塾長 さん プロフィール

  •  
塾長さん: 塾長の日記
ハンドル名塾長 さん
ブログタイトル塾長の日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/gajuku-jukucho/
サイト紹介文横浜画塾塾長の日記です。水彩画、犬、アコースティックギター、自転車、時事など思いつくままに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供255回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2011/06/09 10:17

塾長 さんのブログ記事

  • 人物(点景)のコツ(改訂・再掲)
  • 風景に人物(点景)を入れるのはもう普通の事になってきました。日本の水彩画も変わってきたようですね。 ※ 過去何度もアップしていますが、確認の意味で再掲しておきます。 風景の中に人物を入れると、ライブ感が一気に現れます。人物のいない風景ももちろんいいですが、どこを描いても全く人がいないというのも不自然ですよね。 ただ、基本的な理屈を知っていないと人物(点景)はせっかくの絵を台無しにしてしまうこともあり [続きを読む]
  • 影(陰)の色 - Color of shade -
  • 昨日は影の ”形” について書きましたので、今日は影(陰)の “色”について書いておこうと思います。「白の影はグレーじゃない!」と訴え続けてきたせいか、当塾でペインズグレイやインディゴを“影(陰)色”として使う人を見かけなくなりました。 影(陰)やバックは、さまざまに変化するところ、変化させることができるところですから、ここで遊ばない手はないですよね。 影(陰)色を、ペインズグレイやインディゴ、もちろ [続きを読む]
  • 間違いやすい図形 07 - Mistaking Geometry 07 -
  • 影の形を侮るなかれ! 影(影法師)には必ずその影を作るモノがあります。 当然ですが、その形があってはじめて影ができるのですから、なんとなく暗いのではありません。 その形や光の方向を意識して影を描くことで光や空間の表現が飛躍的に現実味を増します。 例えば、影法師の効果が有効なのはこんな時。 とりわけ、逆光は影が面白い! 2回目の個展で出展した作品です。 なつかしい…。 モチーフの形・質、光の方向・強さ、 [続きを読む]
  • 間違いやすい図形 06 - Mistaking Geometry 06 -
  • これは、風景画を描いている、特に男性からの質問が多いマターです。私なりにわかりやすくまとめてみました。 これについて「数学的証明をせよ!」 とか「なぜ、楕円の上と下が同じなのか説明しろ!」 と言われても私は超文化系ですので、ご遠慮します。 この考え方で描いてご自分のやり方とどっちが自然か見比べてみてください。 正円を斜めから見ると正楕円です。※正楕円が描けないとこの話は始まりません。これは練習あ [続きを読む]
  • 年内の予定(確定)- My schedule in this year -
  • 10月以降の講座募集が今週末から始まりますので、再度アップしておきます。 ■8月19日(土) ワークショップ in 鹿児島※残りわずか。ご興味のある方はお早めに。デモンストレーションを見ていただきながら、実技実習を行います。 鹿児島県民交流センター5階絵画制作室 第1部 9:00〜12:00 第2部 13:00〜16:00 連絡先 アートクラブ代表 引地孝子さん 090-7988-2555 ■8月25日(金) NHK文化センター京都教室※キャンセル待 [続きを読む]
  • 間違いやすい図形 05 - Mistaking Geometry 05 -
  • 絵は輪郭線(線画)を描いてから塗るものだと思っていませんか? 私は、必ずしもそうは思っていません。 輪郭線はなくてもいい。 なぜなら、輪郭がなくても形は浮き上がるから。 輪郭線を描くのは、透明水彩の場合、白く残さなければいけないところを忘れないように鉛筆で描いておく... その程度の認識です。 理由はいくつかありますが、まず第一に輪郭をしっかり描いてしまうとその 強力な“線の強制力”に負けて“塗り絵 [続きを読む]
  • デモンストレーションデー - Demonstration Day -
  • 毎週水曜日(午後)は、横浜画塾のデモンストレーション・デー。 今日のテーマは、バルールを意識して逆光に輝く噴水を描こう! テクニックは、ウォッシュ、リフティングなど。 ロケ地は、小樽の運河公園。噴水と旧日本郵船小樽支社の組み合わせが魅力的です。 噴水が逆光に照らされ光っています! 午後の強い日差しを表すために、敢えて色調を暖色系にしてみました。明暗の対比が強烈なのは空気が澄んでいるからなのか。 [続きを読む]
  • 間違いやすい図形 04 - Mistaking Geometry 04 -
  • パースペクティブ クイズ 次の3つの作例にはそれぞれ基本的な間違いがあります。 さて、その間違いを具体的に指摘してください。 Q1.台の上にお皿が乗っています。 Q2. 箱を描いてみました。 Q3. 花瓶は静物画では必須ですね。 『なんか、へん。』 では直すことはできませんので、具体的な間違いを指摘してください。 正解は下にあります… が、 まだ正解を見ないで、考えましょう! [続きを読む]
  • 間違いやすい図形 03 - Mistaking Geometry 03 -
  • 何本も連なる柱、学校の校舎の窓、イチョウ並木など、等間隔に並ぶものが遠くに行ってだんだん小さくなって見えている時、近くの柱と遠くの柱はどのくらいの間隔で描けばいいのでしょうか? それにはまずどの辺りが全体の真ん中か確認するといいでしょう。 ではどうやって真ん中を割り出すか…。 簡単です。 二等分割、三等分割はこんな感じ。 そして5等分割。 わかりました? 実際の現場でこんな作図をする必要はないと [続きを読む]
  • 間違いやすい図形 02 - Mistaking Geometry 02 -
  • 前回に引き続き、間違いやすい楕円のポイントのだめ押しです!車のタイヤ、自転車の車輪、船の丸窓、時計台、眼鏡橋… 円形を斜めから見ることってよくありますよね。 円柱(円筒)は“回転体”ですから、回転の軸があります。 そして、回転の軸に直角の断面は“正円”です。“ロールケーキの断面は円” ということです。 ここまではいいですね? 白い直線が回転軸です。それと直角の断面は正円、 そして、それを斜めから見たら [続きを読む]
  • 間違いやすい図形 01 - Mistaking Geometry 01 -
  • 時計台を斜め下から見た図を時計の楕円に注意して描いてみてください。 Can you draw the clock tower? 時計をこう描く方が多いかもしれません・・・でも、これは間違いです。This is incorrect. 決して縦にまっすぐ長い楕円ではありません。 ≪答えは、下に≫The answer is below. 円を斜めに見ることは意外と多いんです。 時計台、自転車、鉄橋、船の窓、回廊 などなど。 この傾いた楕円の角度はなかなか曲者 [続きを読む]
  • プライベートワークショップ - Private Workshop -
  • 8月4日は、3回目となる “鎌倉横浜を描く会” 主催、会員の方々のためのプライベートワークショップを行いました。 今までに経験のない30名の方々に受講していただきました! ありがとうございます!鎌倉横浜を描く会は、私の知る限りスケッチのグループとしては神奈川最大、やる気満々の方々が毎月2回のペースで真夏の日中も、真冬の雪の日も、台風の風の中もいとわずスケッチに出かけます! その熱意には、頭が下がります。 私 [続きを読む]
  • デモンストレーションデー - Demonstration day -
  • 毎週水曜日(午後)は、横浜画塾のデモンストレーション・デー。 今日のテーマは、空気の可視化。刻々と変わる山の気配を描こう!テクニックは、ウォッシュ、リフティングなど。 ロケ地は、イタリア・ドロミテのコルバラからリフトで上がった海抜2200mの展望台。 雨模様ながら、時折のぞく雪を背負った遠景の山々、そして、それを覆うように低く垂れこめた雲。 印象的な初夏の山岳地帯。 ファーストウォッシュは真ん中にフォ [続きを読む]
  • 習う? 学ぶ?  - Study or Learn -
  • “ 習う と 学ぶ” はどう違う? わたし的には、 ″習う” は、受動的な感じ。″学ぶ” は、能動的な感じ。 ″習う” は、自ら型にはまっていく感じ。″学ぶ” は、自らを型から解放する感じ。 ″習う” は、押し付けられる感じ。″学ぶ” は、気づき盗みとる感じ。 ″習う” は、時間消費的な感じ。″学ぶ” は、創造的な感じ。 ところで、ディアゴスティーニとかアシェットとか、毎月テーマごとの“部品”や“教材”などを送 [続きを読む]
  • カタルーニャ帰国展 - Returning Exhibition -
  • 来月はいろいろイベント目白押しです。 世の中的には、2月・8月は二八(にっぱち)とか言ってフツウ暇なはずなんだけど…。 そうか、“芸”人は他人が休んでるときに働くもんなんだな…。 8月以降の予定は、こちらにアップしておきました。【関連記事】年内の予定 8月以降の最初の展覧会が、先日行ったスペインカタルーニャ、カダケス・ジローナの旅の帰国展。 1FとB1Fをお借りしての60点以上の展示となります。私も3〜4点 [続きを読む]
  • 今日の筆のラインナップ  - Line-up my brush -
  • 私が、今使っている筆をご紹介します。 弘法筆を選ばず… なんて達人の域には程遠いですから、この筆がないと描けない線やタッチというのは間違いなくあります。 私自身はあまり筆にこだわる方ではないと思っていましたが、長年いろいろ使ってみてふと気が付くと、未だに完璧なセットに至っていません。 たぶん、これからも固定化することはないと思います。 なぜなら、私自身の気分も腕も作風もどんどん変わっていく以上、その [続きを読む]
  • 東急BEでワークショップ - Workshop for Tokyu BE -
  • 今日は、二か月に一度の東急セミナーBE(自由が丘校)の講座を行いました。 今日のテーマは、大反射!テクニックは、ウォッシュ、スプレー、リフティングなど。 ロケ地は、釧路の湿原。 曇り空ながら風もなく長閑な水辺。音もなくカナディアンカヌーが通り過ぎていく。 ファーストウォッシュは一気に水面まで行きたかったところですが、受講者さんの事も考え、空や木々で一旦止め、皆さんの進捗をみて水面のウォッシュをした [続きを読む]
  • 年内の予定 - My schedule in this year -
  • 8月から年内の予定が決まってきましたので、備忘録を兼ねてアップしておきます。 ■8月4日 シークレット・ワークショップ(横浜)※シークレットのため一般の方の募集はありません。 ■8月19日(土) ワークショップ in 鹿児島※残りわずか。ご興味のある方はお早めに。デモンストレーションを見ていただきながら、実技実習を行います。 鹿児島県民交流センター5階絵画制作室 第1部 9:00〜12:00 第2部 13:00〜16:00 連絡先 [続きを読む]
  • デモンストレーションデー - Demonstration Day -
  • 毎週水曜日(午後)は、横浜画塾のデモンストレーション・デー。 今日のテーマは、ネガティブシェイプを活かして描こう!テクニックは、ウォッシュ、ネガティブペインティングなど。 ロケ地は、札幌近郊の長沼の牧場の一角。 陽を受けて白く光る家を木々の緑が縁取るクリアな光景。 白い家を塗り残しながら、空、木々、牧場の緑をウォッシュします。 軒下の影、木の影等を入れます。 ディテイル、さらに暗い陰などを入れ完成 [続きを読む]
  • ネガとポジ《改訂・再掲》 - Negative & Positive -
  • 絵を描く時に、ネガとポジを意識して描いていますか? 私は、透明水彩絵具で絵を描く時は、このネガとポジを使い分けることが、とても重要だと思っています。 輪郭線を描いて“中身”を塗っていくだけ(ポジティブ・ペインティング)だと稚拙な絵になってしまいがちです。 明るい部分を塗り残すことで、なにも触らずに浮かび上がらせる手法を使いこなすことによって、絵は劇的に変わるのだと思います。 塗り残し画法(ネガテ [続きを読む]
  • “学び”は商品ではない《再掲》- "Learning" is not Commerce -
  • 『あらゆる教育プログラムの効果はエヴィデンス・ベースト(根拠ありき)で示されねばならぬ、数値的にその効果が示せないような教育プログラムは無価値である』 という妄想に日本の教育行政の当事者たちも教育評論家も教育ビジネスマンも取り憑かれている。   これは「病気」を通り越して、ほとんど「狂気」と呼ばねばならないと私は思っている。 以上、ブログ「内田樹氏の研究室」より引用 ※ブログ記事全体は、内田樹研究室“学 [続きを読む]
  • 釧路、最終日。 - Last Day in Kushiro -
  • 釧路、最終日。 夜半から降った雨は明け方には止んで、曇りながら日曜の静かな港は魅力的。 私が選んだのは、孤立してひときわ目立っていた清栄丸。 ウミネコが目の前を横切ったりします。 デカッ! 後で分かったのですが、この船の船長は、この界隈では有名な秋刀魚獲りの名手だそう。その後、“伝説の”船長に会うことができました。 舟の映り込みが、またも筆数多すぎ。昨日、今日となんだか描き過ぎ傾向だなぁ。軌 [続きを読む]
  • 釧路、二日目。 - Second Day in Kushiro -
  • 釧路、二日目。今日の予報は雨。 朝から深い霧に包まれ回復は絶望的ながら、せっかくなので湿原の展望台まで行ってみよう! ということでバスで目的地の釧路湿原細岡大展望に向かうと、なんだか霧がはれ空が明るくなってきたような…。 到着することにはすっかり遠景も見えるほどに回復してきました! 描き始めると日が差し始め、汗をかきながら描くほど!奇跡の大逆転! 私も日向で描き始めました。 拙著「7つの技法」のう [続きを読む]
  • 釧路へ - To Kushiro -
  • 今日から三日間、釧路にスケッチツアーに来ています!羽田空港。北海道だけ、雨…石垣島の時も日本全国晴れてたのに八重山諸島だけ豪雨だったなぁ〜。いつから雨男になったんだろう…(^^;こんなに晴れてるのになぁ… 雨なら雨で描く場所さえあれば問題なし。雨の釧路漁港もいい!厚い雲を抜けたと思った途端、眼下に迫る滑走路!強い衝撃があったものの無事着陸… 濃霧… 後で知ったのですが、この前のエアドゥとANAは着陸できず [続きを読む]