木でできたトレーニングチェア さん プロフィール

  •  
木でできたトレーニングチェア さん: 森の音ブログ
ハンドル名木でできたトレーニングチェア さん
ブログタイトル森の音ブログ
ブログURLhttp://morinone.net/blog/
サイト紹介文高齢者にやさしい介護予防やリハビリのための専用機、木製のトレーニングチェアの開発販売。
自由文介護予防の為のトレーニングチェアを使い、高齢者の日常生活に最低限必要な筋力トレーニングができます。
高齢者向けの安全・安心なトレーニングマシーンです。
ご自身のペースと負荷でご利用いただけます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/06/08 15:20

木でできたトレーニングチェア さんのブログ記事

  • 敷石
  • 古民家の庭掃除をしてたのですが、落ち葉が何重にも何重にも何重にも積み重なってるので掘ってると石が出てきました。さてやと思い周りを掘ると敷石でした!中庭の様子 掘ると敷石が出てきました! [続きを読む]
  • 高齢者の健康維持手助け
  • 高齢者の健康維持手助け 奥出雲・リハビリ学院授業実践島根リハビリテーション学院の学生に付き添われ、買い物を楽しむお年寄りショッピングセンターでの買い物を通じて、地域の高齢者の健康を維持するショッピングリハビリテーションを、奥出雲町三成の島根リハビリテーション学院が今月から、授業の一環で実施している。山陰両県で初めての取り組み。お年寄りたちは19日、学生と一緒に買い物を楽しみながら店内を元気に歩いた [続きを読む]
  • 大津の団体「100歳大学」提唱
  • 高齢者に学ぶ場を 大津の団体「100歳大学」提唱初の「100歳大学」の開催に向けて打ち合わせをする「健康・福祉総研」の國松理事長(右から2人目)ら(大津市内)新しく65歳を迎える人を対象に、健康保持や生きがいづくり、死への備えなどを学ぶ連続講座「100歳大学」の開催を、大津市の一般社団法人「健康・福祉総研」が自治体に提唱している。独自にカリキュラムを考案し、厚生労働省の外郭団体「健康・生きがい開発 [続きを読む]
  • 糖尿病発症にもつながる? 実は怖い筋肉の老化
  • ■筋肉量の低下を抑えるには運動しかない「最近転びやすくなった」という方、もしかすると筋肉の老化が原因かもしれません。骨や関節と同様、筋肉も老化します。ただし、骨と関節とは違い、筋肉は鍛えればその効果が実感でき、老化の速度を抑えることが可能です。【聞き手=編集部・西田佐保子】■太ももと背中の筋肉が減っていく私たちの体は、さまざまな筋肉に覆われています。加齢により、筋肉を構成する線維状の細胞「筋線維」 [続きを読む]
  • 加齢による筋量低下予防
  • 加齢による筋量低下予防『運動とホエイたんぱくの相乗効果が最有力』アメリカ乳製品輸出協会高齢者は若年者より多くのたんぱく質が必要。効率の良い摂取が課題。2016年5月14日、アメリカ乳製品輸出協会日本駐在事務所(代表ジェフリー N. マクニール)は、第70回日本栄養・食糧学会において、立命館大学スポーツ健康科学部の藤田聡教授を講師に迎え、ランチョンセミナー「加齢に伴う筋量低下とその予防に向けた乳由来たんぱくの応 [続きを読む]
  • シニアにうれしいサ高住、多様化する新傾向とは?
  • ■高齢者に人気のサ高住とはどんなもの?サ高住とは、民間で運営する「サービス付き高齢者向け住宅」のこと。一般の賃貸で入居を断られやすい高齢者を対象にした住宅で、安否確認と生活相談のサービスが受けられます。賃貸がほとんどで、入居には敷金・礼金が必要です。入居後の利用料は賃料、管理費、光熱費、食事代などのほかに、サービス提供料がかかります。有料老人ホームのように高額な初期費用がかからず、利用のハードルが [続きを読む]
  • 音楽介護予防教室「泉佐野元気塾」
  • 泉佐野市(大阪)35施設でDKエルダーシステム導入 音楽介護予防教室「泉佐野元気塾」を6月よりスタート株式会社第一興商(東京都品川区 代表取締役社長 林 三郎)は、5月中に泉佐野市(大阪)の町会館および自治会館等30カ所と公共施設5カ所に生活総合機能改善機器「DKエルダーシステム」を納入します。また、同市がDKエルダーシステム導入施設35カ所において6月より実施する音楽介護予防教室「泉佐野元気塾」の運営を当社が受託 [続きを読む]
  • “延命至上主義”が高齢者の最期を苦しめる
  • テーマ「現状と課題」 “延命至上主義”が高齢者の最期を苦しめる高齢者の終末期を病院で診る立場から 宮本顕二・礼子私たちは、高齢者は過剰な医療や延命措置を受けることなく、穏やかに人生を終えてほしいと願っています。そう考えるようになったきっかけは、2007年にスウェーデンで認知症の専門病院や施設を見学し、案内してくれたアニカ・タークマン老年科医師から、「スウェーデンでも20年前は、高齢者が終末期に食べ [続きを読む]
  • 高齢者の皮膚の「スキンテア」 摩擦やずれでけが
  • 「虐待」疑われる例も、テープはがし注意病院や老人ホームなどで、摩擦やずれによって皮膚が裂けてしまう「スキンテア」への対応が課題になっている。加齢などで高齢者の皮膚が弱くなり、軽い圧力でも傷を負ってしまうためだ。体への負担は大きい上、「虐待ではないか」と家族から疑われることもある。いかに予防すればいいのだろうか。患者の傷ついた皮膚には専用の保護テープを貼る(千葉県旭市の国保旭中央病院)「この傷、どう [続きを読む]
  • 作って食べて介護予防
  • 高知県本山町リハビリキッチン効果測定人工知能で満足度検証リハビリキッチンの様子を見学するNextremerの社員ら=中央(高知県長岡郡本山町本山の四区集会所)高齢者が集まって一緒に料理を作ったり、食べたりすることで介護予防につなげる「リハビリキッチン」の満足度を、人工知能(AI)を活用して測定する試みが高知県長岡郡本山町で進められている。南国市にオフィスを構えるIT企業と本山町などが提携。参加者の [続きを読む]
  • 高齢者の心を豊かにするレクリエーションの提案
  • 楽しみながら指先を動かして心と身体を活性化! 高齢者の心を豊かにするレクリエーションの提案株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2016年3月7日(月)に、『布とひもの手芸レクリエーション』を刊行いたしました。『高齢者のクラフトサロン』シリーズ第3弾。大好評の『リハビリおりがみ』『季節のリハビリクラフト12か月』に続く本書は、針を使ってきちんと縫う、いわゆる“手芸”が得意でない高齢者にも、マイペースで気 [続きを読む]
  • 孤食が要介護を引き起こす!? その理由と予防法
  • 近年、一人暮らしの高齢者が増えるなど、食事を一人で取ることは少なくありません。しかし、3食とも一人で食べる「孤食」が続くと、心身や精神が弱り要介護につながる傾向があることが、東京大学高齢社会総合研究機構の調査で分かったそうです。「千葉県柏市で高齢者1800人を対象に調査を実施したところ、孤食の人の割合は20人に1人。一人暮らしに限らず、同居家族がいても3度の食事を一人でする『孤食』の人は、1日に1度でも誰か [続きを読む]
  • 「歩行の見える化」
  • 介護予防から脱介護へ、GEヘルスケアが「歩行の見える化」で貢献早稲田エルダリーヘルス事業団とGEヘルスケア・ジャパンは、歩行リハビリテーションの数値化と見える化を実現したシステム「AYUMI EYE(アユミ アイ)」の開発と導入展開について説明。介護度を悪化させない「介護予防」から、介護度を改善する「脱介護」が可能になるサービスを提供する。早稲田エルダリーヘルス事業団とGEヘルスケア・ジャパンは2016年2月22日、東 [続きを読む]
  • 新年度から介護予防サービス無料化 岐阜・岐南町
  • 岐阜県岐南町は2016年度、介護保険制度で、介護の必要度が低い「要支援」の人が受ける介護予防サービスの自己負担をゼロにする。施設で受ける入浴や食事、体操、カラオケといったデイサービスなどが対象。無料化により利用者を増やせば、健康維持につながると判断した。厚生労働省は「他の自治体での導入例は聞いたことがない」と話す。介護予防サービスは、要支援認定された65歳以上向け。施設でのデイサービスのほか、食事 [続きを読む]
  • 専門家も注目する“PNF”とは?
  • アメリカ発のリハビリ手法を介護予防にも。専門家も注目する“PNF”とは?1940年代にアメリカの医師がリハビリテーションの手法として開発された“PNF(Proprioceptive Neuromuscular Facilitation)”を生かした介護予防トレーニングをご存知でしょうか。家庭でも手軽に取り入れられるため、関係各所を中心に話題を呼んでいます。この“PNF(Proprioceptive Neuromuscular Facilitation)”は、日本語では「固有受容性感覚器神経 [続きを読む]