弁天小僧 さん プロフィール

  •  
弁天小僧さん: 南浜名湖あそび隊!
ハンドル名弁天小僧 さん
ブログタイトル南浜名湖あそび隊!
ブログURLhttp://shlakers.hamazo.tv/
サイト紹介文弁天島・舞阪・雄踏・村櫛・新居を一日中楽しむ南浜名湖人のアソビ誘い情報サイトです
自由文南浜名湖弁天島を中心に舞阪港、新居、村櫛、雄踏などでの遊びを紹介しています。
生しらす、えんばい朝市、弁天島の潮干狩り、漁の様子や弁天島や舞阪港のおいしいもの情報、居酒屋情報を人とあそびを中心に書いております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供608回 / 365日(平均11.7回/週) - 参加 2011/06/07 13:00

弁天小僧 さんのブログ記事

  • 舞阪漁港の春 タイ網漁の魚図鑑
  • 南浜名湖は海の産地、全国珍しい海につながる浜名湖の最南端の舞阪から春のタイ網漁が出漁、春の遠州灘を泳ぐ魚たちが水揚げされています。タイ網漁は主に活魚のマダイ・クロダイ・ヒラメなどを水揚げしますが、網をあげた際に弱った魚や活魚として水揚げしない魚は多くの氷で冷やて運ぶ鮮魚として水揚げされます。今日は水揚げされた鮮魚をご覧ください。さて魚の名前がわかるでしょうか。大きな黒銀の魚はクロダイ、紡錘形の緑色 [続きを読む]
  • 浜名湖鷲津市場 コウイカかけ流しの生け簀・ミミイカ
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の干満を利用して海の魚が行き来する、海ともいえる湖です。浜名湖の幸が集まる浜名湖西岸の鷲津市場は潮の流量が最も多い三番筋にあたる鷲津・新居・入出の漁師さんが水揚げする市場です。競り場の前には競りにかける前の魚を活かす生け簀が備えてあります。樽の中に活かされたコウイカが掛け流しの流海水を楽しんでいます。遠州灘・浜名湖のイカといえばコウイカ・モン [続きを読む]
  • 浜名湖のギンポはお江戸の天種 与佐亀テルさんのギンポ
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の干満を利用して海の魚が行き来し育つ、海ともいえる湖です。4月1日に浜名湖の市場が開場し、浜名湖の幸を獲る伝統の小型定置網「角立て網(かくだてあみ)」が降ろされてから10日、続いて浜名湖のツボ漁が解禁となりました。浜名湖に筒を沈め、アナゴやウナギを獲るツボ漁にこの季節入るのがギンポです。「今年の初漁だよ!」と浜名湖のギンポを見せていただいたのは舞 [続きを読む]
  • 舞阪漁港のデコチン乱ぐい歯 コブダイ
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖の最南端の舞阪漁港は遠州灘に漁する漁師さんの水揚げ港です。額は見事なデコっ八、口からはみ出す乱ぐい歯に驚くこの魚はコブダイです。昨日の舞阪漁港で話題となったコブダイは浜名湖が海につながる今切周辺にも棲む岩礁魚のひとつ。発達したアゴと歯でなんと牡蠣や硬い巻き貝なども食べてしまうという怪魚です。写真ではわかりにくいその大きさですが10.2キロという大きさ [続きを読む]
  • 舞阪漁港のマダカ(スズキ)・レンコダイ 丸小水産ばあばのオススメ
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖の最南端の舞阪漁港から遠州灘に漁するタイ網漁師さんが春の丸々と美しい魚を水揚げしています。魚屋人生54年、舞阪漁港の誰もが「ばあば!」と呼び慕う丸小水産(まるこすいさん)のばあばにオススメを聞きました。「春のマダカは丸々としておいしいよ!」、ばあばが紹介してくれたのは遠州灘のマダカ、マダカとはスズキのことです。スズキは出世魚、浜名湖・舞阪では幼魚を [続きを読む]
  • 浜名湖ワタリガニのハシリだヨ!よらっせYUTO大将のオススメ
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の干満を利用して海の魚が行き来し育つ、海ともいえる湖です。浜名湖の幸を水揚げする早朝の雄踏市場には早くもワタリガニの水揚げが始まっています。雄踏市場に近い「浜名湖の魚・カニ・エビが買えるコンビニ」ことよらっせYUTOの井口大将にPRをお願いしました。「まだまだハシリだけど今年一番のワタリガニを食べてよ!」、大将が持つトロ箱の中はガザミ・タイワンガザ [続きを読む]
  • 浜名湖のガニが始まったよ!与佐亀テルさんのガザミ・タイワンガザミ
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の干満を利用して海の魚が行き来し育つ、海ともいえる湖です。「浜名湖のガニがはじまったよ!」浜名湖ではワタリガニ類のことをガニと呼ぶ、浜名湖雄踏市場でガニを見せてくれたのは舞阪漁師の与佐亀テルさんです。ワタリガニとは最も後ろ脚の先がボートのオールのようになっており泳ぐことができます。海とつながる浜名湖のカニは海とを行き来し育っています。これが浜 [続きを読む]
  • 浜名湖雄踏 武さんのドウマン・ワタリガニ
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の干満を利用して海の魚が行き来し育つ、海ともいえる湖です。雄踏・村櫛などの漁師さんが浜名湖の幸を水揚げする雄踏市場の加茂武さんに初ドウマンを見せていただきました。武さんは雄踏漁師さんの現役最長老(83歳)で今も毎日伝統の小型定置網(角立て網)で魚やカニ・エビを獲っています。浜名湖の漁の歴史や魚を教えていただいる師匠・兄貴のひとりです。4月は浜名 [続きを読む]
  • おはよう!南浜名湖 4月19日 風おさまりつつある海
  • 海の荒れがおさまりつつある遠州灘に網を曳くシラス漁・魚網漁は休漁、静かな浜名湖の雄踏・鷲津市場は開場されています。先週から獲れだしたシラス漁に期待が揚がる舞阪は、明日からの出漁に備えています。弁天島のシンボル赤鳥居の脚は瀬の角に立っています。今日の満潮は9:30分、干潮は17:26分の小潮の海です。浜名湖が海に注ぎ、豊かな海が浜名湖を潤す幅200mの海道、ここが今切です。全国でも珍しい海につながる浜名湖は、 [続きを読む]
  • 浜名湖・遠州灘のカニ買ってよ〜 丸小水産ばあばのオススメ
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の干満を利用して海の魚が行き来する、海ともいえる湖です。4月1日に今年度の漁がはじまった浜名湖の雄踏市場に早くもワタリガニが登場しています。浜名湖のワタリガニといえば人気のガザミ、ハサミが長く大きいタイワンガザミ、イシガニなどを呼びますが、春を超えて初夏という陽気となった浜名湖の市場に大きなガザミが水揚げされています。魚屋人生54年、舞阪・浜名湖 [続きを読む]
  • 浜名湖雄踏市場 青年漁師健太さんのたきやホシガレイ
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の干満を利用して海の魚が行き来し育つ、海ともいえる湖です。風のない静かな夜に浜名湖の浅瀬の砂底を灯りで照らしながら、カレイやヒラメ、ワタリガニなどをすくう浜名湖伝統のたきや漁がはじまっています。今朝の雄踏市場に青年漁師の健太さんが市場一の大きなホシガレイを水揚げしました。ホシガレイは浜名湖に棲む最高級ガレイで、他のカレイとは違い鱗が目立ち、ヒ [続きを読む]
  • 今が旬!浜名湖アユゴを買ってよ!よらっせYUTO大将のオススメ
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の干満を利用して海の魚が行き来し育つ、海ともいえる湖です。浜名湖の幸を水揚げする湖西鷲津市場は日曜も開市、今朝の市場で「浜名湖の魚が買えるコンビニ」ことよらっせYUTOの井口大将に話を聞きました。「今が旬なのはなんといってもアユゴ(湖アユ・稚アユ)」だよ!」という大将、この季節の看板商品となっているアユゴを直接目利きして仕入れています。アユゴはワ [続きを読む]
  • おはよう!南浜名湖 4月16日 全漁・釣り船出船の海
  • 浜名湖の最南端の今切は浜名湖が遠州灘につながるわずか200mの海道、早朝に出漁した漁船に続き、切れ目のないほどの釣り船が海に挑戦していきます。弁天島のシンボル赤鳥居の脚は瀬の角に立っています。今日の満潮は7:43分、干潮は14:54分の中潮の海です。今年は潮干狩りが中止となった弁天島の桟橋、ここから南浜名湖を巡る遊船が運航されています。浜名湖が海に注ぎ、豊かな海が浜名湖を潤す幅200mの海道、ここが今切です。全 [続きを読む]
  • えんばい朝市4月開催大盛況 生シラス販売1人4パック
  • 今年は4月から開催、毎年5月から8月までの月1回舞阪漁港を解放して開催しています「舞阪漁港えんばい朝市」を今年は4月から7月の4回に変更し、今日4月15日に今年度初回の朝市が開催されました。※ポスターを持ってPRは干物のカネサン竹中水産の二人開催前には毎年4月中頃から獲れ出すシラスが販売できるかと気をもんだ開催となりましたが、昨日から獲れだしたシラスを早朝の漁で獲った舞阪漁師さんの船が開場に横付けされました。 [続きを読む]
  • 明日4月15日舞阪漁港えんばい朝市開催!生しらす販売予定です!
  • 今年は4月から!明日はえんばい朝市に来てね!明日開催を前にPRをお願いしたのは会場でシラス料理などを楽しませてくれます浜のレディースのみなさんです。舞阪漁港を解放して今年は4月から7月までの月一回「舞阪漁港えんばい朝市」を明日4月15日(土)早朝7時販売開始(〜10時まで)で開催いたします。今年は一ヶ月早めて4月開催となりましたことから心配されていたシラスの水揚げでしたが、本日シラス漁が好漁となり、明日は生シ [続きを読む]
  • 舞阪漁港の大蛇 ハモの水揚げはじまる
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖の最南端の舞阪漁港は遠州灘に網を曳く漁師さんの水揚げ港です。相次ぐ前線の通過と寒の戻りなどの風と波で出漁が阻まれ続けた舞阪漁港の漁が再開、昼前から水揚げで賑わいました。活マダイ・クロダイなどの活魚に続き、今日初登場したのが舞阪の大蛇ことハモの水揚げです。舞阪漁港の水揚げは関西で珍重されるものが多くあり、冬のトラフグににこの季節のハモ、夏のアマダイ [続きを読む]
  • 浜名湖のモクズガニ ズガニ
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の干満を利用して海の魚が行き来し育つ、海ともいえる湖です。浜名湖の冬から春、海でもあり川でもあり大きな河口でもある浜名湖に棲むモクズガニが水揚げされています。モクズガニはツメの先が白くハサミ脚に密生した毛が藻屑を着けているように見えるカニ、あの上海ガニの近似種ともいわれ多くの河口域に群れて棲むカニです。モクズガニはまたズガニとも呼ばれ河津桜で [続きを読む]
  • 浜名湖雄踏市場 最大の二枚貝 タイラギ揚がる
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の干満を利用して海の魚が行き来し育つ、海ともいえる湖です。浜名湖は今はアサリの産地、かつてはハマグリの産地として知られていますが、ほかにさまざまな貝を見ることができます。浜名湖の幸を水揚げする雄踏市場に浜名湖最大の二枚貝、タイラギが揚がりました。大きさはゆうに30センチを超えています。水揚げした漁師さんに聞けば、タイラギはこの尖った方を砂に深く [続きを読む]
  • 浜名湖の網の名手 どてや正一さんのワタリガニ
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の干満を利用して海の魚が行き来し育つ、海ともいえる湖です。浜名湖の漁は伝統の小型定置網「角立て網(かくだてあみ)」の解禁(4月1日)からはじまり、雄踏・鷲津市場など浜名湖の幸が集まる市場が開場されます。お知らせしてますように4月の網には浜名湖という海に育つ湖アユ(コアユ)が入り、市場を賑わしますが、続いて日を追うごとにさまざまな浜名湖の幸が市場 [続きを読む]
  • 浜名湖の春の香り アユゴが買えるよらっせYUTO
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の干満を利用して海の魚が行き来し育つ、海ともいえる湖です。このところ連日のお知らせとしていますのが浜名湖の「湖アユ(コアユ)」の水揚げです。アユゴとも呼ばれる浜名湖の稚アユは海である浜名湖で育つアユ、やがて育てば川を遡上してゆくアユたちがひと時浜名湖の網に入るものが湖アユです。浜名湖の湖西にあります鷲津市場で浜名湖の魚が買えるコンビニこと「よ [続きを読む]
  • 鷲津市場で直接目利き いそ善大将の湖アユ(アユゴ)料理を
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の干満を利用して海の魚が行き来し育つ、海ともいえる湖です。浜名湖の4月は湖アユ(コアユ)と呼ばれる稚アユの季節、日曜朝の鷲津市場でいそ善の大将の目利きしたものを見せていただきました。いそ善は浜松市葵東にある浜名湖や遠州灘の地物を食べさせてくれる料理店、大将が雄踏・鷲津・舞阪市場で直接目利きした魚やエビ・カニなどを出す店として繁盛しています。「 [続きを読む]
  • 浜名湖の市場にコウイカ登場 浜名湖はイカの産卵場
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖は潮の干満を利用して海の魚が行き来し育つ、海ともいえる湖です。4月に解禁となった浜名湖伝統の小型定置網「角立て網(かくだてあみ)」の漁期に合わせ4月3日(月)に開市した雄踏港市場の今週、少しづつ浜名湖のイカの水揚げがはじまっています。コウイカです。春と共に遠州灘の岸辺を目指してやってくるコウイカ類(コウイカ・モンコウイカ)は舞阪・浜名湖で最も獲れる [続きを読む]
  • 浜名湖の春の湖アユのマリネは漁師さんの船の上から
  • 浜名湖の春を楽しむ食卓に湖アユ(コアユ)の美しい姿そのままにマリネで楽しむ春の宵、湖アユの魅力を料理から始めてしまえば私などはいらない。 それでもうまいゾ浜名湖の幸が集まる浜名漁協雄踏支所市場の朝6時過ぎ、浜名湖伝統の定置網に入った小さな湖アユ(アユゴ)を集めて市場の裏の船付き場、漁師さんが大きさ別に分けています。河口で孵化したアユの子はエサが豊富な海(浜名湖)で育ち、やがて川を遡上していきます。 [続きを読む]
  • 舞阪漁港 活かし優先タイ網漁
  • 南浜名湖は海の産地、全国でも珍しい海につながる浜名湖の最南端の舞阪漁港から遠州灘に出漁するタイ網漁船が、舞阪に活魚の勢いを運んでいます。タイ網漁はシラス漁船を使い、一年で最も目の粗い(大きな)網を使い、網の口を大きく開くため2艘で一枚の網を曳く二艘曳きで行います。舞阪漁港の大漁船、幸福丸が凱旋してきます。遠州灘を泳いでいたマダイやクロダイなどが網にかかり、洋上で船首デッキ下にあるカンコウ(生け簀) [続きを読む]