クラウン さん プロフィール

  •  
クラウンさん: ドイツ好きなクラウン
ハンドル名クラウン さん
ブログタイトルドイツ好きなクラウン
ブログURLhttp://crown.naganoblog.jp/
サイト紹介文ドイツ大好きなクラウンがドイツのこと仕事の事など、思うままに書いています
自由文仕事の事(果樹園経営)、海外グルメの事、ちょっとエコな事 等
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/06/09 21:31

クラウン さんのブログ記事

  • ブドウ出荷最盛期
  •  当園の果物の出荷は、9月のブドウに始まり、10月の中性種のリンゴ、11月、12月の御歳暮用サンフジりんごと、月を追うごとに出荷量が増えて、どんどんと忙しくなって行きます。 9月のブドウは、どちらかというとならし運転なのですが、それでもかなり忙しく動いています。 例年は、早朝 ブドウ収穫 → ブドウ荷作りしつつ、ブドウ狩り対応 → リンゴ葉摘み作業 という感じでしたが、今年は新規のブドウ狩りのお客 [続きを読む]
  • ブドウ園のテーブル
  •  ブドウ狩り用のテーブル席 今年は2席のみです。 一時は、MAX10席ありましたが、年々 減らして とうとう今年は2席のみ ブドウ園では、10種類以上のブドウが栽培されており、ブドウ狩りのお客さんには、普段 食べられない品種を召し上がっていただき、感動して欲しいという気持ちはあるのですが、ブドウ不足の為、今年は新規のお客様のブドウ狩りは、お断りさせていただいております。  昨年は、9月下旬には、毎 [続きを読む]
  • 直売場オープン準備
  •  毎年 直売場のオープンは、9月1日にしており、今年も同じです。 オープン期間は、9月1日〜12月上旬までで、その他の期間は、車庫であったり物置となっているので、シーズン中のみ看板を出すようにしています。 看板を設置したり直売場内を片付けたり ほぼ準備は整いました。 いよいよ 今シーズンの果物狩りがスタートです。 [続きを読む]
  • 農業用倉庫 DIY FINAL
  •  ここ数年で、農機具や資材が増えて、倉庫が手狭となっていたので、今年は、収納スペースを増やす目的で、既存の農業用倉庫の拡幅をDIYを中心に行いました。 拡幅したのは2か所①:倉庫南側 単管パイプを柱、トタン屋根という、最も簡単な施工ですが、外見ではそー見えないように工夫。 内側は、壁面は収納棚を多く設け、空きスペースは、農機具をいれられるようにしています。外見のポイントは、よろい戸と花でしょう。  [続きを読む]
  • 草刈り機
  •  果樹園の経営面積が増えると、当然 仕事量も増えます。 今年は、経営面積が大きく増えましたが、人員の確保が充分でない事もあり、限られた労働力で増えた仕事量分をこなさなくてはなりません。  そこで求められるのが、仕事の効率化 圃場の草刈は、優先順位の低い仕事です。 だからといって全くやらないわけにはいかず、2週間に一回のペースで2haの圃場の草刈作業を行います。  そして、これは園主である私の仕事と [続きを読む]
  • 物置 DIY−4
  •  農機具等を入れておく物置をDIYにて制作していましたが、ほぼ終了しました。 農作業の合間に作業していたので、DIY後半になって進み具合が遅れていましたが、電灯、コンセント等の電装を除けば、終了です。外壁は、装飾のよろい戸と、フラワーボックスを追加して終了内側は、工具、塗料、部品等を壁収納できるように壁面に収納棚を設けて、隣りの倉庫内で溢れかえっているものを、こちらに移動。細かい所で不具合は結構あ [続きを読む]
  • 赤系ブドウ
  •  近年 当園でのブドウの出荷形態は、詰合せが主になっています。 詰合せの基本は、黒、緑、赤の3色のブドウを入れる事。   品種によって、収穫時期は1カ月以上異なるので、大変なのが、3色のブドウの出荷時期を合わせる事。   特に苦労するのは赤色ブドウで、出荷初めの9月上旬に赤色に綺麗に着色せず、赤系ブドウの着色待ちで、詰合せセットの出荷が遅れがちになるのが、毎年の常。 これを解決すべく、赤系ブドウの [続きを読む]
  • ブラックビート 
  •  今年から巨峰がなくなったので、クラウン農園で、真っ黒になる品種は、ナガノパープルと、ブラックビートの2種類だけになります。 そのブラックビート お盆が明けて色が上がって来ました。この品種は、ピオーネと藤稔を両親にもち、血統は申し分無く、着色が非常に良いというのが売りです。 しかし、お盆前は、赤色からなかなか黒色に色が上がらず、非常に気をもんでいたのですが、ここに来て 一気に黒色に変わってくれ、今 [続きを読む]
  • 物置DIY −3
  •  昨日の続きで、物置を制作中 隣のヤギ小屋の柱は木(2×4材)で、今回の物置は、直管パイプという違いはあるものの、壁の仕上や窓の作りは全く同じ 一度 制作していると、2度目は要領よく進むもので、外観は、かなり早く作業が進みました。①:外壁に下地材を塗る。②:外壁に仕上げ材を塗る。 (ヤギ小屋で使ったのと同じ塗料)③:窓の製作  ガラスを組み込む技術がないので、アクリル板で代用です。④:塗装した窓と、 [続きを読む]
  • 物置DIY −2
  •  メーカーの農機具倉庫と、DIYにて制作したヤギ小屋の間のスペースに、直管パイプを柱にして、物置というか、簡易倉庫を制作しています。  コンセプトは、①:撤去しやすいように、直管パイプを柱として使用する。②:壁は、直売所用の駐車場に面している1面のみ貼る。③:直管パイプと、トタン屋根の組合せは、工事現場仕様になりやすいので、ダサイ外見にならないようにする。④:隣のヤギ小屋の外見になじむ外観とする。 [続きを読む]
  • 桃「なつっこ」着色管理
  •  自家用で栽培している桃が一本だけ リンゴ園の中にあります。 かつては、リンゴの樹も小さく、大きく空いたスペースに桃が植えられていたのですが、年々 リンゴの樹も大きくなり、桃の樹とリンゴの樹が干渉し始めると、自家用の桃の樹は、どんどん切られて、コンパクトになっています。 本当なら伐根してしまうのですが、味の良さから、何とか切らずに来ています。  自家用なので、なるべく手間をかけないように栽培してい [続きを読む]
  • ナガノパープル 着色良好
  •  長野県限定栽培のブドウ「ナガノパープル」  このブドウは、大粒 黒色 皮ごと食べられる。 この3つの要素を持っているブドウは、希少で大人気な品種です。 ただし、栽培上 裂果しやすい。という大変大きな課題をかかえています。  毎年 パープルが裂果しないか?我々 栽培者は心配します。  今年は、パープルは裂果しずらい年のようで、今日の状態で、8割方 着色が完了していました。この時期に、ここまで着色が [続きを読む]
  • 農業用倉庫 拡張工事
  •  果樹栽培を行うにあたって、様々な農機具、道具、コンテナー等 色々なものが必要になります。 これらを収納する農業用倉庫が、満杯になって来たので、夏の間に拡張工事を行う事にしました。農機具を収納するメインの倉庫は、シャッター3枚分 間口約9mです。 今回は、この倉庫を核にして、①:手前に3m下屋を張り出させ(屋根のみ3m延長させる)下にコンクリート床をうつ②:サイドに間口 2.5mの簡易収納スペースを追加 [続きを読む]
  • 農園の状況
  •  今週は、お天気が続き、暑さにまいりながら、農作業をしています。 これだけ夏に天気が良いと、果物の味は 期待できそうです。 ブドウの作業は、袋 傘かけが終わって一段落緑色の袋は、シャインマスカット用 今年は、傘も緑にしました。シャインは、かすれ症といって、粒の表面に日焼によるシミが出来易いので、緑色の袋を使用するのが普通になって来ました。先日 環状?皮を行ったナガノパープルも、順調に着色しており、 [続きを読む]
  • 規格外の特大サイズのブドウ「レッドネヘレスコール」
  •  昨日 ブドウ袋かけが殆ど終わり、今朝 最後の品種「レッドネヘレスコール」の袋かけも終え、 速攻で薬剤(ボルドー液)散布を行い、よーやくブドウの作業は一段落に近づいて来ました。 ここまで来れば、もーしめたものです。 この「レッドネヘレスコール」というブドウは、あまりにも巨大すぎて、市販で売っているブドウの袋には 納まりきりません。 しょうがないので、特大サイズのブドウの袋を2枚重ねて、特別に制作し [続きを読む]
  • ながのパープル環状剥皮
  •  よーやく、シャインマスカットの仕上摘粒が終わり、あとはじゃんじゃん袋かけを行う状況にまで来ました。 今年は、ブドウの作業は、もっと早く進むはずだったのですが、予定通りには出来ないものです。 本日は、ながのパープルの環状剥皮を行う日です。 前にも書いたように、ナガノパープルは、裂果しやすい品種で、その裂果対策がいくつかあり、その一つが環状剥皮といって、ブドウの幹の皮を幅5mmほど円周上に?いでしま [続きを読む]
  • ジベ処理の効果
  •  ブドウの種無し栽培をする場合、品種にもよりますが、基本的に2度のジベレリン処理を行います。 ジベレリンは、種に含まれる植物ホルモンなので、種が入っているブドウを作る場合は不要です。 (逆に満開時のジベ処理で種無しになってしまう。) 今年は、ジベ処理 超ハイスピードで行わなくてはならず、処理し忘れたものが いくつかありました。ジベレリンがいかに樹の養分を引っ張る効果があるか? ブドウの樹にとって、 [続きを読む]
  • マスカット 仕上げ摘粒&袋かけ
  •  ブドウの忙しい作業もあとわずかで終わる所まで来ました。 今は、最終品目のシャインマスカットとルーベルマスカットの仕上摘粒をこなしつつ、袋かけを行っています。 今は、日増しにブドウの粒が大きくなっているので、ブドウの作業に集中したいのですが、リンゴの面倒もみないと、降雨 高温で、圃場の草刈りも等々 一つの仕事にかかりきれずに、特にこの時期は、歯がゆい思いをするのが恒例となっています。 毎年の事なの [続きを読む]
  • ながく愛されるには、訳がある
  •  クラウン農園には、ブドウ園が2か所あります。 主にシャインマスカットを栽培している方のブドウ園は、周辺の環境のせいでしょう 作業中 蚊に悩まされます。 作業中は、長袖 長ズボンなので、刺される事は殆どないものの、藪蚊がプーンと来ると、作業の手を停めざるを得ません。  当然 蚊が寄って来る事は承知しているので、こちらも色々と対策を練っています。 虫よけスプレー、電池式携帯蚊取りマット 等ひととおり [続きを読む]
  • ながのパープル仕上げ摘粒
  •  台風の影響で、雨が降っていても、ブドウの雨除けハウス内では、普通に作業が出来ます。  むしろ、いつもより気温が下がるので、快適なくらい。 ただ、雨でも仕事が出来るというのは、良いような 悪いような環境です。 農家は、土日で休むのではなく、天気や、作物の生育状況で休養を取るので、雨でも仕事が出来るとなると、農繁期に休みはありません。  自営業で自分が思うようにストレスなく仕事が出来ているので、それ [続きを読む]
  • ロシア ウォッカ ペルツォフカ
  •  昔は常備酒としていた、「 ペルツォフカ」ですが、いつの時からか?酒屋さんから姿を消しており、品ぞろえの豊富なお店に行く機会があると探していたのですが、全く発見する事が出来ませんでした。今は、インターネットで入手困難なものも見つかる時代です。 amazonで検索したら、あっけなく発見  自分は、酒豪でもないし、晩酌をするわけでもないのですが、これは、風邪の特効薬というふれこみが気に入って 風邪をひきそう [続きを読む]
  • シャインマスカット摘粒
  •  今は、ブドウの粒がどんどん成長する時期 粒が密集したままだと、粒の成長でお互いが干渉して、おしくらまんじゅう状態になってしまうので、適正 着粒量に調整する摘粒作業が必要です。 植物は、植物ホルモンで成長のバランスをとりますが、種に含まれるジベレリンも植物ホルモンの一つ、 種がある事(ジベレリンがある事)で、植物はそこにどんどん養分を送り込み、種を包む果実がどんどん成長します。 ブドウは、種無し処 [続きを読む]
  • クッキングアップル ブラムリー
  •  今は、ブドウの摘粒作業に忙殺されていますが、仕事の合間に、各園地のパトロールも怠れません。 現在育成中のクッキングアップルの「ブラムリー」が一気に大きくなっており、すでにテニスボールより一回り小さい程度まで成長しております。 このリンゴは、加熱すると溶ける性質があり、肉料理用のソースに使っても良さそうだし、当園のジャム用に使っても面白いかな?と考えています。 収穫は8月なので、リンゴとしては早生 [続きを読む]
  • ブドウ 粗摘粒
  •  ブドウ栽培では、生育ステージ毎に行わないといけない作業が決まっています。 そして、ブドウは成長が早いので、各 生育ステージの期間もそう長くはありません。 よって、短期集中で作業をちゃんちゃんとこなす事が求められます。6月上旬にブドウの花が咲き出すと①:房こき :ブドウの穂の下部 3cm程を残して、残りを取り除く作業②:第1回摘芯:枝の成長点を取り除き、房に養分を集中させる②:摘房 : 不要なブド [続きを読む]
  • ドイツの歯磨き粉
  •  新しくおろした歯磨き粉昨年 ドイツ研修旅行の際 現地で購入したものです。日本では、虫歯予防にフッ素が効果があるのか?フッ素入りをうたっているものが多いのですが、こちらの歯磨き粉は、亜鉛をプラスする事で、フッ素の歯への吸着が良くなるという事の様で、フッ素+亜鉛が宣伝文句となっています。調査すると、この歯磨き粉シリーズ 朝用と夜用とあり、このARONALは朝用らしいのですが、自分は、夜に使用していま [続きを読む]