はる さん プロフィール

  •  
はるさん: ゆっくり生きる
ハンドル名はる さん
ブログタイトルゆっくり生きる
ブログURLhttp://haru123fu.exblog.jp/
サイト紹介文ゆっくり、のんびり生きていこう。焦ったって仕方がない。なるようになるってね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2011/06/08 11:53

はる さんのブログ記事

  • 人間失格 はしがき 太宰治
  • はしがきだけでも9分越え。声がいがらっぽくなったり、苦しくなったりして、お聴きぐるしいかもしれません。太宰作品はいくらか朗読させてもらっていますが、以前のように30分越えとか約1時間とか、よく読めたものだと自分ながら感心したり、ガッカリしたりしています。歳をつくづく実感しました。 [続きを読む]
  • 汽車は二度と来ない  死の淵より 作 高見順
  • 今日はとっても蒸し暑いです。台風が温帯低気圧に変わっても、今、雨がしとしと降っています。雨のせいで窓を閉め切っているせいか、室温が27℃もあります。でも、台風が襲った地域から見たら、贅沢ですよね。この暑さもきっとつかの間のことですね。お盆が終わるともうきっと秋風が。。。そして、冬がやって来る。できるだけ冬はゆっくりと来てもらいたいものです。 [続きを読む]
  • ものごころ 萩原朔太郎
  • ものごころ 萩原朔太郎もうそろそろ7月も終わりですね。皆様お変わりありませんか?札幌も30℃越えの気温を記録して、今がなんだか寒くなったような気がします。夕方の冷たい空気が心地よいです。色々大変なことがおありでしょうが、どうぞお身体大切にお過ごしくださいね。 [続きを読む]
  • ステーション
  • 20012年の2月に書いた超短編です。こんなことをしていたのかと思ったら、なんだかすごく懐かしくなって、朗読してみました。自分で書いたものを朗読するって、なんだか気恥ずかしくていやですね。 [続きを読む]
  • 幼子チビコ 作 今野大力
  • 幼子チビコ 作 今野大力当時の肺炎は、とても難しい病気でした。人から人に感染するとかで肺を病んだ人は隔離病棟でした。私がまだ幼かった頃、私の入院している病院にも隔離病棟があったのを今でも鮮明に覚えています。看護婦さんに絶対に行ってはけないと何度も繰り返し教えられた階段。今でもその時のことは忘れません。 [続きを読む]
  • 松の針 宮沢賢治 (朗読)
  • 松の針永訣の朝から始まり、この松の針、そして無声慟哭で終わる三部作に挑戦して、これでようやく朗読を終わらせて頂きました。辛い苦しい世界がなぜか美しくさえ思えました。朗読しながら昔の闘病生活がよみがえり、涙すら浮かべて朗読した時もありました。皆さんに聴いてもらえたらうれしいです。あ、チョット朗読の順番を間違えましたが、上に記した順番が本当です。相変わらずのドジっこおばさんでした。 [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 暑いですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。7月に北海道がこんな猛暑になるとは?ビックリです。(@_@)我が家の高級毛皮を着ているお猫様達は、こんな感じで頑張っています。フローリングが冷たくて気持ちが良いのでしょうか?そら(3歳と4カ月マンチカン)ゆめ(もうすぐ8ヶ月スコティッシュフォールド)です。辛いこと悲しいことがどんどん襲ってくる歳になりました。でもいつもこの子達が励ましや勇気をくれま... [続きを読む]
  • 24年もののスコッチ
  • 24年もののスコッチやっとやっと朗読したという感じです。一瞬のうちにすべてが終わる切なさどうしようもないやるせなさ、そんなことがどんどん胸に迫って来ました。素晴らしい作品です。みなさんも、原作へ訪ねてみて下さい。原作へ訪ねてみて下さい。 [続きを読む]
  • 出口 作 Tome館長
  • 出口 Tome文芸館より 作 Tome館長↑リンクを貼らせて頂いています。原作へもお訪ね下さい。私は一体いつまで出口を探し続けるのでしょうか?今ここにある出口に目もくれず勝手にひがんで自分の障害のせいにしたり、勝手に自分を哀れんだり、ブログを更新できなくなっていました。病院の帰り道、歩道の縁石から横倒しに転んで、右半身を強く打ち付け、なんとか立ち上がろうとしたところ一台の車がそん... [続きを読む]
  • 頑張ったね
  • 頑張ったね 作詩・朗読 はる最近は、PCのコメント返しが出来なかったり、体調不良で、でも頑張らなくてはと思いつつなんとか頑張って生きています。でも、頑張っているのは私一人ではなくみんなみんな頑張っている。そう思うと少し心が和らぎ勇気を沢山頂いています。それにしてもなぜコメントの返信が出来ないのか?未だ原因不明です。 [続きを読む]
  • そらとゆめ その6
  • そらとゆめその6そらが寝ているとそのベッドに必ずゆめが。甘えん坊のゆめはどうしてもそらと一緒にくっついて寝たいようです。もう大人になったそらは、ひとりでゆっくり眠りたいのにゆめはおかまえなしです。でも、そらもやっぱりゆめが可愛いのかもしれません。 [続きを読む]