ひめみこ。。 さん プロフィール

  •  
ひめみこ。。さん: 馬に乗って☆
ハンドル名ひめみこ。。 さん
ブログタイトル馬に乗って☆
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kinohimemiko2005
サイト紹介文一素人の乗馬のエピソードとウマんが(4コマ漫画)を書いているブログです。
自由文「乗馬の楽しさ」、「馬達の可愛らしさ」や「エピソード」、「乗馬療法(ホースセラピー)」「ウマんが」など、乗馬を楽しむ一素人の視点で書いているブログです(^^)

乗馬をする方、しない方にも楽しく読んでもらえるよう、ブログ管理人である私の思い出ともなりますように
記事を書くように心がけています(^^)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2011/06/09 00:12

ひめみこ。。 さんのブログ記事

  • 大河ドラマ「おんな城主直虎」16話まで見ました
  • 今のところ結構、面白く見ております今後も楽しみです三浦春馬演じる直親がいなくなって以降は、より快適に見れてます直親がダメなのではなく、三浦春馬の演技を私は受け付けられませんでした理由は三浦春馬の無防備な爽やか笑顔ですね直親という人は幼い時分に父親を謀殺され、命からがら生き延び、何年もして領主に返り咲いた苦労人のはずなんですけどねそれでなくても井伊家のような家の存亡を肩に背負った領主たる男があんな無 [続きを読む]
  • 死というもの(過去記事を再掲)
  • 母から聞いた印象深い話がある。いつもは1日1つ記事を書く事に決めているのだが、たまたま思い出したので書いておきたい。母は戦前生まれの人である。終戦の昭和20年の8月から小学校1年生になった。田舎に疎開していたが、戦争が終わったので、元住んでいた場所に戻ってきて、母の父(私の祖父)が家を買ったという。疎開していた田舎から荷馬車で荷物を祖父が運ぶのに3日かかったという。そして買った家にはまだ前の住人が [続きを読む]
  • 死というもの
  • あ記事検索 ランダムこんにちは、himemiko2005さんマイページ▼マイブログ▼新規投稿新規投稿・設定はこちらから行えます!xブログ設定メッセージログアウトYahoo! JAPAN馬に乗って☆TRECやってみたいな〜☆って野外で乗る為の馬術でっす。全体表示[ リスト ]最愛の馬の死 その3ホースセラピーの現在>死というもの修正削除移動クリップ追加 2005/8/27(土) 午後 11:22 つれづれ 高校0母から聞いた印象深い話が [続きを読む]
  • 初老ガールズ・トーク
  • 久々のブログ更新でございます2月の後半は寒いのでほぼ冬眠状態でしたが、桜が咲くころになってきて、家の片づけと家具の購入で時間を使っていましたガラス戸棚のガラスが割れていたり、引き出しがバラバラになりそうなタンスを我が家ではずっと両親が使い続けていましたさらにこの4月にとあるリフォーム会社のチラシを見つけて、さらなるリフォームをしようと計画中なのです壊れたモノを使い続けるのは、使いにくく生活しづらく [続きを読む]
  • 自宅の外壁塗装やその他リフォームしましたので、レポなど…
  • リフォームとかは高いお金を払って実際きちんとやってもらえるのか、安いはいいが欠陥だらけでは意味がありません分からないなりに一応、工事を終えたので、素人なりにどんな感じだったか、レポートしてみようと思いますただし、一般的な「見積もりを三社以上とって」というやり方はしてませんので、そういう面では参考にはなりませんし、参考にして失敗しても私は責任は負いませんので悪しからず!('_')父親が亡くなる前から、家 [続きを読む]
  • 自宅の外壁塗装やその他リフォームしましたので、レポなど…
  • リフォームとかは高いお金を払って実際きちんとやってもらえるのか、安いはいいが欠陥だらけでは意味がありません分からないなりに一応、工事を終えたので、素人なりにどんな感じだったか、レポートしてみようと思いますただし、一般的な「見積もりを三社以上とって」というやり方はしてませんので、そういう面では参考にはなりませんし、参考にして失敗しても私は責任は負いませんので悪しからず!('_')父親が亡くなる前から、家 [続きを読む]
  • 映画「ラスト・シューティスト」
  • 1976年ジョン・ウェイン主演ドン・シーゲル監督あらすじ1901年1月22日、老ガンマンのジョン・B・ブックスはネバダ州カーソン・シティにやってきた10日ほど前から痛む腰椎を診察してもらうためホステトラー医師のもとを訪れるホステトラー医師に末期のガンだと告げられたブックスは紹介されたロジャース夫人の下宿に向かい、そこで最後の時を迎えようと覚悟するロジャース夫人や息子のギロムなど周囲の人々に支えても [続きを読む]
  • 映画「ラスト・シューティスト」
  • 1976年ジョン・ウェイン主演ドン・シーゲル監督あらすじ1901年1月22日、老ガンマンのジョン・B・ブックスはネバダ州カーソン・シティにやってきた10日ほど前から痛む腰椎を診察してもらうためホステトラー医師のもとを訪れるホステトラー医師に末期のガンだと告げられたブックスは紹介されたロジャース夫人の下宿に向かい、そこで最後の時を迎えようと覚悟するロジャース夫人や息子のギロムなど周囲の人々に支えても [続きを読む]
  • ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」見てみました
  • 1話を見て、「なあんだ、またヒーローか」と思ったので見てなかったのですが、試しに第6話も見てみました第1話を見た感じでは「医療ドラマにしては、妙にドロドロした人間関係だなあ」と思ったわけですが、TBSの番宣ではやたら医療ドラマである事を強調してましたね韓流ドラマのような医療現場で繰り広げられるドロドロドラマなのか、本格的な医療ドラマなのか、確認の意味で見てみました竹内結子演じる女医がどうやら脳に大き [続きを読む]
  • ドラマ「A LIFE〜愛しき人〜」見てみました
  • 1話を見て、「なあんだ、またヒーローか」と思ったので見てなかったのですが、試しに第6話も見てみました第1話を見た感じでは「医療ドラマにしては、妙にドロドロした人間関係だなあ」と思ったわけですが、TBSの番宣ではやたら医療ドラマである事を強調してましたね韓流ドラマのような医療現場で繰り広げられるドロドロドラマなのか、本格的な医療ドラマなのか、確認の意味で見てみました竹内結子演じる女医がどうやら脳に大き [続きを読む]
  • 映画「王の運命-歴史を変えた八日間-」
  • 主演 ソン・ガンホ監督 イ・ジュニクお話は…李氏朝鮮は、21代王、英祖(ヨンジョ)の時代初老の王、英祖は長子を亡くした後、40代で男の子、思悼世子(サドセジャ)を授かり、心から喜び、次期後継者として大きな期待を込めたサド世子は聡明だったが、勉強嫌いで絵を愛し、政事を任せてみたものの、周囲との調和を乱し、英祖をイライラさせたあからさまな英祖の苛立ちを受けたサド世子はストレスに耐え切れず、様々な奇行に [続きを読む]
  • 映画「王の運命-歴史を変えた八日間-」
  • 主演 ソン・ガンホ監督 イ・ジュニクお話は…李氏朝鮮は、21代王、英祖(ヨンジョ)の時代初老の王、英祖は長子を亡くした後、40代で男の子、思悼世子(サドセジャ)を授かり、心から喜び、次期後継者として大きな期待を込めたサド世子は聡明だったが、勉強嫌いで絵を愛し、政事を任せてみたものの、周囲との調和を乱し、英祖をイライラさせたあからさまな英祖の苛立ちを受けたサド世子はストレスに耐え切れず、様々な奇行に [続きを読む]
  • 工藤静香
  • 工藤静香「MUGO・ん・・・色っぽい 」この歌は工藤静香がアイドルとアーティストの境目あたりにいると思うんですね(*^_^*)80年代後半、アイドルの限界が見えた感じの時代に大ヒットを飛ばしたアイドルじゃないですか今はキムタク妻として世間からバッシングされてるが、私はこの人がキムタクと結婚した当時、「もともとキムタクが工藤静香のファンだったから」と聞いたし、そのとおりだろうと思える自分なりの確信 [続きを読む]
  • 工藤静香
  • 工藤静香「MUGO・ん・・・色っぽい 」この歌は工藤静香がアイドルとアーティストの境目あたりにいると思うんですね(*^_^*)80年代後半、アイドルの限界が見えた感じの時代に大ヒットを飛ばしたアイドルじゃないですか今はキムタク妻として世間からバッシングされてるが、私はこの人がキムタクと結婚した当時、「もともとキムタクが工藤静香のファンだったから」と聞いたし、そのとおりだろうと思える自分なりの確信 [続きを読む]
  • トランプ大統領、就任!
  • 48年も生きてると、いろいろ面白いことが起こるよね米大統領が就任するたびに、それなりに大騒ぎになるけど、こういう騒がれ方をした大統領は初めて見たかなあ(´・ω・`)ニュースとか情報番組とかで取り扱っているのを見るとこの人の言ってる「アメリカ」というのは自分のファンとか支持者の事だけを示していて国のリーダーとしてはあまりに個人的すぎるんじゃないか、大統領の発言としてはどうかいなという意見になってますね [続きを読む]
  • トランプ大統領、就任!
  • 48年も生きてると、いろいろ面白いことが起こるよね米大統領が就任するたびに、それなりに大騒ぎになるけど、こういう騒がれ方をした大統領は初めて見たかなあ(´・ω・`)ニュースとか情報番組とかで取り扱っているのを見るとこの人の言ってる「アメリカ」というのは自分のファンとか支持者の事だけを示していて国のリーダーとしてはあまりに個人的すぎるんじゃないか、大統領の発言としてはどうかいなという意見になってますね [続きを読む]
  • 隣のおじいさん、再び
  • 正月過ぎに、図書館に散歩がてら行って帰宅すると、介護用の歩行車に座った高齢者の方が私の家の前あたりをうろうろしていました(歩行車は、歩行するための支えになったりする以外にちょっとした荷物を載せたり、座って休むための椅子がついていますネットで検索すればわかりますが、車いすに形状が似ています)おぼつかない感じでどこかに行こうとしていて、とにかく危なっかしい(>_なので「大丈夫ですか?押しましょうか?」と [続きを読む]
  • 隣のおじいさん、再び
  • 正月過ぎに、図書館に散歩がてら行って帰宅すると、介護用の歩行車に座った高齢者の方が私の家の前あたりをうろうろしていました(歩行車は、歩行するための支えになったりする以外にちょっとした荷物を載せたり、座って休むための椅子がついていますネットで検索すればわかりますが、車いすに形状が似ています)おぼつかない感じでどこかに行こうとしていて、とにかく危なっかしい(>_なので「大丈夫ですか?押しましょうか?」と [続きを読む]
  • ワンコと二人きりになったお正月の風景
  • お正月の直前ぐらいに小銭が入った両親の通帳を3冊見つけましたM銀行は5000円ほど、A銀行は200円ほどで正直、どっちでもいいわけですが、一応、解約の手続きに行ってきました亡くなった後に残したものについてはなるべくきれいにしてあげたいという気持ちだけですねA銀行は200円のチャリ銭しか残高ないのに、他の銀行の相続手続きに比べてややこしい事を言い出してかなりやり合ったのですが(-_-;)(A銀行というのは、愛 [続きを読む]
  • ワンコと二人きりになったお正月の風景
  • お正月の直前ぐらいに小銭が入った両親の通帳を3冊見つけましたM銀行は5000円ほど、A銀行は200円ほどで正直、どっちでもいいわけですが、一応、解約の手続きに行ってきました亡くなった後に残したものについてはなるべくきれいにしてあげたいという気持ちだけですねA銀行は200円のチャリ銭しか残高ないのに、他の銀行の相続手続きに比べてややこしい事を言い出してかなりやり合ったのですが(-_-;)(A銀行というのは、愛 [続きを読む]
  • 認知症の父親はこれを目印にトイレを頑張ってました
  • 床の赤い線は私が無造作に引いた父親が用を足すためのトイレの目印です横線は、父親にそれより外へ足をはみ出さないよう(画像では下にはみ出さないように)引いた線この線より内側、つまりトイレに近い側に足があると便器に座ったときに適切な位置になるんですね縦線は体の左右の中心線になるように引いた線このトイレは男性の座りが少々浅くても尿がはみ出さないような工夫がされてますが、父親は腰が曲がって座りが浅いどころの [続きを読む]
  • 認知症の父親はこれを目印にトイレを頑張ってました
  • 床の赤い線は私が無造作に引いた父親が用を足すためのトイレの目印です横線は、父親にそれより外へ足をはみ出さないよう(画像では下にはみ出さないように)引いた線この線より内側、つまりトイレに近い側に足があると便器に座ったときに適切な位置になるんですね縦線は体の左右の中心線になるように引いた線このトイレは男性の座りが少々浅くても尿がはみ出さないような工夫がされてますが、父親は腰が曲がって座りが浅いどころの [続きを読む]
  • 映画「男の出発(たびだち)」
  • 1972年ディック・リチャーズ監督ゲイリー・グライムス主演お話は…南北戦争後のテキサスのある村「カウボーイになりたい」と目を輝かす少年ベンがいた彼は牛飼いのカルペパーに頼み込み、コロラド州のフォーク・ルイスに牛を運ぶ旅(キャトル・ドライブ)にコックの助手として参加させてもらう旅が始まり、すぐに牛泥棒が現れ、牛が盗まれてしまうそして見張りを引き受ければ、馬泥棒に殴られて、大事な馬を盗まれてしまう怪我 [続きを読む]
  • 映画「男の出発(たびだち)」
  • 1972年ディック・リチャーズ監督ゲイリー・グライムス主演お話は…南北戦争後のテキサスのある村「カウボーイになりたい」と目を輝かす少年ベンがいた彼は牛飼いのカルペパーに頼み込み、コロラド州のフォーク・ルイスに牛を運ぶ旅(キャトル・ドライブ)にコックの助手として参加させてもらう旅が始まり、すぐに牛泥棒が現れ、牛が盗まれてしまうそして見張りを引き受ければ、馬泥棒に殴られて、大事な馬を盗まれてしまう怪我 [続きを読む]
  • 木村拓哉主演の映画「無限の住人」
  • ここ数年は読んでませんが、一応、初期のころから中盤ぐらいまでは原作読んでたのですが主人公の万次をキムタクが演じるという事で「やめてくれよ」な声もあるようですね私もいつものようにカッコつけてるキムタクだったら、「やめてくれよ」と言うところなのですが        ↑の予告編でのキムタクのしゃべり方を見る限りは「演出にもよるけど、キムタクの起用は悪くないかもね」という感想を持ちましたジジイのしゃべり方 [続きを読む]