SPRnozomi さん プロフィール

  •  
SPRnozomiさん: 今日の見どころ 阪神Tigers
ハンドル名SPRnozomi さん
ブログタイトル今日の見どころ 阪神Tigers
ブログURLhttp://2989wada.blog56.fc2.com/
サイト紹介文Tigersの試合を日々TV観戦する筆者は、試合の勝敗に関係なく、その日の見どころを探る
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/06/12 12:20

SPRnozomi さんのブログ記事

  • 岩貞の気持ちに立って検証しましよう!
  • 【6月25日VS広島】交流戦明けの休養を挟んで4連敗、丸々1週間、勝てていないんだから、ストレスも溜まりますね。チーム成績が不振の原因、ケチの付き始めは「小野」に執着し過ぎたこと、スパッと見切って、後半戦までファームで調整としていれば、日曜の勝率がマイナス方向に逆転しなかっただろうに・・・、と考える私ですが、悩んでも仕方ない。今日の試合を、岩貞の気持ちに立って、振り返ってみましょう!<1回表>ツーア [続きを読む]
  • 本日の教訓:マツダの中断時間30分ではない!
  • 【6月24日VS広島】雨天コールド、リードされていたからOKではありません。雨の状況から判断すれば、能見が失点する前、引き分けの時点で、中断・中止にするのが、正しい審判団の進め方でしたね。広島が勝ち越して、能見が降板して、藤川がコールされて、あわよくば5回表が終わるまで、少なくとも先発をおろして、二番手に待ったをかけておきましたよ!というようなタイミングの中断ですから、「ホームチームを勝たせたい」とい [続きを読む]
  • こてんぱんでしたね。
  • 【6月17日VS広島】ペナントレース再開後の初戦、ガチンコの闘いを期待しておりましたが、「こてんぱん」にやられました。そりゃ広島さんだって、甲子園で「こてんぱん」だったんですから、やり返しのがむしゃらモード、それに応戦できなかったタイガースの完敗です。交流戦の最終戦が、二ケタ安打・無策の完封負けでしたから、糸井を戻して、どれくらいやれるかの不安はありました。結果的には、スタメンに復帰した上本・糸井は [続きを読む]
  • 仕事量「0」、采配「0」、スコアーボードに「0」9個・・・。
  • 【6月18日VS楽天】だから運任せじゃダメだって言ってるのに、つなぎたい場面で仕事量「0」、采配「0」、小野くん2度目の快投(6回目だけどね)を台無しにした消すカス打線、二ケタ打っても無得点のお恥ずかしい結末でした。交流戦の勝敗に余裕があるからといって、日替わりで選手の調整をしながら、運任せで戦う?見かねた福留がサヨナラ演出のバントまで仕掛けているのに、つなぎの仕事ができない男、中谷を鳥谷の前から、 [続きを読む]
  • 1点の重さを噛みしめろ!
  • 【6月17日VS楽天】ちゃらんぽらんな青柳で始まり、次の塁をイメージできない走塁、守り勝っても攻め勝てていない・・・、このところのタイガースを象徴する敗戦となりました。持ち味は荒れ球・・・?青柳と藤浪のタイブレークスタート・・・?いったいどれだけ初回に、いや、序盤に失点したことでしょう!真ん中を狙って投げてもストライクの入らない投手が、二人も先発ローテーションにいる球団、それでいてチーム防御率がセリ [続きを読む]
  • 中抜けだけど、鳥谷振れてるわ!
  • 【6月16日VS楽天】ドラ1がプロ初先発、舐めたらアカンよ!うちにはレジェンドがおるからね・・・、ホンマかい?今日はホンマでしたねぇー。2回・8回、2度の複数得点に絡む活躍、2回は、しぶーいトリコロール(内野止まりのゴロヒットね!)、後ろの原口がガツンとやらかしての2得点、この半分打ち取られたトリコロールが、相手投手には結構なダメージを与えるんですよね。意気消沈ていう奴ですわ。「自信があるなら打って [続きを読む]
  • 13安打3得点、喜べますか?
  • 【6月15日VS西武】昨日は亡き母の命日、TV中継が終わった後、一緒に車に乗り込み、ラジオを聞いて一喜一憂した母でした。そんな母の命日だから、絶対に負けられない!そういう思いで試合を見守っておりました。ところが、肝心のタイガースは得点力不足、鳥谷の後ろに原口をおいても効果なし・・・、最後の最後で1本決めてくれましたが、13安打で3得点、喜べますか?喜ばないでしょ、お母さん・・・。原口の仕事量が「0」で [続きを読む]
  • 能見がまともに行き過ぎました・・・。
  • 【6月14日VS西武】調子が良いほど火傷する、5回、被安打4、9奪三振の4失点・・・。5回で三振を9個も取れるくらい調子が良かったわけで、クリーンアップとまともに勝負したくなるのもわかりますが、能見らしくない、らしくない内容の4失点、「チームに迷惑をかけて申し訳ない」、その通りですよ、能見さん!能見がダメなら打ち返す、反発力が見せられたら良かったのですが、チャンスは作っても、大事なところで一本足りな [続きを読む]
  • 先発の妙、運が良かっただけ?
  • 【6月13日VS西武】糸井の穴を誰が埋めるか?、鳥谷の前後を誰で固めるか?注目された先発オーダーを見て、何を意図した打線なんだろうと考えこんじゃいましたね。しかしながら、よくよく考えると答えは簡単、トップの糸原から4番までが一区切り、5番中谷はおまけ、6番鳥谷から俊介でつないで糸原につなげる、それが二つ目の得点パターン、いわば、糸原を起点として、糸原で完結する、そういう意図で組まれた打線だったんです [続きを読む]
  • 小野は能見に弟子入りしなさい!
  • 【6月11日VSソフトバンク】ルーキー小野に勝ち運はありませんでした。初回の4四球、ぶつぶつ言いながらの2失点、見ていてイライラした方も多いことでしょう。結果だけ見れば6回途中3失点、先発としては合格のように聞こえますが、内容で判断すれば完全に不合格!立ち上がりの失点は目をつぶるにしても、ピンチを背負って制球難、えんやーで打たれた3点目、「6回までは任せる」と、我慢のベンチを裏切る途中降板、あとひと [続きを読む]
  • 糸原が好きやねん!
  • 【6月10日VSソフトバンク】糸原は並みのルーキーじゃないんやでー!大きな仕事ができるんやでー!みんな糸原が好きやなねん!交流戦の正念場、チームを救ったのはルーキー糸原でした。糸原が並みのルーキーでないことはわかっていました。守備には課題があるものの、連続出塁の記録が示すように、どんな打席でもなんとかしてくれる、ファンにそういう期待を抱かせる選手なんですね。「力強く振る選手」を求めるのが金本野球です [続きを読む]
  • からっきし、差のない完敗。
  • 【6月10日VSソフトバンク】てんでからっきし、適度に荒れるバンデンーハークの前に、狙い球を絞り切れず、完封負けのタイガース・・・。相手だって柳田しか打ってないし、中押しも、ダメ押しもできていないんだから、先発岩貞はよく投げました。見ていてそれほど差はなかった。されど、差のない完敗・・・。讀賣の連敗も止まっちゃったし、タイガースファの気分はどんよりですね。金本監督が中谷・北條にこだわるって言うんだか [続きを読む]
  • 攻撃は最大の防御!
  • 【6月8日VSオリックス】たえず攻守の入れ替わるアイスホッケーの試合ではありませんが、攻撃は最大の防御!攻め続ける姿勢が、相手の反撃を食い止める、昨日はそういう内容の勝利でした。先発はメッセンジャー、いつも通りクオリティスタートを決めてくれると信じていましたが、年に一度のパリーグ相手、普段よりもエネルギーを使っていたんでしょうね、予想外のスタミナ切れで、6回途中2失点での降板となりました。それでも最 [続きを読む]
  • あらっ、中抜け打線に逆戻りですか?
  • 【6月7日VSオリックス】1番に糸井・6番に中谷ですから、こういう気まぐれな敗戦もありでしょう。初回は糸井ゾンビの脅しが効いて、高山の長打、原口のツラゲ崩れで得点できましたが、今日の糸井のお仕事はこれだけ・・・、あとはチャンスで凡退、どうしても打ちたい人ですから、打ってくれたら「ありがとう」、打てなくても仕方ありません。一方、自由人の中谷も、4回のホームランが唯一のお仕事・・・、序盤で4得点目の長打 [続きを読む]
  • 11安打11得点、鳥谷先生、お見事です。
  • 【6月6日VSオリックス】久々に打線が爆発しました。3回に6得点、6回に5得点、2度のビッグイニング、しかも課題の5・6・7回にお祭り騒ぎですから、言うことなしの圧勝です。とりわけ、3回に逆転した後の鳥谷のホームラン、着地したところはファンエスギリギリでしたが、鳥谷なりの会心の一撃!いつもは福留の担当する仕事を鳥谷が代行、試合を決定づける「おしおき弾」、鳥谷先生、お見事でした。昨日の試合を通じて、ひ [続きを読む]
  • 讀賣さん、病気なんですね・・・
  • 【讀賣さん、病気なんですね・・・】さすがに10連敗まで来たら、病気ですわね。弱小・暗黒のタイガースだった時代は、10連敗は年中行事でしたが、今の讀賣さんとは、ちょいとわけが違いますわ。エリートの監督を立てて、フロントが最大限バックアップしてての10連敗ですよ、普通では考えられない状況ですね。先発陣が崩壊?表に菅野、裏に田口、外国人投手、FA選手、中堅・若手、普通ですやん・・・。中継ぎ以降の崩壊?マシ [続きを読む]
  • 「13年目の奇跡」、「13球目の涙」、お立ち台2連ちゃんですわ!
  • 【6月4日VS日ハム】盛り上がる話から書きましょう。13年目の男が、13球目を振りぬいてのサヨナラ勝ち!昨日は「カミさんが涙で出迎えてくれくれました。」、今日は本人が涙でお立ち台に上がりました。きっと今日はカミさんが笑顔で出迎えてくれるでしょう!おめでとう岡崎、今日も感動した。あんたのラッキーナンバーは「13」や!と、盛り上がるのはここまでで、5安打4得点、自力のチャンスメイクは1回だけ、つながりど [続きを読む]
  • 彼には勝ち運があるのかな!?
  • 【6月3日VS日ハム】彼には勝ち運があるのかな!?監督がおっしゃるように、青柳には勝ち運があるんでしょう。あれだけ初回にミスをして、2失点に収まったこと、神風が吹いて半ば落球のツーベース、プロ入り初ホームランで逆転の勝ち投手、6回スタミナ切れで降板しても、中継ぎ・リリーフが「0」でつなげてくれる、勝ち運がなければ、ノーコンでフィールディングの悪い変則のパワーピッチャー、青柳には勝ち運があるんでしょう [続きを読む]
  • 岡崎で負けたわけじゃない。
  • 【6月2日VS日ハム】負け方は悪いけど、岡崎だけで負けたわけではありません!チャンスで打てないから負けたんです。毎日目標は5得点、5点とるためには1イニングに複数得点が欲しい、それが打線のつながりで、チャンスの分かれ目です。昨日のロッテ戦も、5・6・7回のチャンスを生かせなかった。今日も同じく、5・6・7回でチャンスがピンチに超変革?昨日は後手に回って、監督の仕掛けが間に合わず、今日は先手を取ったの [続きを読む]
  • 梅野に代打、負けフラグ成立・・・。
  • 【6月1日VS千葉ロッテ】悪い予感は当たります。メッセを立てて3タテを逃す、ちょいと痛い敗戦ですね。若トラが復調してこないのに、1番に高山、5番に中谷でスタートしたんだから、大量得点は期待できない、ベテランの勝負強さにおんぶに抱っこの采配でした。しっかり守れれば、3点くらいで押し切れるハズだったのかも知れませんが、序盤から複数失点につながるミスが出ちゃいましたから、采配は後手に回るし、先頭打者の出 [続きを読む]
  • 梅ちゃんタイムリーの巻
  • 【5月31日VS千葉ロッテ】噛みごたえのないガム、いつまでも噛み続けますか?できれば噛んでいたい・・・です。そういう感じの試合でしたね。三塁を踏ませぬ能見のピッチング、もちろん、お見事でしたよ!だけど、それ以上に反発力のないロッテ打線、どん底とはいえ、「アンコ食べる」の領域かも・・・?梅ちゃんの先制タイムリーが、下位打線からの複数得点、まさにピンポイントに出ましたから、今日は「梅ちゃんタイムリーの巻 [続きを読む]
  • 秋山乱調、親心に感謝するんだよ。
  • 【5月30日VS千葉ロッテ】交流戦の初戦が千葉ロッテ、調子の悪いチームで本当に良かったと感じますね。15得点の大勝利でしたが、ビッグイニングの扉を開いたのは、ロッテ伊東監督の息苦しくなるようなダメ采配、同点なのに糸井を敬遠して、福留に打たれて、ダダだだだあーっと、打者一巡の10点目、これが勝負の分かれ目でした。先発秋山は久々の乱調でしたが、こちらは大量得点と、監督の親心に守られての勝ち投手、ここ数試合、 [続きを読む]
  • 坂路馬なり2位通過、やすらぎますね。
  • 【5月28日VS横浜】交流戦前の最後の試合、金本監督の考え方がよく伝わる内容の敗戦でした。挑戦者として歩む道は坂路であり、チームが強くなるため、あえて馬なり、ペナントの勝負どころはまだまだ先にある。首位を走ってきたチームに足りないもの、先発投手の枚数、チャンスに負けない若手の主軸、だからこそ、ルーキー小野を先発に立て、高山・中谷を3・4番に指名、結果はついて来ませんでしたが、誰かが種をまかなければ、 [続きを読む]
  • 突破口糸原、ホンマ賢い!
  • 【5月27日VS横浜】糸井・福留のお立ち台、納得いかんけど、主力のおっさんコンビがアベックホームランだから、現地は喜んだことでしょう。だけど、今日のMVPは糸原ですよね。先制の突破口を開いたセーフティーバント、ホンマ賢いルーキーですわ。第二打席も先頭打者で四球を選び、第三打席はクリーンヒット、3度の出塁すべてが点に絡む活躍で、3回ともホームに生還してるんだから、文句なしのMVPですよ!チャンスをたくさんつ [続きを読む]
  • 取り返しのつかないミスだから、鳴尾浜までダッシュしかあらへん・・・。
  • 【5月26日VS横浜】藤浪がダメなのはわかっておりました。むしろ、5回で見切ったベンチの判断は正しかったと思います。焦って変えたわけでわなく、これ以上の失点は抑えたいという判断ですから、岩崎投入も正解でしたが、先発にハヤタを使って、レフトに置いたのが失敗でしたね。守りなれたセンターですら危なっかしいのに、レフトはリスクが大き過ぎました。この男だけは、代打以外では使い物にならない、嫌というほどわかって [続きを読む]