とよぴ〜 さん プロフィール

  •  
とよぴ〜さん: ほったらかし投資のまにまに
ハンドル名とよぴ〜 さん
ブログタイトルほったらかし投資のまにまに
ブログURLhttp://toyop.net/
サイト紹介文個人型確定拠出年金と特定口座で自動積立するインデックス投資家が投資信託の発展に一石を投じるブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2011/06/12 07:53

とよぴ〜 さんのブログ記事

  • 携帯電話はガラケーに戻りました
  • 以前に使用していたガラケーで生活しています。この文章の下書きの日付が昨年の今頃になっていたので、ガラケー生活に戻って1年くらいになっていたようです。最初は暫定的にバッテリーが極限まで劣化したauスマホ(GALAXY S II WiMAX)の次に欲しくなった機種のために保留していたのですが、なんだかんだでガラケー+楽天モバイル(データ通信SIM)の2台持ちの状態が続いています。 [続きを読む]
  • SBI証券と楽天証券のiDeCo運営管理手数料が無料になりました
  • SBI証券のiDeCoは、年金資産残高などに条件を課すことなく運営管理手数料を無料、さらに加入時・移換時手数料も無料の完全無料化を発表しました!SBI証券、iDeCoの運営管理手数料の完全無料化のお知らせ〜業界初!年金資産残高に関わらず、どなたでも加入時・移換時手数料・口座管理手数料が無料に〜|SBI証券数時間後には楽天証券も対抗して、手数料が完全無料になるとのニュースリリースがありました!楽天証券、iDeCo管理手数料 [続きを読む]
  • 5分だけやってみるという積み重ね
  • 最近ブログを書くネタを思いついても、書くまでには至らず終了ということがよくあります。簡単な文章なら30分くらいあれば完成できます。画像やデータ収集も必要なら1時間は軽く超えてしまいますが…^^;その30分の時間の確保が難しいときがあるのです。 [続きを読む]
  • 価格を見ないで買うリスク資産と見ては悩む現物商品
  • リスク資産と言われる投資信託は、毎月自動的に積み立てているので基準価額がいくらになっているのかをまったく把握しないまま購入しています。それにひきかえ現実の生活では、自分の欲しい商品を見つけたときに価格を見ないで衝動的に購入するようなことはありません。投資信託のようなリスク資産には価格を見ていないのに、ネットでもショッピングモールでも欲しいなぁ〜と思ったものを見つけても購入するのは次回以降という感じ [続きを読む]
  • ネット証券の投資信託ランキング(2017年4月)
  • 2017年4月におけるSBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券の「売れ筋ランキング(購入金額)」「積立ランキング(設定件数)」「iDeCoランキング(購入金額)」が出揃いました。参考 ネット証券の投信ランキング充実度を比較してみましたランキング内のファンド名称は各証券会社の表記のまま記載カブドットコム証券のランキング表示はリアルタイムなので記事作成時点と5位までNISAランキングは不採用(積立NIS [続きを読む]
  • 各アセットクラスのパフォーマンス2017年4月
  • 2017年4月の各アセットクラスのパフォーマンスです。結果はJ-REITを除いて、全てのアセットクラスで小幅ながらもプラスで終了しています。最近は北朝鮮のミサイルや核実験などで東アジアが緊迫していますが、いまのところ株式市場は特に影響は見受けられません。J-REITは2ヶ月連続の下落。先月は同じように下げていた外国REITは今月復調しました。特に大きな価格変動もなく比較的平穏としていた1ヶ月でした。 アセットクラス   [続きを読む]
  • 主要インデックスファンドの成績 2017年1〜3月
  • 各運用会社のインデックスファンドシリーズが充実してきた昨今、どれも同じベンチマークに連動しているので、どの投資信託がインデックスファンドとして良い運用をしているのかわからないこともしばしば。「マンスリーレポート」や「月報」を見れば、ベンチマークとの差異の少なさから優秀なインデックスファンドを調べることができますが、そもそも各社が公開している「マンスリーレポート」や「月報」に記載されているベンチマー [続きを読む]
  • アクティブファンドに厳しい結果がでた積立NISAの金融庁基準
  • 2018年からはじまる積立NISAは、金融庁の基準に適合されたファンドのみが厳選されます。金融庁の基準では5,000本以上ある国内で設定される投資信託のうち、積立NISAの基準に適うものは1%程度しかないという状況です。一見、投資信託を運用する運用会社にも、投資信託を販売する販売会社にも厳しい金融庁基準のように思われますが、米国の残高の大きい投資信託では積立NISAの基準に適合しているファンドのほうがほとんどという結果 [続きを読む]
  • ネット証券の投資信託ランキング(2017年3月)
  • SBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券の「売れ筋ランキング(販売代金)」「積立ランキング(設定件数)」「iDeCoランキング(購入金額)」が出揃ったのでまとめました。参考 ネット証券の投信ランキング充実度を比較してみましたランキング内のファンド名称は各証券会社の表記のまま記載カブドットコム証券のランキング表示は5位までNISAランキングは不採用(積立NISA開始されたらやるかも)iDeCo(個人型D [続きを読む]