Bachakov さん プロフィール

  •  
Bachakovさん: 子育て競馬オヤジのブログ
ハンドル名Bachakov さん
ブログタイトル子育て競馬オヤジのブログ
ブログURLhttp://bachakov.blogspot.jp/
サイト紹介文アラフォーの大津市在住サラリーマン編集者が、競馬、子育て、本などについて緩く語ります。
自由文出版社勤務のアラフォーオヤジが競馬、二児(6歳女の子と3歳男の子)の子育て、本の感想(小説、科学関連書中心)などを、ユルく語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供285回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2011/06/08 17:12

Bachakov さんのブログ記事

  • 【息子が7歳になりました】小1の息子の誕生日
  •  先日、息子が7歳の誕生日を迎えた。毎年同じことを書いて恐縮だが、2人目の子の成長は本当に早い。 3月にはこども園を卒園し、先日は小学校の入学式を終えた。それから2週間。たくさん新しい友だちもできて、学校生活にはスムーズに入り込めたようだ。親としてはひと安心。時間割や持ち物など、まだ慣れないことも多いが、徐々に覚えてくれるだろう。これから6年間、いろいろな経験を積んでほしい。満開の桜の下で入学式 新年 [続きを読む]
  • 【お父さんの週末料理】2017年4月22・23日〜小骨が…〜
  •  わが家では土曜、日曜の料理は主に父(私のこと)が担当している。そのメニューを絶賛(?)公開中。 家族構成は父(40代半ば)、母(年齢非公表)、娘(小4)、息子(小1)の4人である。 今週は2回外食したので2食分。 4月15日(土) 夜は息子の誕生祝いで焼き肉。◆昼ご飯◆ 夜が焼き肉なので魚にした。家族4人で買い物に行って選んだ「本日の魚」はタチウオ。1匹400円とお買い得。四つに切ってもらって塩焼きにした。息 [続きを読む]
  • 【書評】西村京太郎『日本ダービー殺人事件』(集英社文庫)
  • ハイセイコーの時代の競馬ミステリー 1974年にはじめて出版された競馬ミステリー。十津川警部が競馬界の闇と殺人事件の謎に挑む。 昭和の競馬界の雰囲気がよく伝わってくる小説だ。舞台はハイセイコーの時代の競馬界。競馬が賭博からレジャーへと変化しつつあった時期だ。アイドルホースが登場し、クリーンなイメージを高めていきたいJRA。一方で古い馬主や一部の騎手は、依然として不正行為を繰り返す。さこに名義貸しなども絡 [続きを読む]
  • 【中央競馬予想の回顧】皐月賞、中山ジャンプS、アンタレスS(2017)
  •  今週は皐月賞。 ◎スワーヴリチャードは2番人気。カデナよりも人気するとは思わなかった。 レースでは好スタートから押して位置を取りにいったが、かかってしまい、がっちりと手綱を引く羽目に。そのため徐々に位置取りが下がってしまい、4コーナーでは外を回さざるを得なくなった。内が残る馬場では厳しく、6着まで。ちぐはぐな競馬になってしまった印象。四位騎手も悔いの残る騎乗だったかもしれない。 1、2着は内を抜けて [続きを読む]
  • 【中央競馬予想と与太話】皐月賞(2017)〜痛恨の皐月賞〜
  •  今週は牡馬クラシック第一弾の皐月賞。 毎年書いているのだが、このレース、2001年(アグネスタキオンが勝ち馬)を最後に当たっていない…。なんと15連敗中である。16度目の正直、なるだろうか…。 その15連敗中にあった痛恨のレースが2009年。共同通信杯を勝ったフサイチホウオーと弥生賞を勝ったアドマイヤオーラが人気を集めた。しかし、ヴィクトリーとサンツェッペリンが行った行ったで粘り込み、馬連94630円の大波乱の結 [続きを読む]
  • 【書評】藤野恵美『初恋料理教室』(ポプラ文庫)
  • 京のおばんざいのような小説 祇園の奥にある料理教室に通う4人の男たち。その一人につき一編の、合計四つの短編が収められた連作集。 全く違う立場の4人の男たちが、祇園の料理教室で人生を交錯させる。その要となるのが料理教室の先生であるおばあさん。この5人を中心に、ほんのり心が温まる、京のおばんざいのようなストーリーが展開される。話も料理も滋味深く、心もお腹も満たされた。ごちそうさまでした。 生麩が食べたく [続きを読む]
  • 【お父さんの週末料理】2017年4月8・9・10日〜山盛りのハンバーグ〜
  •  わが家では土曜、日曜の料理は主に父(私のこと)が担当している。そのメニューを絶賛(?)公開中。 家族構成は父(40代半ば)、母(年齢非公表)、娘(小4)、息子(小1)の4人である。 今週は月曜に会社を休んだので、3日分。 4月8日(土) ◆昼ご飯◆ この日は家族4人で買い物へ。子どもたちが選んだ「本日の魚」はトビウオ。2枚に下ろしてもらって、塩焼きにした。旬なのか、ジューシーで美味しかった。 他はサラダ、 [続きを読む]
  • 息子の卒園式と入学式【いよいよ小学生】
  •  息子がこども園を卒園し、小学校に入学した。いよいよ学校生活のスタートだ。《卒園式》 卒園式には妻が行ってくれた。息子は卒園式で、なんと園児代表として言葉を述べるという大役を仰せつかった。リーダー格だとは聞いていたが、そこまでとは知りませんでした。堂々と卒園の言葉を読んだそうだ。 こども園には小さい頃から通っていたので、長い間お世話になった。その間、分園が独立して移転するなど、いろいろなことがあっ [続きを読む]
  • 【お父さんの週末料理】2017年4月1・2・3日〜から揚げなら100個でも〜
  •  わが家では土曜、日曜の料理は主に父(私のこと)が担当している。そのメニューを絶賛(?)公開中。 家族構成は父(40代半ば)、母(年齢非公表)、娘(小4)、息子(小1)の4人である。 今週は月曜が代休だったので、3日分。 4月1日(土) ◆昼ご飯◆ 久々にバローの魚屋さんへ。しかし以前に比べて、特に丸物の品揃えがいまいちで、並んでいるのはいつも同じような切り身ばかり。安くて美味しいし、上手に切ってあるので [続きを読む]
  • 【中央競馬予想と与太話】大阪杯(2017)〜大安売りには反対〜
  •  今週は大阪杯。ご存じの通り、今年からGIに昇格した。しかし、私はこれには反対だ。この時期に中距離のGIがないので、有力馬が海外のレースに行ってしまっているというのは分かる。しかしそれなら宝塚記念をこの時期に持ってくればよい。 宝塚記念は、いつのことだったか、3歳馬の出走を促すために2週間後ろにずらした。しかしその狙いははずれ、3歳馬はほとんど出てこず、暑さを嫌って古馬の有力馬がここを避けた時代もあった [続きを読む]
  • 【お父さんの週末料理】2017年3月26日〜揚げ物大会〜
  •  わが家では土曜、日曜の料理は主に父(私のこと)が担当している。そのメニューを絶賛(?)公開中。 家族構成は父(40代半ば)、母(年齢非公表)、娘(小3)、息子(年長組)の4人である。 土曜は昼は外食、夜は中食だったので、日曜のみ。 3月26日(日) ◆昼ご飯◆ 午後に息子が用事があり「早く食べられるものがよい」とのことだったので、焼きそばを作った。野菜たっぷり焼きそばをモリモリ食べて、出かけていった。 [続きを読む]
  • 【映画評】『ちはやふる』上の句、下の句
  • 高校青春映画の王道に、競技カルタがアクセントを加えた良作 恋、仲間、部活、ライバルと、学園映画四大要素が勢揃い。そしてご存じの通り、その中心にあるのが競技カルタ。この組み合わせがばっちり決まったのが本作だ。 カルタ部を作るために無理矢理集めた仲間が、練習を通じて結束を強め、いざ大会へ。そこではさまざまなライバルが登場…という、ぶっちゃけありがちなストーリーなのだが、マンネリ化を防いでいるのがカルタ [続きを読む]
  • 【中央競馬予想の回顧】高松宮記念、マーチS、毎日杯、日経賞
  •  今週は高松宮記念。 ◎ナックビーナスは12番人気。人気がないのは分かっていたが、ここまでとは。レースでは先頭集団を見る位置取り。いい感じだったのだが、4コーナーでは大外を回す羽目に。これでは届かず、8着まで。内枠ならもう少しやれたかも。 レースは内枠の馬が掲示板を占めた。勝ったのはセイウンコウセイ。ナックビーナスと同じような位置取りから、馬場の真ん中に持ち出して突き抜けた。1馬身1/4差は完勝といってよ [続きを読む]