skyhorse さん プロフィール

  •  
skyhorseさん: わが青春のワールドメイト-fc2ブログ
ハンドル名skyhorse さん
ブログタイトルわが青春のワールドメイト-fc2ブログ
ブログURLhttp://skyhorse.blog62.fc2.com/
サイト紹介文ワールドメイト。日々感じたこと。思ったこと。誓ったこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2011/06/04 18:07

skyhorse さんのブログ記事

  • 第3次国防神業。
  • 深見先生が予言しておられたまさに今年、しかもゴールデンウィークが近づくにつれて、北朝鮮情勢がだんだん本格的にやばくなってきました。日本だけでなく、世界中の人々がハラハラどきどきしながら推移を見守っていますが、こういう時にこそ救いの道が降ろされるのが神仕組です。ワールドメイトでは第3次国防神業が行われます。事態が切迫していればいるほど、熱く大きな愛の祈りを、明るく軽やかに捧げ、ご神業をお支えしたいと [続きを読む]
  • スーパーアース!
  • 「スーパーアース」とされる太陽系外惑星のことが報道されました。地球外生命が存在する可能性が最も高いとされる天体です。今年の節分で深見先生がマッターホルンを開かれて後、地球に似た惑星が7つ発見されたり、土星の衛星に海が確認されたり、スーパーアースが発見されたりと、地球外生命が存在する可能性が立て続けに示されており、科学者だけでなく私達、一般人の夢やロマンもかきたてられています。宇宙や生命に関する考え [続きを読む]
  • 北朝鮮とロシア
  • 米国が軍事行動を示唆し、中国が解決に奔走している朝鮮半島情勢ですが、ここにきてロシアの影がちらついています。国連の非難声明をロシアが阻止しましたし、各国が制裁強化をするにもかかわらずロシアは北朝鮮との通商・交流を増やしそうです。何年も前から深見先生が今年、半島で危機が発生すると喝破されていましたが、今回の危機とロシアの関係にも言及されていました。なるほど。まさに深見先生がおっしゃっていた通りの展開 [続きを読む]
  • 米空母はゴールデンウィーク神業の頃、到着か?
  • 先週末、朝鮮半島に至ったと報道されていた米空母カール・ビンソンは、まだインド洋にいたそうです。そして、これから朝鮮半島を目指して航行するとのこと。先週のニュースを見た時には「明日にも戦争か!」と驚いたものですが、米軍はわりと冷静のようです。ちょっと安心というべきか。ただし、今月末には米空母が朝鮮半島近海に到達して、実戦の準備が整いそうです。「4月25日が危ない」とか、「4月27日がXデーだ」とか、「5月に [続きを読む]
  • 英国で6月に解散総選挙。
  • EUからの離脱交渉に入っている英国が6月に解散総選挙をするそうです。マッターホルンが開かれれば欧米の指導者層や人々が少しづつ変わり始めるとうかがっていましたが、確かに、欧州でも米国でも見えないところでいろいろと変わり初めているようです。EUは今、崩壊の危機にありますし、離脱を決めた英国のほうも苦労が絶えないようで、まさに正念場といえます。6月といえばちょうどゴールデンウィーク神業の神力がガンガンに発揮さ [続きを読む]
  • パラダイムが転換する!?
  • 北朝鮮やシリアの話は気がかりですが、その一方でNASAがのけぞるような発表をしました。今度は太陽系のなかに「地球外生命体」が存在する可能性があるとのこと。もっとも、厚い氷に覆われた土星の衛星の話ですし、氷を割って「海」に辿り付くのはだいぶ先のことかもしれませんが、とにもかくにも夢とロマンが広がります。今年は2月に深見先生がマッターホルンを開かれた直後、太陽系から約40光年先の天体に生命が存在する可能性が [続きを読む]
  • 熊野!鳴門!!
  • 北朝鮮情勢はどうなってしまうのか・・と世界中が不安になっているなか、ワールドメイトから深見先生のメルマガが届きました。ゴールデンウィークのご神業です!!今年は、前半で熊野、後半に鳴門に結集させていただけるとのこと。どちらのご神域も、過去、行けば立ちどころに御神威が振るわれ、ありやかな証をたくさんいただいた記憶があります。いよいよ危ない、と皆が思っている今、こうしてご神業の開催をお許しいただけるのは [続きを読む]
  • それでも北は挑発を続ける?
  • 週末には米空母が到着し、緊張状態がマックスに達する朝鮮半島情勢です。しかし、理解できないのは北朝鮮がいまだに挑発を続けていること。今度はまた、核実験の準備が着々と進みつつそうです。いったい何を考えているのか不気味ですが、こういうことをやっていると本当に戦争になりかねません。ワールドメイトで出された深見先生の予言の正確さ、そして、昨年秋から行われてきた神事の意味などを、あらためて痛感させられる事柄が [続きを読む]
  • 米ロ対決は回避か。
  • 東アジアだけでなく、中東でも緊張が続いていますが、シリア情勢で米国とロシアが全面対決することだけは回避できたようです。しかし、トランプ大統領もプーチン大統領もお互いに不満をぶつけ合っていますから、両国の関係はずいぶんと冷え込んでいます。米国はシリアでも北朝鮮でも軍事行動をやるか、やる素振りをみせていますが、それぞれの背後にロシアや中国がいるだけに、一歩間違うと恐ろしいことになりかねません。今年、軍 [続きを読む]
  • 「重大なイベント」とは・・・!?
  • 北朝鮮が思わせぶりな警告を発しているそうです。外国人記者に「重大かつ大規模なイベント」に注意するよう申し渡したとのことですが、これだけ緊張が高まっている時にも、まだ穏健な姿勢をみせません。4月15日に「建国の父」である金正日氏の生誕祝賀行事が行われ、ちょうどその頃、米空母が朝鮮半島の近海に到達するそうです。いったに何が起きるのか、と訝しむ思いが湧き上がりますが、不安にばかり思っていては仕方ありません [続きを読む]
  • 朝鮮半島情勢が緊迫。
  • 朝鮮半島情勢が緊迫の度を深めています。日本の外務省は韓国に渡航する邦人に注意喚起を発しましたし、自衛隊は米海軍と共同でミサイル防衛の準備に余念がありません。また、オーストラリア軍などの同盟国も展開しているようです。北朝鮮のほうは核攻撃まで示唆してこれらの動きに対応していますが、何があっても不思議ではありませんが、思えば今年、半島情勢が危なくなるのはもう何年も前からワールドメイトの深見先生が予言され [続きを読む]
  • 北朝鮮はまだまだ強気。
  • 米国の空母派遣でおとなしくなるかと思いきや、北朝鮮は強気、強気の「口撃」で応じています。そうはいっても米韓軍のほうが圧倒的に強いですから、「まさかやらないだろう」とどこか油断するむきもあるようですが、「まさかやらないだろう」ということを何度も繰り返しやってきたのが金正恩氏です。何をするかわかりません。たとえ、北朝鮮が消えてなくなり、半島に統一国家があらわれるにしても、その過程で大変な悲劇が発生して [続きを読む]
  • 5月に何かが起きる?
  • 北朝鮮情勢が風雲急を告げています。米国は空母を増派し、いつでも攻撃が開始できることを誇示しています。5月には韓国で新しい大統領が決まりますが、その後、朝鮮半島情勢がどう動くか、全く予断を許さないものがあります。今年、こうした危機がやってくることはもう何年も前からワールドメイトで深見先生が指摘されていたことです。昨年末からの氷見でのご神業でもずっと祈り続けてきたことですが、ゴールデンウィークのご神業 [続きを読む]
  • 米軍、シリアを攻撃。
  • 米軍がシリアのアサド政権を攻撃したようです。アサド政権による住民へのサリン攻撃が事実だとすれば本当に酷い話ですので、「虐殺を終わらせる」というトランプ大統領の気持ちもわからなくはありませんが、しかし、本当にこれで平和に向かうのかどうか。また、アサド政権に非があるとして、米軍の攻撃で罪もない人が犠牲になったりしないかどうか。目の前で暴力の連鎖をみると、本当に複雑な気持ちになってしまいます。アサド政権 [続きを読む]
  • シリア情勢も緊迫。
  • シリアで住民に対して化学兵器が使われたと報道されています。トランプ大統領はアサド政権の仕業と断定し、何らかの行動をする可能性を示唆しています。北朝鮮とシリアで同時に緊張が増しています。北朝鮮情勢には中国が、シリア情勢にはロシアが密接に絡んでいますので、米国の動き次第では大国を巻き込んでの危機になる恐れがあります。なぜ、昨年末からの氷見のご神業であれだけのご神業が行われたのか、なぜ、マッターホルン開 [続きを読む]
  • 北朝鮮に「全ての選択肢」
  • 今朝、日米首脳が電話会談をして、北朝鮮問題について話し合ったそうです。トランプ大統領は軍事攻撃の可能性も否定しなかったとのこと。ワールドメイトでは第1次国防神業以後、ずっと北朝鮮の問題を祈り続けてきましたが、今年、北朝鮮情勢がかなり危険になりそうなことは正月神業などで深見先生がぴたりと指摘されていたことです。幸いなことにワールドメイトには、命乞い形代や北極免因超修法など、救いの道がたくさん降ろされ [続きを読む]
  • 太陽黒点に異変?
  • 日本でほとんど報道されていないため、詳細も真偽も不明ではありますが、太陽黒点の活動に異変が生じたそうです。3月になって2週間も黒点が観測されない異常事態が続いたのだとか。もう4月になろうかというのに寒い日が続いているのは、ひとつにはこれもあるのかもしれません。黒点の数は太陽活動の活発さを示すものだけに、黒点消失は太陽エネルギーの低下を示し、かなりの確率でミニ氷河期を引き起こすそうです。過去にもこう [続きを読む]
  • トランプ大統領、地球温暖化対策に逆行。
  • 深見先生のお取り次ぎを待ちつつ、ちょっと気になったニュース。まず、トランプ大統領が地球温暖化対策の見直しを決める大統領令に署名したそうです。オバマ政権以来の努力に逆行するものだけにちょっと残念な話ではあります。しかし、こうしたトランプ大統領への懸念と反発も根強く存在しているとのこと。オバマケアの代替法をめぐってトランプ政権が窮地に陥ったように、トランプ氏のこういう振る舞いは米国でも決して良いとみな [続きを読む]
  • 深見先生のお取り次ぎ。
  • 先ほどのメルマガで深見先生が神主衣装のまま苦しんでおられるご様子を教えていただきました。毎回、毎回、奇跡のようなことが当たり前のように起きるため、私達もすっかり慣れっこになっていたのかもしれませんが、本来であればあり得ない救済を、深見先生が命がけで究極のお取り次ぎをしてくださって、ようやくに成功するわけです。こんな当たり前のことをどこか忘れかけていた気がして、私としても少なからず反省しています。ご [続きを読む]
  • 鳥インフル、まだまだ猛威。
  • 宮城と千葉でまた鳥インフルが発生したそうです。自衛隊まで出動して29万羽という驚くような数の殺処分が行われるとのことで、関係者や周辺住民のことを考えると胸が痛みます。今年は日本でも世界でも史上最大規模で鳥インフルの感染が拡大しています。一日も早く鳥インフルの猛威がおさまることを祈るばかりです。幸いにも人から人への感染爆発(パンデミック)には至っていませんが、こうしたことが多発するということ自体、今、 [続きを読む]
  • 南極も北極も海氷が史上最小
  • トランプ政権の担当閣僚ですら認めているように、地球温暖化の進行に加速がかかっているのは間違いありません。最近、南極の海氷が急速に減少して史上最小になっているそうです。北極の海氷も同様だそうです。リンク先の読売新聞には人工衛星からの写真が掲載されていますが、昨年の夏からこの3月までの間に驚くような速度で南極の海氷は消えてしまっています。もちろん、ちょっと前まで南極は「夏」でしたからそうした季節要因も [続きを読む]
  • 救いの春うらら
  • まだまだ風は冷たい日が多いですが、各地から桜の開花宣言も聞こえてきます。深見先生のご生誕日の頃から、冬神業の張り詰めた空気から一転してぐっと春めいてきたように思います。深見先生におかれましては、北極免因超修法や豆木、そして生霊救霊と、まだまだ大変なご神業が続くと思いますが、私達は日々、明るく軽くなっていくのを実感して有り難い限りです。深見先生のメルマガを受け取ってあらためて豆木を奉納させていただい [続きを読む]
  • ホーキング博士の「世界政府論」。
  • ホーキング博士が世界政府論を唱えて話題になっています。何十次元もの世界を頭のなかで明瞭にイメージできるという天才ホーキング博士には、人類が向かいつつある悲劇的な危機がはっきりと見通せるのでしょう。こうした有識者の言葉のひとつひとつを受けて、人類の意識にパラダイム転換が起きれば素晴らしいことだと思います。もちろん、「世界政府」であれ「世界連邦政府」であれ、「組織」や「機構」を最終目的にするわけではあ [続きを読む]
  • 春の雪?
  • 今夜から明日、東日本から北陸、近畿にかけて雪が降る可能性があるそうです。都心でも降雪があるかもしれないとのこと。ずいぶん前に春一番が吹き、あたたかい風に頬が緩むことが増えてきたなかで、不意に訪れた雪の予報にちょっと戸惑ってしまいます。もし、本当に雪が降るようであれば、ご出勤の際にはよくお足元にご注意なさいますよう。雪は神威発動の証であることが多いそうです。冬神業の余韻はまだまだ残り、豆木などの奉納 [続きを読む]
  • 地球温暖化対策は正念場です・・・
  • トランプ大統領がちょっと「まとも」になったからといって、なかなか安心できないのが今の米国です。何しろ確実に半数近い人々が「米国第一」でいいと考え、国際的な協調などは必要ないと思っているのです。トランプ政権の閣僚にも要注意な人々がたくさんいるようです。私達としては地球温暖化対策にどこまで本腰を入れるのかが気になりますが、新しい環境保護局の長官であるプルイット氏は「パリ協定」をばっさり否定してしまいま [続きを読む]