品名が記されていない。ただ、「 [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』2さつき・梅・桃・海棠・櫻
  • 『花壇地錦抄』2さつき・梅・桃・海棠・櫻○さつきのるひ・・・162品 サツキについては、「さつきのるひ」として品名が続く。「江戸版」「京都版」とも同数でほぼ同じである。『牧野新日本植物図鑑』には、サツキ(ツツジ科)以外の品名については詳細な種の記載はない。○さつき八木の事○つつじ五木の事 以上の二つは、前記の品名から再度記されている。 次に、『花壇綱目』には「さつき」の品名が記されていない。ただ、「 [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』1芍薬/2椿・茶山花・躑躅
  • 『花壇地錦抄』1芍薬/2椿・茶山花・躑躅○芍薬のるひ・・・116品 シャクヤクについては、「芍薬のるひ」として「小車・・・」と品名が続く。『牧野新日本植物図鑑』には、シャクヤク(キンポウゲ科)以外の品名については詳細な種の記載はない。 芍薬の品名は、最初の56品には解説があり、それに続く56品は名称のみである。芍薬については、「江戸版」「京都版」ともほぼ同じであった。なお、芍薬についても「しで三がい」と [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』1芍薬/2椿・茶山花・躑躅
  • 『花壇地錦抄』1芍薬/2椿・茶山花・躑躅○芍薬のるひ・・・116品 シャクヤクについては、「芍薬のるひ」として「小車・・・」と品名が続く。『牧野新日本植物図鑑』には、シャクヤク(キンポウゲ科)以外の品名については詳細な種の記載はない。 芍薬の品名は、最初の56品には解説があり、それに続く56品は名称のみである。芍薬については、「江戸版」「京都版」ともほぼ同じであった。なお、芍薬についても「しで三がい」と [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』1牡丹
  • 『花壇地錦抄』1牡丹 『花壇地錦抄』は、元禄八年(1695)に江戸近郊の染井の植木屋、伊藤伊兵衛(三之蒸)によって作成された園芸書である。資料として、『花壇地錦抄・草花絵前集』(平凡社東洋文庫・江戸版)、『近世歴史資料集成 第V期(第8巻)園芸【2】:『花壇地錦抄』、国立国会図書館デジタルコレクションの『花壇地錦抄』(京都版)と『花壇地錦抄前集』などを使用する。これら『花壇地錦抄』とされる書は、同じでは [続きを読む]
  • 『花壇地錦抄』1牡丹
  • 『花壇地錦抄』1牡丹 『花壇地錦抄』は、元禄八年(1695)に江戸近郊の染井の植木屋、伊藤伊兵衛(三之蒸)によって作成された園芸書である。資料として、『花壇地錦抄・草花絵前集』(平凡社東洋文庫・江戸版)、『近世歴史資料集成 第V期(第8巻)園芸【2】:『花壇地錦抄』、国立国会図書館デジタルコレクションの『花壇地錦抄』(京都版)と『花壇地錦抄前集』などを使用する。これら『花壇地錦抄』とされる書は、同じでは [続きを読む]
  • 江戸時代初期の三園芸書の特徴
  • 江戸時代初期の三園芸書の特徴 『花壇綱目』『花譜』『花壇地錦抄』の三書は、江戸時代初期の園芸書として優れた著作である。三書は、著者の関心の違いによりそれぞれが特徴のある記述がなされている。そこでまず、『花壇綱目』の植物の記述を詳細に見る。最初の「福寿草」は、「ふくしゆさう」と仮名が振られている。花は黄色。花形は小輪。開花は正月(旧暦)初より咲き、「元日草」「朔日草」とも言われている。植栽土壌「養 [続きを読む]
  • 江戸時代初期の三園芸書の特徴
  • 江戸時代初期の三園芸書の特徴 『花壇綱目』『花譜』『花壇地錦抄』の三書は、江戸時代初期の園芸書として優れた著作である。三書は、著者の関心の違いによりそれぞれが特徴のある記述がなされている。そこでまず、『花壇綱目』の植物の記述を詳細に見る。最初の「福寿草」は、「ふくしゆさう」と仮名が振られている。花は黄色。花形は小輪。開花は正月(旧暦)初より咲き、「元日草」「朔日草」とも言われている。植栽土壌「養 [続きを読む]
  • 伝統園芸の時代背景
  • 伝統園芸の時代背景 日本人が園芸(Gardening)を始めのは有史以前からであろう。それについて具体的な証明をするには、何時・何処で・誰が・何を・何故・どのように(技術等)していたかを示さなければならない。それも個別的な事例ではなく、総合的な視点から把握できることが必要となる。古事記や万葉集などから園芸の様相を推測することはできるが、技術的な裏付けまで求めることはできない。最も古いのものとして『作庭記』 [続きを読む]