むろあつみ さん プロフィール

  •  
むろあつみさん: むろあつみ のブログ
ハンドル名むろあつみ さん
ブログタイトルむろあつみ のブログ
ブログURLhttp://muroatsumi.blog110.fc2.com/
サイト紹介文2010年夏、東京から館山に移住しました。海の目の前の古民家を再生しながら暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/06/09 22:01

むろあつみ さんのブログ記事

  • 使い勝手が悪いものを使えと言っても・・・
  • またまた「公共交通」の問題になりますが・・・先日、館山市から「公共交通利用促進に向けた標語募集」が発表されました。頑張っているのは分かるけど、方向性がズレているというか、取り組む順番が違うでしょ、と、とても残念な気持ちになりました。なぜ利用者が減っているのか、市も分かっているはずです。使いたくても使えない現状があるのです。そこを先ず改善しないと、利用価値のないものにお金を払って使えといっても無理な [続きを読む]
  • 3月議会が終わりました!(とりあえずの総括)
  • 今議会では、3月1日の行政通告一般質問での1時間、当初予算質疑で約40分、それぞれ執行部との議論を行った他、最終日には、平成29年度予算の討論を行いました。<行政通告一般質問>これから市政報告書に概要をまとめますが、30日間は録画もみられますので、ご覧いただければと思います。1.一般通告質問 (第2日午後1)若いお母さん達が傍聴に駆けつけてくれて新しい課題にも取り組むことができました。2.予算質疑 [続きを読む]
  • 住民、事業者、行政が一体となったまちづくりへ向けて (JRバス会合)
  • 地域公共交通に関しては、このブログでも何度も取り上げています。水面下での動きも重ねてきた結果、この度、JRバス関東主催で、住民の声を聞く会を開催していただきました。JRバス関東は、これまでの赤字路線切捨て路線の反省から(結局、自らの首を絞める結果となった)各地で住民、行政との話し合いにより、より良い公共交通の体制整備を再構築するという事例を積み上げていて、館山市の状況も何とかしよう、とこうした場を設け [続きを読む]
  • 福祉と観光に資する公共交通 〜草津視察と3月議会〜
  • 館山市の大きな課題の一つとして注目しているのが「公共交通」の問題です。前回のブログにも書いた通り、以前、議会で取り上げた後も水面下で各方面に働きかけをしています。そして今月、草津に視察に行ってきました。西岬地区にはJRバス関東の路線バスが走っているのですが、行政と事業者が協力して福祉と観光の両面に資する足として100円町内巡回バスを走らせている草津町への視察を勧めてくれたからです。視察には、JRバス関 [続きを読む]
  • 新年茶話会のご報告 ・・・知ることが幸福への第一歩!
  • 1月22日の新年茶話会には、30名近い市民の皆さんにお集まり頂きました。活発な意見交換ができ、おかげ様で参加者にも大変、好評でした。内容を発表すべきとのご意見も頂きましたので、以下、簡単にまとめて関係者へのご報告と致したいと思います。1.特に話が盛り上がったのは、「地域公共交通」「学校給食と地産地消について」でした。(1)地域公共交通高齢者の免許返納など、地域の方の最大の関心事の一つであるため、議 [続きを読む]
  • 1月22日 新年茶話会 のお知らせ
  • 1月22日(日)13:30から、『新年茶話会』を行います。(1月10日 房日新聞広告)皆さんのご意見をお聞きする機会として、こうした会合を大切にしています。また、今回は、昨年房日新聞をお騒がせした件『なぜ女性議員を増やしたいか』その前提として、私がなぜ議員を目指したのか、また、市民の大きな関心であるごみ焼却場問題などについてもお話ししたいと思っています。政治が普段の生活に密着した身近なものだと感じ [続きを読む]
  • 謹賀新年 安全祈願祭に行ってきました!
  • 明けましておめでとうございます。本年も、どうぞよろしくお願い致します。平成29年 元旦*公職選挙法の関係上、市内の皆さまには 年賀状でのご挨拶を控えさせて頂いております。その代わり、という訳ではありませんが、市政報告書の平成29年新年号をお届け致します。1月10日に新聞折込予定です。   (PDF)今年は、初めて元旦の安房神社を経験しました。観光で館山に来られる方には、一押し!でお勧めしているのですが [続きを読む]
  • 広域ごみ処理施設計画の混乱について
  • 館山市、のみならず南房総地域で今、大きな問題となっている広域ごみ処理施設建設問題。20年前から安房地域3市1町で検討してきましたが、2度目の候補地頓挫で館山市長が「道義的責任をとって」という理由で安房広域圏事務組合の理事長を辞任した後、10月に突然の離脱表明。(広域でのごみ処理施設建設はやめて館山市単独でやる、というもの)館山市長が表明しても、広域での建設をやめられるわけではありません。組合の規約 [続きを読む]
  • 12月議会 一般質問を終えた反省
  • 12月議会の一般質問は、大規模事業の質問2点でしたので、事前に入念な準備を重ね、いつも以上の気迫で臨みましたがまたしても肩すかしの答弁が多く、次回への持ち越し、反省が多く残ってしまいました。時間切れで持ち出せなかったこともたくさんあり、そのために執行部の発言を何度か遮ってしまいました。(答弁が助長だったり、同じ回答の繰り返し、直接的な答えでないことで時間を使われるのが嫌で)これに対しては、議会後に [続きを読む]
  • ゴミ問題と給食センター<12月議会のお知らせ>
  • 11月30日から12月議会が始まっています。12月6−7日の行政一般質問には、11人の議員が質問に立ち、中でもごみ処理施設計画について質問が集中しています。今回の質問に先立ち、色々なところの視察に出かけました。・出雲市エネルギーセンター(建設経済委員会)・いすみ市給食センター(議員全員)・あらかわリサイクルセンター(新しい風の会)参考になる話がたくさん聞けましたので、紹介していきます。このうち「あ [続きを読む]
  • 趣味のお知らせ〜11月は発表会続きです!
  • 11月は文化祭シーズン。館山市内でも色々な催しが開催されています。私も、館山に来てから習い始めたフラダンス、民謡、そして盆踊りと、発表会が続きます。明日11月16日は、「なのはなシニア連合会」の演芸大会。市内の老人会加入の人達が所属する団体が発表します。プログラムはこちら。私の出番は、お昼をはさんで28番 フラダンス33番 盆踊りあまり練習に参加できていないのですが、皆さんとわいわい楽しんでいます [続きを読む]
  • 奥の深い議員の仕事
  • 房日新聞に、女性向な市議の仕事という投稿をしてから、ご批判や応援のメッセージをたくさんいただき、お騒がせしました。「拘束時間が短い」ことは、仕事が楽だという意味では全くなかったのですが、そしてむしろ、自由時間が多い方が努力次第で成果にも大きく差が出るので自分を厳しく律することが求められていると思っています。ともあれ、私の言葉足らずだったことは間違いないことですので他の議員さんにもご迷惑をおかけした [続きを読む]
  • 市政報告書 〜9月議会の報告と、お茶会のお知らせ
  • 9月議会の報告内容をまとめた市政報告書Vol.6ができました。(PDFはこちら)今回も、6日(木)に新聞折込します。 結構、労力もお金もかかることですが、市民への情報発信として毎回コツコツ継続していきたいと思っています。楽しみに待っていて下さる方も増えてきて嬉しい限りです。また、報告書にも記載してありますが、10月10日(月・祝)に、カフェ・タイムとして気軽に皆さんとお話しできる時間を設けます。場所は、波 [続きを読む]
  • 9月議会 最終日の討論
  • 平成28年9月議会が終わりました。最終日は、各議案に対し、委員長報告、質疑、討論の後、採決を行います。今回は、色々な議員からの討論がたくさんあり、議会が活発化してきているそうです。私も1つの議案に対し、質疑と討論を行いました。館山市老人福祉センターの入浴料を有料化(200円)する、という議案に対してです。文教・民生委員会では、議員から修正案が出され、入浴料を100円にするという修正案が可決されてい [続きを読む]
  • 女性向きな市議の仕事
  • 本日、「女性向きな市議の仕事」というタイトルで、房日新聞に投稿を掲載して頂きました。本当は、6日の行政一般質問の前に掲載してもらってより多くの方に傍聴に来ていただきたいな、と思ったのですが。ただ9月議会では、この後も、一般議案、補正予算、決算で質疑を行います。これらも傍聴できますし、生中継もありますので、是非、お聞き頂ければと思います。会議日程12日(月)の一般議案では、各種使用料の値上げが焦点と [続きを読む]
  • 9月議会へのお誘い♪
  • 市議会の傍聴を楽しみにしていただけるように、毎回の準備を入念にしています。6日(火)11時からの「行政一般通告質問」では、1、学校給食の地産地消2、防災の観点からの自主防災会と消防団の関係3、地域おこし協力隊の活動状況について質問します。(ご参考まで:全議員の通告質問)特に、学校給食について中心に質疑を行います。以下の本を読んだところ、”恐ろしい・・・!”と驚くと同時に、やる気さえあればすごいこと [続きを読む]
  • 違う側面からみた花火大会
  • 毎年、8月8日に開催される館山湾花火大会。夏休み最大のイベントですが、今年は悪天候で10日に延期となりました。その影響か、人出が去年よりぐっと少なかったのは残念でした。私は今年、消防団員として花火大会警備に参加しました。団員としてはまだまだ”見習い”のようなものなのですが、消防団の色々な活動に参加して”女性”消防団員がどのようなことができるのか考えることが私に任されている仕事の一つなのです。加えて [続きを読む]
  • ♪ふるさと館山♪
  • やっと梅雨もあけ、海のまち館山が観光地らしくなりました〜今日の房日新聞トップは、観光PRの歌謡曲「ふるさと館山」CD化のお話。作詞・作曲も館山の方で、歌い手は公募するそうです!2000円でエントリーできて、採用された人にはレコーディングの権利が贈られます。演歌調なので、皆さんが覚えて歌って、館山を盛り上げていけるといいですよね。「ふるさと館山をCD化する会」では賛助金も募集中。1口2000円で、会員には [続きを読む]
  • 海のまち、館山の季節! ・・・ですが
  • 夏本番。(のはず)ですが、夏休み初日から雨、また曇りの日も多く、朝晩は肌寒いくらいです。ただ、海のまち、館山!ですからあちこちから、お祭りやイベントのお知らせが舞い込み私も色々な地域のお祭りに出かけています。また、夏休みが始まり、毎日のラジオ体操に西岬小学校の子ども達も「ラジオ体操出席カード」を持って早起きして参加してくれます。そうすると、いつものラジオ体操の雰囲気も一転して明るくなります。8月1 [続きを読む]
  • そうだ 傍聴 行こう! (14日13時)
  • 以前にも同じタイトルでブログを書きましたが、6月議会も14日(火)に私の出番がありますのでまた、たくさんの方に傍聴に来て頂きたいと思っています。昨年度は毎回、満席(70席程度)に近い傍聴の方に来て頂いて、こんなに傍聴して頂ける市議会も珍しいのではないかと自負しています。市民の方々の市政への関心の高さとも言え、素晴らしいことだと感激しています。2年目になると、だんだん関心も薄れてきてしまうかもしれま [続きを読む]
  • あきらめないで走り続けること。
  • 前回ブログ(図書館、大好き!)の続き藤岡陽子さんの「手のひらの音符」について。先の読めない時代。何をやっても現状を変えるのは無理という諦めとか無力感とか、そういう雰囲気が漂うことがありますが、そこで絶対に諦めてはいけない!その理由を小説の中では次のように表現されています。「例えば今、全力で何かをやって、 それがことごとく失敗したとしても、 次の世代を走る人には自分達が見せる 全力疾走が残るんじゃな [続きを読む]
  • 図書館、大好き!
  • 子供の頃、母から、「家は借りて住め。本は買って読め」って言うのよ、と言われていましたが、庶民の味方のような図書館が好きで、館山でもよく通っています。図書館や読書のことをブログに書こうと思っていた矢先に、館山市でこんな素敵なイベントが発表されました!5月28日「夢の館山市図書館」最も頻繁に図書館通いしていたのは、高校3年生の時。家では勉強がどうしてもはかどらないので、学校の帰りに毎日、図書館で勉強し [続きを読む]
  • 市議会議員の仕事。
  • 市政報告書Vol.4ができましたHP上でもPDFを掲載していますし、4月12日(火)に新聞折込み(館山市内)しますのでご覧頂ければと思います。議員になって1年。3,6,9,12月の定例議会の都度、報告書を作成してきました。最近、館山市議会議員の中でも定期的に報告書を作成する議員が増えています。一人でも多くの方に市政に関心をお寄せいただける様に分りやすい解説を心がけています。実は、議会での質問、討論や、報告書 [続きを読む]
  • 『第4次館山市総合計画』 キックオフMTG
  • 館山市が、このたび新たな総合計画『第4次館山市総合計画』を策定。この計画スタートにあたり、市職員、総合計画審議会委員、市議会議員で「キックオフミーティング」を開きました。企画課の説明、市長のキックオフ宣言に続き、株式会社ちばぎん総合研究所の小松孝之部長による講演「館山市の強み・魅力&弱み・課題と戦略的な対応方向」が行われました。小松部長は、安房高OBということもあって、館山への愛情に溢れた話しぶりで [続きを読む]
  • 伝統 安房の復活 〜古賀稔彦さん〜
  • 地元の高校生が館山を盛り上げようと企画したイベントに参加しました。北条体育館にいっぱいの参加者を集めるなんて、大したものです基調講演に登場したのは、柔道家「バルセロナオリンピック金メダリスト」の古賀稔彦氏。会場参加者とのQ&A方式で、気さくにお話をされました。思わず書き留めたくなる言葉がたくさんありました。Q.強い人との試合で心がけることは?A.心を鍛えること。 体の大きさは違っても心の大きさは同じ。 [続きを読む]