TAKODA-O さん プロフィール

  •  
TAKODA-Oさん: 野球ときどき風景写真
ハンドル名TAKODA-O さん
ブログタイトル野球ときどき風景写真
ブログURLhttp://takoda-o-photo.blogspot.com/
サイト紹介文NIKON大好きおやじのアルバム代わりのブログ、自己満足丸出しかなぁと思いつつ、野球ときどき風景写真
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/06/02 07:35

TAKODA-O さんのブログ記事

  • 2017夏甲子園大会県予選 その2
  • 先日も甲子園大会神奈川県予選の2回戦を観戦です。 少年野球の頃から打ち込んでいた野球、高校三年生になって集大成となる晴れ舞台です。とても感慨深いものがあります。 いつかは終わりが来るのですが、少しでも長く仲間と野球をやっていたいという想いは観ている方にも伝わって来ます。実際に終わりが来た時、どのような想いが込み上げて来るのでしょうね。最後まで続けてきたものだけが得られるとても大切な”何か”なのでし [続きを読む]
  • 2017夏甲子園大会県予選
  • 2017年の夏甲子園大会の神奈川県予選が始まりました。各球場で熱戦が繰り広げられています。 息子の母校の応援に行ってきました。皆んな逞しく成長していて微笑ましくなりました。 試合の勝敗は、、 残念ながら1回戦敗退となりました。堪えきれずに失点の末の敗戦なので力負けの感がありました、、選手達は悔しいでしょう。 私と家内にとっては、彼らの最後の試合を見届けることができ、また、現役の父母の皆さんや先輩の父母の [続きを読む]
  • 深谷温泉 元湯石屋 料理編 加賀のこだわり
  • さて、遅くなってしまいましたが、元湯石屋のお料理をご紹介しましょう。前菜全体的に素朴な感じですが、味付け、お皿にこだわりを感じます。一品、一品が素材の良さと味付けのバランスにこだわっているのが伝わって来ます。 お造りでは、加賀特有のお醤油なのかな?甘めなのですが、このお醤油でいただいた蛸の味は絶品でした。 ワオ!うめえ!と思わず声を上げてしまいました。 この旅館でも金時草ウドンが出ています。 盛り [続きを読む]
  • 深谷温泉 元湯石屋 時間の年輪から伝わる安らぎ
  • 今回は、石川県に2泊。 2泊目は、深谷温泉(ふかたに) 元湯石屋です。 ここは日本の小宿10選2017に選ばれたお宿です。 創業200年なのだそうです。  キャッチフレーズ 「時間の年輪が伝わる。 そこから伝わる安らぎ」 確かにその通り。 蔵を改装したお部屋もあります。 中庭から見たお風呂への回廊(2階) 大正時代建立の能舞台もあります。 歴代の宿のご主人は風流な方が多かったようですね。  宿から見た裏山にある [続きを読む]
  • 小松 和膳西洋料理 健  和モダン、九谷焼のお皿
  • お宮参りの後、息子夫婦と小松にある“和膳西洋料理 健”で食事です。和食の西洋風お膳料理という意味、和モダンとでもいいましょうか。お洒落な趣向を凝らしたお店です。お部屋からは竹林が見え、雰囲気があります。 この竹林の中には小道があり郵便配達のバイクが走ったり、カメラ片手のお兄さんが写真を撮ったりしていました。稚鮎の料理。 こだわりの九谷焼のお皿だそうですが、確かに見事さに見惚れてしまいました。メイン [続きを読む]
  • 白山比咩神社でお宮参り
  • お宮参りは、白山比咩神社 白山信仰の大本山です。 北陸最大級のパワースポットだとか。てっきり”はくさんひめ神社” と読むのかと思っていたのですが、正しくは”しろやまひめ神社”と読むのだそうです。 知りませんでした。ものすごい豪雨だったのですが、さすがにウルトラ晴れ男の長男坊の息子。お宮参りの間は雨が止んでいました。 1日は、「おついたちまいり」の日だそうで、沢山のかたが祈祷、参拝に来ていました。「 [続きを読む]
  • 山代温泉 萬松閣
  • 初孫のお宮参りに小松までやって来ました。 初日は米原経由北陸本線で加賀温泉駅 山代温泉 萬松閣へ。 北陸新幹線からの景色は「自然の雄大な景色」という感じなのですが、北陸本線からの景色は「歴史を感じさせる景色」という印象。部屋からの眺望萬松閣は、家内が萬松閣のペアご招待に応募し、見事当選したものです。 応募用紙に、「息子が石川県でお嫁さんをもらい、赤ん坊が生まれました。 私どもの初孫なので、是非会い [続きを読む]
  • 小平祭 & 国立 ル・ヴァン・ド・ヴェール
  • 下手の横好きゴルフやら、初孫誕生やらですっかりご無沙汰してしまいました。今日は、一橋大学の小平祭に行って来ました。これは大学1年生だけで開催。 1年生の親睦を深めるための学園祭だそうです。 東キャンパスの構内は一面が屋台です。 なんか能がないような、、、、 焼き鳥を売っていました。この時は閑古鳥が鳴いていた(?)ので、オヤジ買いの20本購入。 入学して結成したばかりのバンドなのかな? プロレスごっごして [続きを読む]
  • 2017年 初芝刈り&木香薔薇
  • 2017年 2017年の初芝刈りです。 この1~2年はあまり芝の手入れをしなかった結果が芝生の表情に表れています。 下の一昨年の同じ時期の写真と比べると、違いが一目瞭然。 色がこれだけ薄いということは肥料不足。 そういえばエアレーション、サッチ取りもしませんでした。 すまん芝生。2015年木香薔薇も今が最盛期。今年も沢山の花が咲きました。 花がぽとぽと落ちるので、家内の掃除が大変そうです。我が家の木香薔薇が咲くと、 [続きを読む]
  • 九つ井本店で締めくくり
  • さて、今回の小旅行は、九つ井本店で締めくくりです。 もう8時を回っていて、空いているお蕎麦屋さんは九つ井ぐらいしかありません。 満腹と言いながらしっかりオーダー。 上記写真は「よもぎ豆腐」 おっかあ宝石のような豆腐、香りに大満足 「稚鮎の天ぷら」 これは特筆すべき美味しさでした。 鮎の苦味がなんとも言えません。天然物だそうですが、季節の料理ですね。  お店の方によると、今日が初入荷だそうです。 わざ [続きを読む]
  • 西伊豆北上記
  • さて、月のうさぎからの帰り道は、西伊豆に抜けて北上。 まずは松崎町のお蕎麦屋さん小邨に行こうとしましたが、残念ながら定休日。さらに、愛車のエンジン警告灯が点灯。こんなところで故障したらたまったもんではありません。 ボルボに電話したら、エンジンが止まったのでなければ多分大丈夫とのこと。 大丈夫なら警告灯消えても良さそうなのですが、一度点灯したら安全のためにしばらくの間は消えないのだそうです。 ひえ〜 [続きを読む]
  • 月のうさぎ 朝食編 お部屋
  • さて朝食。テーブルマットには兎の文字これは豆乳 最初は湯葉をいただき、後でニガリを入れて豆腐を作ります。 朝食にも趣向を凝らしてありました。お刺身、煮物、焼き魚、サラダ、やはり心に残ったのは、豆腐作りでした。月のうさぎ 特製コーヒーカップこれは宿のお部屋です。 8畳3部屋という広さ。落ち着いた感じの色調の和風ですが、部屋の印象はあまりありません。なぜかというと、、 何しろ目覚めているときは、露天風 [続きを読む]
  • 月のうさぎ 夕食編
  • さーて夕食であります。露天風呂浸かって全身がビールを欲しています。竹飾りが一つとなりましたが、意味があるのかな?プレートは、もちろん月と兎。お品には、それぞれタイトルがついてます。()内がタイトル。仲居さんが、タイトルから次に出てくるのは何かな?と楽しんでください。前菜(初夏の風)先附(海ほたる)造り(伊東港)伊東港に上がったお魚 キンメ(w/塩)、カンパチ(w/わさび)、黒ムツ(w/海苔佃煮)焼物(山 [続きを読む]
  • 月のうさぎ 夢路の始まり
  • 月のうさぎ 先に露天風呂を紹介してしまいましたが、「夢路の始まり」は、竹林の壁の駐車場から始まります。母屋の入り口。 この扉を開くと、、、、母屋の入り口 右手は食事処、2階はお土産売場食事処の個室。ここで夕食、朝食をいただきます。 月x竹=かぐや姫。月xうさぎ x竹はなんじゃろな、などと余計なことを考えては、イカンイカンと戒めておりました。母屋から部屋に行くには、竹林を抜けてゆきます。 ここに白兎がい [続きを読む]
  • 月のうさぎ 露天風呂編
  • 今回のお宿は、川奈の「月のうさぎ」です。 家内が、一度は来てみたいと言っていたお宿です。 人気の宿なのでいつも満室でしたが、今回は看板?の『良夜の間』がたまたま空いていました。庭付き露天風呂とでも言いましょうか。  露天風呂の目の前を遮るものがなく、ただ、ただ、海と空。潮騒の音は遠くに聞こえます。動いているものは、静かに揺らぐお湯の波紋のみ。「静寂」がぴったりの表現。時間が止まるというより、絵の [続きを読む]
  • 小室山公園つつじ祭り 水森亜土のおもちゃ箱画廊
  • 函南 Marieを後にして、次に向かったのは、小室山公園のつつじ祭り。 ここのツツジは見事です。 つつじは背丈が低いとばかり思っていましたが、2mぐらいのツツジもあり、ツツジのトンネルです。小田急山のホテルのつつじも見事ですが、小室山も見事。この日は、メーデーでしたが、沢山のかたが訪れていました。雨がポツポツ降ってきたので、早めに切り上げて宿に向かうことに。小室山の山頂からツツジの全景を眺めてみたがった [続きを読む]
  • 連休は 函南 Marie でスタート
  • 今年の連休は、おっかあのお気に入りの雑貨+パンのMarieでスタート。前回は2013年10月に来ましたので、3年半ぶりです。(3年半前のMarie→これ)入口の樹は、ずいぶんと成長した感じです。買った雑貨は、ニワトリとスクータの置物早速、我が家の出窓を飾っています。今回のランチは、テラス席でいただきました。 柔らかな日差しと高原のひんやりとした風が心地よく、のんびりとしたランチとなりました。チリコンカンは家内。確か [続きを読む]
  • 葉山 シチリア料理 Piscaria 次は予約しましょ
  • 葉山 シチリア料理Piscaria いつ訪れても満席で「今度は予約して来よう。」といつも思うのですが、今日も懲りずに予約なしです。「こんにちは。予約していないのですが、空いていますか?」といつもの問い。 そして、いつもの回答を待つと、今回は「すごい狭いカウンター席なら空いています。」と初めて聞く回答。 思わず破顔。ランチメニューの前菜6品のうち冷菜4品前菜でもうすっかりシチリア気分です。 頭の中は、唯一知 [続きを読む]
  • 高校野球 春季県大会1回戦観戦
  • 昨日は、久しぶりに高校野球 春季県大会1回戦を観戦に横浜スタジアムに行ってきました。 カメラの腕はだいぶ鈍ったようで、シャッターチャンスを逃しまくってしまいました。追っかけやすいフライキャッチと投球の写真は問題ありませんが、打撃の写真はからっきし。 前は、振りだすかどうか予測できたのですが、予測がさっぱりでやたらシャッターを押してしまい、無駄な写真を消しているうちに打ったりして、さっぱりです。打撃 [続きを読む]
  • 旨知 楽食 
  • せいろそば(左)と田舎蕎麦(右)今日は高校野球県大会を観戦するつもりでしたが、朝からの雨で試合は中止となってしまいました。 おっかあは、三男坊が下宿してぽっかり穴が開いてしまったような感じなので、 おっかあ連れてお蕎麦屋さん楽食に一走り。 これは野菜の天ぷら おっかあオーダーの 柚子きんぴらそばとかき揚げミニ丼このお店は、喫茶店をお蕎麦屋として使っているようです。外観は明らかに喫茶店。 外から中が全 [続きを読む]
  • 今年の花見は夜桜
  • 今年の花見は、平日におっかあと弘明寺から大岡川プロムナードの夜桜へ。 桜はライトアップされており、なかなか良い雰囲気であります。弘明寺の門前町でつまみを購入したのですが、やはり屋台のたこ焼きの魅力には勝てません。 湘南タコ焼きを買いました!大きいタコが入っています。2個入っていたりすると、やったぜ!と得した気分。アハハ  川面に揺らぐ提灯の明かり。にっぽんの風景ですね。 弘明寺いつの間にやらサクラの [続きを読む]
  • おっかあ ご機嫌 入学式&カレーサロン さむくら
  • 今日は、大学の入学式です。 新入生だけでなく、沢山の保護者、そしてサークルの勧誘の上級生もいっぱい来ていました。 総長の新入生への言葉は立派でありました。 可能性を広げる、人とのコミュニケーション、答えがないことに取り組む能力、人格を深める場、などなど。 また、総長の挨拶には、おやじの三男坊への小言と同様な言葉が含まれており、おやじ思わずニンマリ。兼松講堂は新入生でいっぱいなので、親は各教室に別れ [続きを読む]
  • 三男下宿プロジェクト 「九つ井 大和店」で打ち上げ
  • この土日は、三男坊下宿プロジェクトで国立と自宅を行ったり来たり。 今日やっと完了です。  おやじ、おっかあは、下宿からの帰り道、「九つ井 大和店」で打ち上げ。 お店の雰囲気は、大船店と同じ。 席からの眺め まだ5時半でしたので、1番乗りでした。 三月の料理の唐草豆腐 見るからに美味しそうでしょう。 芸術品みたいです。 煮物炊き合わせ。 これもイケます。 山菜天プラ 山菜美味しいですよね。 苦味がなんと [続きを読む]
  • 三男坊下宿暮らしの準備
  • 姫路出張の写真 本文とは関係ないのです。三男坊、下宿暮らしをすることになりました。 息子が見つけてきた下宿先は、おっかあが幼少の頃過ごした家のごくごく近くでした。これも何かの縁なのかな、と下宿を認めることに。この後が大変。 おやじもおっかあも三男の下宿準備に大わらわです。 おやじはただのアッシー君なのですが、あっちで買い物、こっちで買い物、おっかあは息子が買い物かごに入れたものをチェックし、入れ替 [続きを読む]
  • 三男大学合格 国立文流でランチ
  • 今日は、三男が合格した大学を見に国立へ行って来ました。 この日は、後期試験の真っ最中で、有名な兼松講堂がある西キャンパスには入ることができず、東キャンパスだけは見ることができました。 それでも、この大学のキャンパスの広大さがよく分かります。 また、荘厳な感じのするキャンパスで、映画で見るような世界。 見事なものです。 キャンパスばかりか、大学を取り巻く街自体も雰囲気がよく、これは息子は充実した学 [続きを読む]