夫婦問題カウンセラー棚橋みえこ さん プロフィール

  •  
夫婦問題カウンセラー棚橋みえこさん: 結婚力を高めたい男と女へ
ハンドル名夫婦問題カウンセラー棚橋みえこ さん
ブログタイトル結婚力を高めたい男と女へ
ブログURLhttp://ameblo.jp/mamiesheart-kansai
サイト紹介文もと看護師の夫婦問題カウンセラーがあなたの結婚・子育て・夫婦・家族問題までサポートいたします
自由文今年1月にカウンセリングルームMamiesHeartを開設。基盤は奈良だが全国に相談者が。自身も配偶者の多重債務・離婚の経験がある。離婚・修復どちらに進んでも後悔の無い その人の望む人生の成功・幸せへ迎えるように相談者と同じ目線で親身な相談に定評あり。NPO法人日本家族問題相談連盟認定カウンセラー 岡野あつこ夫婦問題カウンセラー養成講座卒業 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供326回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2011/06/04 22:42

夫婦問題カウンセラー棚橋みえこ さんのブログ記事

  • 人はなぜ不倫をするのか?学者8人が論じています
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表棚橋美枝子です。先日、ライターの亀山早苗さんにお越しいただきました。早苗さんの著書の中に、人はなぜ不倫をするのかという本があります。人はなぜ不倫をするのか (SB新書))Amazonこの本は、不倫をしている方もそうでない方もぜひ読まれるとよいと思います。8人の学者へのインタビューが掲載されています。まだ読んでいる途中なのですが、人間という哺乳類についてつくづく考えさせられてしまう [続きを読む]
  • ママが苦しい子育ての謎を解明し、共に考えていきましょう!
  • NPO法人日本結婚教育協会代表 棚橋美枝子です。ここ数日に渡り第3回いのち繋ぐ講演会を開催させていただきました状況についてお届けさせていただきました。しかし、早速ですが、第4回いのち繋ぐ講演会の日程及び内容が決定致しましたのでお知らせさせていただきます。第4回いのち繋ぐ講演会NHK 「ママたちの非常事態宣言」制作を通して見えたもの日時 平成30年1月28日13時30分会場 大和郡山城ホール内レセプションホール講師  [続きを読む]
  • 亀山早苗さんと懇親会も楽しく過ごさせていただきました!
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表棚橋美枝子です。第3回いのちつなぐ講演会のあとは25人限定の懇親会がありました。大好きな亀山早苗さんにご縁をぜひ繋がせていただきたいなと思う方々は、懇親会ご参加まで私からお声をおかけしました(^^)色々語れて嬉しかった?ありがとうございます!そして、こんな様子?(*´?`*)??ってなことで、締めは、佐田理事のお話で、やはり記念撮影はなし(^◇^;)1日お疲れさまでした?(*´?`*)??み [続きを読む]
  • 勝ちに不思議の勝ちなし、負けに不思議の負けなし
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表棚橋美枝子です。第3回いのちつなぐ講演会の模様を山田、金原相談員が撮影してくれていましたので、ご紹介させていただきます。毎回、田島事務局が1日の流れをパート別にタイムスケジュールを準備してくれています。11時30分から全体役員会スタートです。田島事務局から1日の流れを説明。佐田理事も声を大にして時間と会場の状態を伝えます。パートに分かれてミーティング。設営、誘導、救護が打ち合 [続きを読む]
  • 第3回いのち繋ぐ講演会の裏側は、このように作られていきます!
  • NPO法人日本結婚教育協会代表 棚橋美枝子です。昨日は第3回いのちつなぐ講演会でした。裏舞台をご覧いただきたいと思います。昨日は協会23人の役員体制で佐田理事、田島事務局の指揮のもと当日の運営は行われました。テーブルと椅子のセッティングも倉庫から運び出し、この間わずか15分。会場スタッフの方と打ち合わせをしながら垂れ幕もセッティングOK。奥では司会の練習も始まりました。マイク、画像、音響などの準備も念入りに [続きを読む]
  • 第3回いのちつなぐ講演会が無事に終わりました(^^)
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表棚橋美枝子です。約半年かけて計画いたしました第3回いのち繋ぐ講演会「共生婚 結婚について考えてみる」は無事に終わりました。終わりましてアンケートを拝見しましたが、その結果は、また後日といたしますが、アンケートも後ほどいただいたメールも多くの喜びの声をいただきました。本当にありがとうございました(^^)司会の長濱相談員の第一声です。協会の活動についてご紹介、ご説明させていただ [続きを読む]
  • アラフォーママ・ネットワークで黒台さんが走る!
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表棚橋美枝子です。今、結婚教育協会では、アラフォーママ・ネットワークという任意団体を支援しています。 私自身も、ただただアラフォーママ・ネットワークの認知を広げ、エリアリーダーの拡大に向けて組織の土台作りを密やかにしています。しかし、なぜその団体発起に至ったのかというと、この人です。黒台やこちゃん彼女は私どものスクールの4期生でもあります。私は、いつも思います。お金 [続きを読む]
  • ふたりのプロジェクトリーダーと時間を共にしました。
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表棚橋美枝子です。先日は、共生婚のお勉強に来てくれていた名古屋の今枝朱美相談員と共に大神神社へ行きました。今枝さんにピッタリ?彼女は、きちんとお参りをされてました。今枝さんは、子どもから大人まで性のステキを学べる聞けるプロジェクトのリーダーです。彼女の冷静な大人の対応、そして面倒見の良さにより、プロジェクトはジワジワメンバーと共に信頼の輪が広がりを見せています。そして、 [続きを読む]
  • 中高年の性について、学び、考え、語り合いました!
  • NPO法人日本結婚教育協会代表棚橋美枝子です。第5回結婚を語ろう会も無事に終わりました。今回のお題は、『中高年の性を語る』でした。今回は、熟年層の性について、夫婦について、性についてどうとらえるのかなどなどを盛りだくさんでお伝えさせていただきました。性は生殖が終わると同時に寿命が尽きていた時代とは違います。その後を30年、夫婦でいるためには考えることも、学ぶこともあるのです。河村総研代表、操さんが、今 [続きを読む]
  • 共生婚、あと2日後に迫って参りました。ご参加の方は再度ご確認くださいませ
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表棚橋美枝子です。いよいよ2日後に迫ってきました第3回いのち繋ぐ講演会「共生婚、今結婚についてもう一度考えてみよう」が行われます。どんなお話しが聞けるのか?亀山さんのお話しが、もう楽しみでなりません。聞いたところによると、「え?こんな夫婦があるの?」というような様々な形について学ぶことができそうです。すでに60冊以上の本を出版されてる、それだけでもステキすぎる!(*?-?*)はて [続きを読む]
  • 中高年の性の問題は山積みです!
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表の棚橋美枝子です。性に関する大きな山は人生に二回あると思います。その一つは思春期、もうひとつは中高年世代。どちらかといえば単純に整理がつかないのが中高年世代ではないでしょうか。夫の性が強すぎる。夫が全然、ダメです。妻が痛がって嫌うのです。妻に断ると泣くので困ります。性は本当に深くて個人差があります。ただ、性はいつも自己尊重と大きく影響があること。また、もうひとつはここ [続きを読む]
  • 我が子の離婚話、実はあなたがその原因ではありませんか
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表の棚橋美枝子です。毎日、ご夫婦のご相談をお受けする中で、親よ!君たちは、マジで、マジで!黙っていてほしい!と、本気で思うことがあります。結婚教育の婚育100年プロジェクト®?の第8期の新たな挑戦の時期では、中高年層、子どもの手が離れた親世代を指しています。この時期に学ぶべき大切なことは黒子になれるかどうかということ。実は「結婚教育」この時期の方々へのアプローチが最も大切な [続きを読む]
  • 『男とは、かくあるべきだ!』これが夫婦の溝を作ってしまいます
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表の棚橋美枝子です。2011年より、夫婦問題のご相談に対応させていただくようになりました。私どもの特徴のひとつに男性のご相談がとても多いということがあげられます。そして、もひとつ言えるのは、ご夫婦でお越しになる方もとても多いということです。ご相談のたびに、夫婦の問題はご夫婦双方から聞かせていただくことが実はとても大切なのだと思います。それは、夫と妻は、これだけみてるものが違 [続きを読む]
  • NHK番組制作の協力もNPO法人日本結婚教育協会ではさせていただきます。
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表棚橋美枝子です。みなさんは高校や大学で結婚について学んだり、考えたりしたことがありますか?私が生まれて初めて「結婚を学ぼう」という視点に立ったのは、ご夫婦問題で悩まれた相談者の方から「どうして大学では結婚について教えてくれないのですか?」という声を聞いたからでした。そして生まれて初めて結婚についてお話しをさせていただいたのは、2013年7月の国際武道大学でした。そこを皮 [続きを読む]
  • 親が教えたくても教えることのできないことはどうやって教えますか。
  • NPO法人日本結婚教育協会 棚橋美枝子です。結婚教育って私のキャラのせいか華やかでもキラキラもなく地味なように思いますがそのせいかご相談にお越しになる方も実は男性が多いのです。奥様から旦那さまに伝わることがとても多く昨日、今日と半数は男性のご相談です。基礎講座の参加者の方の中にはこのように男性が多いのも特徴です。そして、相談員の養成講座には、60代〜70代の方も(^ ^)3期生、4期生と60代の方が、なんと5期で [続きを読む]
  • あなたの夫婦形態はあなたに合ったものですか?
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表棚橋美枝子です。おはようございます!昨日は緊急臨時JMECA勉強会でした。結婚の形態今、名付けられているものにみなさまよくご存知のものもそうでないものもあると思いますが週末婚事実婚別居婚とり婚友達婚主夫婚愛され婚などなどをご紹介されてるサイトもみてみました。契約婚ってのもあったよね。では、共生婚ってなに?(^◇^;)我々の年代には、なかなか理解がしにくいもの。でも結婚って誰が理 [続きを読む]
  • ダイスキな人がキライになったことを吹聴する構図
  • NPO法人 日本結婚教育協会 代表の棚橋美枝子です。最近、こんなふうに人は人を追い詰めていくのだなと思ったことがあります。今日も長いですが、組織はナマモノであることに触れたいと思います。人間の弱さって実は残忍さにつながることをご存知ですか。 人は、何故か「この人キライ」と思うと、黙って、その側から離れることができません。何故かその自分の心情を誰かに理解してもらいたくなるのです。だから「わかって [続きを読む]
  • 性に関するご相談、性教育についてのご依頼お受けしております
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表の棚橋美枝子です。日本結婚教育協会では「性のすてき」を大切にしています。今まで表には出してはいけなかった性?についてもきちんとしっかりとしたものを学び、捉え、お伝えしています。ぜひ、性についてあらゆるご相談もお受けしておりますのでご利用ください。この週末は三会場において性について語っていました。金曜日には薬剤師の玉嶋みき相談員が、大阪府の中学生3年生に看護師でもあり [続きを読む]
  • 子育てするなら東広島市 コマーシャルもご覧ください!
  • NPO法人日本結婚教育協会 棚橋美枝子です。無事終わりました。今回、東広島市での第2回目結婚教育講座。今回も、今回も、大変に喜んでいただきました。09:30〜12:30までの3時間。ノンストップ(^ ^)何がどうって終わった後、たくさんの方々がご相談に並んでくださり13時30分まで個人ミニセッション。素直な言葉を聞かせてくださり、皆さん涙、涙、涙T^T「結婚教育、もっと早く習いたかったT^T」そうだよね、そうだよね。わかる [続きを読む]
  • 『誰も教えてくれない!結婚のリアルとぼくらの未来』
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表の棚橋美枝子です。今日、無事に初日終えることができました。行政とお仕事をさせていただくために大切なことはこんなことかな?と今朝書かせていただきました。どれだけ吠えても、どれだけ、それが正論であったとしても、やはり、根本は、一緒にお仕事をさせていただきたいなと、思う方々の立場、目線でいかに物事が見えるのか?そこが大切なのだと思います。さてさて、お話は本題に入ります!ジ [続きを読む]
  • 東広島市へ!行政のお仕事をさせていただくとは?
  • NPO法人日本結婚教育協会代表 棚橋美枝子です。今日は東広島市さまのお仕事で向かわせていただいています。今回、初めて広島大学のキャンパスにてお世話になります。昨年春、呉市+広島国際大学の講座をご覧下さった東広島市の職員の方が広島国際大学の梅田先生と一緒に!と大学生向けの講座を!と、講師の機会をくださいましたなんと、明日のこちらの講座は、満員御礼キャンセル待ちの人気講座だそうでして昨年お役目果たさせ [続きを読む]
  • 四国、香川県のみなさまありがとうございました!
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表の棚橋美枝子です。昨日からの香川県でのお仕事が終わり帰途についています。これは、女性経営者の素晴らしい方々といただきました昨夜の締め。香川県では、最後の締めはカレーうどんだと野田社長にお聞きし、『野田さんが言うなら断れないでしょ〜〜』と野田社長のせいにして(笑)行きました。いや、流石においしかったです!真夜中0時を回っていましたが、うどんやさんは満員でした。ちなみに [続きを読む]
  • 息子のゆびわ
  • NPO法人日本結婚教育協会 代表棚橋美枝子です。次男が東京から帰ってきました。プロレスラーの棚橋選手。私は次男がとても似ているように思います。そんなことはどうでもよく、帰ってきた次男が右手にゆびわをしていました。「なんで右なん?」「結婚したら左の方や」「ペアの指輪を買ってお金が無くなって何回、お母さんに助けてもらおうと連絡しようと思ったかわからん。連絡したら助けてくれるのはわかってるけど、もうちょ [続きを読む]