ikebacci さん プロフィール

  •  
ikebacciさん: 青と赤の日記帳〜猿江町のBA・FC東京日記〜
ハンドル名ikebacci さん
ブログタイトル青と赤の日記帳〜猿江町のBA・FC東京日記〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/m_ikeba
サイト紹介文FC東京』とサッカーなどを通して、人生の一つの楽しみ方を提案するBlogです。嘘。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/06/02 22:43

ikebacci さんのブログ記事

  • 【2017J1・第12節】vs ヴィッセル in ノエスタ
  • .今季序盤、首位にも立ったヴィッセル神戸。潤沢な楽天マネーで夏には元ドイツ代表の世界的なスター、ルーカス・ポドルスキの加入も実現するとあり、話題面ともに他クラブの警戒を買っています。昨年の得点王レアンドロを長期離脱で欠き心配されましたが、ここにきて渡邉千真が復調傾向、前節は鹿島をアウェーで降し、勢いに乗ってのホーム帰還となりました。結果はドロー。危なく負けるところでした…。【神戸の勢いに慎重な守備 [続きを読む]
  • 【2017J1・第11節】vs レイソル in CASA
  • .新潟、広島、仙台…トントントンと3連勝で迎えた、柏戦。相手の強さが少し上がります。いや、かなり…。柏はなんと4連勝中だそうで、また3試合連続無失点も東京と同じと。柏のGKと言えば中村航輔、対する東京も同じく3試合連続無失点の林彰洋。下馬評ではリーグを代表するゴールキーパー対決、といった趣でした。果たして、試合もその通り、両ゴールキーパーの存在感が際立ち、その明暗を分けました。【GK対決、立ち上がりか [続きを読む]
  • 【ルヴァンC・第5節】vs 大宮 in CASA
  • ..平日開催のルヴァンカップ、ダッシュで駆けつけても前半は見られませんでした。その前半だけであれよあれよとゴールが生まれ、3−2で東京がリード。僕が到着してから点が入らないというのも面白いかな…と自虐していたのですが、後半始まってみるとなるほど、乱打戦になるのが分かるようなオープンなゲーム!打ち合い最高〜!!と思っていたら、この試合を「締まらない試合」と見る向きの方が多いようですね。ははあ、なるほど [続きを読む]
  • 【ルヴァンC・第4節】vs 札幌 in CASA
  • ..ルヴァン札幌戦、ついに久保建英がJ1デビュー。トップチームの試合に出場しました。後半21分、この日得点を決めた永井謙佑に代わっての出場、およそ30分間プレーを見せました。見せ場は後ろから受けたボールを持ってのドリブルと、そこで倒されて得たフリーキックを自ら蹴ったシーン。フリーキックは惜しくも枠を、ボール2つ分くらい外れましたが、トップの選手たちに混じって15歳の選手が遜色なく溶け込んでいることが [続きを読む]
  • 【2017J1・第10節】vs 仙台 in ユアスタ
  • ..昨日のホーム広島戦レポに続いて、アウェー仙台戦です。ゴールデン・ウィークを締めくくる一戦、アウェー遠征もサポーターにとって、過密スケジュールとの闘いでもあります。試合が続いて、いまひとつ気合が入らなかったり、財力・体力も限界でしょう!それら万難を排して、ユアスタに向かいました!【大久保嘉人の気合が攻守に輝く!結果2ゴールで実力見せつける!】この日の試合で特に目立っていたのが、大久保嘉人だと思いま [続きを読む]
  • 【2017J1・第9節】vs サンフレッチェ広島 in CASA
  • ..もう一週間経ってしまいましたが!!広島戦のレポです…遅いか。丸山の一点でうまいこと逃げ切りました。広島がとにかく酷くて、3バックの距離感も悪いし前線のポジションもあいまいで、工藤がトップに張っているかと思えば、二列目がサイドに張りだしてきて、でも連携は悪くてチグハグ、といった感じで。あの強かった、二連覇を果たした広島がここまで崩れるとは正直意外でした。東京もところがこれにお付き合い。足元へのパス [続きを読む]
  • 【ルヴァンC・第3節】vs 磐田 in ヤマハ
  • ..ルヴァンカップ第3節、東京にとっては2試合目。平日アウェー磐田での一戦でした。スタメンを見たときのワクワク感は格別でした。最終ラインに柳、山田!GKは大久保択生!久々登場ネイサン・バーンズ!そしてワントップに永井謙佑!どういうサッカーになるんだろう?と思いました。相手もルヴァンカップならばターンオーバーしてくるはずで、フレッシュな対決に期待も膨らみました。始めてJ1のピッチに立つ選手たちの緊張、そ [続きを読む]
  • 【2017J1・第8節】vs アルビレックス新潟 in デンカビッグスワン
  • .【開幕から7試合を終えて】第7節浦和戦で、昨年のトップ5との対戦を終え、3勝1分3敗と五分の成績で着地したわがFC東京です。前節浦和戦のように、高萩、ウタカ、大久保(練習中のアクシデント!)の不在で落とすという惜しい試合もありましたが鹿島・川崎に勝利を収め首位・浦和とのポイント差は6。なんとか踏みとどまったというところでしょうか。ここからはリーグでも中位以下との対戦も増え、挽回を期したいところで [続きを読む]
  • 【2017J1・第7節】vs レッズ in CASA
  • ..毎回楽しみにしている浦和戦です。いつしか負けるのが定番になってますが…。ご存知の通り浦和は強くて、鹿島の勝負強さとは少し違うんですが、ここ数年同じ監督の下でやって来た積み重ねを感じます。連動もするし攻撃も確立され、キャラクターがはっきりしており大崩れしないと。今日もそう感じました。そんな浦和に勝とうと思ったら割り切って専守防衛か、ハイテンションにこっちのペースに巻き込むか?普通に真面目にいい試合 [続きを読む]
  • Jリーグ通算20,000ゴールなるか!?
  • Jリーグ通算20,000ゴールまで、あと24ゴールとなり、今週末のリーグ戦で更新なるか!?という状況だそうです。驚きます。10,000ゴール!と話題になったのがつい昨日のようで…あっという間にもう10,000ゴールが積み上がったのだな、という思いです。2005シーズン5月8日第10節、Jリーグ通算10,000ゴールを決めたのは、当時ガンバ大阪でルーキーだった前田雅文!!誰だコイツは〜!?と当時ガッカリしたのを覚えています(失 [続きを読む]
  • 復活の香川真司?
  • チャンピオンズリーグ準々決勝(ベスト8)、1stレグが行われ、バルセロナが0−3でユベントスに敗れるという波乱もあったのですが…さておき。ドルトムントvsモナコ、ドイツで開催される予定だった試合は、ドルトムントのバスを狙ったと思われる爆発物事件の影響で延期。翌日に試合が開催されたものの、驚きをもって報じられました。この爆発でドルトムントのバルトラが負傷。試合を欠場しました。その試合、モナコがアウェー [続きを読む]
  • 【2017J1・第6節】vs コンサドーレ in 札幌ドーム
  • ..グルメばかりがクローズアップされる東京ファンの札幌遠征。ゴミ拾いが賞賛される日本サポーターのようで、納得いかないです。勝つべき試合を勝てなかったこと。その悔しさが全てです。東京、どうした!?【自らの形見失い、相手に主導権を渡す】先制したのは東京。前半8分とかなり早い時間でのゴールに、大量得点での勝利へ期待も高まりました。札幌にボールを持たれても最後の一線で跳ね返せばよいと。クロスが入ってきても、 [続きを読む]
  • 目黒川の桜、中目黒編
  • ....たまには東京の街について。時節柄、中目黒の桜がきれいでございます。桜満開の真っ盛りでございます。会社が中目黒なので、毎朝目黒川の脇を通って通勤できます。表通りに出るとそうでもないですが。今週は人が多くて、いつでもお祭りみたいな感じでした。週末の荒天でおしまいでしょうか。何でもこの桜、もともとあるものじゃなかったそうですね。中目黒に名物を作ろうと言うんで、町ぐるみで取り組んだことだとか。うまくい [続きを読む]
  • 【2017J1・第5節】vs サガン鳥栖 in CASA
  • ..権田の話題で試合どころじゃなかった鳥栖戦…。いえ、試合は3−3のドローだったんですが、何しろGKのミスからの失点で締まらない内容でしたので。つい権田の印象が強く残ったというわけでございます。【前半、ハイプレスで鳥栖が東京を圧倒。】前半、東京の出来はひどいものでした。それというのも、鳥栖のハイプレス戦術に見事に捉えられてしまったから。マッシモ(相手の監督)がどう考えてそれを行ったか真意は分かりません [続きを読む]
  • 権田が見せた涙。
  • 土曜日の鳥栖戦。相手のゴールマウスに立つ、権田修一ばかり眺めていました。やっぱり試合の後、東京のゴール裏にきて涙を流して、というかもう泣き崩れて、ぐちゃぐちゃになって両手両膝を地に着いて泣き伏す姿を見て…胸が張り裂けそうでした。オーバートレーニング症候群に陥り、そこから東京でのプレーもままならず、海外に行きホルンで試合に出させてもらいながら、再起をかけて新天地を求めた今オフ。なかなか行く先が決まら [続きを読む]
  • ニッポン、UAEに勝利!アル・アインの夜。
  • ロシア・ワールドカップ2018アジア最終予選、アウェーUAE戦を、見事2−0で勝利のニッポン。素晴らしかったです。隙のない戦いぶりで、ホームで敗北した試合の雪辱を果たしました。早めの先制点でチームに流れを呼び込んだ久保裕也、後ろからのパスをそのまま持ち込んでニアをブチ抜いてのシュート、スイスでスーパーゴールを見せている好調さそのままでした。サイドハーフは代表でも激戦区ですが…最近の活躍を見ると久保で正解 [続きを読む]
  • ニッポン、UAEに勝利!アル・アインの夜。
  • ロシア・ワールドカップ2018アジア最終予選、アウェーUAE戦を、見事2−0で勝利のニッポン。素晴らしかったです。隙のない戦いぶりで、ホームで敗北した試合の雪辱を果たしました。早めの先制点でチームに流れを呼び込んだ久保裕也、後ろからのパスをそのまま持ち込んでニアをブチ抜いてのシュート、スイスでスーパーゴールを見せている好調さそのままでした。サイドハーフは代表でも激戦区ですが…最近の活躍を見ると久保で正解 [続きを読む]
  • 決戦!UAE!〜2018ロシアW杯アジア最終予選〜
  • 来年に迫ったロシア・ワールドカップのアジア最終予選、2017年の戦いがいよいよ始まります。最終予選の半分を終えてグループ2位の日本、今年の戦いはホームでタイとオーストラリア、残りの中東三カ国はすべてアウェーでということになります。中東アウェーというと、それだけで難しい戦いを想像してしまいますよね。気候、審判の笛(オイルマネーに裏付けられた?)、男ばかりで埋め尽くされたアウェー感いっぱいのスタジアム…コ [続きを読む]
  • 決戦!UAE!〜2018ロシアW杯アジア最終予選〜
  • 来年に迫ったロシア・ワールドカップのアジア最終予選、2017年の戦いがいよいよ始まります。最終予選の半分を終えてグループ2位の日本、今年の戦いはホームでタイとオーストラリア、残りの中東三カ国はすべてアウェーでということになります。中東アウェーというと、それだけで難しい戦いを想像してしまいますよね。気候、審判の笛(オイルマネーに裏付けられた?)、男ばかりで埋め尽くされたアウェー感いっぱいのスタジアム…コ [続きを読む]
  • 【2017J1・第4節】vs フロンターレ in CASA
  • ..【思い通りのドラマが目の前で実現!!大久保嘉人の物語】サッカーは他のスポーツと一緒で、「筋書きのないドラマ」。東京の試合を見てきて、理想通りに進まない体験を何度も重ね、優勝を何度も逃してきて(あるいは無関係な場所から眺めてきて)、そのことを肌身にしみて理解していたつもりだったのですが、この日の川崎戦に関しては例外で、事前にプロットが書きあげられていることを先週の大阪で確信していました。それは「ユ [続きを読む]
  • 【2017J1・第4節】vs フロンターレ in CASA
  • ..【思い通りのドラマが目の前で実現!!大久保嘉人の物語】サッカーは他のスポーツと一緒で、「筋書きのないドラマ」。東京の試合を見てきて、理想通りに進まない体験を何度も重ね、優勝を何度も逃してきて(あるいは無関係な場所から眺めてきて)、そのことを肌身にしみて理解していたつもりだったのですが、この日の川崎戦に関しては例外で、事前にプロットが書きあげられていることを先週の大阪で確信していました。それは「ユ [続きを読む]