おさ虫 さん プロフィール

  •  
おさ虫さん: アルコール依存症日記 2009久里浜の夏から
ハンドル名おさ虫 さん
ブログタイトルアルコール依存症日記 2009久里浜の夏から
ブログURLhttp://kurihama.livedoor.biz/
サイト紹介文久里浜アルコール症センター 東6病棟 492期 アルコール依存症日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2011/06/11 22:23

おさ虫 さんのブログ記事

  • ひん
  •  性格や立ち居振る舞いなどの良い人を上品といい、悪い人を下品ということになるというのは誰にでもわかりやすい。 品格とは正義感、責任感、倫理観、勇気、誠実など、自分の利益だけを追求しない、受けた恩には恩返しをする、等々。要するに社会人として生きていくために重要な資質であり、それは男だろうと女であろうと同じことなんですね。 今の世に品格がある人って、誰かの名前をあげようとしてもまったく思い浮かばないの [続きを読む]
  • ダリィーんだよ
  •  年齢をかさねると胸おどるようなことは少なくなる。好奇心とか感受性なんかが少しずつ減少しているのでしょう。感動することも少ないよね。まぁ老化ですねぇ。家の相方に言わせると、ダリィーんだよ。となる(笑) 86歳の母には鼻で笑われそうだけど。 ふつうに生きていることをかさねているから経験は増えているわけ、経験値により知っているから驚かない。以前に驚いているから新鮮味がない。驚かないから面白くない、だよねぇ [続きを読む]
  • 決心すれば
  •  人って心に影響される生き物なのだなぁと思う。心が落ち着いて前向きだとね、カラダはそれについてくるのです。心が整わないとカラダも整わないし、心が前向きにならないとカラダも前向きにならないわけだね。 まぁ行き先とか目的が明確になってきてと言うか、心が決まってとか、決心すれば。ようやく手段の大切さが見えてくるわけ。にほんブログ村  [続きを読む]
  • 品格って
  •  色々な理由で人と会うけれど、心の中で相手をじっくりと観察するのが好き。で、人の性格とか考え方とか生き方とかってものは、その人の身体に現れるものなのだなぁって思うわけ。偉そうに上から目線でものを言うわけじゃないけれど、うっすらと透けて見えちゃうんだなぁふふふ。 人が生きてきて経験してことは年輪のように刻まれていて、その人の顔の表情や身体を作るものなのだね。まぁ目つきとか姿勢だよね。どんなに着飾って [続きを読む]
  • 心の病気
  •  ボクらの約半分がうつ病とか、心の病気を合併してる。もともと不安定な心を癒す手段としてアルコールを求めてしまうことも多いからね。 アル依自体が合併する心の病気を深刻化させやすいから、悪い方向への相乗作用が起きやすいのも問題だし。 気持ちが病的に落ち込むと死にたい気持ちがでてくるけれど、うつ病と同様、アルコール依存でも自殺のリスクは大きな問題なのですね。まぁ人によっては楽だろうけど、そこは避けたいね [続きを読む]
  • チャンス
  •  49歳で久里浜に入院し初めて酒を断つ生活に入った、その後も定期的に通院し、お陰でなんとか酒のない生活をすることが出来るようになった。 コツコツと続けていれば、どこかで花開くことがある。そういうことが信じられるようになり、まぁ人生50歳からと考察していたら、あっという間に60歳のほうに引き寄せられている感じですか。 どちらにしても、来るべきチャンスに備え、さらなる経験を積み情報を整理して頭を冴えさせてお [続きを読む]
  • 神の力
  •  酒が好きという点では同じで、明確な線引きをすることは難しいけれど、酒のために仕事や生活に支障をきたしていると自覚していても、酒をやめることができない場合はこちらの世界の人ですよ。 朝から酒、仕事中でも人目を盗んでというように。そしていったん飲み始めると限界をこえるまで飲んでしまいます。そうしていると頻繁に記憶を失い、酒が原因で事故を起こしたり、怪我をしたり、職や家族を失うこともあります。 過剰飲 [続きを読む]
  • 楽しいのだ
  •  人生はいろいろ楽しいのだ。もちろん人生がうまく行っていない人がたくさんいるのは知っていますよ。あしたの食事にこまる人、病気で薬代にこまる人もいますね。もぅこれはダメ思わず絶望したくなる瞬間を迎えている人もいるのでしょうね。 不幸をわかったつもりではないけれど、そういうのを救うのって多分に人生の楽しさだと考察した。生きていると楽しいこともあるかも、外に出るとうれしいこともあるかも、あんなこともして [続きを読む]
  • 心のオリ
  •  僕らの心は揺れたりブレたりするのが当たりまえ、揺れない自分やブレない心をつくろうとすること自体が無駄なあがきのようなもの。 まぁ揺れた心やブレた自分を素直に認めて、目の前の出来事や悩みと自分との距離、目をつぶって自分自身を右斜めうしろの上空3メートルから俯瞰してみる、何かみえるはず。 そこからまた色々な始末という心のケアを重ねていけば、何かが見えてくるのかも。無駄なあがきでも、余計な心のオリは少 [続きを読む]
  • くじけるな
  •  くじけるな。くじけたら最後だ。堂々とゆけ。よしんば中道にして倒れたところでイイではないか。 あきらめないで続けることですよ。わかっているけど迷って失敗してしまい、なかなか出口が見えてこない、そしてくじけそうになります。 でも、あきらめないでよかったなぁ。最近ちょっぴり、そう思えるようになったかも、、、にほんブログ村 [続きを読む]
  • 罪悪感
  •  人は何かのルールを破ったら罪を感じますねぇ〜、そこで考え込んでしまいます。ですが罪の基準は人それぞれですから。 罪悪感を抱くということはネガティブな関連付けですから。その事象に対して違う意味づけでの考え方をすればどうかしら、普段とは違う視点で考えてみるのもよし。長い人生の中でこの罪悪感に縛られる必要はあるのかと考察するのもアリかもね。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 生きる姿勢
  •  いつでも冷静でいられる人って憧れますね。冷静でいたいと思いながら真逆を行く自分がいやでたまらない次期もありました、それが自分だし、しょうがないよねという感じでしょうか。 たぶん性格は変わらないのでしょう、でも性格に対する受け止め方とか生きる姿勢を変えることは出来るかもね。まぁ積極的に友達を作ったり声をかけることが出来ないし、ひがみっぽいとかいじけるところは不変だろうし、自分に自信が持てないわけで [続きを読む]
  • 大酒喰らっ
  •  アルコールって嗜好品ですかねぇ、そして中枢神経系に作用する薬物でもあります、だから長期間の過剰摂取によって心理的にも身体的にも依存するようになります。 一般的には酒をコントロールできないのは意志が弱いからと考えられているのではないでしょうか。自分に自信を持っている人などは、意志の弱さから生じる問題など自分には無縁と思われるかもしれません。 したっけアルコール依存症の本質は決して本人の意志の弱さな [続きを読む]
  • 悪夢の日々
  •  医者に酒を止めないと命の保証はできないと言われたり、奥さんにほどほどにしないと離婚すると言われれば、さすがに本人も控えるでしょう。正常な精神の持ち主ならば、酒と命を引き換えにしたり、酒と家族を引き換えにしたりはしないはずです。そしてそれができないからこそ依存症という病気なのです。 いつか本人も家族も、原因がアルコールそのものにあることに気づきます。何度も節酒や禁酒の誓いがたてられ、そのたびに約束 [続きを読む]
  • やりたくない
  •  忙しい〜時間がない〜っと思っていても、よくよく考えるれば時間はあるんですよ。でも、やりたくないことに使う時間がないだけでしょ。 しかも逃げ回れば逃げ回るほど、やりたくないことに必要な時間はどんどん増えていきますよね。解決策はさ、とにかく早いうちにやっつけてしまうこと。これに尽きるってことですかねぇ〜(笑)にほんブログ村 [続きを読む]
  • アルコール依存症そうでない人の違い
  •  飲酒をコントロールできるかどうかというところが問題です。大酒飲みであっても飲み過ぎたら反省して、次回から飲み方を改めようとする方が多いと思われます、ふつう反省しますよね。 一方、アルコール依存症の場合は、少しでもアルコールを口にするとほどよいところで切り上げることができず、飲み過ぎて止まらなくなってしまいます。これは、アルコールをほどよい所で止める能力が無くなったコントロール障害を起こした状態。 [続きを読む]
  • 感謝を忘れない
  •  人はモットモットという欲を出しがちですね。でも周りをじっくり見てみると、自分の境遇は恵まれている方なんだと知ることができるかも。 自分を好きでいること、そして自分の境遇に感謝すること、基本ですね。感謝を忘れないことがやっぱり一番大切。 世の中どんなメディアも批判を仕事をしているようなものですねぇ、SNSでも批判〜炎上は日常茶飯事。まぁ誰かを批判しないということがいかに難しいことなのか。批判されるこ [続きを読む]
  • 鍛えれば酒に強くなる
  •  遺伝から考察すると、酒に強くなるのか弱いままなのかはシンプルです。酒に強い両親のもとに生まれた子どもはザルと呼ばれる酒豪に、逆に両親ともに酒が弱い場合は下戸となります。 白人や黒人はほぼ100%が酒豪になれる遺伝子の組み合わせ、日本人を含む黄色人種では酒豪が50%、下戸が5%、残りが今は酒に弱いけれど強くなれる可能性があるタイプ。入院中に学習しましたよね。やはり5%に入りたかった。にほんブログ村 [続きを読む]
  • ガミガミ
  •  相手への期待があればこそ、ガミガミ言いってしまうんですね、とくにボケ気味の母に。これって家族関係に限らず、普段もやっちゃってることが多いかも。 期待通りになんてまずならないのに、それでも期待してしまう限りつきまとうガミガミ。そろそろ変えないと。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 感情
  •  心の強い人は自分に甘いというか、完璧を求めない人。それってなんとなく理解できますね。完璧主義的な感じだと、ちょっと自分の理想がずれてしまうと思っていたことと随分違うと感じるようになります、そうなると自然と自分の嫌な面に目を向けるようになってしまいますからね。そうなると、もう終わりぃ〜という風に知らない間に自分を追い詰めて、落ち込みです。 完璧を求めない人は何事にもフラットに対応できる感じですか。 [続きを読む]
  • きっかけ
  •  夕方になると飲む、仕事のおわりを実感しながら1日の疲れをとる、定時の飲酒習慣ですね。それが飲むことを楽しみに夕方を心待ちにして仕事が終わる感じになって、日々量も増えていきます。まぁここまでは、、、。 酔いつぶれていつの間にか寝てしまうようになり、朝にはグイッと一杯やってしまうのが日常化していく。そして仕事にも支障をきたすようになり、そうなった頃には休肝日や飲まない日なんて考えられなくなっているん [続きを読む]
  • 心の闇
  •  眠るために飲むのが出発点だと言う人がけっこう多いようです、夜になるとますます頭が冴えるので強制的にシャットダウンするために酒を飲む人は危険ですね。飲まないで眠剤を服用する方がが健康的なんでしょうねぇ。一緒に飲んでダウンすることも多いし危ないけれど。 心の闇を酒で晴らすとか、やめるために心の闇を治療するというけれど心の闇などだれもが持っているでしょうよ。夜ベッドの中で闇がうごめき始めると眠れないよ [続きを読む]
  • GTR
  •  おおくの人はお酒を飲んでも問題なくすごしているわけですよね。アルコール依存症は病気なのでしょうか。やはり久里浜病院は精神科ですから精神疾患なのでしょうねぇ。 お酒で問題を起こす人、即ちだらしない人的な誤解があると思います、その実態は意思の力で飲酒をコントロールできないようなアルコールに心も体も依存している病的状態です。 長い間のアルコール摂取が原因ですね、まぁ今さらだけど飲めないカラダに生まれて [続きを読む]
  • 検索
  •  当たり前のことだけど、悩み事というのは原因がわかれば解決します、または何らかの対策を立てられます。逆に言うと原因がわからいから、解決できない物や事があるんですよねぇ。 よほど特殊な悩みとかでなければ過去に誰かが同じような経験をしてるし。そして過去に誰かが解決してるものがほとんどかも、こうした過去の事例から解決策を学ぶことができればボクらに役立つはずです。 その検索で見つける解決策が真実だという保 [続きを読む]
  • きっかけ
  •  酒が好きで好きで大酒を飲んでしまう、仕事や人間関係のストレスを酒で紛らわすために酒を飲まずにはいられない、等々いろんなことでアルコール依存はやって来ます。高齢化社会では社会から取り残された空虚感、子供の独立による生きがいの喪失、育児のストレスなどもありますね。 きっかけとしては、好きでもない酒を酔うために飲むことでアルコール依存症になってしまうことも多いようです。にほんブログ村 [続きを読む]